FC2ブログ

すれ違いのその後

あれから特にきちんとした話し合いはせず、
なんとなくこの話は終わりとなりました。

私はどうしてこんなにモヤモヤするのか、
ずっとずっと考えていました。

そして一つの分かりやすい答えを見つけました。
完全に例え話なのですが。

私が重い病気で、ある期日までに外科手術をしないと命が助からないとします。
私は患者。
御主人様は私の主治医。

私は聞きます。

「期日までに必ず手術してもらえるんですよね?」
「先生に手術してもらわないと、私死んでしまうんですよね?」

先生は答えます。

「手術できるかどうかは今はまだ分かりませんね」
「私はあなた1人をみてるわけじゃないんですよ」
「他の患者との関わりもあるでしょう?」
「どうしてそんなに自分のことだけ考えるんですか?」
「まぁやるだけはやってみますけど、成功するかは分かりませんよ」

もしこんな医者が自分の担当だったら、
とてもじゃないですが、安心して命を預けられないです。

「不安」を感じて当然だと思うのです。

そんな自分に対して「俺を信用できないのか!」って言われても、
それは無理な話です。
だって「不安」になるような話をしてるんだから。



仮に助かる見込みが同じく低い確率だったとしても

「私に任せてください!」
「必ず期日までに助けますから」
「一緒に頑張りましょう」

私はそう言ってくれる人に命を預けたいと思います。



きっと私の心情はこの例えみたいなものだったのではないか?と
自己分析をしてみました。

するとなんとなくモヤモヤの正体に納得。
できる・できないの現実はひとまず置いておいて、

「信用して任せろ」って言って欲しかったんだなって。

そうすれば、仮に助かる可能性が5%だったとしても、
「先生にお任せしますので、よろしくお願いします」って胸を張って言えるのだと思います。



私は決めました。
「幸せにしてやるから信じろ」と書いてくれた御主人様を信じます。

御主人様は最近は決して期日を決めて明言はしてくれません。
『50歳になる誕生日までに、必ず離婚してお前と結婚する』とは言ってくれません。

他の人なら「必ず結婚できますよ」って言ってくれるかもしれない。
でも他の人じゃだめ。

100%結婚できる他の人より、5%しか結婚できない御主人様を私は選びたい。
その約束の日まで、もう何も言わないし聞かないことに決めました。

私のこの命、信じて預けます。
仮にダメだったら、私が死ぬだけ。
それだけのこと。

信じて預けた自分の責任であると、心の整理もできます。

死ぬか生きるか。
御主人様に全て託しました。

私は自分の愛する人が「信じろ」と言うので「信じます」
明日はデート。
予定より早く帰らないといけないと言われて落ち込んだけど。
笑顔で楽しく過ごせますように。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ