FC2ブログ

蚤の市デート 〜ウェディングドレスと椅子と靴〜

蚤の市をあとにして、予約していた御主人様の髪切りへ。
私は車の中で待機。

そのあと中華でランチをしました。
たまの贅沢なご飯。
御主人様もビールや紹興酒を飲んで楽しそう^^
紹興酒は氷砂糖を入れて飲む飲み方もあるんだそうで、ビックリ!
そもそも名前の由来が紹興市っていう地名ということも初知り。
御主人様が楽しそうだと私も楽しい^^


お腹いっぱーーーいになり、街へ移動して少しブラブラすることに。
デパートを数軒はしご。

あるデパートの1階に、「ウェディングドレス」が見本で飾ってありました。
それを見た御主人様が

「お前、あんなやつが似合いそうだな」

「着せてくれるんですか?」

「写真だけな(笑)」

いつか・・・・着れる日がくるかな。
御主人様との明るい将来を少しだけ想像。


そしてある雑貨屋さんでの出来事。
イスが大好きな御主人様。
御主人様の家にはたくさんのイスコレクションが。
どれもが有名なものらしいです。

将来どうしても欲しいというイスがそこにありました。
座ってみてやっぱり良いみたい。

「これはお前がなんと言おうと買う」

ふと値札をみると650000円。
目を疑いました。
ゼロの数あってる@@?

65万@@?
6万5千じゃなくて?

何回みても65万。
1人用のイスです。
ソファーじゃないです。

「65万ですよ!!!!!!!!!!」
「無理です!」

「中古だよ」

「中古って言ってもいくらです?」
「半額でも30万以上ですよ・・・・・」

「夢だよ夢」

「・・・・・夢なら好きなだけ見てください・・・・」


さっきウェディングドレスで甘い未来を想像したばかりだと言うのに、
今度は65万のイスで一気に不安いっぱいの未来に。


すごく欲しいものがあって、どうしても叶えたい。
その「想い」は理解できます。
私はコレクションしているものはないけれど、コレクターの気持ちは分かります。
「もうたくさん持ってるからもういらないでしょ」じゃない世界。
少しでも違うならそれは全くの別物で、何個あろうが欲しいものは欲しい。

そして御主人様がそういうものに興味があって、集めていることも知っています。
私はイスコレクターではないので、その価値観を同じようにとはいきませんが、
そういう話を聞くのは大好きだし、オークションで何か落とす時もいつも祈っています。
「気持ち」や「想い」は凄く共感できて、私も応援して参加したい。

でも、1ヶ月の収入(手取り)とのバランスと実用性を考えた時、
私は「買いたいものなら金額に関係なく自由にどうぞ」とは言えない。
仮に手取りが20万だとして65万はその3ヶ月分です。
しかも1円も使わなかったとしてもまだ足りない。

たとえば車が壊れて、でもどうしても必要だから車に100万使うというのと、
すでにたくさんのイスがある中で、それがないと生活できないわけではないイスに65万使うのは、
全然意味が違うと思うのです。

一緒に暮らすということは、「お金」に関わること。
何にお金をいくら使うか、その価値観は人それぞれ。
御主人様の価値観を否定するつもりはありません。
私が言いたいのは、価値観の否定ではなく、現実的な生活費との対比。

お金の使い方。
難しいなって再認識しました。
私は御主人様が好きなものを買いたいという気持ちは応援したい。
気持ちは痛いほど分かるから。
でもそういう「趣味」に使える金額の限度は確かに存在すると思うのです。


でも、時間が経ってから私は「これはお金の問題じゃない」と気づきました。
最初はあまりにも金額が大きすぎてビックリして「無理です」って言ったけれど、
本質はそれではないことに気づいたのです。

もし御主人様が「これはお前がなんと言おうと買う」じゃなくて、
「どうしても欲しいから将来一緒に貯金して買おう!2人の宝物な」って言ってたら、
きっと私の受ける印象は180度違ったなって思ったのです。

「一緒に貯金頑張っていつか買いましょうね^^」って言ってたと思うのです。

2人で将来月に1万ずつ貯めて、2年半後の30ヶ月経った時に中古を買う。
もしくは5年頑張って貯めて新品を買う。
どっちかなら、きっと喧嘩をせずに過ごせる。

私は「お前の意見なんて聞かずに欲しいものは勝手に買う」と受け取れる発言に、
ショックだったんだって気づいたのです。
私は仲間に入れてもらえないの?
私の意見はどうでもいいの?
だったら将来一緒になる意味があるのかな?

将来このことで喧嘩するのかな・・・・・。
イヤだな。
理由がどんなことだろうが、御主人様と喧嘩は絶対にイヤ。



立ち飲み屋で飲みなおす御主人様。
イスに座れる立ち飲み屋は快適^^
私は昨夜の寝不足がこの時間にきて、頭がカックンカックンなってました。

そのあともう少しだけブラブラ。
デパートの中のパン屋さんで翌朝のパンを買う御主人様。
私は少し離れたところで座って待っていました。

朝から散々歩きまわって、夕方には足がパンパンだったのと、
御主人様が自分の家用の買い物をするのを見たくないから。

私が待っているところに御主人様合流。
私になにか差し出す御主人様。

「ほら。お前の大好きなクロワッサン」
「明日の朝食べろ」

ちゃんと私の気持ちを分かってくれてる。
そして私の好きなものを覚えててくれてる。
すごく嬉しかった。

クロワッサン


この日、私が履いていた靴は、御主人様が選んでくれたショートブーツ。
先端が細くなっていて、私が1番好きな靴の形です。
見た目は綺麗なのですが、時間が経つにつれ足先が痛くなってきます。
この日も限界・・・・・。
もうできるなら、今すぐ裸足になるか、おんぶしてほしい(笑)

あっという間にもう17時半。
さすがに御主人様は帰らないとマズイ時間です。

なんとか最後の力を振り絞って駐車場へ。
足の甲がズキズキしてきました。
早く靴が脱ぎたい><

さっき飲んだお酒で気持ちよくなった御主人様は助手席で爆睡。
私も眠いのに・・・・・><
必死に眠気と戦いながら御主人様の自宅へ約1時間のドライブ。

御主人様はずーーーーっと寝てます(笑)
もう少しで家というところで目が覚める御主人様。
家の近くのモールに寄りたかったらしく、そこに寄ってから帰ることに。
ちょっとだけ戻って私にとってはラッキー(笑)
でも・・・・・もう足が限界。

その寄りたかったお店はモールの1階の1番手前。
よかった・・・・・。
けど、そのあと御主人様が行きたいと言った店は2階の1番奥。
ひいいいいいいいいいいいい。
そこまで歩けるかな。

お手洗いですら何とか歩いて行ったというのに。
もう痛すぎてトイレを我慢しようか悩んだくらい・・・・。
必死で痛みと戦いながら2階の奥のお店へ。
店内で色々探している御主人様にもう付いていけず。
靴を脱げる場所を探して、私はそこから動かず待機。

御主人様の買い物が終わり、なんとか車まで歩いて戻ります。
ほんとに足が限界だ・・・・。
この痛みの感じだと皮が剥けてる。
血はまだ出てないと思う。
結局その足の痛みは数日続きました・・・。

車まで戻る途中、モール内のあるお店で靴を見る御主人様。
私に靴を買ってくれました。
ぺったんこで痛くない靴を。

「エナメルの靴、今まで履いたことないです」

「似合ってるよ」
「サイズどうだ?」

「ちょうどです」

「1ヶ月早いけどホワイトデーに買ってやる(笑)」
「お前、自分のために金を使わないからな」
「タッセルのローファーは手入れが楽だし雨でも履けるしいいよ」

「タッセル?」

「その飾りのこと」

「自分じゃ絶対に選ばないです(笑)」

「似合ってるよ」

「ありがとうございます^^」

「少しずつ靴が増えてきたな(笑)」

「はい^^」

タッセルローファー1
タッセルローファー2


今回の蚤の市デート。
数日前、前日、そして当日もムゥムゥがたくさんありました。
奥さんが怪しんでいること。
元彼女(現在ただのともだち?)の存在。
スナップ写真を撮りたいと言われて嬉しかったけど、撮ってもらえない現実。
そしてお金に関する話の伝え方。

色んなことを考えさせられました。
この先も御主人様と生涯ずっと仲良しで幸せに生きていくために、
私はどうしたらいいのだろう。
何が正解なのだろう。

御主人様の家族のこと。
女友達のこと。
お金のこと。

モヤモヤがいっぱい。
でも御主人様だけが私を幸せにできる。
だから私はこのモヤモヤと戦わないといけない。

悲しくてつらくて情けなくて惨めで泣きたくて泣きたくて泣きたくて。
そんなときは、御主人様が包み込んでくれるから。

終わり。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

No title

価値観が違うから
ブログでは全て分からないから
でもヒトコトだけ|ω・`)

生涯奴隷さん

我慢はしないで
我慢はさせられるものだからいつか爆発します

自分の為に辛抱して・・・
辛抱は自分で選んで向う事
だからいつか抱いた分だけ報われます(^-^)

今は辛くとも
辛いを抱いて辛抱に変えて下さいね(^-^)

Re: No title

ぴぃさんへ

こんばんは^^


> 価値観が違うから
> ブログでは全て分からないから
> でもヒトコトだけ|ω・`)
>
> 生涯奴隷さん
> 我慢はしないで
> 我慢はさせられるものだからいつか爆発します

ご心配ありがとうございます^^
我慢はつらいですよね;;;

「今は我慢」

もうこれ口癖です。
私は小さい頃からずっと我慢の人で、なれてるんですよ。
自分の感情を押し殺したり、人を優先させることが当たり前なので、
すんなりできます。

でも・・・その場だけの我慢はできても、ずっと続く我慢はきついですからね。
そうじゃないようにしたいけど。
でも無理ですね。
今の関係では無理です。



> 今は辛くとも
> 辛いを抱いて辛抱に変えて下さいね(^-^)


明るい幸せな自分を想像して、一踏ん張りも二踏ん張りも。
そのための「2人」だから。
一緒だったら頑張れる。
心が繋がっていたら頑張れる。

お互いにお互いが苦しんでるって理解して、ちゃんと気持ちが向き合ってたら、
一緒に2人のツライを抱えることができる。
2人一緒だったらきっと重くないから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメさんへ

こんにちは^^
初めまして!
コメントありがとうございます^^


> 生涯奴隷さんの生い立ちや育ち方が、今の生涯奴隷 という立場を選び。今は、ご主人様を愛する事愛される事。ご主人様を幸せにする事だけが、幸せ。と感じる感覚は…凄くよく分かる♀です。
> 自己肯定感 幸福感の 低さ…♀と一緒なので分かります…ゴメンなさい…

ありがとうございます^^
謝る必要なんて全くありませんよ@@!
きっと私と感覚や感じ方が似ているのだろうと勝手に想像しています^^
嬉しいです!


> ご主人様は。生涯奴隷さんと上手くいけばいくほど、ご家族とも奥様とも仲良く上手くやっていける。今、そんな状態だと思います。よって…ご主人様は、ものすごく幸せだと思います。
> これが…w不倫なら、どちらかが独占欲ゃ嫉妬に狂わなければ、とても良いパートナーとして、ずっとずっとやっていけると予測されるのですが…

そうなんですよね。
W不倫だったら、お互いに家庭を壊さず無理しない頻度で逢って。
そんな程よい距離感を保つ努力さえできれば(苦しいでしょうが)、いい関係でずっといれると思います。

ただ私たちの場合、最初からお互いに離婚して一緒になる前提で始まっているので・・・。
そういうわけにはいかないのですよね・・・・。
頻繁に逢える距離でもなかったですしね・・・。

いま御主人様は家庭がうまくいっているのですかね・・・?
私は怖くて聞いたこともないし、これからも聞けないです。

それならば、超幸せですよね?
家庭も幸せ。
外には愛人。

でも・・・・聞いたことはないけれど・・・きっとそうではないと感じます。
理由を言葉で説明するのは難しいのですが・・・。
「御主人様の幸せツボ」は「私の幸せツボ」と同じだと思っているから・・・かな?

つまり、運命である2人が一緒にいるときこそが幸せ



> きっと…読書さんは、生涯奴隷さんの味方で、それぐらい凄く心配してる…

嬉しいです^^
たくさん私のことを心配してくださる方がいます。
だからこそ、厳しい言葉をちょうだいすることも。
それも全部私のことを思い遣ってのことだとよくよく理解できます。
私も、自分が大切だと思う人には、厳しい言葉を向けることありますから。



> どうでしょう…?
> ずっと表に出れないけど。大好きなご主人様の愛人のまま、ずっと陰ながらご主人様を支え続けて生涯を全うする人生もステキだと思うのです!!!
> 生涯奴隷さんが…そう覚悟を決めてくれたら…安心なのにな。と…いつも思うのです。
> そうすれば…ご主人様も今と何ら変わらず、ずっと幸せでいられる。生涯奴隷さんの支えがある分、他の男性よりも、うんと幸せだと思います。
> ご主人様の大事な家族や奥様も、何も知らずに、ずっと幸せでいられる。
> 生涯奴隷さんも…ずっとご主人様からの愛を受けれる事で、ずっと幸福感を感じていられる…
> これが今の状態のベストな考え方かなと…


それができればいいのですけどね・・・・。
でも私には無理です。
理由はいくつかあるのですが、まず約束は約束である。
これがあります。

御主人様も離婚する予定でいたけれど今はできなくなった。
その代わり約束の日までに離婚して私と結婚する。
この約束がなかったら、私はそもそも離婚していないし、引っ越して来てもいないです。
私だけ離婚して、御主人様はそのまま家庭を壊さずは許容できません。
それなら、私は御主人様が相手でなくてもいいんです。
単にSMができて、さみしい時を満たしてくれる時々会える割り切りの相手がいればいいのだから。

私たちはお互いに運命だと感じ、生涯を共に過ごすと決めました。
死ぬときは一緒だと。

もし御主人様がこのまま離婚することなく、私がずっと愛人のまま一人ぼっちで暮らすなら、
私は別の人との結婚生活を選びます。

まだまだ再婚する権利があると思うのです。
このままずっと一人ぼっちで老いていくのはイヤです。
誰かと楽しく暮らす未来があってもいいと思うのです。

もちろんそれを望む相手は御主人様です。
誰でもいいわけじゃありません。

でも、このまま御主人様を待ち続け、私は気が付いたら歳を取り、
もう再婚や出産のチャンスもなくなってからじゃ、遅いと思うのです。
そのやり直しができる年齢が約束の時なのです。



> 生涯奴隷さんは…生い立ちや育ちから…凄く強さと弱さと、優しさがあると思います。感受性がもの凄く強い事も♀と同じです。
> もしも…もしも…ご主人様が離婚されて、奥様とご家族が不幸のどん底に落ちた時…
> 生涯奴隷さんの優しさと感受性が…邪魔をすると予測されるのです。
> きっと…ご自分をもの凄く責める。心底の笑顔には一生なれない…そう予測するのです…
> 生涯奴隷さんは…自己破滅 の道を選ぶ事もできてしまう方だと感じています…
> そしたら…ご主人様は…家族を失い、生涯奴隷さんも失い…どうなるのでしょう…


私の性格をよくよく理解されていると思います。
もしも、離婚できたとして、御主人様が家族を恋しがることを1回でも言えば、
そのことで私を責めるようなことがあれば、私たちの関係はその日で終わります。

私は元旦那と離婚するとき、どんなに酷い人であったとしても、それでも申し訳なさを感じました。
愛はゼロでしたが、情はありました。
14年間一緒に居た人ですからね・・・。

それでも、私は自分が幸せになる人生を求めたくなったのです。
私だって幸せになりたいと。
その背中を押してくれたのは御主人様でした。
だから御主人様にはすごく感謝をしています。
元旦那を傷つけることから逃げ離婚できずにいた私に、自分の幸せのために人を傷つける覚悟を決めさせてくれたから。

もしも御主人様が今の私と同じように、離婚したことに対して後悔がゼロならば
私はその重荷を一緒に背負っていけます。
1ミリでも「やっぱり離婚しなければよかった」というニュアンスを私に伝えることがあれば、
その瞬間から私は自分を猛烈に責め、そして御主人様と一緒に暮らすことはできなくなります。
書いていただいた通り、自己破壊の道を歩むことになると思います。
簡単に想像できます。
私から笑顔が消え、そして一緒に暮らすこと自体が苦しくなり、会話も消え、
お互いがお互いを責める日々の始まり。
そうなったら終わりですね。

そうならないためには、葛藤があっては絶対にダメだと感じています。
「家族」と「私」を選ぶ時100:0でなければ、
必ず選ばなかった方に対して未練が残ります。
100:0なんてそんなことできないのかもしれません。
でも相手にそれがバレては絶対にダメだと思うのです。
心に影を落とす以外の何も生まないから。

私は元旦那:御主人様は0:100です。
元旦那に対して、1ミリも未練はありません。

でもきっと御主人様はそうじゃない。
「家族なんだから大切に決まっている」「どっちが1番かなんて選べるわけがない」
そう言ったのですから。

そして「約束の日までに離婚できなくてもずっと待っとけ」と。
つまりその日までに自分の中で答えがでないと宣言したも同然なのです。

それを言われた日から私は覚悟を決めているのです。
自分が選ばれない覚悟を。

さらに言うならば「家族」と「私」のどっちかをはっきりと選べない程度ならば、
最初から中途半端な関係は望んでいないということです。
両方選びたいなら、別のたまに逢って満足な愛人を今すぐに勧めます。
御主人様の時間も、私の時間も勿体無いから。

残念ながら私にはどっちかしかありません・・・・。
そしてその選択肢には未練や後悔が含まれても、私は幸せにはなれません・・・。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 選択肢が 正解になるように祈っています。

鍵コメHさんへ

こんにちは^^

> 先日は はじめましてのご挨拶もなく初コメントしてしまいました。
> 御丁寧なリコメ ありがとうございます。
> ずっと、そっと見守らせて頂こうと、第三者が口を挟む問題ではないのですけれど。

いえいえ^^
私のことを心配して書いてくださったことは十分伝わってきましたから^^


> どんな結末になろうとも、今は自分の選んだ選択肢を
> 「正解」にすべく日々行動している生涯奴隷さんが
> とても偉いと思います。
> 主体的に自分の人生を生きていると思います。


人生は努力でどうにかなることと、どうにもならないことがあって、
御主人様とのことは自分の力だけではどうにもできなくて。
だからこそ、今自分ができる精一杯のことだけはしておきたいと思います。
仮に同じダメになる未来であったとしても、それまでの過程できっと将来の感じ方は違うから。

14年一緒に過ごした元旦那に対しても、私は遣り残したことは具体的な行動としても、
精神的な気持ちとしても、何も後悔はありません。
私の尽くせる限りを尽くした結果、やはりこれ以上は無理だと分かったのでした、
とことん最後まで付き合った結果なので、自分の出した答えに悔いはありません。



> ご主人様にとって結婚後の浮気は 一度や二度のことではないと思うのです。

たくさんあると思いますよ(笑)
昨日、セックスした人数は数えられないくらい多いって言ってましたし(笑)



> なんとも歯がゆい思いを抱える一読者です。

ほんとですねぇ・・・。
私も歯がゆい毎日です(笑)
昨日少しだけグズグズと泣いてしまいましたが、もう少し頑張ってみます^^

コメントありがとうございます^^

blog作り直しました。
内容はまだ前と同じので新しいのは、書いてません(笑)

Re: タイトルなし

マリーさんへ

こんばんは^^

ブログ、消しちゃったって連絡あったので、一体何があったのかと思ってました><
新しく作り直していたのですね!

また遊びにいきまーす^^
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ