FC2ブログ

クリトリスを弄らせていただいています

今日の夜、御主人様と少し電話でお話することができました。

さきほど、「これからは厳しくする」という内容の記事をアップした通り、
御主人様の躾が今から厳しくなります。

車の中であっても、
足を開けって言われたら、御主人様が触りやすいように開く。
御主人様が触りやすいように、腰を前に突き出す。
御主人様が触りやすいように、上半身の服を上にたくしあげる。

外でだって、挨拶をさせる。
首輪も、スカーフを取れって言われたら取る。
隠さず首輪を見せたまま歩いてもいいくらいだ。

私の常識を超えた行動の数々。
聞いただけで、身体が震えてきました。
御主人様が目の前にいるときみたいに。

御主人様が目の前にいて、あの目で見つめられ、
あの声で命令されると、いつも身体が震えます。
歯もガチガチと音がなり、緊張で声も出にくくなります。
こんな経験、今までになかったことです。


緊張しすぎて少しパニックだった私に御主人様から
「クリを弄れ」と電話がありました。

今日の私のクリトリスは濡れてばっかりです。
触ると、やっぱり濡れていて、そしてやっぱり白濁色でした。

マン汁をクリのほうにすくってこいって言われて
右手でクリを触ります。

触っていると濡れたまんこからは、音もしてきました。

私は、普段オナニーをほとんどしませんし、自分の指で
逝くことはありません。

「これはオナニーではない。俺の命令でクリを触らせてやってるんだ」
「変態だって自覚しろ」
「気持ちいいのか」
「変態ですって言ってみろ」
「クリトリスを弄らせていただいてますって言ってみろ」


御主人様から「逝け」と命令が。
でも、逝けるか心配でした。
「待たせるな。早く逝け」と言われ、気持ちは焦るばかり。
でも、嘘で逝ったフリなんて絶対にしたくない。
でも、逝かないと。逝きそうだけど、逝けない。

そうしたら、「窓際に行って、オナニーしてる自分を見てもらえ」って。
すでに夜だったため、カーテンを開け、立ったままクリを触りました。
外が暗いとはいえ、誰かに見られるかもという不安が。
右手でクリを触り、左手で持っている携帯から聞こえてくる御主人様の声。

逝きそうになり、御主人様に
「御主人様、逝かせてください」とお願いしました。

「声が小さい」と言われ、もう一度お願いして、逝かせてもらいました。

逝ったあとも、しばらくの間は震えがとまらず、少し落ち着いてから
「ありがとうございました」と御礼を言いました。

自分の指で逝けないだろうって思っていたのに、御主人様の声を聞いて、
御主人様から「逝け」って命令されると、普段できないことができてしまう。


逝ったあと、自分の匂いを嗅いでみろって言われて、指の匂いを嗅ぐと、
独特の牝の匂いがしました。

御主人様からは、その手を洗わず、まんこも拭かず、そのままで過ごせと
言われました。

今うってるパソコンのキーボードもマン汁の匂いがついたままの指で
うっています。

御主人様の命令で逝かせてもらったあとの匂い。
とても特別な気持ちになります。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ