FC2ブログ

愛しているなんて言葉じゃ足りない。

御主人様が引っ越してしまって早2ヶ月が過ぎました。
人間不思議と、時間の経過とともに新しい環境に慣れるものです。

毎日逢える限りは逢っていた8月までの日々。
最初は寂しくて寂しくてオカシクなりそうでした。
バイトがない日は毎日逢いに行きたい、例え1分でもいいって思っていたけど、
御主人様からはNOの返事。

「俺が来いと言った日だけ来い」

いつ来いと呼ばれるのか毎日毎日楽しみにしていたけど、
最初の1ヶ月は1回も呼ばれず。
少しずつ、私は呼ばれることを期待しなくなっていきました。
毎日楽しみにすれば、毎日落ち込む羽目になるから。
そして、「逢えなくて寂しい」を封印しました。

「逢えないことが普通」

そう考えることで、寂しさを軽減させています。
特技である「感情を殺す」
これを実行しているのです。
一度寂しいって思ったら、1人で頑張れないから。

そして10月のある日、御主人様からの呼び出し。

「今度の土曜日、夜ご飯を一緒に食べるか?」

御主人様としては、せっかく来るならご飯でも食べるくらいの
時間が作れるときと思っているみたいです。
そしてせっかくならたくさん飲みたいから、必然的に土曜日の夜に。

家では奥さんが帰りを待っています。
だから私は言います。

「逢えるなら逢いたいです」
「でも無理はしないでください」

無理をしないと逢えないことは分かっているけど、
無理をしてもらうのもイヤなのです。
逢えないことに慣れてしまった今なら表面上耐えられるから。



土曜日、私のバイトが18時に終わります。
御主人様に私服を持ってきてると言われたので、
私も着替えを持って行き、バイトが終わってから着替えました。

御主人様の職場近くまで迎えに行きます。
たまたま車を置いて出勤することができたということで、
帰り車をどうするか?という心配をせずに済みました^^

仕事が終わった御主人様と合流し、いつもの駅ビルへ。
御主人様お気に入りの立ち飲み屋へ行きます。

久しぶりに逢うとき、私はいつも緊張しています。
普段「逢えないことが当たり前」と自分に言い聞かせているため、
逢っているときのテンションが分からなくなるのです。
だってここで気持ちをゆるませたら、次の日からがキツイから。
甘えたいのに、甘えたら明日からの自分が怖いから。
きっと寂しくて苦しくて泣きたくなるから。

普段逢えない分、たくさんの話をしました。
たくさん手を噛んでくれて、頭をナデナデしてくれて。

この日の少し前、御主人様は家族の記念日があったと思います。
正確な日付は知らないけど、でも近い日だと思っています。

私はずっと考えています。

「御主人様が約束の日に私ではなくて家族を選んでも仕方ない」と。

御主人様が「家族なんだから大事に決まってる」
そう言った日から、この想いは日々強くなっています。
もちろん、家族を選ぶ=私とは生涯の別れ。
私は約束の日以上は待たないと誓っているので。

そしてこの記念日辺りで、ますますその想いは強くなりました。
家族か奴隷。
どちらかしか選べません。
両方という選択肢はありません。

どちらを選ぶべきかを決めるのは御主人様。
私はその判断を御主人様に任せると決めています。
例え家族を選んでも恨むことはありません。
だって、それが良いと私自身が思っているから。
私が邪魔者であって、消えるのが1番良いと思っているから。


でも。
頭ではそう思っていても、やっぱり私を選んでほしい。
どうして御主人様でなければならないの?
こんなに世の中たくさんの人がいるというのに。
どうしてこんなに苦しいの?


そんなグルグルした気持ちで久しぶりに逢ってきました。
私がそんなことを考えていたなんて知りもしない御主人様が、
突然こんな話をしてきました。

「もっとお前と早く逢えていたらな」
「この試練を乗り越えられたら本物だよ」
「お前のこと、愛してるなんて言葉じゃ足りない」
「誰よりもお前のことを信用してる」
「お前との出逢いは奇跡だよ」
「ネットなんかで出逢えたんだからな」
「お前は俺のために産まれてきたって本気で思うよ」
「ただの世話好きじゃないもんな」
「お前は俺のお世話が大好きだもんな」
「お前は俺じゃないとダメだからな」
「お前を幸せにできる奴は他にいない」
「お前がこんなに甘えられる男は俺以外にいないよ」
「来世ではもっと早く逢おうな」
「16くらいがいいかな(笑)」

ご飯を食べながら、ワンワンと泣きました。
周りの人なんて御構い無し(笑)
御主人様に顔をうずめて、涙を拭いてもらって。
手をたくさん噛んでもらって。
挙げ句の果てには、チューまでしてもらいました(笑)
スカートをめくってTバックの中に手は突っ込んでくるわ、
「なんでブラしてるんだ」と言いながらトップスの上から
手を突っ込んで乳首を弄ってくるわ(笑)
誰も気づいてないといいけど(笑)


御主人様には私の気持ちが見えているのでしょうか?
まるで私の心の中を読んだかのような発言。
いつも不安な私の心を安心させてくれます。
だからこそ、そのたびに私の覚悟は強くなります。

御主人様だって苦しいのが分かるから。
私のことを愛してると同時に、家族だって大切なはずだから。
だから、どちらを選んでも、私はそれに従う覚悟です。


先日、会社の社長と出張中に、御主人様の存在を話しました。
当然SMの部分は抜きにして、付き合っている彼氏がいますと。
というのも、私のことを認めてくれていて、本社へ転勤させようと、
いつもいつも企んでいて、会うたびに言われるから(笑)

「付き合ってる人がいるので転勤はできません」と話したのでした。

そういう理由なら諦めると言ってくれましたが、
そのあとすかさず「別れたら本社へおいで」と(笑)



お店を後にして、御主人様の家まで送り届けます。
帰り道は、別れが寂しくてギューーーっと手を繋いでいました。

御主人様の家まであと100メートルというところあたりで、
「右に行け」と御主人様が言います。

御主人様の家は直進。

「?」と思っていると「まだ帰らない」と。

「もう22:30ですよ?」
「奥さん待ってますよ」

「早く帰りたいのか?」

「帰りたくないです」

近くに車をとめて、最後の時間を過ごします。

「舌を出せ」

舌を出した状態で首を絞められて、そのままベロチュー。
頭が真っ白になって、すごく気持ちいい。
いつの間にかTバックの中はヌレヌレ。
たくさん逝かせてもらいました。

まったりしながら御主人様の首をマッサージしてると、
いつの間にか寝息を立てる御主人様。
そんな御主人様を見つめて微笑む私。
たくさん美味しいお酒を飲んで明日は休み。
いい夜になったかな?

22:55に御主人様を起こして自宅の近くまで行きます。
御主人様を完全に起こし、さよならの時間。
寝てしまったからか「ごめんな」ってなぜか謝る御主人様(笑)

小さな小さな声で「おやすみなさい」を言いました。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

男って悪だよね

完璧な奴隷さんで、自分を律することもできている。
凄いなと思う

でも、それもこれも 全部本当に大事な 大切な
全てといってもいい存在のため。

女として今は主にしか自分を包んでもらえない事実
から来てることは明白なのだから。

願わくは幸せが溢れた未来が少しでも
続いたらいいな

いい子でなくなる日が来たらいいな

Re: 男って悪だよね

海さんへ

おはようございます^^

> 完璧な奴隷さんで、自分を律することもできている。
> 凄いなと思う

@@!
とんでもないです。
全くもって自分を律することなんてできてないですよ。
今はですね、なんと言っていいか。
何も考えたくない時期なのです。
もう、身を任せて流れに流れるだけという感じです。
その時を待つしかできないから。

> でも、それもこれも 全部本当に大事な 大切な
> 全てといってもいい存在のため。

ほんとにそうですね。
私にとって全てと言っても過言ではないほどの大きすぎる存在。
だからこそ、考え出したら精神が崩壊しそうですよね。


> 願わくは幸せが溢れた未来が少しでも
> 続いたらいいな
> いい子でなくなる日が来たらいいな

いつも素敵な言葉をありがとうございます^^

こんばんは

ご主人様の言葉が、
すべて泣けます(T_T)
そんな事を言われたら、号泣しちゃうに決まってます!

これから寂しかったりつらかったりしても
その言葉を思い出して、
強く生きていけますね。

最近、
私も事情により週に三回ご主人様の家の前まで送って行きます。
家に入っていく後姿・・・・
これを見る時が、一番テンション下がって嫌いです。
楽しかった時間がすべて一転するくらい嫌い(T_T)

そう、足りないんです

愛している。
いくら言っても言い尽くせず、もどかしくなり、それをくぐり抜けて何度も何度も二人は会うのでしょうね。会わないわけに行かない。深まっていく。各々が相手のためにかたちを変えながら。
そんな二人が世の中にどれだけいるんでしょうか。

お二人のお話を読んでいて、同じように心を痛めたり弾ませたり、自分に照らし合わせ勝手に納得したり悩んだり。
いつもありがとうございます。
力をいただいています。

実は、伝えても確かめてないのですが。
わたしのご主人さまも、このブログを読んでいるのではないか、と思っています。
そうだったら嬉しいな。

Re: こんばんは

美月さんへ

こんばんは^^

> ご主人様の言葉が、
> すべて泣けます(T_T)
> そんな事を言われたら、号泣しちゃうに決まってます!

はい><
もうですね、マンガのように涙が流れ落ちました(笑)
ポロポロとかじゃなくて、ダーーーーって(笑)


> これから寂しかったりつらかったりしても
> その言葉を思い出して、
> 強く生きていけますね。

LINEの文字や自分で書いたブログを見て、
自分で自分に元気を与えています^^


> 最近、
> 私も事情により週に三回ご主人様の家の前まで送って行きます。
> 家に入っていく後姿・・・・
> これを見る時が、一番テンション下がって嫌いです。
> 楽しかった時間がすべて一転するくらい嫌い(T_T)

分かりますよ・・・・・。
電気がついた家に入っていく御主人様の姿。
一気に現実に引き戻されます。

私も逢ってるとき、何時に帰るか?っていう話を自分でふっといて、
自分で落ち込んでます。

Re: そう、足りないんです

かなたさんへ

こんばんは^^
お久しぶりです!お元気でしたか?
またのコメント、ありがとうございます^^


> 愛している。
> いくら言っても言い尽くせず、もどかしくなり、それをくぐり抜けて何度も何度も二人は会うのでしょうね。会わないわけに行かない。深まっていく。各々が相手のためにかたちを変えながら。
> そんな二人が世の中にどれだけいるんでしょうか。

なんとももったいないお言葉、ありがとうございます。
いくら言っても足りないです。
ほんとに。
そしてどれだけこの愛は深いんだ!!!と自分で言うのも変ですが、底知れずです。
蟻地獄みたい(笑)


> お二人のお話を読んでいて、同じように心を痛めたり弾ませたり、自分に照らし合わせ勝手に納得したり悩んだり。
> いつもありがとうございます。
> 力をいただいています。

ただの私の日記が何かのお役に立てているのなら、とても嬉しいです^^
前回コメントをいただいてから、今日までの間に大喧嘩の記事があったことと思います。
もう無理!!!って思ってからもこうやって元に戻れて、ますます愛が深まった私たち。
日々色んなことがあって、それによって感情も動いて。
これからも色んな楽しいこと、苦しいことがあると思いますが、
信じて頑張っていきたいと思っています。

> 実は、伝えても確かめてないのですが。
> わたしのご主人さまも、このブログを読んでいるのではないか、と思っています。
> そうだったら嬉しいな。

おお!
私も嬉しいです^^
確か以前、このブログについてお話いただいたんでしたよね^^
SM風?なブログですが、これからもよろしくお願いします^^

こんばんは

この記事、とても好きで何度も読んでます(*´-`*)
もっと早く会えてれば良かった、多分みんな思うのではないでしょうか。
お互い独身だったら一緒に暮らしてたねって話したりします。

自分の気持ちも相手の気持ちも、そっくりそのまま伝わるなんて不可能なんですよね。
本当に思ってることなんてわからないから。

生涯奴隷さんのご主人様は恥ずかしげもなく言えてすごいなーと尊敬します。
私はそういうのがどうも苦手で、おかげで重要な話をメールでするとすれ違います(>_<;)

ご主人様の言葉だけで、生涯奴隷さんがご主人様に対する想いやご主人様が生涯奴隷さんに対する想いがひしひしと伝わってきて、素敵だなあと感じます。

Re: タイトルなし

ほのかさんへ

おはようございます^^

> この記事、とても好きで何度も読んでます(*´-`*)

おお!ありがとうございます^^


> もっと早く会えてれば良かった、多分みんな思うのではないでしょうか。
> お互い独身だったら一緒に暮らしてたねって話したりします。

ほんとそうですよね。
でも、私は今の年齢の御主人様だからこそ好きになったとも言えるかもしれません。
話を聞く限り、若い時の御主人様はあまり好きじゃないかも(笑)

> 生涯奴隷さんのご主人様は恥ずかしげもなく言えてすごいなーと尊敬します。

私もそれはそう思います。
御主人様の魅力の1つは、想いを正直に真剣に伝えること。


> 私はそういうのがどうも苦手で、おかげで重要な話をメールでするとすれ違います(>_<;)

私もなるべくメールで大切な話はしないことにしています。
文字のみで伝えた結果、あまり良い結果は持ち合わせていません。。。


> ご主人様の言葉だけで、生涯奴隷さんがご主人様に対する想いやご主人様が生涯奴隷さんに対する想いがひしひしと伝わってきて、素敵だなあと感じます。


ありがとうございます^^

(´Д`)ハァ…

生涯さん……
異体同心ですね。

もちろん……人間だし
普通の感情があれば、納得できない事もあって
ケンカ?にもなるでしょうけど
お互いの存在する意味が……刻まれてるから
前とは違う平常心が保てるんですかね?

ワタシ達は、ようやく四ヶ月です。
週1回……逢えるように時間を作ってくれる事を
生涯さんのブログを読むにつれ、自分は
幸せ者だと気づく事ができます。

ワタシも
気まぐれですが更新したので
時間あったら、読んでくれたら嬉しいです
(・∀・)

Re: (´Д`)ハァ…

マリーさんへ

こんばんは^^

> 異体同心ですね。

異体同心。
いい言葉ですよね^^

> もちろん……人間だし
> 普通の感情があれば、納得できない事もあって
> ケンカ?にもなるでしょうけど
> お互いの存在する意味が……刻まれてるから
> 前とは違う平常心が保てるんですかね?

どうなんでしょう?
何が前と違うのかなぁ?
基本的には何も変わってなくて、うーーん?

忘れられないんです。
御主人様が家族を大切だと言ったことが。
だから、御主人様に苦しい想いをして欲しくないという気持ちが
私の中で大きくなったということかなぁ?
どっちかしか選べなくて、どっちを選んでも、
選ばなかった方へ対する後悔はあると思うのです。

仮に私を選んで、家族を選ばなかったことを少しでも後悔をするなら、
私は大切だといま思っている家族を選んで欲しいと思っています。

たとえ一緒になれたとしても、そんな後悔を引きずったままなら、
私は心から幸せになれないから。
一生、御主人様の今の家族の陰に怯えて暮らすことになります。

それは私の望むことではないのです。
たとえ一緒になれたとしても。

> ワタシ達は、ようやく四ヶ月です。
> 週1回……逢えるように時間を作ってくれる事を
> 生涯さんのブログを読むにつれ、自分は
> 幸せ者だと気づく事ができます。

単純に逢える機会が多いということは、幸せなことですよね^^
もちろん回数だけが全てではないけれど、多いに越したことはありませんね^^


> ワタシも
> 気まぐれですが更新したので
> 時間あったら、読んでくれたら嬉しいです
> (・∀・)


また遊びに行きます^^

こんばんは
またコメント失礼します

若い時のご主人様はあまり好きじゃないかも
っていうの、すごくわかります。
過去は過去ですから、今が良いんですよね!

私もマゾ豚に、若い時に私と知り合ってたら好きになってた?と聞いたら、
「その時になってみないとわからないですが、Mではないので多分好きにはなってないかもしれませんね」
ってバッサリ言われました笑

積み重ねてきた年月の分だけ、その人がありますから、私は昨日・明日よりも今のマゾ豚が好きです。
きっと、生涯奴隷さんもそんな感じですか?(*´-`*)

Re: タイトルなし

ほのかさんへ

こんばんは^^

> 若い時のご主人様はあまり好きじゃないかも
> っていうの、すごくわかります。
> 過去は過去ですから、今が良いんですよね!

そうですね^^
今の御主人様が好きです。
もし、若い頃の御主人様が今と同じ考え方や性格であれば、
好きになっていたかもしれませんが、
私が好きなのは今の御主人様。
そういう意味では、やはり出会う時期ってそうなってるのかもですね?

> 積み重ねてきた年月の分だけ、その人がありますから、私は昨日・明日よりも今のマゾ豚が好きです。
> きっと、生涯奴隷さんもそんな感じですか?(*´-`*)

その通りです!
色んなことの積み重ねで今の御主人様があるとしたら、
今までの過去の全ては必要だったのだと思います。

いつか

このご飯を食べながらわんわん泣いたことも、笑って隣にいるご主人様と話せると気がくるといいね。
読んでて切なくなるけれど、とても穏やかな気持ちでお二人の幸せを
願えます^^少しずつ。。。ご主人様が解決してくださるといいね^^

Re: いつか

にゃんたんさんへ

おはようございます^^
そうですよね。
いつかあんなのこともあったねーって、隣で話せる時がきたらいいですよね。

> 読んでて切なくなるけれど、とても穏やかな気持ちでお二人の幸せを
> 願えます^^

ありがとうございます^^
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ