FC2ブログ

コバンザメのように

私のブログをマメにチェックしてくれる御主人様。
さっきアップした分を見て、「またアップしてる(笑)」って。

でも、私がブログを通して自分の感情を整理できているので、
「ブログを書いて正解だな。ブログずっと続けろよ」って。

以下、今日のラインチャットのやりとりを。
ただのノロケです(笑)このイチャイチャなやり取りがだーーーーーいすき^^

「ブログを書いて正解だな。ブログずっと続けろよ」

「たまにブログに御主人様の愚痴書くかもですけど(笑)」
「でも、あまり言わない私の感情を書いているので、御主人様にも伝えやすいです」

「ブログもいいが、直接言えよ。どちらにしても全て言え」

「あまり自由に発言すると、文句が多い・うるさいって言われるので(笑)」

「もう慣れてきた(笑) 抑えるよりはいい」

「慣れてきたって(笑) まるで私が問題児みたいじゃないですか!」

「違うのか(笑)?問題児だから俺の奴隷なんだろうが(笑)俺じゃなきゃ躾けられない」

「まるで、暴れて誰にも躾けられない問題犬のよう」

「可愛い忠犬さ(笑)」

「可愛い犬でいいんですか?」

「可愛いな(笑)俺にはすごく。ノミ取りしたくなるくらいに」

(ノミ取りとは、あるとき私の背中に出来ていたオデキを取ってもらったときの話。
寝そべってる私の背中を触っていた御主人様がノミ取りしてやるって)

「ノミ取り(笑) 猿の親子みたいじゃないですか!」

「親子じゃなく、夫婦だろ(笑)?」

「^^」

「ひっついて身体を温めたり、寄りかかったりすることは欠かすなよ」
(甘えろってことですね)

「はい^^ 御主人様のことが大好きで、御主人様以外じゃダメってことだけは
分かります」

「急にどうした(笑)? そんなのとうの昔に分かってる」

「言いたくなったんです」

「逢いたくなったんだろ?」

「それを言ったら悲しくなるじゃないですか!」

「悲しくなるが、図星だろ?」

「そんなに私のことを理解しないでくださいよ!」

「何でも知ってほしいくせに(笑)全てお見通しさ」

「心地よいです」

「お前を逝かせられるのは俺だけだ」

「御主人様がいない人生はもう考えられないです。ずっと一緒に
いてくださいね」

「いるさ。死ぬまで」

「私も死ぬまで、そばにいます」

「コバンザメのように、くっついてろよ」

「なんだか、ほんとに面倒かけてますね」

「仕方ないさ。そんなお前が好きだからな」

「1人で勝手に凹んで、声聞いて元気になって、
メール見てニヤニヤして。私の感情、忙しいです!」

「どちらにしても俺が必要なんだろ?」

「必要です」

「素直でよろしい(笑)」

「御主人様以外じゃ、私のこと飼いならせないですからね(笑)」

「だな(笑)」

「たまに甘噛みしますけど、愛情の証です!」

「わかってる。噛み癖(笑)」

「すっかり、御主人様病です」

「だな。不治の病だ」

「一生かけて、治療してもらいます!」

「死ぬまで治らないから安心しろ(笑)」

「死んでもこのままがいいです」

「なら、地獄にいっても治らないな(笑)お前となら地獄でもいいが」

「死んでも一緒にいてくださいね」

「来世も一緒だ」

「ずーーーーーーーーっと一緒にいたいです」

「黙っていろよ(笑)無理か。ついてこい」

「とりあえず文句が趣味ですからね(笑)」


こんな感じのやり取りを、ほぼ毎日しています。
ラインチャットをしてるときは、基本わたしはニヤニヤしてます。

御主人様、ラインチャット、ほぼそのまま原文で載せちゃいました(笑)
あとから読んで記念になるからいいですよね?!(事後承諾)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ