FC2ブログ

御主人様、朝まで1度も起きずに熟睡。

結局、御主人様の仕事が終わったのが20:30過ぎ。

「今から帰るから21時は過ぎるよ」
「一旦家に戻って、着替えてから電話する」
「迎えに来いよ」

私は19:30にバイトが終わり、買い物して、
帰り着いたのが20時過ぎだったので、ご飯の支度をして、
仕事を少し片付けて、ちょうど良かったです。
21:30くらいに御主人様を迎えに行きました。


「先にご飯にしようや」
「お腹すいた」

そこから揚げ物をしたので、食べ出したのは22時少し前くらい。
遅い夜ご飯となりました。
翌日が休みなので、御主人様はたくさんお酒が飲めます!
録画していたビデオを見ながら、楽しい食事となりました。
ご飯の途中、御主人様にしょっちゅうひっつき虫しに行って、

「また来た(笑)」とか言われてチューしたりギューってしたり。
膝の上に乗っかったり(笑)

先に食べ終わった私は、かまってかまって攻撃。

「足元に座っとけ!」

御主人様の足元に座って、御主人様に背中をくっつけて体重を預け、
一緒にテレビを見ました。

「足でも揉め」

最初は片方ずつ揉んでいたのに、両方の足を乗せてくるから

「重い~~~~;;」

「わざと(笑)」


見ていた時代劇で、母親が息子の嫁に逢いに行くというシーンが。
それを見た御主人様が

「お前も俺の母親に『お母様』なんて言えるのかよ」


私はこう答えます。
「『御主人様を産んでくれてありがとうございます』って言います」と。

本当にそう思うのです。
御主人様を産んでくれてありがとうございます。
私の運命の人なんです!


そんな日が来るといいな。


そして、
「俺が先に死んだらどうするよ」

「私も死にます」

「お前が先に死んだら俺はどうすればいいの(笑)」

「一緒に死んでくれたらいいですよ(笑)」
「私、残りの人生、次の人と幸せになんて絶対言いませんから!」
「幽霊になって出てきますからね!」

「恐ろしい(笑)」


そんな話もしました(笑)




すっかり遅い食事になってしまったので、御主人様はグッタリ。
23時くらい、もうウトウトし始める御主人様。

「ちょっと休憩」

私のベッドへ。
これはまずい(笑)
御主人様の「ちょっと休憩」は全然「ちょっと」なんかではなく、
イコール「おやすみなさい」なのです(笑)

まだお風呂入ってませんよ!
歯磨きもしてない!

仕方ないので、私は茶碗の片付けをしようとしたら、

「お前も来い!」

「私もですか@@?」

「ちょっとだから」

御主人様に後ろから包まれて横になります。
そして5秒後くらいかな?
いびきをかいて寝る御主人様。

寝るの早っ@@!
なんて良い寝つき・・・・・・・。
御主人様は、普段いびきはかきません。
いびきは、よっぽど疲れている証拠です。
それでも、5分くらいすると、静かになります(笑)
御主人様が静かになったのを見計らって、起こさないようにそっと抜け出します。

台所以外の電気を全て消して、茶碗を洗って、
洗濯して、お風呂に入りました。

「ちょっと休憩」したときの御主人様は、30分とか1時間くらいで目が覚めるのに、
この日は本当に熟睡していました。

私が全てを終わらせてベッドに入った0:30過ぎもまだまだ熟睡中。
普段、何回も夜中に目が覚めるという御主人様。
良かった~~~~;
私と一緒にいるときに、熟睡してもらえるってことが、どれほど嬉しいか。

5:50、目が覚めた私。
御主人様を見ると、本当に深く眠っているみたいです。
いつも5時くらいには起きて夜遅くまで仕事を頑張っている御主人様。
今日くらいは、朝までゆっくり寝てほしい。


翌朝、私がセットしていた7:30の目覚ましがなるまで、
御主人様は1度も起きることなく熟睡でした。
この1年間で、1度も夜中に起きなかったのは、
私と一緒に寝た中では初めてだったかもしれません。
それほどに疲れていた証拠なのでしょう。
そして、私の隣が安心できるっていう証拠なんだと勝手に思ってます(笑)


2人ともまだまだ眠くて、8:00までごろんごろん。

「風呂ためろや」

御主人様の大好きな入浴剤を入れて、朝からお風呂タイム^^
ニコニコです!
御主人様の髪を洗って、体をこすって。
御主人様はカミソリでヒゲを剃ります。
モミアゲのところなどはお手伝い。
楽しい~~~^^


8:30朝食
美味しい美味しい朝ご飯でした^^
一緒に朝ご飯も食べることができて、幸せ~^^


そして朝えっち(笑)

10:00から私はバイトがあるので、御主人様を家に送り届けて、
そのままバイトへ行きました。

御主人様も家のことをしてから、奥さんの実家へ行ったみたいです。

「日曜日、早く帰ってこれたら夕方逢いにきてやるから」

「はい;;;」


日曜日も逢えるかどうかは分からないから、逢えたらラッキーと思っておきます。
今回は、無理して泊まってくれて、ありがとうございました。
幸せな時間でした。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

No title

生涯奴隷さん、ご主人様が深い眠りに包まれて良かったですね^^
たまにでもそうやって心からの安堵に包まれる時間って大切ですね^^

砂ずりって砂肝のことだよね?片栗粉で揚げるとおいしいんですね^^

Re: No title

にゃんたんさんへ

こんばんは^^
御主人様が深く寝れて、本当に本当に良かったです。
それだけで凄く幸せ。

砂ずりと砂肝、両方の言い方があるみたいですね。
私の実家では砂ずりって言ってました!
初めて食べる料理だったから、完成系が見えず、
どれくらい揚げるのが正解か分かりませんでしたけど、
美味しかったです^^

ししとうも、頑張って生まれて初めて食べましたよ!!!
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ