FC2ブログ

「俺の同僚、お前の家を知ってるよ」

ある夕方、御主人様が仕事帰りに寄ってくれて、
そのお見送りに外に一緒に出た時のこと。

いつも、御主人様の車まで手を繋ぎます。
そして御主人様が車に乗り、見えなくなるまで見送ります。

私が悲しくなる瞬間です。




この日、御主人様がビックリすることを。

「この前同僚がな、駐車場にお前の車がとまってるのを見たって言ってたぞ」

「?!」
「わたしの家、知ってるんですか@@?!!」

「駐車場をな」
「どの部屋かは知らないよ」

きっと仕事中一緒にいた時に、
たまたま私の家の前を通ったのでしょう。

だからって御主人様・・・私の家を教えないでください(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(定期的に更新があり交流のある方々)
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ