FC2ブログ

御主人様のおしゃべり!!!②

会社の飲み会中の御主人様から電話がなりました。
お迎えの時間かな?って思って電話にでると、

「ちょっと代わるから」って。

「@@?」


電話に出た人は、御主人様が1番仲良くしていると言っていた人でした。

もう・・・・・・。
まーーーた、私のことしゃべってる!
御主人様のおしゃべり!!!

前、釣りの全国大会のときにも、こんな電話に出させられました。
その時は御主人様の昔からのお友達だったからまだいいとして、
今回は会社の同僚の人ですよ!
もーーーー!
なにを考えてるの(笑)

以下、御主人様=主 同僚さん=同


その人から、次から次に質問が。

同 「○○ちゃん、○○くんのどこがいいんですか?」

↑勝手に私の下の名前にちゃん付け(笑)

私 「・・・・えっと」
  「全部です」 

↑ま逆とも言える価値観の違いがあり、共感できない部分もありますが、
「御主人様の存在そのもの」を愛している事実に変わりはありません。

同 「全部ですか!」
  「○○ちゃん、○○くんのこういうところが好きですって所は?」

私 「愛情いっぱいのところじゃないでしょうか?」

同 「絶対騙されてますから!」
  「すぐに別れたほうがいいですよ!」
  「僕があなたの実家がある○○県で一緒に暮らしますよ!」
  「あなたの人生かかってるんですよ!」
  「考え直したほうがいいですよ」

↑私の出身地まで喋ってる(笑)

私 「そうですね」
  「人生かかってますね(笑)」

同 「そうですよ!」
  「あなたの人生ですよ!」
  「考え直したほうがいいですって!」

御主人様が「全身全霊で愛してる」みたいな発言をしたらしくって

同 「全身全霊ですか?」

私 「そうですね(笑)」
  「全身全霊で愛してますね」

さらにマッサージの話もしたらしく、

同 「○○ちゃん、僕にも30分マッサージしてください」


電話口に御主人様が出て、

主 「全身全霊だよな?」
  「マッサージも30分くらいはするよな?」

私 「そうですね」
  「するときは30分くらいしますね」

主 「爪も切るしな?」

私 「爪も切りますね」

主 「体もこするしな?」

私 「ですね(笑)」

主 「あとで一緒に風呂はいるんだもんな」
  「もう少ししたら、また電話するから迎えに来いよ」

私 「はーい」


一体なんだったの(笑)
心臓バクバクしましたよ~~~~~~~~~~~!!!


この同僚さんは、きっとこう思ったのじゃないでしょうか。

結婚してる人と付き合って、この人可哀想に。
どうせ男には離婚なんてする気ないのに。
騙されてるって、遊ばれてるって分からないんだろうな。



そして。。。。。
このあとに、さらなる悲劇が私を襲ったのです・・・。
つづく。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとう

鍵コメさんへ

こんばんは^^

>この人が別れを口にしたときはもう次はない。
私も自分の御主人様に対して、そう思っています。
御主人様が決めたことに私は従う。
付いて来いって言われたらどこまでも付いていく。

そして、御主人様が私に対して万が一、いや億が一にでも、
好きではなくなったという感情を抱いたのならば、誤魔化さずに言ってほしいです。
それが棄てられる前の最後の優しさだと思っています。

もちろん、「俺がお前のことを嫌いになることは絶対にない」と断言してくれていますので、
大丈夫だと100%の確信を持っています。
人の気持ちなんて、目に見えないものに100%の確信を持てるくらい、
私は御主人様のことを信じています。

そして、御主人様も私が信じているってことを十分に理解し、
私のことも100%信じてくれています。
まだ出逢って1年たらずですが、今までの時間で培ってきた2人の信頼関係です。



>主が私のことをしっかり見ていられないほど血眼になって働いている理由を私は十分理解しているんです。
理由は分かるけど、気持ちが寂しいっていうことですもんね。
それは当然のことだと思います。
どんなに自分との将来のために頑張って働いているといっても、「今」だって2度と手に入らない時間です。
「未来」のために頑張ることも大事ですが、「今」も大切にできないと、「失うものもある」

私はそう思っています。
そして、失ってしまったものは、もう取り戻せない。

いい例が「熟年離婚」ですよね。
旦那は家族のためと思って朝早くから夜遅くまで、そして土日祝も働いて。
定年を迎え、ふと振り返ると会話がない家族だった。
家族の顔を見ない日もあった。
子どもと何を話していいのか分からない。
これって、本当にそれでよかったの?っていう例ですよね。

必死になって働くことも1つの選択肢です。
でも、本当に大切なものって難だろうって考えることも大事だと思います。

本末転倒になってはいけないのです。
本当に大切なものはなにか。
それは決してお金ではないはずです。

鍵コメさんが書かれていたように、2人で働いていけばいいんですよ。
2人で一緒にいれたら、どんな苦労だって苦労になんか感じないはずです。
少なくとも、私はそう思っています。

>生涯奴隷さんの御主人様はとても人間味のある人なんですね。
>かわいいという表現はとても失礼かもしれませんがとても魅力のある人なのかなと思います。

ありがとうございます^^
はい^^
私の自慢の御主人様です!


いまはつらいときだと思いますが、後悔なきよう頑張ってください。
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ