FC2ブログ

髪切りに、くっ付き虫しました

なんだかんだで、御主人様の髪切りにひっついていきました。

昨日の夜、おやすみメールがなくて、しょんぼりしていました。
でも、朝7時半に御主人様よりメールがあって、

「おはよう」
「髪切りに連れてってやるよ(笑)」
「13時過ぎには出るから準備して待ってろよ~」

「おはようございます><」
「ありがとうございます」

「髪を切ったらすぐ帰るけどな」
「ちょっとだけならお前の家に寄れるかな」

13時過ぎ、「俺の家の近くまで来いよ」ってメールが入りました。
御主人様がせっかく作ってくれた貴重な時間です。
洋服にも気合いを入れて出かけました。

2人で選んだ新しい車でお迎えに行きます。

「俺が運転するか?お前がするか?」

「どっちでもいいですよ~」

「お前がするならビール飲む(笑)」

「じゃあ、私が運転します(笑)」

御主人様は助手席でビールを飲んで嬉しそうでした^^
御主人様が行ってるところは、車で30分くらいの場所にあります。
そこまでドライブです^^
天気もよくって、まさにドライブ日和でした。

本当なら逢えないかもしれないだったのに、こうやって逢ってくれました。
きっと、午前中に奥さんを連れて買い物を終わらせてきてくれたんだと思います。
午後、御主人様が自由になれるように。
私の勝手な想像ですが、そうやって作り出してくれた時間だと思うのです。

私が奥さんの話を聞きたくないということを御主人様は知っているので、
詳細は語りませんが、そういうことだと思います。
私は、「嫁」っていう単語すら聞きたくありません(笑)

最近では、私と一緒にいるときに奥さんから電話がなったり、LINEがきても、
「あとでいい」と言って、私との時間を大切にしてくれます。
私が少しでも悲しくならないように、御主人様も精一杯の努力をしてくれています。
私はそんな御主人様に心から感謝しています。


御主人様が髪を切ってもらっている間、私は車の中で待機。
本を読んで待っていました。
30分後、御主人様が戻ってきました。
すぐに帰らないといけないと思っていたけど、ちょっとデートしてくれました。
そのまま雑貨屋さんに行って、御主人様が買いたいものを買って。

「まだ帰らなくていいんですか?」

「早く帰りたいのか?」

「だって早く帰らないといけないって言ってたから・・・・・・」

「お前がしょんぼりするからだろうが!」
「年間何回むぅむぅしてるんだよ!」
「10000回はむぅむぅしてるね」

「そんなにしてませんよ(笑)」
「それじゃあ1日30回もむぅむぅしてるじゃないですか(笑)」

「それくらいしてるんだよ!」
「むぅ助」
「ほんとにむぅむぅしてるか、ぴぃぴぃしてるか」
「ほんと寂しがり屋だな」
「ったく(笑)」


昨日は落ち込みすぎて、御主人様をイライラさせてしまったけど、
こうやってかまってくれました。
たった数時間だけど、逢う時間を作ってくれました。


16時くらいに私の家に一緒に来て、少しのんびり。
帰りの車の中でもビールを飲んだ御主人様は、お眠。
ベッドでウトウト。

「耳かきしろよ」

髪を切ってもらったばかりで、短い毛が耳の中に入って、気持ち悪かったみたいです。
いつもながら汚れが一切ない、とてもやりがいのない耳掃除でした(笑)

もみ上げのところに剃り残しがあったので、カミソリを持ってきて綺麗にします。
これも私の仕事です^^
御主人様のことは、「なんでも私がしたい!!!」のです。

昨日に引き続き、今日もえっちをしてくれました。

「咥えろ」
「感謝して咥えろよ」
「たまには口だけで逝かせてみろよ」
「今までに1回だけだろ?」

「1回もないです(笑)」

「前に1回なかったか?」

「あれは御主人様に手伝ってもらってです(笑)」
「私の口だけでは1度もありません(笑)」

私はフェラがとても苦手で、口は小さいは、御主人様のものは大きいはで。
たぶん一生無理かと・・・・・・(笑)

それでも、少しでも御主人様に気持ちよくなってほしいから、精一杯は頑張ります。

「昨日みたいに、今日も勝手に逝くなよ」
「いいって言うまで逝くなよ」

御主人様のものを入れてもらっただけで逝ってしまうのに、そんなぁ~~;;;;
つらすぎます。。。

おまけに、
「口あけろ」って言われて「御主人様、唾ください」「ありがとうございます」
思いっきり乳首をひっぱっられ指で弾かれ、お尻をスパンキングされ。
こんな肉体的・精神的攻撃までされて・・・・。
むりーーーーーーーーーーーーー。
何回「逝かせてください」ってお願いしても、「まだ逝くな」って言われて。


(たぶん何回かは勝手に逝ってます)


「勝手に逝くなよ」
「もっと足開け」
「口開けろ」

やっと首輪をつけてもらって、逝かせてもらえました。
ほんとに、気持ちいい・・・・・。
「愛しています」って何回もつぶやきました。


「ほら、綺麗にしろ」
御主人様のものを最後なめて、綺麗にします。

「お前、声でかい(笑)」
「近所からクレームくるぞ(笑)」

あんな気持ちいいえっちされたら、無理ですよーーー。

私個人的には、えっちの相性、この上なくバッチリだと思っています。
SMって言っても、中身は人それぞれで、多種多様に及ぶと思うのです。
私は、御主人様からしてもらう全てが気持ちよく、満たされます。

フェラが下手くそすぎるし、アナルは使えないしで、御主人様的には不満かもですが(笑)


15分くらい御主人様は仮眠をして、17時前に送っていきました。
うちを出る最後の最後までくっつき虫しました。
抱きついて「ぎゅーってしてください」って言って、
力を込めてぎゅーってしてもらって、ようやく御主人様から離れました(笑)

「早く帰らないと、どこまで行ってたのって言われる(笑)」

そうですよね・・・・。
髪を切りにいくと13時に出て行ったきり、17時まで帰ってこないんですから。
しかも、携帯電話は私の車にわざと置きっぱなしにしてくれていました。


少ししてから御主人様からメールがきました。

「今日は楽しかったか?」

「とってもとっても楽しかったです」
「時間を作ってくれて、『私と』でかけてくれて、ありがとうございました」
「感謝しています」

「今日の黒のタイトスカートは、なかなか良かった」
「俺の好みが分かってるようだな(笑)」
「性処理も気持ちよかったぞ(笑)」

「ありがとうございます^^」
「セクシーには程遠いですけど(笑)」
「私も気持ちよかったです」
「いつも首輪をつけてほしいです」
「唾やスパンキングも嬉しかったです」
「御主人様の奴隷であることに誇りを感じます」
「もっともっと奴隷としてお仕えしたいです」

私は、御主人様に首輪をつけてもらったり、唾を与えてもらったり、
スパンキングをしてもらったりと、奴隷として御主人様の傍にいることを、
とても嬉しく思っています。
それが居心地がいいのです。
それで心が満たされるのです。
もっともっと、奴隷として御主人様の傍にいたいと思いました。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いったん落ち込んだあとに
結局はたくさん甘える事ができて良かったですね♪
どこへ行くにもついて行かれる事。
喜びですよね!

生涯奴隷さんのご主人様は
逢えなくても毎日連絡くれるから羨ましいです。

私のご主人様は、
メールが苦手なので、
毎日は無理なんです(T_T)

私もだいぶ慣れてきましたが、
やっぱり時々寂しく思います。
負担かけちゃいけないから我慢しています。
逢えばすべて帳消しの幸せに包まれるんですけれどね。

Re: No title


美月さんへ

はい^^
今日は結局、甘やかしてもらいました。
なんだかんだ言って、私のことをちゃんと面倒みてくれます。

そのために、私が知らないところ、見えないところで、
色んなことを犠牲にしていると思います。

私には言わないけど。
でも、そうやって作り出された時間ということだけは分かります。

御主人様は、とってもマメ男なんです。
連絡は、必ずする人です。
それは、私が相手でなくても。
だから、奥さんが実家に用事で帰っていても、必ず連絡しています。

私にだけ優しい御主人様なら良かったのですけどね(笑)

あとは・・・・・連絡の回数や質や長さで勝負ですかね?
勝ち負けじゃないことは重々分かっていますが、
御主人様が私のことを「誰よりも特別大事に思ってる」って私自身が、
実感できることが、今の私の支えなので・・・・・。

それを感じられたら、今の状況でも、頑張って待てるから。
ほんとしょうもない私です。

>逢えばすべて帳消しの幸せに包まれるんですけれどね。
その通りですよね><
逢えたら、そんな不安とか寂しさなんて、吹き飛んでしまいますよね。


>負担かけちゃいけないから我慢しています。
分かります><
いらぬ心配かけたくないから、自分の中で押し殺すことはよくあります。
御主人様だってたくさん我慢してるから。
私だけ我慢してるわけじゃないから。
私だけが苦しいんじゃないから。

2人で、喜びも悲しみも、全部一緒に背負っていくって決めたから。


この世に御主人様は1人しかいなくて、御主人様じゃないとダメだから。
私だけを愛してほしいから。
私だけを見てほしいから。
私だけの御主人様でいてほしいから。

だから御主人様には、私のこの独占欲を仕方ないな!って諦めてもらうしかありませんね!
私が焼もち焼かなくなったら、愛情が減ってる証拠です。

御主人様の魅力ゆえなので仕方ありません(笑)
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ