FC2ブログ

午前11:15の「今行く」

深夜バイト(0:00-6:00)初日が無事に終わりました。

仕事中、携帯はロッカーに置いていて触れません。
5:19に御主人様からラインが入っていました。

「おはよう(笑)」
「もう少し頑張れよ」
「あとでな」

家を出る1時間前くらいには起きているようです。
今でも、出勤前から家事とか掃除とかしてるんだろうなぁ・・・・・って、
私がつらい気持ちになります。
私だったら御主人様にそんなことさせないのに・・・・。
1日でも早く私が一緒に暮らして、少しでも楽させてあげたい。
少しでも家でゆっくり過ごし、たくさん寝れるようにしてあげたい。

バイト先を出て、6:08に返信します。

「おはようございます^^」
「帰ります^^」
「またあとで!」

そしてバイト先から車で帰宅中の6:27に御主人様から電話が鳴りました。
毎朝、だいたい6:30くらいに電話をくれます。

「おはよ」
「眠いんじゃないか?」

「おはようございます!」
「全然眠くないです(笑)」

「深夜、変な客はいなかったか?」
「大丈夫だったか?」

「大丈夫でした^^」

私が家に帰り着くまで電話しました。

「無事に家まで帰ってきました!」
「お風呂ためて午前中はベッドにいますね」
「12:47に目覚まし電話かけまーーす^^」

「寒いからあったかくして少しは寝ろよ」

洗濯機をまわして、ゆっくりお風呂に入って、洗濯物を干してベッドへ。
ベッドに入ったのが8時くらいでした。
御主人様への目覚まし電話をかける12:47まで約5時間。
それだけ寝たら十分です。

でも11時くらいには目が覚めちゃいました(笑)
目覚まし電話するまであと2時間くらい。
どうしようかな。
起きても寒いし、とりあえずベッドでゴロゴロしてよう。

11:08、ラインの音がしました。
誰だろう?って思って見てみると、御主人様からでした。

@@?
私が寝てると思っているはずの御主人様から@@?
なんだろう@@???


「寝てるか?」って書いてありました。

「起きてます(笑)」って返信します。

するとしばらく何の返信もなく、7分後の11:15に返信が来ました。

「今行く」

え? 行く・・・・・? 一体どこに・・・・・・?
@@?????

「ピンポーーーーーン」


えええええええええええええええええ?????
うちに来たの@@?
頭の中パニック(笑)

慌てて玄関まで走っていってドアを開けると、
雨に濡れた御主人様がいました。

なんだかよく分からないけど、玄関の中で抱きついてチューします。

「仕事でこっち来たから寄った(笑)」
「同僚が外で待ってるからすぐ帰るけどな(笑)」

↑ 相方さんに、私の家に寄る理由をなんと説明したのでしょう(笑)

「なんか冷たい飲み物あるか?」
「あと飴」
「相方が風邪っぽくて、俺まで喉の調子が悪くなりそうだ」

「飴ありますよ」
「クリスマスに連れて行ってもらったお店でもらったやつ」

冷蔵庫には何も飲み物がなかったので、ぬるめの緑茶を出します。

「ぬるいですよ(笑)」
「しかもすぐ入れたから、味薄いです(笑)」

お茶を少し飲んだ御主人様は、雨の中、相方が待つ車へと走っていきました。
御主人様飲みかけのお茶を私も1口飲みました(笑)


12時少し前

「会社に戻った」
「あとで起こせよ」ってラインが来ました。

「おかえりなさーーーい」
「あとで電話しまーーーす」
「しあわせでしたーーーー」って返信します。

今日も12:47の目覚まし担当、できました^^



御主人様は、今でも私の深夜バイトに反対です。
御主人様が言ってることは分かります。
お金に困ってるわけでもないのに、そんな時間帯に働く必要はないだろうって。

「普通の人が寝る時間に働く必要はないだろ」
「遠いし」
「もっと近くで探せよ」
「本業に支障がでたら意味ないだろうが」
「金が欲しいなら、もう俺が金やるよ」
「たかだが時給1000円くらいだろ?」

御主人様はそう言いますが、私がバイトするのは、お金のためではありません。
結果として貯金できますが、それが目的ではないのです。
それに、本業に支障をきたしているつもりは微塵もありません。
次の日に本業がある日は、深夜の仕事をいれていないので。


私も、もっと近くで深夜帯じゃなくて働けるのであれば、それがいいです。
でも、10月から探していたけど、ないのです。
まずもって、車通勤ができるアルバイトがありません。
あとは土日のみでシフト制の仕事もそうありません。
それに片道たった13kmなので、決して近くはないけれど、遠いとも思っていません。
毎日通うのであれば大変かもしれませんが、週に2回なので許容距離です。

深夜という時間帯は、そもそも最初は違いました。
採用された後に私の都合で(もう1つのバイトが日曜の午前中に入ってきた)、
時間を変更してもらった分です。
本来なら深夜ではなく、朝の6時~お昼の12時までの予定でした。


御主人様が私のことをとても心配してくれて、そう言ってくれているのは分かっています。
本当に心配してくれているから、怒っていること、分かっています。

でも。
分かって欲しいです。
逢えない土日祝に、家に1人。
何もすることもなく、嫌なことばかり考えて過ごすのは、もう嫌なんです。
私にとっては、ほんとにツライ時間なのです。

別にバイトでなくてもいいんです。
私に熱中できる趣味があれば。
近くに土日祝のたびに遊んでくれる友達がいれば。
地域のカルチャーセンターみたいなものも、ずっと探しました。
でも、平日の午前中や夕方ばかりで、土日はないのです。

たくさんたくさん探した結果、時間を潰す方法は、バイトしかなかったのです。
結果、お金を稼げるというだけです。

私も御主人様に心配をかけたいわけではありません。
怒らせたいわけでもありません。

ただ・・・・・・他にどうすればいいのか分からないのです。

どうすれば嫌な夢を見ずにぐっすりと寝れるの?
どうすれば嫌なことを考えずに土日祝の1人の時間をやり過ごせるの?

私には方法が分からないのです。
こんな苦しい時間は嫌なんです。
誰かと一緒にいて、会話をして、体を動かしていたいのです。
その時間だけは、変なことを考えなくていいから。
もう家の中に閉じこもって1人きりでツライ想いをしたくないのです。


私には御主人様しかいないのです。
私から御主人様を取ったら、何も残らないのです。
ただただ、いつでも一緒に居たいだけなんです。
心から愛する人が、別の女性と暮らしてるなんて、
我慢できるはずもないのです。

日・祝は、特に発狂しそうです。
朝から寝るまで、一日中御主人様は家族と過ごすのです。
一緒にいるのは私じゃないのです。
そんなことを私は一日中考えてしまうのです。
今なにしてるんだろう?
今日は何を食べるのかな?
どんな会話をしてるんだろう?

もう・・・・・狂いそうです。

御主人様を責めるつもりはありません。
御主人様が結婚していることは最初から分かっていたことです。
予想以上に私が懐いて好きになったということなんでしょうね。

こんなに苦しいものとは思っていませんでした。
それでも。
私には御主人様しかいないのだから、我慢するしかないのです。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ