FC2ブログ

私が思う理想の夫婦像

私の両親は、よく夫婦喧嘩をします。
それは私が小さい頃から頻繁にありました。
2人の怒鳴りあう声を聞きながら、ビクビクしていたのを覚えています。
怒鳴り声が怖くその場にいたくなくて、家出をしたこともあります。

このお正月もそうでした。
大晦日の夜に喧嘩をして、あと少しで元旦になるのに「明けましておめでとう」を待たずに、
父親は部屋に行ってしまいました。
翌朝も、お互いに無視。
毎年家族で初詣に行くのに、今年は結局行きませんでした。
その喧嘩は2日まで続き、仲直りしたかと思いきや4日の夜もまた喧嘩。
2人の怒鳴り声を聞きながら、私の心臓はキリキリしていました。

私は両親を見ていて、2人は本当に心から愛し合ってるのかな?と、
常々思ってきました。
それは、2人が「本音を言えない関係性」だと思うから。

お互いに本心は隠し、直接相手には言わずに、私に悪口を言ってきます。
子どもの頃から、私は間に挟まれてお互いの悪口を言うのを聞かされるのが、
凄く凄く嫌でした。

「私に言わないで直接本人に言ってよ!!」
いつも心の中でそう思っていました。
それと同時に、その喧嘩に巻き込まれないように「良い子」でいることに必死でした。

そんな両親を見て育った私には、「理想の夫婦像」があります。
それは、「本音が言える関係性でいること」です。

何もかも真実を言うことが正しいとは思いません。
でも、「言えない」と「言わない」は大きく違います。

私は、色々とぶつかりながらも、御主人様には「本音」で接しています。
私の中では違うって思ったら、そう伝えています。
本来、「主と従の関係性」において、それは不必要なことなのかもしれません。
奴隷の意見は必要ではないはずだから。

それでも。
私は「造った私」で御主人様には、接したくはないのです。
私が親の前で「良い子」を演じてきたようには。
誰でもない御主人様だからこそ、「本当の私」で向き合いたいのです。

「私を100%素のままで受け入れてくれる」
それが私の愛する御主人様だと思っています。

私は御主人様と結婚しても、あくまでも「主と従」です。
それでいいんです。
私たちは「夫婦の関係」になりたいわけではありません。
御主人様も私も、互いに「主と従」であることを望んでいます。

それなのに、「本音で接したい」なんて言うのだから、
私は奴隷としては失格なのかもしれません。

それでも、こんな私をありのまま受け入れてほしいと思っています。
なぜなら、御主人様が私が人生で初めて「本音」で接することができた人だから。

いま思えば、私が御主人様と出逢ってからずっと100%の自分で接することに
こだわってきた理由が、なんとなく分かったような気がします。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本音で接することのできる相手って、

きっと、生きているうちに出逢う人の中で

ほんの一握りなのだと思います。

その中に、ご主人様がいらっしゃることは

とても素敵だと思います

主と従

だけど、本音が言い合える

それって、凄くすごく素敵なことだと思います!

Re: No title

@iさんへ

こんばんは^^

誰にとっても、本音が言える相手って、本当に一握りだと思います。

御主人様が私に嘘なく接してくれていることは、ひしひしと伝わってきます。
御主人様にも、私が御主人様に対して嘘がないことが伝わっていると思います。

本音で接することは、危険も伴います。
それほどに、相手の心に踏み込むことだから。
近すぎるのも心地よい距離感を保てなくなるから。

でもでも。
やっぱり本当の自分で接したいって思います。

御主人様と奴隷だから、普通のカップルのようにはいかないかもしれないけど。
私たちなりの、私たち2人にしか作れない関係が築けると信じています^^
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ