FC2ブログ

仲直りの後の今日のLINE

今日の記事再スタート ~仲直りと指輪~の続編を臨時でアップします^^

「おはよう」
「よく寝れたか?」

「おはようございます」
「例の外国人から朝6時に、まだ体調がよくないから今日は欠勤すると連絡があり起こされました(笑)」
「朝1番で使う資料が家にあるから取りにきてほしいと言われたので、今から家まで行ってきます」

「なかなか体調が良くならないみたいだな」
「今日は雨だから、運転気をつけてな」
「今日柚子湯に一緒につかれるといいな~」

「いってきまーす」
「御主人様も運転気をつけてください!」
「今日一緒に柚子風呂にぽちゃんって入れるといいですね^^」

「なんかさ、無性に会いたいな」
「早くさ」

「早く2人の家に帰ってきてください^^」

↑ 指輪と笑顔のシャメ添付

「わかったよ」
「本当に愛してる」

「私も本当に大好きです」

「指輪は本当に似合ってるな」

「はい^^」
「御主人様が選んでくれたものですから^^」

「デザインもサイズも全て良かったな~」
「一緒に買えたのも良かったよ」
「クリスマスプレゼントらしくて(笑)」

「すっごくすっごく嬉しかったです」

「初詣も一緒に行かないとな~」 ←お正月は会えないので時期をずらして
「喧嘩しないようにお祈りと誓いを立てないと!な」

「来年も、その先もずっとずっと一緒に色んな場所に行きましょうね」
「色んな景色を一緒に見て、たくさんの思い出を作りましょうね^^」
「神様、願い事聞いてくれますかね?(笑)」

「聞いてくれるさ(笑)」
「大切な女を悲しませたくないからな」

「私は、御主人様が私のことを理解し、愛してくれる限りは、離れずにいます」

「なら、ずっと一緒だな」
「俺にはお前が必要だから」
「外国人の病院のことは、あの日でなければ、喜んで送り出したのにって」
「お前の人に対しての優しさや思いやりは、本当に素敵だからな」

「ありがとうございます」
「御主人様より外国人(仕事)を優先させたわけではありません」
「私も一緒にご飯食べる夜を、すごくすごく楽しみにしていました」
「御主人様の方が大切に決まっています」
「でも、もしあの日病院に行かずに御主人様とご飯を食べたとしても、
私は心から楽しめないと思ったんです」
「自分がずるくて卑怯な人間に思えたのです」
「ここ最近ずっと体調悪かったのも知ってたので」
「ずっと我慢してて、でも病院があいてる月曜日まで我慢できずに連絡してきたのだと思ったんです」
「私もあの日じゃなかったら・・・ってどんなに思ったことか」

「ずっと、後悔してる」
「あの日、笑顔で待てたらって」
「ごめん」
「ずっと悔いてるよ」

「私のせいでごめんなさい」

「お前のせいじゃないよ」
「なんにも悪くない」
「人の為に尽くせるって偉いし素晴らしいから」
「俺が全部悪い」
「あの日がすごく特別に感じてしまって」
「大切なお前を・・・・」
「傷ついた心の傷は俺が生涯掛けて治すからな」

(詳細は省きますが、あの日は単に11ヶ月記念というわけではなかったのです)

「私にとってもあの日は特別でした」
「御主人様の気持ちは私も分かっています」
「指輪も、今までみたいに夕方逢ったり、一緒にお風呂に入ったり、
夜ご飯を私の家で食べたり、泊まりに来たり、朝ご飯食べてからの土曜日デートしたり、
そんなことがほとんどできなくなるから、私が寂しくないように、
間に合うように買いに行ってくれたことも、分かっています」

「指輪を一緒に買いに行けてよかったよ」
「本当に」
「約束通りにな」
「今日は柚子湯で後ろから抱きしめてやるよ」

「はい^^」
「一生一緒にいてください」

「一生居ろよ」
「そばに」



約束通り、柚子風呂で後ろから抱きしめてもらいました^^
皮に切れ目を入れた方が柚子の香りがしていいのですが、
御主人様が柚子の匂いをつけて自分の家に帰るわけにはいかないので、
ただ浮かべただけにしました。
それでも、とっても良い香りがしていました^^
こういう季節もののイベントは、やっぱり特別感があって良いものです^^
何日も前から一緒に柚子風呂に入りたかったから。
とっても嬉しかったです^^


柚子風呂


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

No title

柚子風呂、いいですね♪

二人で一緒に入れるだけでもうれしいですが

こういう特別、があるとなおさらですね!

Re: No title

@iさんへ

おはようございます^^
柚子の香りがとっても優しくて、凄く気持ちよかったです。
私1人なら、柚子風呂にも入ろうっていう気持ちにならないです。
どんなことでも2人でするから楽しくて。

30分くらいは2人でつかってたくさん話をしました^^

以前、人に「謝らない」と言っていた御主人様が、
「対等ではない奴隷」の私に謝ってくれました。
喧嘩したことが少なくともプラスになったと考えられなくもないです。
謝って欲しいわけではありません。
どちらが悪いとかでもないのです。
タイミングが悪く、2人ともが楽しみにしていた分、それがマイナス方向に及んだだけ。

私はもう一度御主人様を信じます。
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ