FC2ブログ

御主人様とお別れしました。

皆様にご報告です。

本日というより、昨日かな・・・御主人様とお別れしました。
2015年12月19日。
そう、11ヶ月記念の日です。

一緒に夜ご飯を食べる約束をしていました。
ところが、私が急な仕事が入り、19時半くらいに出かけなければならないことに。
私の会社には外国人がいて、その人から「体調がすごく悪くて病院に行きたい」という電話がありました。
土日であったとしても、緊急時の対応も当然仕事に含まれます。

御主人様の仕事が終わるのが最近は20時半くらいが多く、私の家に来れるのが21時半~22時くらいでした。
20時に病院について、そこから問診表書いて、診察受けて、検査して・・・・。
21時半に病院を出れたら22時には家に帰り着く。
これなら、夜ご飯もいつもの時間とそう変わらずに食べられる。
そう判断しました。

御主人様とのご飯も、もちろん大事です。
でも私は、あまり日本語が得意ではない外国人が困っているのをほっておくのも出来ませんでした。
それが私の仕事ということもありますが、それ以前に、困ってる人がいて自分が出来ることなら助けになりたい。
そう思ったのです。

それに22時くらいに帰ってきたら、御主人様が普段帰ってくる時間とそんなに変わらないから、
ご飯もきっと一緒に食べられる。

私は家を出る19時半くらいに「病院に連れて行ってくる」という旨のLINEを入れました。
「ご飯は、リクエストのものを、もう作ってありますからね」

ところが、今日に限って御主人様の仕事は20時くらいに終わったみたいで、「もう帰るよ」って
返信がきたのです。

「ええええ・・・・。今日に限って早く終わったのですね・・・・・」
21時前には、もう家に帰り着いていたようです。(今日は御主人様は家に1人の日)

それでも、いまさら引き返すわけにも行かず、私は病院へ向かいました。
病院に着いて、問診表を書いたり、症状を伝える手伝いをしました。
連絡したいと思っても、検査室へ一緒に入ったり、中々御主人様に連絡ができません。

私から連絡がないために、御主人様も家で待機するしかなく、
お風呂に入ったりしていたようです。

20時45分くらいに、やっとLINEに返信ができました。
「もうすぐ検査が全部終わります。検査が終わるのは21時くらいになると思います」と。

そしたら御主人様から着信がありました。
「まだ時間がかかるようなら、先にご飯食べるよ」
「俺は疲れてるし、腹も減ってるんだよ」
「俺が疲れて帰ってきてるって分からない?」
「自分で日本に来るって選択して来てるんだから、ほっとけばいいんだよ」
「そんなの自己責任だろうが」
「仕事っていうのは、対価に対してするものだろ」
「休みの日にお金も出ないのにする必要なんてない」
「別に死にそうってわけじゃないんだろ」
「そういう時のために救急車があるんだろ」
「お前が行ったからって治療ができるわけでもないし、何にもならないだろうが」

確かに仕事はお金をもらってするものですが、お金にならないからしないというのは、
私の考えとは違います。
それに、異国で病院に行くって、すごく不安で怖いと思うのです。
言葉が出来る人に一緒に行って欲しいと思うのは自然な流れだと思うのです。

もちろん、私がいなくても、携帯電話の翻訳ソフトもあるし、医療関係の人なら英語も使えると思います。
でも、頼ってきた人を無下に突き放すことはできません。
今すぐに死にそうな症状じゃないのは分かっています。
でも土曜日の夜に言ってくるということ自体が、すでに本人にとっては重病なのです。
それが迷惑だってことは本人にも分かっているからです。

病院も行きたい。御主人様とご飯も食べたい。
両方は選べないかもしれない。
でも、どうにか両方したい。
どうにか22時までに帰れたら。

御主人様からは、
「用意したご飯は無駄にしても仕方ないから、もう1人で食べる」
「疲れてるし、お腹もすいてるし、早くゆっくりしたい」

私はせっかく作ったご飯だったし、何より一緒に食べたいから、
21時半に病院を抜け出しました。
まだ途中だったけど、検査は一通り終わったので、あとを看護士さんにお願いしました。
本人にも約束があるからごめんねと言って。

病院を出てすぐに、御主人様にLINEしました。
「今でました」
「御主人様の家に向かいます」
「あと○分くらいで着きます」

10分後くらいでしょうか。
御主人様から電話がなって
「連絡しろよ!」
「洗濯まわしたじゃないか」

「病院出た時にLINEしましたけど・・・・」

「洗濯あと37分もあるよ」
「どうするかな・・・・」
「明日の朝、帰ってから干すか」
「このまま迎えに来いよ」

今日は11ヶ月記念だったし、これから先お風呂に一緒に入れる機会がなくなることが
分かっていたので、本当は22日の冬至で入る「ゆず風呂」を一緒に入ろうと思っていました。

でも、もう御主人様はお風呂に入ってきちゃったし、それにご飯も「待ってて一緒に食べる」よりも、
「1人でもいいから早く食べてゆっくりしたい」方が強いみたいでした。

ここは考え方の違いですが、私なら自分がこれを食べたいとリクエストしたものを
相手がすでに作っていると分かっていながら、お腹すいたから、それは無駄にしてもいいから
自分1人で別のものを先に食べるとは、言えないし思いません。

でも、これは私サイドから見た考え方で。
御主人様から見てみると、「遅くなりそうだから先に1人で食べててください」っていうのが思いやり。
そういうことみたいです。
要は、私が「自分のことしか考えていない」という風にうつるみたいです。

結局、一緒にご飯を食べるにしても、イヤな空気になり。
御主人様はたぶん、
「死にそうな緊急事態じゃないなら、俺との時間を優先すべきだったんじゃないの?」って
言いたいのだと思います。

でも私は、病院に一緒に行ったことは後悔していません。
自分で必要なことだと判断しました。
御主人様なら私の仕事のことを分かってくれると思っていました。

でも、御主人様からは
「俺が疲れてお腹すいて帰ってくるって分からない?」
「俺の体調が心配なフリをするだけならするなよ」
「俺はね、来週も仕事があるの」
「休まないといけないの」
「迷惑なんだよ」
「美味しく食べられないなら一緒に食べない方がいいよ」
「金にならないのに責任感だけ強くって偽善者ぶってて、そういう女嫌い」
「仕事なんて金をもらってするものだろ」
「その外国人だって、お前のことなんて国に帰ったら忘れるんだよ」


私の性格を理解してくれてると思っていたのに。
悲しいやら残念やら腹ただしいやら、色んな感情が混ざって。
つい物をどんどん音を立てて置いてしまいました。

もう柚子風呂用の柚子も要らない!!!って。
イライラを物にぶつけた私が悪いです。

「物に当たるな」
「それだって暴力だぞ」

私もイライラがとまらなくって、
「私は御主人様みたいに人を叩いたりしません」って。

「叩かないと分からない馬鹿は叩くしかないだろうが」

「馬鹿ですか?」
「前、私を叩いたのはそういうつもりですか?」

「そうだよ」
「言っても分からないやつは、叩いて教育するしかないだろ」

「御主人様が暴力ふるう人だとは思いませんでした」

「前も言ったけど、罪にならなきゃいいんだよ」
「だいたい、叩いたって日常的に叩いてるわけでもないし、何も死ぬまで叩いてるわけじゃないだろ」

「回数とか強弱の問題じゃありません」
「人として暴力をふるうのはいけないことだと思いますけど」

「いいに決まってるだろ」
「いま警察呼んだって、捕まるわけじゃないんだし」
「言っても分からないなら叩くさ」

私が今回のことは我慢できずに、対等になって御主人様に文句を言ったので、
御主人様もぶちぎれて。

私の胸ぐらをつかんで、首を絞め、壁に押し付けてきました。
罵倒を浴びせながら、どんどん首元を絞めていきます。
あぁ、これがこの人の本性か。

この瞬間、私の中でお別れが決定しました。
私は御主人様のことが大好きです。
でも、暴力をふるう人は嫌いです。
元旦那は、悪いところもいっぱいあったけど、暴力をふるったことは一度もありませんでした。
私の両親も暴力をふるう人間ではありません。
この先、何か反論したら暴力をふるわれるかもしれないってビクビク過ごすなんて御免です。

「愛する人にこんなことするんですね」っていう私に

「愛してないからな」
「お前なんて嫌いだ」
「俺の大事な休みを無駄にするな」

そう言って、合い鍵を置き、私の家にあった全てのものを手に持って、寒い中歩いて帰っていきました。

本当は今日、指輪を一緒に買いにいってくれる約束をしていました。
クリスマスも一緒にイルミネーションを見にいく約束をしていました。
007を映画館に一緒に見に行く約束もしていました。
そしていつか一緒に暮らす約束もしていました。

「良かったよ。早い時期に別れて」
「一緒に暮らす前に別れて正解だ」と言われました。

たぶん、私のことをあれほどに愛してくれる人はもういないと思います。
でも、私にも許容できることとできないことがあります。
「運命の人」であっても、結ばれないこともあるのですね。

いま、私の家には御主人様のものは何1つありません。
携帯の中の写真や動画、そしてLINEのやりとりは全て消去しました。
「おかえり・ただいまです」の置手紙は御主人様の手によってクシャクシャに丸められ捨てられました。
もらった魚釣りの浮きやウチワも捨てました。
買ってもらったピアスも捨てました。
首輪・浣腸液・洗面器なども捨てました。
デスクトップのスクリーンセーバーで使っていた写真たちも、もうありません。

あるといえば、お揃いのご飯茶碗に、一緒に買いに行った茶碗。
お揃いで買ったサーモスにトートバック。
選んでもらったワンピース。
そして玄関の下駄。

この11ヶ月を振り返って、いま思うこと。
出逢えたことに感謝しています。
たくさんの幸せ・愛情をもらいました。
こんなに人を好きになることがあるんだって教えてもらいました。
数え切れない思い出をたくさんもらいました。

本当に愛していました。
今までに感謝です。

この家にもいつまで住むか考えなければと思います。
御主人様と同じ町に住むには、一緒に過ごした家に住むには、つらすぎます。
仕事があるから急には無理だけど、実家のある県に戻ろうと思っています。

私は別れた人には連絡をしません。
だから御主人様から来た最後のLINEも返信せずに削除しました。

だからここで伝えます。
私も愛していました。
今でも愛していると思います。
今まで本当にありがとうございました。
一緒に死ぬまでずっとずっとそばにいたかったです。
御主人様も、今の家族と幸せに。

追伸:
お風呂場に置いてた洗顔と、11月の旅行貯金を渡しそびれました。
両方とも要らないというと思うし、2度と会うこともないと思うので、
ここに書くだけ書きます。

あと、5月に引っ越してきてからの中出し回数は68でした。
たくさんエッチして、たくさん愛してもらった回数です。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あぁぁ・・・(ノω;)

終わりの時が、訪れてしまったのですね

生涯奴隷さんがほおっておけなかった気持ちは間違いではないと思いますし

それに関して喧嘩になって暴力をふるったご主人様がいけないと思います

でも、書き尽くせないいろんな事が

きっと二人の間にあったのだと思います

お互いのため、別れがあったのだとしても

愛し合っていた時間は幸せだったと思うから

今は…無理しないで休んで下さいね・・・

Re: No title

@iさんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。
とうとう、この日が来ちゃいました。

タイミングも悪かったのです。
ちょうど11ヶ月記念の日でしたからね。
しばらく一緒に過ごせる時がなくなることも分かっていたので、
大切な夜だったのです。

そんなことは、もちろん分かっていました。
御主人様が何よりも大切に決まっています。
それでも、しなければならないこともあると判断しました。

今まで一緒に過ごした時間が幸せなものだったことは確かなものです。
私が御主人様を心から愛し、御主人様も愛してくれていた。
例え今はもう嫌いだと言われても、大切にしてもらった過去は消えることなく残ります。

たくさんもらった愛情に感謝しています。
私は幸せでした。

今まで応援、ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こわっ。
最後の中だし回数の記載…。
愛した…ではなく、単なる性処理に使われた回数では?

私、たぶん…貴方の別れた御主人様の事、知ってますよ。
口調というか、発言の数々の内容に聞き覚えあります。
趣向とかも…。


お別れ出来て良かったですね。
また次のヒトが、サクッと見つかりますよ。
私もそうでした。
その時は、このヒトしかいない‼︎って思っていても、意外に忘れちゃいます。

次は未婚のヒトにしときましょ〜。

えっ、別れたんですか(◎o◎)
突然でしたね。まぁ、元主の言動は今回の読む限りだと屁理屈なことを言う感じだから、意外とタイミング的には正しかったかもしれないですね。
今後、このブログがどうなるか分からないけど、今はノンビリしてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こころが安らかになりますように。

鍵コメTさんへ

こちらこそ、初めまして!
コメントありがとうございました^^
そしていつもブログを楽しみにしていてくださったとの嬉しいお言葉、ありがとうございます^^


>以前から人としてのベースに在るものが
少し違うのかなって心配していました。(犯罪のこととか・・・。)

ほんとに・・・・。
少しじゃなくてだいぶ違います(笑)
ここが全ての根源です。


>貴女のこころが安らかに、穏やかになる日が一日でも早く
訪れることを願っています。

Tさん、温かいコメント、本当にありがとうございます。

ブログ、ぜひ拝見させていただきます^^
私はTさんはじめ、多くの方に心配していただいたり、優しい言葉をかけてもらって、
本当に救われています。

今回、新しく記事をアップしました。
とても長くなってしまいましたが、また御覧いただければ・・・と思います。

気持ちのこもった温かいコメント、本当にありがとうございました。

Re: タイトルなし

鍵コメMさんへ

こんばんは!
2度目のコメント、ありがとうございます^^
そして、ブログを楽しみにしていただけているとのお言葉、嬉しく思います^^

ほんとによく喧嘩する2人だと思っていることと思います(笑)

Mさんも私と似たような体験をされたのですね。
私も、今回病院に行ったこと、後悔していません。
御主人様との約束はもちろん何よりも大切です。

でも、ここで御主人様とのご飯を食べたいという理由で、病気で苦しみヘルプを求めてきた人を拒否し、
病院に行かなかったら「私は自分を嫌いになる」そう思いました。

そのことで御主人様が悲しい気持ちになったり、怒ってしまうことも理解できます。
私だって楽しみにしていたのですから。
何か適当に嘘を言って「病院には行けない」って言おうとも考えたくらいでした。
でも、そんなことをしたら「自分が自分でなくなる」と思ったのです。


>残された想い出の品々、今は辛いと思いますが物には罪はありませんからできたら大事にしてあげてください。
お元気になることを願っています。


とても温かいお言葉、本当にありがとうございます^^
新しく記事をアップしましたので、ぜひお時間ありますときに御覧ください。

Re: タイトルなし

じんさんへ

こんばんは!

別れました・・・・・。
そしてまた仲直りしました・・・・。

ほんとごめんなさい;;;;;
どっちかハッキリしろよ!!!って感じですよね・・・・。

このブログは、私から見た世界になっているので、どうしても御主人様は悪役になってしまっています(笑)
御主人様なりの考えや感じ方もあると思いますが、私目線なので・・・。

でも、事実をそのまま載せているので、自分のいいように変えたりはしていないつもりです。

御主人様とは、一生常識についての価値観を共有できることはないと思います。
だからそれを理由に「別れる」というのも、1つの選択肢としてあり得ると思いました。
単純に聞き流すには、あまりにも重要なテーマだからです。

今回は仲直りしましたが、実際は何も解決しておらず、何が正解かは分かりません。
模索していくしかない・・・・。
たぶん、これからもバトルは続くと思います(笑)

愛し方も激しい分、喧嘩も激しい2人です・・・・。

いつもお騒がせして申し訳ないです・・・・。

Re: No title

鍵コメさんへ

こんばんは!
はじめまして。
Tさんかな?Kさんかな?
漢字をどう読むべきか悩みまして鍵コメさんとしちゃいました。

初コメントありがとうございました。

書いていただいた通り、私の決断は急ぎすぎだったみたいです。
御主人様は口では「別れる」と言ったものの、最初からその気はなかったようでした。
(あとから分かったことですが)

ただ、私の中では「別れを決断する」ほどの大きな大きな事件だったのです。
男性には理解しがたいかもしれませんが、女性から見て
男女の力の差って、それだけで十分な凶器なのです。
その上、その絶対勝てない力を行使されたのです。

私のあのときの恐怖・ショックは言葉では表現できません。
それもこの世で1番愛する人からの暴力です。
今でもあのときの恐怖は忘れることはできません。
一種の失望感に似ています。

実際、いま、首が痛いですしね・・・・。


>応援しています。
生意気なコメントかもですが。。


全然生意気だなんて思っていません。
応援していただき、そしていつもブログを読んでいただき、本当にありがとうとざいます。
お気持ち、嬉しく頂戴いたします。

新しく記事をアップしましたので、ぜひまた御覧ください。

はじめまして

こんにちは。

今日、初めてこちらのブログを読ませていただきました。
貴女はとてもやさしいバランスのとれた女性ですね。共感いたしました。

時間に追われながら、異国の人を病院に連れて行ったことは素晴らしいです。
そのような小さなことがオーバーですが、国際貢献に繋がるのだと思います。

読んでいて怖かったけれど、今は仲直りをされているのですね。
ブログ主様が愛された方ですから、きっと今回では読み取れない良さがあるのでしょう…ね。(上から目線でごめんなさい)

まだ全部は読んでいませんが、これからも愛読したいと思い、コメントさせていただきました。

寒い日が続きます。お風邪など気をつけてくださいね。

Re: はじめまして

カノンさんへ

こんにちは^^
コメントありがとうございます^^
そして、読んでいただき、ありがとうございます!

最初からとなると、とっても時間がかかったのではないでしょうか><
1つ1つの記事が長ったらしいので・・・・なんだか申し訳ないです・・・。

書いた本人ですら、もう最初からは全部読みたくない(笑)


また、お時間があるときに、ぜひぜひ遊びにきてください^^
上から目線とか思ってませんので、お気になさらずに^^
むしろ、共感していただいたり、褒めていただいて、嬉しいかぎりです^^


あの日の別れるまでにいたった喧嘩は、愛情が深すぎて憎しみに変わったタイプですね(笑)
相手への想いが強すぎると、怒りとして表現してしまう。
とっても大切な日だったから、楽しみにしてたから。
だからあんな形で気持ちをぶつけることになってしまったのです。

ここには書けない事情もあって、伝わりにくいこともあるかもしれませんが、
2人でどうにかして主従関係を続けていけるように頑張っています。

今度とも、よろしくお願いします^^
カノンさんも、ご自愛くださいませ!

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ