FC2ブログ

「一睡も出来なかった夜」から「超熟睡な夜」へ

少し前の話です。
ある日曜日の夜、私は一睡も出来ませんでした。

前の夜に御主人様が泊まってくれると、翌日は1人が寂しすぎて寝れない。
ここ最近はずっとそう。
電気も真っ暗にして、寒くないようにパジャマ着て、靴下も履いて。
携帯やパソコンも寝る寸前は触らず、目を閉じる。
それでも、眠れない。

御主人様が心配するから、12時前にはお布団に入るようにしている。
この日も12時前に入った。
そして朝の6時半、出勤中の御主人様からの着信。
その着信が鳴るまで、結局一睡も出来ず。

「ちゃんと寝ろよ!」
「今日は遠出するのか?」
「無理するなよ!」
「今日は一緒に寝てやるから!」
「安心して熟睡できるだろう」
「心配かけるなよ」
「ほんと、手間がかかる奴だな(笑)」

日中、目が重く、なんかダルい感じがしていましたが、
夜を楽しみに頑張りました。

夜、御主人様が来てくれて、チューしてギューって抱き合って。
それだけで涙がポロポロと流れてきて。
逢えるだけで嬉しい。
望むものは御主人様以外何もない。

御主人様が大好きな「酒場放浪記」を一緒に見ながら夜ご飯を食べて。
食べ終わったら、私はいつもの定位置へ。
御主人様の足元に座って、足と足の間に挟まりに行きます。
御主人様の足元で安心感いっぱいで、そしてお腹もいっぱいになり、
ウトウトしてくる私。

お風呂でもウトウトウトウト。
「浸かっとけ」
そう言う御主人様に首を横にフルフル。
「洗いたいのか?」
今度は首を縦にフルフル。

御主人様の髪と身体を洗うのは、私の役目。
やりたいのです。

お風呂からあがると、少し眠気は覚めて。
洗濯物干して、御主人様の元へ。
耳かきをしてあげて、足マッサージをして。
パジャマを脱いで、裸になって隣で寝ます。

すぐ隣で「おやすみなさい」って言って、くっついて寝ます。

翌朝5時、2人とも起きる時間。

「寝れたか?」

「寝れました!!」
「御主人様は?」

「夜中の3時にトイレに1回起きた」

「気づきませんでした@@」
「人が隣で起きたのに気づかないなんて・・・・」
「今までの人生でこんなことないです(笑)」
「よっぽど熟睡してるのでしょうね」

「トイレから帰ってきたら、お前俺に腕絡めて抱きついて来たぞ(笑)」

「えええ」
「全く覚えてないです(笑)」


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ