FC2ブログ

「もう喧嘩はしないからな」

〜大喧嘩のエントリー続き〜

前の夜の大喧嘩で、一睡もできず、さらには泣き腫らして。
朝には、目が腫れまくってました。

この日は大事な来年度の契約に関わる出張で、350キロほど運転する日でした。
運転しながらあり得ないほどの睡魔。

ほっぺを叩こうとも、太ももをつねろうとも、頭を叩こうとも、真冬に高速道路で窓を全開にしようとも、
一瞬でも気を抜くと意識を失いそう。

この日は仕事が休みの御主人様。
「着いたら連絡しろよ」ってラインが入っていました。

「無事に着きました」
「窓全開で、ずっとほっぺと後頭部、叩いてました」

「まったく(笑)」
「とりあえずは無事に着いて良かったな」
「今夜は早く一緒に寝るぞ」

「はい><」

「穏やかになれ」
「いつもな」
「愛してるからな」

「私も愛しています」

「今日は俺にくっついて暖めろ(笑)」

「昨日の常識の違いについては、ショックでした」
「でも、常識が全く同じ人はいないから」
「夜は一緒に寝ましょうね」
「ちゃんとした奴隷になりますから」

「昨日は言い過ぎた」
「気をつけて帰って来いよ」


最初の目的地で、会社の人間をひろいます。
2人乗せて、出張先へまた運転です。

2人とも遠くから来ており、車の中で爆睡。
寝たいのはこっちなのに(笑)
寝てる2人を恨めしげに見ながら、また2時間ほど運転しました。


お昼くらいに、また御主人様からラインが入っていました。

「大丈夫か?」

「乗せた2人が爆睡してました・・・・」
「いまから、昼食です」
「私は運転しながら、ガム噛みまくりでした!!!」

「(笑)」
「そんなにガム噛んだら、またお前のエラが成長するな(笑)」
「真面目に運転気をつけろよ」

「はい」
「御主人様の元に元気に戻ってきます!」

「早く帰って来いよ(笑)」
「俺は洋服見にでかけてくる」

「いってらっしゃい!」
「いつもニコニコするようにしますね」

もう喧嘩はしないからな

「もう二度としたくないです」

「お前、朝も食べて、お昼も食べたならお腹いっぱいだろ?」
「俺も昼飯食べようかな」
「夜は軽くツマミ程度にしよう」

(基本、御主人様も私も1日2食が多く、朝と昼食べたときは夜はツマミだけとかです)



「ジャケットと探していたリーバイスを買ったよ」

「探していたのがあって良かったですね^^」

「あとでジャケットのボタンを付けてくれよ」
「取れてるからさ」 ←古着です

「はい^^」


無事に出張も終わり、会社の人間を駅で降ろします。
運転中以外は眠気もなく仕事も無事に終わりました。

「今から帰ります」
「18時半過ぎになると思います」

「なら、そのままうちに迎えに来てくれよ」
「近づいたら連絡してくれ」

「はーい」

「気をつけてな」
「居眠りしないように」

「ガム噛みまくって帰ってきます!」
「もう喧嘩しないってできると思いますか?」

「できるだろ」
「自信ないのか?」

「自信がないというか・・・・本当にもうしたくないです」

「喧嘩しないようにするしかないな」
「穏やかになれよ」

「はい」



「いまどのへんだ?」
「眠さの限界だろうから気をつけろよ」
「頑張れよ」
「チュ~してやるからな」
「愛しているからな」


事故することなく、無事に御主人様の家の駐車場まで到着。
何か軽くツマミをと話していましたが、色んな意味でホッとしたのか私が体調不良。
胃酸がこみ上げてくる感じがして、吐き気がするのです。
御主人様が胃薬をくれました。
人生で初めて飲む胃薬。
普段、生理痛以外で体調を崩すこともなく、薬も滅多に飲まないのですが、
この日ばかりは、そうも言ってられないほど具合が悪くなりました。

私が作れそうになかったので、
御主人様が私の家の冷蔵庫にあったホワイトアスパラガスとトマトでサラダ、
それに合うドレッシングを作ってました。
(ホワイトアスパラガスは御主人様が好きなので買っておいたのです^^)

30分ほどすると、多少私の吐き気もマシになりました。

この日の夜は、御主人様にくっつける限りくっついて寝ました。
あの喧嘩から1週間ほど経ちましたが、あの日以来、喧嘩はしていません。

「常識」の違いについては、どんな人でもぶち当たる壁だと思います。
全くズレがないパートナーは存在しないと思います。
その違いを、自分の中で許容できるかどうか。それがポイントだと思うのです。
あるいは、それをカバーするだけの魅力が他にあるかどうか。

「欠点」がない人なんて、この世に存在しません。
誰にだって欠点はある。
全く同じ価値観や考え方の人もいない。
それを踏まえた上で、その欠点や違いが、ささいなものと思えるかどうか。

今回の常識の違いは、私にとっては、とても大きな違いでした。
大きいというか真逆です。
「捕まらなければ何をしてもセーフ」
今でも、このことを同じ常識として考えることはできません。
これからも、それが私の常識になることはないと思います。

それでも、この違いが、私の中でささいなことと思えるかどうか。

たくさんの愛情を与えてくれる御主人様です。
その大きな愛の中で、この違いがどれくらいを占めるのか?
そういうことだと思います。



翌朝、御主人様を自宅駐車場まで送っていたあとのメール

「いつも泊まるときはお昼ご飯ありがとうな」
「愛しているからな」

「さっき、もらっていた胃薬をもう一度飲みました」
「昨日よりだいぶ楽になりました」
「私も愛しています」
「もう喧嘩はしないです」
「いつも仲良しラブラブでいます」

「仲良く、いつまでも一緒に居ろよ」
「笑顔でな」

「いつまでも仲良く一緒にいましょうね^^」
「ジャケットのボタン、縫うのにちょうどいい色の糸もってました^^」

「ボタン付け頼む(笑)」

「はーい」
「お任せください^^」

「クリスマスは、イルミネーション見にいくぞ!」

「はい><」


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

No title

運転が無事にできて何よりです(TдT)

猛烈に眠い時の運転って、本当に危ないですもんね><。

いろんなことがあるけれど

答えは少しずつしか出ないけれど

一つ一つの分岐点で、自分が最良と思う方に手を伸ばせたら

後悔しない人生を生きられると思います・・・

もう、大きな喧嘩はしないでいられるといいですね(ノω;)

ちっちゃい喧嘩はいいけれど・・・

Re: No title

@iさんへ

こんばんは^^

あの日は、本当に猛烈に眠かったです;;;
お蔭様で、無事に生きて戻ってこれました;;;


たくさん悩むこともあります。
でも、自分で決めた道。
たとえ、御主人様と私の常識が真逆で、
お互いに一生相手の常識を自分と同じと思えなくても、それでも一緒に生きていける。
そんな第三の道を進む決意をしました。

自分と考え方が違うから、当然違和感を感じることもあるでしょうし、
何か言いたくなることもあると思います。

でも、そんなとき、私はもう善悪を語らないと。
いつまでも、「主」と「奴隷」でいれたら、私たちはいい関係でいれます。

いつもいつも喧嘩をしているわけでなく、基本的にはラブラブです。
喧嘩になるときは、激しいですが・・・・・;;;


御主人様と私が、「もう喧嘩をしないでいられるように」
私はいつも御主人様の隣でニコニコしていたいと思います^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。
睡魔と戦いながらの出張お疲れ様でした。
同乗者は起きていて欲しいですよね(涙)

何だか喧嘩が多くなりました?(笑)
それだけお互いにより近くなって
深くなってるって事でもあるのかな~ww
そりゃ喧嘩は出来る事ならしたくないけど
必要な喧嘩もあったりしますからね(笑)
でも・・今回の喧嘩はちょっと考えました。
最初の方は何だか微笑ましかったけど。
生涯奴隷さんの性格からして・・
今回の事許容範囲として受け止めきれる
のかなってちょっと心配でもあります。
なんて・・また余計な事書いてしまって
ごめんなさい。。
こんな余計な事言っちゃってるけど
変わらず応援してるんです!!!
説得力ないか・・(涙)

Re: タイトルなし

変態奴隷さんへ

こんばんは^^
同乗者には、起きてて欲しいです(笑)
でも、出張のときは、いつも同乗者寝てるので(笑)


喧嘩、多くなりました(笑)
別れ話になったのは、これで3回目かな?
しかも8月からの3回なので、頻発ですよね。。。

たぶん、それほどに2人の距離が近くなったからだと。
逢ってエッチだけの時には見えなかった私生活の部分が丸裸になり、
より相手の本質に触れているというのか。

完全ではないけれど、半同棲みたいなものなので。
自然と相手の細かいところにも目が届きますよね。

今回のこと、許容範囲として受け取れるかどうかですが、そこが1番の問題です。
不倫してて説得力ないですが、正義感や道徳心の塊のような性格な私。
普通の恋人だったら、正直に言って無理だと思います。

ただ、今回考えたのが、私たちは普通の恋人ではないということ。
普段とてもラブラブなので、ついつい恋人気分に浸ってしまうのですが、
それが勘違いの元で。。。
どんなにラブラブだろうが、私たちは主と奴隷として成り立っているのです。

御主人様と奴隷の関係性において、奴隷から物申すこと自体が不必要なことなのです。
そこに善悪や正論は必要ないのです。
この関係性において、常に正しいのは主なのですから。

そう考えた結果、許容範囲として受け止めることができるかどうかというより、
そもそも考える必要がないという結論に至ったのです。

主が絶対だから。
そこに私の意見は必要ではないから。
議論するテーブルにつく必要性がないのです。
通常のカップルであれば、話し合って中間点を・・・とかなると思いますが、
私たちにはそもそも話し合いが必要ではないということです。
主と奴隷の関係性において、話し合って決めることではないから。

御主人様が、
「俺は人からとやかく言われることなんて何1つない」
「俺には常識も良識もある」
「俺には何の非もない」
「歳下のお前にいちいち言われることじゃない」
「お前は俺の何なの?」

こう言うのですから。

議論の余地がない以上、考える必要性もないのです。
私がそのことに納得できるかどうかは論点ではないのです。

納得が出来るか出来ないかではなく、
しなければこの関係性は続けられないのです。

そう結論に至ってからは、スッキリしたものです。
要は、何も文句を言わなければ良いのです。
それが望まれる奴隷としての在り方だから。

もともと人から言われるのが嫌いな御主人様です。
それが、「女で、16歳も歳下で、奴隷」である私から言われるんですから。
喧嘩になって当然なのです。

私は、「なんでも言える関係」を望んでいました。
私がこの世で唯一本音が言えるのが御主人様だから。
でも、今回、それは不可能なことなんだと分かったのです。

最初から主と奴隷の関係性において、
そもそも奴隷が物申すこと自体が、最初から間違っていたのです。
そのことに今回ようやく気がついたという方が正しいかもしれません。

こうしなければ、関係性が続けられない。
逆に言うと、解決方法があって、それしかないなら、それを実行するまでです。

余計なことだなんて、全然思っていません^^
心配していただいて、本当にありがとうございます^^

Re: No title

鍵コメさんへ

こんばんは^^

先に変態奴隷さんへ返信した内容で、ほぼ書いてしまったので、
重複しちゃうかもしれませんが・・・・。

ご心配おかけしました><
余計な事だなんて、まったく思わないので^^


あんな風に言っていた御主人様ですが、昔は「刑事」になりたかったのです(笑)
立場変われば・・・・ってやつですかね(笑)

出逢ってから10ヶ月で目にしてきた御主人様。
たぶん・・・・・色んなものが出尽くしたと思います・・・(笑)
これ以上私が知らない御主人様はいなさそう。

これって、すごく大事なことだと思います。
よく結婚してから「こんな人だとは思わなかった!」とか聞きますが、
実際本当に一緒に生活してみないと分からない部分も多いと思うんです。

御主人様とは、まだ出逢って10ヶ月。
まだまだ始まったばかりです。

以前、元彼女と2人でビジネスをするかもっていう話がありました。
そのとき、御主人様が誰よりも早く私に話をしてくれました。
私のことを信用していると言ってくれます。

当然、私は「元彼女と一緒にするのは、いい気持ちがしない」と答えました。
そうやって反論する私に御主人様は、「お前なら分かってくれると思って相談してるの」
そう言いました。
なので、「これって相談じゃないですよね?」
「相談って相手の意見を求めるってことです」
「御主人様は私の意見は最初から必要としてないですよね?」

こんなやり取りがありました。
私はいつも、「私の気持ち」を聞いて欲しいと思ってしまいます。
それを聞いたからってどうだとかいうことではなく、単純に「聞いて欲しい」。
たとえ言ったからって状況が変わらないと分かっていても、「聞いて欲しい」のです。
最終的には、御主人様が自分の意思で決めた道を進んで欲しいと思っています。
なら最初から何も言わなきゃいいのにってなるんですが・・・・。
そこが乙女心?(笑)


御主人様は、「捕まらなければ何をやってもセーフ」とか言ってますが、
だからといって、何でもしてるってわけでもありません(笑)

運転中法定速度以上のスピードも出さないし、夜中で車が走ってなくても信号無視もしないし、
私と一緒に歩いている時、車が来てなくても歩行者用の赤信号も一緒に待ってくれます。
万引きも当然していません(笑)
ゴミも爪楊枝以外捨てるのは見たことありません。
(爪楊枝もあれ以来、一緒にいる限りでは捨てるところ見ていません)

基本的には、私のことをとても大事にしてくれます。
この世の中で、私のことを誰よりも愛してくれるのは御主人様だと確信しています。

私は、御主人様に出逢えたこと、後悔していませんし、
出逢えて本当に良かったと思っています^^

始まったばかりで、戸惑うこともあるけれど。
そこを乗り越えて、この先に待っている未来を共に歩みたいと。

ちゃんと幸せなので、大丈夫です^^
たくさんのご心配、ありがとうございます^^

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ