FC2ブログ

お前がピーピー泣くから少しだけ逢いに行く

ある日の夕方4時過ぎに御主人様から電話がありました。

「この時間から仕事が入った」
「今日は行けないかも」

「分かりました………」

「しょんぼりするな(笑)」
「また連絡する」

そして6時半過ぎ、また電話がありました。

「終わったよ」
「今から帰るから7時くらいかな」
「買い物もしないといけないしな」
「ちょっとだけお前の家に寄っていくかな」
「すぐピーピーピーピー泣くからな(笑)」

いつもの場所まで迎えに行って、うちに着いたのが7時くらい。
いつもなら、もう帰ってる時間です。

イスに座ってる御主人様の足元に座り込んで、チューして抱きついて。
クリを弄られながら、乳首を摘まれながら、ベロチューされて。

私がすでに逝きそうになってるのを分かってる御主人様。

「逝きそうなのか?」

またすぐにベロチューされて、ちゃんと喋れなくてウンウン頷いて。
そのままチューしたまま逝ってしまいました。

10分くらいで帰るんだろうと思っていたのに

「ちょっとしゃぶれ」って言い出す御主人様。

「帰らなくていいんですか?」

「いいから裸になれ」
「そのパンツは見たことないな」
「結構好きだな」

御主人様のものを咥えます。

「玉も舐めろよ」

枕の横に、いつもスタンバイさせているタラちゃん用バスタオル。
これを御主人様がベッドに広げてくれます。

「ほら、横になれ」
「足広げろ」

正常位の姿勢になって、私は自分の足を持って広げます。
御主人様に出逢う前まで、中では逝った経験がなかったのに、
今では御主人様のものが入ってくるだけで逝くようになりました。

乳首をつままれ、首を締められ、耳を舐められて。

ほんと、何度逝かせてもらってるか分かりません。

「またお前のタラちゃんがタラタラしてるよ(笑)」


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ