FC2ブログ

8日ぶりの御主人様との再会

夕方御主人様が来てくれました。
久しぶりに逢う御主人様。
なんだか、凄く緊張してしまいました。
いつもの場所に迎えにいって、久しぶりのキス。

「今日は夕飯まで一緒に食べれるからな」
「遅くなるから食べてくるって言ってきたから」
「感動しろよ(笑)」
「浮気しなかったか(笑)?」

まずは夜ご飯を食べにいきました。

「うどんが食べたい」という御主人様。
御主人様はイカ天うどん。
私は御主人様お薦めのかき揚げうどん。

そこは、テンカス・ネギ・七味など自分で入れるスタイル。
御主人様はネギと七味を大量に入れて、さらに柚子胡椒まで大量に。
見てるだけで「う~~~;;」って感じです(笑)

「ここは自分で入れられるからお前向きだな」
「ネギいれるか(笑)?」

まだ18時前だったのに、お店は混雑していました。
お店を出る頃には外に待ちの列ができてました。

「なんだよ」
「うどんなら早く来ると思ったのにな」
「早くお前の家に行ってゆっくりしたい(笑)」

今日は車で片道2時間ほど遠い場所まで出張だった御主人様。
朝は自分の家からでなく、奥さんの実家から行っているので、
行きは3時間ほどかかったのではないでしょうか。
1日で長距離を運転し、さらには日中暑かったので、凄く疲れていました。
目が疲れてる目でした。
うどんが出てくるまで、首やまぶたの上を押さえてマッサージしました。

帰り道の車の中で、こんな会話をしました。

「お前の車のエアコン、ちゃんと効いてるけどな」

「ですよね?」
「ガソリンスタンドの人は、エアコンのガスが入ってないって言うんですよ」

「女はカモにされるからな」
「これだけ効いてたらまだ入れなくていいよ」
「車のことは俺に聞け」
「主人に車のことは任せてますって言えよ」

「主人って(笑)」
「この間から彼氏になったり主人になったり(笑)」

「嬉しいだろうが(笑)」

どうしてこうも、心の中をくすぐってくれるのでしょうか(笑)

家に帰り着き、改めて御主人様に抱きつきます。
「この前オークションで落としたワンピース、着てみろよ」

御主人様が私の名前で私の住所に届くようにしてくれていて、
今日の午前中に届きました。

御主人様にワンピース届きましたメールをしたら
「着てみろよ」って言われたけど、「御主人様の目の前で着たいです」って
待ってました。

着ていた服を脱いで、御主人様と同じブランドのお揃いの柄の
ワンピースに着替えます。

「早く脱げよ(笑)」

「なんか久しぶりに裸になるの恥ずかしくて・・・・(笑)」
「どうですか?」

「サイズもいいな(笑)」
「モデルに難があるけどな(笑)」

「難があるって(笑)」

「まずお前が買わないデザインだな」

「ですね」
「御主人様と出逢ってなかったら、一生着ることなかったですね」

「今度の旅行の日、着て行けよ」

「はい^^」

「ほら脱げ」
「しゃぶれ」
「首輪もってこい」

久しぶりに首輪をつけてもらいました。

裸になって、御主人様の足元に正座して、御主人様のものを咥えます。
正座してる上から踏まれて、ドキドキして(笑)
足や頭を踏まれてドキドキするなんて、やっぱりマゾなんだなって思います(笑)
久しぶりの御主人様とのエッチは凄く気持ちよくて。
何度も逝き、そして御主人様の体温を感じてたくさん泣いて。

10日ぶりにしたエッチのせいで、やっぱりまんこは裂けて(笑)

「タラちゃん凄い出てるぞ」
「血も出てる(笑)」
「風呂はいるぞ」
「髪は洗っていけないから、ぽちゃんって浸かるだけな」

シャワーすると、裂けたまんこがヒリヒリしてました(笑)
お風呂の中でも、何回も逝かせてもらいました。
乳首やクリを指で弾かれたり、まんこを舐めてもらったり、
首を絞められたり、耳や太ももに噛み付かれたり。
もう外まで叫び声、絶対聞こえてます(笑)

「気持ちいいのか?」
「自分で言ってみろ」

「御主人様、気持ちいいです」
「ダメ。逝く」
「御主人様、逝かせてください」

「逝けよ」

「逝きました」
「ありがとうございました」

「何回逝ってるんだ(笑)?」

湯船の中でも、御主人様にぴったりとくっついて、抱きついていました。
何回チューしても足りないです。
抱きつきながら御主人様を久しぶりに感じて、とめどなく溢れる涙。

「また泣いてる(笑)」
「泣き虫毛虫だな(笑)」
「逢えて嬉しかったのか?」

「はい;;;;」

「あがったら爪を切れよ(笑)」
「お前が切るなっていうから伸びまくりで邪魔だ(笑)」

お風呂からあがって、御主人様の足と手の爪を切りました。
御主人様はその間、私のパソコンで調べ物。
私は足元に座り込んで片足ずつ自分の太ももの上に乗せて。
足が終わったら、今度は片手ずつ。

パソコンのスクリーンのすぐ前の壁に「おかえりの置き手紙」を
貼っておきました。仕事でパソコンを使うことが多いので、
いつでも見れるように^^

御主人様は貼ってあることにすぐ気付いていました。

「貼ったんだな(笑)」
「嬉しかったのか?」

「嬉しいどころじゃなかったです><」


切り終わった爪を見て

「まぁまぁだな」って言う御主人様。

「まぁまぁですか?」
「けっこう上手に切ってると思いますけど?」

「褒めてるだろ」

「まぁまぁって褒め言葉ですか(笑)」

「俺は滅多に褒めないんだよ」

要するに、褒められたってことでいいんですよね(笑)?

最近、非売品のLサイズのTシャツを人からもらいました。
私にはブカブカ。

机の上に置いていたら、

「これもしかして俺にか?」

「よく分かりましたね」
「Lサイズだけどパジャマにはなるからあげるって」
「御主人様にと思ったのですが、持って帰れないですもんね」

「今度お前の家に泊まるときパジャマで着るから」
「洗っといてくれよ」
「俺とお揃いの柄のワンピースもどうせ洗うんだろ?」

「洗います^^」
「御主人様のラッシュガード届くの今日の20時~21時でしたよね?」

「そうだよ」
「お前の名前でお前の家に届くから」
「受け取ってくれよ」

御主人様をいつもの場所まで19時50分に送り届けて。
車の中でずっとずっとチューして抱きついて。
いつまでもくっついていたかったです。

御主人様が帰ってから、洗濯機を4回まわしました(笑)
タラちゃんバスタオル
御主人様とお揃いのワンピース
御主人様用Tシャツ
普通の洗濯

最初は色落ちが怖いので、それぞれ単独で洗いました。
御主人様のラッシュガードも無事に届きました。
御主人様が帰った今でもくっきり残っている噛み痕を見て、ニヤニヤしちゃいます。


そして夜のメール

「逢えて良かったか?」

「凄く嬉しかったです」
「やっぱり逢えないと精神崩壊しますね(笑)」

「みたいだな」
「愛してるじゃ、足りないみたいだな(笑)」

「足りないです」
「ほんと、御主人様のためなら死ねます」

「死なさないから安心しろ」
「ずっとそばに居るんだろう」

「それくらい愛しています」
「ずっとそばにいます」
「ずっと」

「わかってる」
「ずっと一緒に居ろよ」

「はい><」

「泣きすぎ(笑)」

「だって(笑)」
「逢えて嬉しかったんですもん」

「ワンピースは似合ってた(笑)」
「だから泣くな(笑)」

「似合ってましたか?」

「思ってたよりは似合っていたよ(笑)」

「褒めてもらったと受け取っておきます(笑)」

「褒めてる(笑)」

「滅多に褒めないのにですか(笑)?」

「だな(笑)」
「さすが俺が選んだからな」

↑結局最終的には自分のセンスを褒めてる御主人様(笑)

「ペアルックが出来るからな(笑)」
「完全にバカップル」

「一緒の日に着てくれるんですか(笑)?」

「考えておく(笑)」
「一緒に着たいのか(笑)?」

「ぜひ^^」
「生まれて初めてのペアルック」

「俺もないな(笑)」
「靴くらいしか」 ←もうここ正直に言わなくてもいいのに!!!!!

「洋服は私が最初で最後にしてください」

「分かったよ(笑)」
「本当に嫉妬深いな(笑)」

「任せてください(笑)」


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ