FC2ブログ

御主人様と何でも同じがいい!!

御主人様が好きなものは、私も好きでいたい。

御主人様が好きな音楽は私も聞きたい。
御主人様が良いよっていう映画は私も観たい。
御主人様が見せたいっていう景色は私も見たい。
御主人様が美味しいよっていうものは私も食べたい。

とにかく、御主人様と一緒がいい。
同じものを好きでいたい。

今日は8月13日。
先祖をお迎えに行ってきました。
以前、御主人様とお出かけしたときに「家紋」を見かけ、
お互いの家紋について話をしました。
そのとき、「同じ家紋」ではないか?と。

実家の提灯に描かれた家紋の写メを御主人様に送りました。

「家紋は、やはりうちと同じだな」
「本当に偶然やな(笑)」

「はい^^」
「なんでも同じがいい私としては、凄く嬉しいです(笑)」

「確かに(笑)」

同じ家紋の由来について調べたURLを添付して送りました。

「調べたら、うちの親父の里もその家紋が多いみたいだな」

こうやって、私が調べたものをきちんと見てくれて、
さらに調べてくれるところが御主人様らしくて、私は嬉しくなります。
興味を持ってもらってるというのが、よく分かります。

「書いてあった同じ家紋を祀っている神社に行きたくなりました(笑)」

「今度行くか?(笑)」

「是非^^」

家紋の種類を調べたら、なんと10000くらいあるそうです。
そんなにたくさんある中で同じ家紋^^


ただ、私には残念で悲しいことが。
私は、薬味系が食べられません。
わさび、からし、ミョウガ、ネギなど全て苦手です。
紅ショウガも嫌いです。

その他、刺激物もダメです。
コーヒー、唐辛子、カレーなどのスパイス。

それに、苦い食べ物も苦手です。
ピーマン、セロリ、ゴーヤ、春菊などなど。

とにかく、味覚がお子様な私。


「美味しいカレー屋があるんだけど、お前カレー辛いのダメだもんな」
「そこは辛くはしてもらえるけど、甘くはしてもらえないからな」
「店内の雰囲気もいいんだよ」
「連れていきたいけどな」
「唇が腫れるな」

御主人様が美味しいっていうもの、連れて行きたいっていう場所。
そこに一緒に行けない。
それだけで大ショック。

夕飯の買い物にゴーヤやシシトウを買う御主人様。
それを美味しかったという話を聞いても私は凹みます。

私は同じものを食べても美味しいとは思えない。

例えば、味が濃いのが好きとか薄いのが好きとか、
それは味の濃さの問題であって、同じものを食べることができます。

ミョウガとかネギは、上に乗せる乗せないの選択肢だけなので、
料理そのものは同じものを食べることができます。

でも、例えばゴーヤチャンプルを作るとなった場合。
ゴーヤが食べられない私は、その料理そのものがアウト。
ゴーヤの匂いがついた豆腐も食べられません。

シシトウの煮浸しも、絶対食べられない。


私は、なんでも御主人様と一緒のものを
美味しく食べたいと思っているのに、それができない。

でも、きっと奥さんはそうじゃない。
カレー屋さんも一緒に行ったかもしれないし、
御主人様の作るゴーヤチャンプルやシシトウの煮浸しも
美味しく食べているかも。
御主人様お勧めのグリーンカレーも食べてみたいけど、
どうせ食べられないのが分かっているから、一緒にいるときに
それを売っていると聞いたお店の前を通りましたが、素通りしました。

奥さんと自分を比べても仕方ないと分かっているけれど、
奥さんが御主人様と出来る事を私が出来ない事が悔しい。

すごくすごくすごく悔しい。

でも、味覚だから私にはどうにもできない。
努力でどうにかなるものなら、どんな努力だってするのに。

ある日、このことを御主人様に言ったら、そんなことで凹むなって。
なので、少しだけど別の楽しみ方をする努力をしています。

ラーメンやうどんを一緒に食べる時に、ネギを御主人様の方に移します(笑)
「プレゼントです(笑)」って。

そして、御主人様も私のネギをすくって自分の方に移してくれます。
こういうコミュニケーションが出来たら私は幸せ^^


そして、今日の夜のメールにて

「しかし、早く逢いたいな…」
「さすがに長いな(笑)」

「逢いたいです」
「ほんとに」
「そろそろ限界です」

「まだあと4日ある…」

「数えたらダメですよ」
「敢えて数えないようにしてるのにいいい」
「いま、テレビでこの前連れて行ってもらった地名が出ましたよ(笑)」

「また行って、今度はこの前食べなかったものを食べような(笑)」
「店が何件もあるから、悩むが(笑)」

「また行きたいです^^」

「秋とかにいいかもな(笑)」
「涼しい日に(笑)」
「温泉に入ってさ」

「いいですね!!!!!!!」
「行きたいです^^」

「わかったよ(笑)」
「連れて行ってやるよ(笑)」
「安くていい風呂があるから」

「はい!!!!!」
「すごい楽しみです^^」

「いっぱい風呂があるんだ」
「川沿いの風呂がいい」

「川沿い、いいですね^^」
「景色も重要ですもんね!」

「なんか、しょぼいお土産屋があったりして、楽しいぞ(笑)」
「そこにある、からし味のものを食べさせてやる(笑)」
「いらないと言うだろうが」

「しょぼいって(笑)」
「からし嫌です><」

「知ってる」
「嫌いなのは(笑)」
「からしを口移しで食わせてやる(笑)」

「口移しでもイヤですううううう」
「口移しでもらったら、ペッて出せないじゃないですか!」

「そう言う事だ(笑)」
「なら、チューだけしてやるよ」

「からし味のチューはヤーです(笑)」

「贅沢過ぎ!(笑)」
「感謝しろ(笑)」

「頑張ってベロチューします(笑)」

「おやすみ」
「愛してる」
「誰よりな」

「おやすみなさい^^」
「私も愛しています」
「何があっても」
「御主人様だけを愛します」

御主人様が私が楽しく過ごせるようにしてくれるから。
こんな風に嫌いなものだって、御主人様となら楽しい会話ができます。
こういう観方をすれば、味覚が合わないこともイヤだけじゃなくなります。

今日も警戒レベルが高い中、たくさんたくさんLINEをしてくれました。
私が寂しくないように。
それに、「早く逢いたい」って言ってくれました。
こういう風に気持ちをストレートに伝えてもらって、凄く幸せ。
ほんとうにありがとうございます。
愛してるって言葉じゃ足りないです。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ