FC2ブログ

かき氷

御主人様とお出かけする前日

「明日は朝ごはんを食べてくるから、俺は昼は食べないぞ」
「なんかお前も朝、食っとけよ」
「そうだな、かき氷くらいなら一緒に食べてもいいな」
「お前、なんでもブログに書くからな(笑)」
「何も食べさせてもらえなかったとか書きそうだからな(笑)」

そして当日。

景色が綺麗なところを事前に調べてくれていて、
そこに連れて行ってくれました。

そこにあったパン屋さんで、私のお昼にクロワッサンを買いました。
御主人様が

「お前のお昼に買ったら?」
「俺にも一口くれよ(笑)」
「このあずきクロワッサンが美味しそうじゃない?」

「美味しそうですね!」
「じゃああずきにします^^」

そして、前日なんとなく話題に出たかき氷屋さんを探すことに。
ネットで近くにないか探してくれる御主人様。
すぐ近くにあるみたいで、行ってみました。

そこは、昔ながらのかき氷屋さんで、手動で大きな氷を削ってくれました。

私は一人前は食べきらないだろうと思ったので、御主人様に
「わたし御主人様の半分もらいます」と言いました。

すると御主人様がお店のおばちゃんに

「すみません」
「連れが食べきらないって言うから1つお願いします」って言ってくれました。

味は御主人様にお任せします。

「ミルク金時の抹茶味」

「@@ 抹茶(笑)」
「でもいいか(笑)」
「食べてみよう^^」

出てきたかき氷は、すごく大きくてビックリ!!
この画像、縦に伸ばしたりしてません(笑)
ほんとにこの高さ!

おばちゃんが親切にスプーンを2つつけてくれて、
途中でお皿ももう1個出してくれました。
氷が今流行のサラサラフワフワしたものではなく、
ほんと塊を荒削りしたガリガリする感じ。
あの雰囲気のお店では、それが良いんだなーと思いました。
小豆[金時のこと]も自家製なんだそうで、甘すぎず、程よい甘さで美味しかったです!

「ほんとお前だけだな」
「今までかき氷を一緒に食べた奴隷はいなかったな」
「お前は色んなところに連れて行きたい」
「一緒に食べたいものもたくさんあるよ」

今では中々見れない昔ながらの雰囲気のお店。
御主人様も私も大好きな空間でした。

「また来ます」って言う御主人様。

また連れて行ってくれるのかな?

クロワッサンも、御主人様の車の中で一緒に食べました。
1つのクロワッサンを分け合って食べる。
(ケチって1個にしたわけじゃありません(笑))
凄い贅沢だと思いました。
お互いかじりついたものを、そのまま食べるわけですから(笑)

私が手にもって御主人様に「あ~~~ん」って。
凄く楽しい幸せな時間でした^^

また、あのかき氷、食べに行きましょうね?


カキ氷

クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ