FC2ブログ

やな場で鮎の塩焼きデート

「夏になったら、鮎を食べに行こう!」御主人様との約束でした。

土曜日デートで、「やな場」に連れて行ってもらいました。
やな場という言葉自体初めて聞いたので、
ネットでやな場の画像を見せてもらいました。

この土曜日は、梅雨も明け、最高の快晴!!
久しぶりに呪われてないデートになりました^^

前の日
「明日も天気みたいだから、最高のやな場デビューだな(笑)」
「楽しみにしておけよ」
「今夜は早く休めよ」
「明日は暑いが涼を摂ろうな(笑)」
「鮎と一緒に」

「明日が楽しみ過ぎて寝れないかもです(笑)」

「遠足の前みたいだな(笑)」
「俺もすごく楽しみだ」
「久しぶりの晴れだし(笑)」


土曜日の朝、御主人様が8時半に迎えに来てくれました。
いつもデートのときは、車を出してくれます。
御主人様はデート中にビールを飲むので、帰りはだいたい私が運転手代行^^
御主人様の車もだいぶ慣れました^^

「おはよう」
「呪いが解けて(笑)めちゃいい天気だな(笑)」
「ちゃんと寝たか?(笑)」
「興奮して寝れなかったか?(笑)」

「おはようございます」
「寝れませんでした(笑)」

「もう(笑)」

高速を使って1時間強くらい。
ドライブの時点で最高に幸せ^^

この前、久しぶりに洋服を買った私。
御主人様が好きそうな洋服があり、試着してみるとピッタリ(笑)

これは買うしかない!!と思って購入。
御主人様には買ったことだけ伝えて、見せずに今回初お披露目。

真っ白なワンピースです。
生地がシアサッカーで、手触りもいいです。
あのサラサラした感じが好き。

今まで真っ白は興味はあったけど、買わずにいました。
だって透けるから(笑)
最近は特に御主人様とのデートのときはブラをつけないので、
なおさら困ります(笑)

中に1枚、真っ黒のペチコートドレスを着ました。
これでまず、下着は透けない。
乳首は・・・大丈夫だと信じるのみ!!!!!

「それ、似合ってるな」
「俺の趣味がだんだん分かってきたか(笑)?」
「凄く似合ってる」
「生地もシアサッカーでいいな」

「似合ってますか?」
「サイズがぴったりだったので(笑)」
「御主人様、シアサッカー好きって言ってましたもんね」
「私もこの生地好きです^^」

嬉しかったです^^
御主人様なら、きっと気に入ってくれると思ってました^^

やな場に着いて、さっそくやな場を見に行きました。
初めて見るやな場。
足場が竹で出来ていて、つるつるとしていて、
転びそうになりながら、やな場を歩きました。
御主人様が手を引いてくれます。

まさに目の前は川!
というより、川の上!!!
天気は快晴だし、風もあるし、水音は聞こえるし、
山は見えるし、最高でした。

鮎が取れるくらいですから、水も綺麗でした。

そこで、鮎の塩焼き、鮎飯、鮎の唐揚げをいただきました。
御主人様はビール。私はラムネ。

ラムネとか、何年ぶりに飲んだでしょうか(笑)
しかもお祭り以外で飲んだのも初めて。
御主人様がラムネの蓋をあけてくれました。

鮎はホクホクとして、最高に美味しかったです。
普段塩分控えめな私は、塩焼きで1週間分くらいの塩分を取ったかも。

塩焼きを食べてる途中に口の周りに何か付いてたみたいで、

「口のとこ付いてる(笑)」
「どれ(笑)」
「ほんとに世話がやけるやつだな(笑)」って
口の周りを拭いてくれました(笑)

塩焼きにかじりついてる私の画像を撮る御主人様。
後から見てみると、はにかんでて、変な顔ばっかりでした(笑)
口の横にあゆの欠片がついてるのもありました(笑)

川が見える席を取ってくれた御主人様。
その中でも、眺めが良い席を選んでくれました。

鮎を食べながら、川のせせらぎを聞いて、風を感じて。
凄く幸せなひと時でした。

鮎を食べるために高速を1時間も走って出かけることを、
もったいないという人もいると思います。

鮎1匹700円とかするので、確かに安くはないです。

それでも、旬なものを、大好きな人と、まったり自然を感じながら
食すること。
値段じゃないです。
この至福なひと時はお金では買えません。

「来年もまた鮎を食べに来ような」
「お前が幸せそうなのが1番だよ」
「お前が幸せそうにしてると、俺まで嬉しい」
「ほんと、俺も幸せだ」
「お前がな、粗末に扱われてきたのを知ってるからな」
「お前のことは、何があっても守ってやるから」
「お前に指1本でも触れようもんなら、俺が殺す」
「そのあと俺が刑務所に入ろうが、お前だけは守ってやる」

もう号泣です。。。

「御主人様が刑務所に入ったら駄目ですよ」
「御主人様にさわれなくなるじゃないですか」

「俺が先に死んだらどーする?」
「いま、余命3ヶ月って言われたらどーするか?」

「その3ヶ月私にください」
「わたしの家に住んでください」

「2人で旅に出ようや」
「安心しろ」
「俺が死ぬときはお前を殺してやるから」
「お前1人を残して寂しい想いはさせないから」


その日の晩

「おやすみ」
「今日は本当に楽しい1日だったな」
「白いワンピースが似合ってたし」
「来年も再来年も、いやずっと行くぞ(笑)」

「はい^^」
「約束ですからね!!!」
「私も忘れられない日になりました」


やな場  やな場鮎の塩焼き


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

「俺が死ぬ時はお前を殺してやるから」
ここで限界(笑)
涙が流れるのを止められませんでした(笑)
・・幸せですね。

Re: タイトルなし

変態奴隷さんへ

御主人様は、私が感動することを、どこででも言うので困ります(笑)

お店の中だろうが、私が運転しているときだろうが。

今まで何回お店の中で泣いたことでしょう。
今まで何回運転しながら泣いたことでしょう。

ほんと、いい大人が恥ずかしいし、危険です(笑)


でも、御主人様がいない人生なんて、もう考えられないです。
こんなに愛してくれる人は他に絶対いません。
絶対いないって断言できます。

御主人様が死ぬときは、私も一緒がいいです。
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ