FC2ブログ

チューだけで逝く。クリを噛まれて逝く。

ある日のお風呂場にて。

いつもみたいに一緒に湯船につかって、御主人様の上に乗っかって。
プカプカと浮かぶのが至福の時間。
この前なんて、入ってからあがるまで50分もお風呂にいました(笑)

最近は、乳首をつまむだけじゃなくて、指ではじいてきます。
痛いけど、それが気持ち良くなってきました。

少しかさぶたになっていた乳首を見て

「かさぶたになってるな」
「いいことだ」

「@@」 (心の声:いいことじゃないです(笑))


「どら、まんこ見せてみろ」
「ほら、自分の指で広げろ」
「そう、広げとけ」

湯船のふちに腰掛けた私を、御主人様が弄ってくれます。

「ほんとお前だけだからな」
「普通こんなに舐めてやらないんだからな」

そういって、ほぼ毎回舐めてくれます。
御主人様に舐めてもらうと、気持ちいいだけでなく付加価値も相当加わって、
ほんと一瞬で逝ってしまいます。

「すぐ逝きやがって」
「ほんとしょうがないやつだな」
「そんなに気持ちいいのか?」

「はい」

「まんこ気持ちいいですって言ってみろ」

「御主人様、まんこ気持ちいいです」


わたしは、こうやって言わされるのが大好き・・・・(笑)
なんだか、すごく支配されているような気がしてしまうのです。
自分から言うのではなく、「言わされること」が特別な感じ。


そのあと、

「口閉じろ」って。

「口開けろ」って言われたら、唾をもらえるという意味。

「口閉じろ」は、御主人様が私の唇を舐めるとき。
このときは、絶対開けてはいけません。
でも、気持ちよくて、声が出そうになって。
必死に口を閉じています。

「開けるなよ」って。

「勝手に逝くな」などの「○○するな」っていう命令は、すごく興奮します(笑)


舐めるだけでなく、クリを噛んでくる御主人様。
めちゃめちゃ痛かったです;;;
でも、その痛みの中逝ってしまう正直な身体(笑)

「痛みにもだいぶ感じるようになってきたな」


お風呂場で御主人様に抱きつきます。
御主人様もぎゅーって力強く抱きしめてくれます。

そしてチューをいっぱいしてくれます。
今回、チューだけで逝ってしまいました。
それは初めてのこと。

もうびっくりしました。
なぜかというとチューしてるから

「御主人様、逝かせてください」って言えなくて、こっそり逝ったのに

「チューだけで逝ったな」って言われたから。

「@@?」
「逝ったの分かったんですか?」

「当たり前」
「逝かせるようにチューしたの!」

「そんなことできるんですか@@?」

「俺をその辺の男と一緒にするなよ(笑)」
「そんなこともできないで主とか名乗るなら主をやめるね」
「お前のことなら何でも分かるんだよ(笑)」

そのあと、お風呂場でそのまま立ちバックしてもらって。

「5回逝け」 
「5回数えろ」

御主人様が逝く回数を指定することは珍しいです。
立ちバックしてもらいながら、乳首をつままれたり、首を絞められたり、
喉を舐められたり、肩を噛まれたり、お尻をスパンキングされたり。
あらゆる手段で私を逝かせてくれます。

「御主人様、逝かせてください」

「逝けよ」
「数えろ」

「・・・いっ・・・・・かい・・・・・・」 ←息も絶え絶えで数えるのが大変(笑)




「ご・・・・かい・・・・・」

あっという間に5回逝ってしまいました。

「電マとか使わなくってもな、連続で逝かせられるんだよ」


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ