FC2ブログ

さざえのつぼ焼きデート

以前、「今度さざえのつぼ焼きを食べに行こう」という話を聞いていました。
海辺近くで食べることができるお店があるんだそうです。

朝ご飯を一緒に食べる予定だったのですが、急遽予定変更になって、
夜ご飯を私の家で一緒に食べることになり、お昼に「さざえのつぼ焼き」です^^


貝類や甲殻類が苦手な人も多いとは思いますが、私は「薬味」以外なら大丈夫!
(ピーマンとかセロリとか春菊とかゴーヤとかニガイものも無理だけど^^;)

この日のワンピースはタートルネックになっていて、道中首輪をつけてもらいました。
スカーフをしなくても、首輪がほとんど見えないなんて素敵^^

道すがら、御主人様が運転しながら、例の器用に左手でいたずらしてきます。
「足ひらけ」
「逝けよ」
何回逝ったか分かりません^^;
右手を噛んでもらうのも好き。
ふとももの内側をつままれて、少し青あざになって、それも嬉しかったり(笑)

お礼に?わたしは運転している御主人様をマッサージ。
首や肩を邪魔にならないように^^

目的地に近づくにつれ、海が近くなっていきます。
お店に到着!
目の前は海!
聞こえる波の音!
そして潮の香り!

さっそく「さざえのつぼ焼き」を注文^^
つまようじで、上手に中身を出して、ダシまで飲んで^^
もう、とっても美味しかったです!

さざえのつぼ焼き自体も、もちろん美味しいのですが、
海辺で、あのお店で、あの雰囲気で食べるからこその贅沢。
しかも、隣には愛する人。
もう言うことありません!!!

冬には牡蠣も出しているそうで、また冬に来ましょうね^^って約束。


食べたあとは、近くの海辺を散歩。
手を繋いで、まったり散歩です。
風も気持ちよく、暑すぎずに日光浴が出来ました。

ツーショットの写真を撮りました。
幸せ^^


人がいないところにくると、御主人様がマンコを弄ってきました。
そしてワンピースのスカートをガバアアアアって!!!

もうアタフタどころじゃありません(笑)
せめて、もっとこっそりしてください(笑)

とかいいつつ、ちゃっかり逝かせてもらっている私ですが^^;

御主人様はビールを飲んじゃったので、帰りは私の運転。
いっつもビールを飲んだあとは、気持ちよーくなっておねむです。

ほんとに、気持ち良さそうに寝てました。

ふと目が覚めて
「どれくらい寝てた?」
「気持ちよかった」

私の家に帰ってから、えっちして、そのまま裸のままお昼寝(笑)
1時間くらいの短い時間であっても、たとえ寝てる間意識がなくっても、
御主人様の隣で寝れることは貴重な時間。

引越し当日と翌日の2日間と、あと予定外で1日。
その3日間以外、御主人様は私の家に泊まれていません。
仕方がないことなので、せめて一緒に過ごせる時間を幸せに過ごす。
それが今の私にできる精一杯の満足。

お昼寝から目が覚めたのが5時半過ぎ。
夕方7時には家に帰らないといけないということだったので、
バタバタお風呂にはいって、バタバタ夜ご飯にしました。

今日のお風呂はつかるだけバージョン。
それでも、充分に幸せ^^

夜ご飯には、朝ご飯で食べようと思って漬けていた浅漬けを
出したのですが、朝からずっと漬かっていたので、浅ではなく、深漬けに(笑)
すっかり濃い漬物になっちゃってましたが、御主人様はちょうどいいって。
さすが濃い味好きな御主人様(笑)

本来なら、片付けをしながらご飯を作るのですが、
御主人様が帰る時間が迫っていたので、シンクは皿やら鍋だらけ(笑)
落ち着かないけれど、後回し!

朝から夜ご飯まで一緒に過ごせた、有意義な1日でした。


次の日逢ったとき
「昨日は長く一緒にいれたから、今日は幸せそうだな」って。
「エラが張ってない(笑)」って。

わたしはよっぽど単純なのでしょう(笑)
たしかに、心がほわほわしてました^^


さざえ


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ