FC2ブログ

やっぱり御主人様を愛しています

昨日のトラブルのおかげで、すっかりモヤモヤが吹き飛んだ私。
今日も出張でしたが、頑張れました。

朝6時半御主人様からのメールです。

「おはよう。何時に出る?」

「おはようございます」
「7時半予定です」
「久しぶりに4時間連続で寝れました」

(最近2時間おきくらいに目が覚めてまとめて寝れていなかったので^^;)


7時前に電話がなりました。
わたしは超低血圧のため、目は覚めていましたが、ベッドでモゾモゾしていました。

「まだベッドにいるんだろ(笑)」
「もう7時になるぞ」
「今日も気をつけて行ってこい」

のそのそと起き上がり、目を覚ますためにシャワーをあびて。
シャワーをあびている間に、メールが届いていました。

「夕方か夜に少し行けたら行く」
「たまには使わないとな(笑)」
「寝ぼけてないで頑張れよ(笑)」

夜ご飯を出張先の人と食べるか未定だったので、また連絡する旨伝えました。

「夜の予定が分かったら教えろよ」

「はい!」
「いま○○までやっと来ました」

「そこは渋滞するからな」
「そこから先はそんなに混まない」
「○○の信号曲がったら、3つ目の信号を左に」
「△△の信号を右に曲がった方が近い」
「以前、お前の車をとめたバイパスを通るよ」

いつも、カーナビ以上に丁寧に教えてくれる御主人様(笑)

「頑張れよ~」
「運転気をつけてな」
「あ、ブログ読んだが、いつまでもトラウマ気味なんて言ってるなよ(笑)」
「チューしたら忘れる(笑)」

御主人様の優しさを朝から感じて、無事に目的地に到着しました。
途中、以前私の車をとめた道を通って、とても懐かしく思いました^^
あのときは、まだまだ引っ越してくる前で、今の生活を想像すら
していないときです。


夜ご飯の予定を確認してからメールします。
「今夜、出張先の人とご飯になりそうです><」

「わかったよ」
「少しでも逢いたかったが、残念」
「仕方ないがな」
「午後も頑張れよ」
「トイレにきちんと行き、安全運転でな」

「私も逢いたかったです><」
「残念って言ってもらえたから、元気でました」

「残念なのは当たり前だろ?」
「顔を忘れそうになるぞ(笑)」

「忘れないです(笑)」

「ちゃんとずっと俺を想い過ごせよ!」

「はい^^」

「明日は使い、エラも引っ張ってやるからな(笑)」
「風呂にも入るぞ」

「明日はきっと幸せ気分でエラ出てませんよ(笑)」



夕方になり、仕事は終了です。
そして・・・・・・夕食が諸事情でキャンセルになりました。

!!!!御主人様に逢える?!

「今日の夜、なくなりました」
「逢えますか?」

「なくなったのか?いいよ」
「俺ももうすぐ仕事終わる」

夕方、御主人様が逢いに来てくれました。
気まずい雰囲気になった火曜日から2日。
昨日のトラブルがなければ、今日も気まずいままだったかも。

いつも通りのわたしたちで逢えました。
チューして、抱き合って、お風呂に入って。エッチして。


お風呂に入っているとき

「お風呂一緒に入りたかったんだろ?」
「お前はお風呂一緒に入るのが大好きだもんな」


後ろから包み込んで抱きしめてくれました。

幸せでとけちゃいそうな空間。
御主人様の髪を洗って、身体をこすって。

「性処理肉便器ってことを忘れるなよ」


夜、御主人様が自分の家へと帰ったあとのメール。
土曜日デート、楽しく幸せに過ごすぞ
「トラブルがあっても、お前を守るから(笑)」
「安心しろ」

「私には、やっぱり御主人様しかいません」
「心から愛しています」

「やっぱりは余計だ(笑)」
「今日は朝までぐっすりできるといいな」
「おやすみ」

「やっぱりは余計って言うと思いました(笑)」
「私の愛しの御主人様、おやすみなさい」


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ