FC2ブログ

久しぶりに浣腸するぞ、うんこ見せろ

今日は、色んな記念日でした。

御主人様と初めてチャットをしたのが1月19日だったので、
御主人様と知り合ってから5ヶ月が経ちました。

そして御主人様の近くに引っ越してきてから1ヶ月。


この5ヶ月間で、本当に人生が変わりました。
わたしの生活は180度変わったといっても過言でありません。

住む場所も、仕事も、何もかも変わりました。

愛する御主人様との新しい人生が始まりました。
いまはまだ一緒に住んだりはできないけれど、
可能な限り逢いにきてくれて、わたしがさみしくないようにしてくれます。

今日は、少し早めに私の家に来れるという話でした。
でも、お仕事の関係で、言っていた時間には厳しそうでした。
でも、それは御主人様のせいではないので、消化できます。

御主人様としては、約束したからには守りたいという気持ちがあって、
バタバタ帰ってきてくれたんだそうです。

御主人様の家の駐車場まで迎えにいきます。

「約束守らないと、お前のエラがフグみたいにぷくーーってなるからな(笑)」

「私のエラ、大きくなるわけじゃないですから(笑)」
「それに、お仕事なんですから、御主人様のせいじゃないです」

「エラが大きくなるんだよ(笑)」
「今度、動画で撮ってやろうか」
「すぐむくれるからな」


家についてすぐに、御主人様の仕事の電話がなっていました。
御主人様が電話をしている間、足元にしゃがんで抱きついたり、
フェラをしたり。

その後、私も、自分の仕事で電話がなりました。
電話をしている最中、御主人様がクリを弄ってきて、もう・・・・・・・。
電話が終わったころには、グッタリ(笑)

「裸になれ」って言われて、スーツを脱ぎます。
私のベッドに腰掛けている御主人様の足元に座って、フェラをします。

「久しぶりに挨拶してみろ」
「ちゃんと目を見て挨拶しろよ」

裸で土下座の姿勢になり、首だけあげて御主人様の目をみます。
(この体制で髪を後ろにぴっぱられると、首の角度かなりきついです^^;)

久しぶりに見るあの目つき。
いつみても、怖いです。この怖い感じも好き。

わたしたちは、毎回毎回挨拶をしているわけではありません。
挨拶をして「プレイはじめ」挨拶をして「プレイ終わり」という関係じゃないから。

御主人様に、生涯を誓いました。
いつもいつもいつも、常にそばにいたいと思っています。

「ケツを見せて四つん這いになれ」
「ほら背中まっすぐにしろ」

缶ビールを背中に乗せられました。

「3回逝け」

その状態で、クリやまんこを弄ってくる御主人様。
わたしは、背中に乗っているビールがこぼれないように、
できるだけ身体を動かさないように。

でも、逝くときの痙攣ばかりは自分でもどうにもならなくて。。。

「ちゃんとはっきり言え」って言われて
「御主人様、逝かせてください」って言い直しさせられて。

どうにか缶を倒すことなく3回逝き終わりました。


そのあと、えっちして、一緒にお風呂にはいりました。

「今日は久しぶりに浣腸するぞ」
「たまにはうんこ見せろ」

ひーーーーー;;; 浣腸><;
お腹痛くなる・・・・;;;


それに、「うんこ見せろ」って(笑)
汚いうんこを見たいだなんて、不思議です。

御主人様にとっては、「お前のは全く汚くない」らしいです(笑)

私からすると、れっきとしたうんこですから、汚いものですが(笑)

「今日はイチジクだな」
「うんこ、たまってるのか?」

「わかんないです(笑)」

↑いつもほぼ便秘なので、最後にいつしたかすら覚えてません(笑)


イチジクが2本だけ残っていました。
私の家の洗濯機の上には、つっかえ棒とワイヤーネットで作った棚があります。
引っ越してきてすぐに、御主人様に作ってもらったものです。

2段になっていて、上の段はタオルなどの、「まともなもの」コーナー(笑)

下の段は、私のトイレ[もとい洗面器]、グリセリン、イチジク浣腸などの
「いかにもあやしい」コーナー(笑)

浣腸に使うエネマシリンジは、御主人様が買ってきてくれたお揃いのご飯茶碗が
入っていた袋に入れて、洗濯機の上にぶらさがっています(笑)


そこから、洗面器とイチジクを取って、お風呂場にもっていきます。

御主人様の好きな入浴剤を入れて、途中までは普通のお風呂。
湯船につかって、ある程度まったりしたあと

「浣腸するぞ。四つん這いになれ」

湯船からあがり、お風呂の床に四つん這いになります。
イチジクを2本いれられました。
もう1本目でお腹痛い;;;
もったいないって言って、最後の最後まで綺麗に入れる御主人様。

(早く入れ終わって><) ←心の声

2本目入れ終わったら、湯船から出てくる御主人様。

(ひいいいいいいい。この状態で立ちバックするつもりだ><) ←心の声


「ほら立て」
「1回逝ったら出していいからな」

イチジク浣腸が2本はいった状態で、立ちバックしてくる御主人様。
逝く気配なんて微塵もありません。
頭の中は、「お腹痛い;;;;」と「うんこ出る;;;;」しかありません。

そんなことはちゃんと分かっている御主人様。

私が逝きやすいように、クリを弄ってくれました。

「御主人様、逝かせてください」

「逝けよ」

もう、お腹の痛みと、うんこが出そうで、洗面器にまたがる私。

「うんこ出そう;;;;」

「うんこ出させてくださいだろ?」

「うんこ出させてください;;;」

そんなにたくさんは出ませんでした(笑)
なんか小さなうんこがちょろちょろと(笑)

うんこが出たばかりのアナルに指をつっこむ御主人様。

(ひい;;; まだお尻流してないのに!うんこつきますよ;;) ← 心の声

全く気にすることなく、アナルに指を出し入れする御主人様(笑)


追記

次の日、御主人様から

「あのあと、ちゃんと全部浣腸液出たか?」

「なんか夜にちょっとだけ残りが出ました」

「なんだよ、うんこ溜めとけよ」

浣腸したときに、たくさん出なかったのが不服だったようです(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ