FC2ブログ

お前のこと、生涯手離す気はないんだから。

今日の負の感情満載の記事を読んで御主人様から。

「ブログ長い(笑)読むのに大変だ」

「負の感情のときは長くなります(笑)」

「今日は夜ご飯一緒に食べるからな」
「夕飯を楽しみに、仕事がんばれ」
「雨だから、運転気をつけろな」

20時過ぎにお仕事に行かないといけないらしく、
それを口実に一緒に過ごしてくれました。

17時過ぎから22時過ぎくらいまで。
夜にこれだけ長くいれたのは、1ヶ月ぶりです。

お風呂は今日は一緒に入れないけど、
夜ご飯は一緒に食べれるようにしてくれました。

夕方、御主人様の家の駐車場までお迎えに行きます。
夜ご飯の時にビールが飲みたいということで、
私の車でお仕事に一緒に行きます。

「ガソリン代使わせて悪いな」

そんな遠くじゃないですし、今日の夜ご飯の材料と
お花まで買ってもらいましたし。

何より一緒にいれることが大切。

今日の夜ご飯を、外食にするか、私の家(2人の家)で食べるか、
ずっと悩んでいた御主人様。

でも、私が家で一緒に食べることを喜ぶと分かってるので、
「お前の家で食べる」
「夕方一緒に買い物に行くぞ」
「またスーパーで手を繋いでな(笑)」
「アホだと思われながらな(笑)」

私のブログを読んで、夕方御主人様より。

「価値観なんて合わないよ」
「育った環境も年齢も全然違うんだから」
「価値観が違うから捨てるって言ってるわけじゃないんだから」
「一生一緒にいるんだからいいだろ」
「お前は細かいんだよ(笑)」

買い物が終わって、私の家(2人の家)に着きました。

「我が家にただいま」って言う御主人様。

「我が家ですか?」

「我が家だろ?」


夜ご飯の準備をします。
御主人様はカボチャが好きじゃないみたいです。
昨日の夜に作ったカボチャの煮物。
1人分の煮物を作るのは至難の技で、残ってました。

「カボチャは食べないな(笑)」
「まぁ、でも食べてやる」

なんとか?食べてました(笑)
カボチャ美味しいのに!!!


御主人様から
「今日は外でおしっこさせるからな」と言われていた私。
「それまでするなよ」

そうは言うものの17時〜20時30分までに尿意が(笑)
最近、仕事の関係でおしっこを我慢することが多くて、
膀胱炎ぎみな私。生理と同時期で定かではないですが、
血尿チックでした。膀胱炎はクセになるらしいので、
できるだけ尿意を感じたらトイレに行くようにしています。

そのことを御主人様ももちろん知っていたので
(御主人様に内緒にしてることは何一つありません)

「おしっこしたいです」

前の私なら我慢していたと思います。
今は、無理せずに健康第一で、伝えるべきことは伝えられています。
それがすごく心地よいのです。
奴隷であっても、伝えたいことは伝えることができる関係性が。

「洗面器もってこい」

「たぶんあとでまたおしっこ出ます」


ご飯食べ終わってから、今度は御主人様がおしっこ。

「おしっこ飲め」
「たくさん出るぞ」

「ありがとうございますは?」

飲み終わってお礼を言って。

「濃くはなかっただろ?」

「濃くなかったですけど、お腹いっぱいなのに〜。。。」

「笑わせるなよ(笑)」

「笑い事じゃないですよ」
「お腹いっぱいのとき、苦しんですよ!」

久しぶりの家での夜ご飯を楽しんで、20時半くらいに出発しました。
御主人様のお仕事に付き添うのが大好きです。

お仕事自体はすぐに終わりました。

御主人様を自宅まで送り届ける帰り、
明日の朝食の買い物をする御主人様。

奥さんとの2人分の朝食の買い物をする御主人様。
なんだか、やっぱり落ち込んでしまって。

「この買い物に付き合いたくなかったです」

「逆に俺はお前のことを信じてる」
「何があってもついてくるって」

スーパーの中でベロチューしてくれました。

「私もそのつもりではいます」
「耐えられるくらいの量の愛情をもらってる自覚があります」

スーパーを出てから
「ブログ見て思ったけど、もうブレるな」
「余計な心配はするな」
「お前のこと、生涯手離す気はないんだから」
「愛してるぞ」
「聞いてんのか(笑)?」

感動することを言われると無口になる私(笑)

御主人様を家に送り届ける時間が迫っていました。
道中、おしっこがしたくなったわたし。

外でおしっこです。。。

「お前、羞恥が好きだからな」

「好きじゃないですよ!!」

「興奮してるってことは好きってことなの!」

御主人様が私の家の近くまで来たときに車をとめる
「いつもの場所で」おしっこしました。

車の影とかに隠れずにです。
自転車は通るし、車だって通ります。

御主人様が道路側にたって、御主人様に隠れるように座ります。
運良く、おしっこしてるときは、誰も通りませんでした。

おしっこ出してる最中に、クリを触ってくる御主人様。
当然御主人様の手はおしっこまみれ。

「温かいぞ(笑)」
「汚いと思わないところが凄いよな(笑)」
「全然汚くない」
「愛があると思わない?」

なぜか、おしっこを触った本人が汚くないと言い、
触ってない私が「汚いですよ!!」と叫ぶ(笑)

「はやくウェットティッシュで拭いてください!!!!」


ほんとに御主人様を送り届ける時間になりました。

「俺はな、少しでも時間があったら、お前と逢いたいんだよ」

運転しながら、涙が止まらない私。
最近のわたしは、御主人様のことが好きすぎて、自分でも怖いくらいです。

車を降りる寸前まで、ベロチューしてくれて、髪を撫でてくれて。
「愛してるぞ」って言ってくれて。

家に帰り着き、鍵をかけてからメールします。

「帰り着きました。鍵もかけました」

「今夜は一緒に過ごせてよかった」
「ありがとうな。おやすみ」
「疲れただろうから、ゆっくりお風呂に入れ」

お風呂に入ろうと思って、Tバックを脱ぐと、
たらちゃんが(笑)

御主人様にたらちゃんTバックの写メを送りました(笑)

「たらちゃん過ぎだ(笑)」
「それだけお前が感じてるならいい」

御主人様、わたしはこの命がどうでもいいくらい、
御主人様のことを愛しています。


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

羨ましいです❤️

Re: タイトルなし

maiさんへ

お久しぶりです^^

コメントありがとうございます!

なんだか、負の感情の記事で申し訳ないです;;


色々毎日ありますが、また覗きにきてください!

なんだかんだで幸せそうでよかったです。
前回は乱文失礼しました。
あまりにも乱文だったので鍵つきにしちゃいました(´・ω・`)

ぶれるなっていわれてもぶれるつもりはないけど…
ぶれさせてるのはご主人様でしょー!
って思っちゃいますね(笑)
普通の奴隷ならいわないんでしょうけど(笑)

だってどうにもならないくらい愛してるんですもんねー(*/ω\*)←おい

Re: タイトルなし

ちゃーさんへ

乱文だなんて、とんでもないです。

鍵付きでも、鍵なしでも、コメントをいただけることは
とても嬉しいです^^

こんなほとんど文ばっかりのブログをよく読んでもらえるなーっと
逆にビックリ?します(笑)

しかも、負の感情かノロケかのどちらか・・・・(笑)

まー Mなんてこんなものだとご理解いただいて・・・^^;


「どうにもならないくらい愛してる」

ほんと、ちゃーさんの言う通り!


この感情は、どうにもならないです。
好きっていう感情ほど、理屈じゃないものはないかもしれませんね。

これからも、いろんなことがあると思います。


大黒摩季さんの「熱くなれ」の歌詞の一部がわたしは大好きなんです。


『未来が見えないと不安になるけど
くっきり見えると怖くなる』

この歌詞です。

初めて聞いたとき、ほんとにそうだなー@@って思いました。

未来はどうなるか分からないから不安。
でも、その未来が先に分かったら、絶対怖くて生きていけない。

だから、頑張って1歩1歩進んでいくしかないんだなって思っています。


ちゃーさんも、愛する御主人様とお幸せに^^
わたしも、頑張ります!
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ