FC2ブログ

お前が死ねって言われたら俺が代わりに死ぬ

今日からの数日間、わたしの仕事は通常とは異なる業務です。

朝早くから夜まで、かなりバタバタする強行スケジュールなのです。
ほぼ1日運転しっぱなしの私。

あまりまだ道をよく知らないので、御主人様が丁寧に教えてくれます。
パソコンや携帯の地図を使って、どの道がいいのか分かりやすく
視覚に訴えて教えてくれます。

わたしはだいたい1度見たものは忘れないので、
キーワードを見せてもらいながら教えてもらえると、
本当に助かります。

今日も、高速で分岐点がいくつもあり、
そこを間違えると大変なことになります。
約束の時間に間に合いません!
御主人様から教えてもらった通りに進んだので、
安心して目的地に着くことができました。

その道路の形状など、細かいところまで教えてくれます。
右に曲がるにしても、何個めの信号とか、
角にスーパーがあるとか、鋭角になってるとか。

まるで自分のことのように真剣に教えてくれます。
それだけで、私は嬉しくなっちゃいます。

最後の目的地が16時過ぎだと伝えていたので、
16時30分くらいに御主人様からメールが届きました。

「間に合ったか?」って。

今日1日、ずっと心配してくれていたのです。
道を間違えずに、ちゃんと約束の時間までに行けたのか。
事故をせず、無事でいるのか。

でも、会社の都合で強行スケジュールだと知っていたので、
仕事の邪魔にならないように終わる時間までは連絡をせず、
待っててくれたのです。私が焦らないように。

どこまでも、私のことを大切に考えてくれる御主人様。

「お前の身体は俺のものだからな。事故するなよ」


今日からの数日間は、逢えない覚悟をしていました。
なので、家へ帰る運転中、電話で喋ってもらいました。

せめて声だけでも聞きたい。

私が家に帰り着く時間は、本来であれば御主人様がいつも家に帰る時間。

「俺の家の近くのレンタルショップまで来い。チューしてやる」

「短い時間逢えば、なおさら寂しくなるので‥‥‥」

とかいいつつ、御主人様の家の方に向かいます(笑)


でも、一瞬だけ逢う方が、逢えないよりツライのは本当です。


レンタルショップの駐車場で待ってると、御主人様が来てくれました。

「仕方ないから、晩飯一緒に食べに行くぞ」

御主人様のタイムリミットまで1時間くらい。

一緒にご飯を食べるということが、どんな意味を持つのか理解してくれています。

「お前のことだから、今日は気が張ってたんだろ」
「お前は頑張りすぎるから」
「一緒にご飯を食べれば、少しは元気になるだろ」
「お前の考えてることくらい分かるさ(笑)」

御主人様おすすめの、イカ天とワカメのトッピングのうどんを食べました。
御主人様が好きな食べものを食べること(薬味とか以外・・・・・)。
幸せです^^ 生まれて初めてのイカ天、美味しかったです^^

「お前だけに寂しい想いをさせるつもりもないし、我慢させるつもりもない」
「前に言った通り、何があってもお前のことは守ってやるから」
「血液型が同じなら血もやるし、臓器だってやる」
「地震が起きても、絶対助けに行ってやるから」  参考記事有事の際は
「お前が死ねって言われたら、俺が代わりに死んでやる」
「男はな、愛する女を守ってやらないと」


うどんを食べながら号泣する私(笑)

もしも2人のうち、どちらかしか生き残れないような状況があったとして、
御主人様が私だけを生かして御主人様が死ぬなんていう選択をしたとしても、
私は一緒に死を選びます。それが私の幸せだから。

私たちは、『究極の関係』を目指しています。
目指しているけど、すごく、それに近いところにいる気がします。

「俺にとってお前の代わりはいないし、お前にとって俺の代わりもいない」

『唯一無二の存在』

「俺がいない人生は生きる意味がなくなるだろ」

ほんとにその通りです。呼吸をして生きていくことはできます。
でも、この世から楽しみ、喜び、幸せ、感動。全て消え去ります。

「楽しいことは2倍。悲しいこと、つらいことは半分」


うどん屋さんの帰り、明日も1日運転のため、
ガソリンを入れに行きたかったわたし。

御主人様をおろしてから行こうと思っていたら、一緒に行ってくれると。
時間が気になりましたが、いいからって。

そこは、御主人様に教えてもらった、この辺りで1番安いセルフのガソリンスタンド。

「俺が入れてやるから」
「車のことは男に任せとけ」

男の人にセルフでガソリンを入れてもらったのも初めてでした。
そんなことすら、嬉しいのです。

私は一度給油がとまってから追加でガソリンを足すのが怖いです。
なんか溢れてきたらイヤなので(笑)
御主人様がギリギリまで入れてくれました(笑)

そのあと、酒屋に寄って、御主人様のヘベレケの元を買いに(笑)

酒屋でも手を繋いで、ほんとに幸せ^^

ホッピーやら焼酎やら、炭酸水やら買ってました。

私に「今晩は梅酒を飲んで寝ろ」って、小さな梅酒の缶を買ってくれました。
私はほとんどお酒が飲めないので、残してもいいからって。
それ飲んで、ぐっすり寝て、明日に備えろって。

梅酒の他に、御主人様オススメのポテトチップスを買ってくれました。
一袋300円くらいするのです!ポテトチップスにしては高い!!
年に数回食べるか食べないかのポテトチップス。

「今度一緒に食べてください。1人じゃ食べきらないです!!」

「今日はゆっくり風呂に入れ。風呂上がりに、梅酒で乾杯だな(笑)」

↑乾杯と言っても、実際には別々の場所からです。
別々の場所であっても、私がこういう乾杯で幸せになると知っているから。
しばらくは火曜日御主人様が泊まれなくなりましたが、これだけ愛されてるから、大丈夫。

「今日のお前は嬉しそうな顔をしてる」
「嬉し涙じゃエラは大きくならないからいいけどな(笑)」
「ほんとによく泣くな」
「全日本泣き虫協会の会長になれるな(笑)」


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ