FC2ブログ

浣腸(うんこ事件)

一泊の予定だったのに、御主人様がもう1晩泊まってくれるというのです。
今日こそ、生理になるかもしれませんよ?と言っても、それでも構わないと。

一緒にいれる時間が長くなること自体嬉しかったのですが、
それくらい気に入ってもらえたってことかなと、とても嬉しくなりました。

御主人様とは、ホテルで過ごす以外に、普通のデートもしました。
手をつないで、ウィンドウショッピングしたり、食事したり、綺麗な景色を見に行ったり、美術館へ行ったり。

逢って2日前の日中は外でラブラブデートでした。

その帰り、ホテルへ向かう途中でビールを買いによったスーパーにて。
薬局も建物の中にはいっていて、
「イチジク浣腸でも買うか」と言って、5本入りをさっさと買ってしまう御主人様。

いままでイチジク浣腸を使ったことはありますが、まさか今日することになるとは予想しておらず。

「え・・・・浣腸するの・・・・?」


そりゃーどうせなら綺麗になったほうがいいですし、綺麗にしてから触ってほしいですけど・・・。
浣腸がとても苦手な私。
アナル自体、いまだに嫌悪感があります。
指を入れられても、違和感のみで、気持ちがよくなるなんて思えない場所です。
アナルで逝くとか、今の私には到底想像すらできません。
ましてや、アナルに御主人様のものが入る日がくるのでしょうか。


浣腸してやるから四つん這いになれと言われて、頭が真っ白に。
今まで自分で1本だけ入れて、こっそりトイレで出していた私。

なのに、いきなり3本も・・・・!!!!!!!!!!

しかも、トイレで普通に出すことは禁止。
おしっこも、トイレで一人ですることは禁止です。

でも、ここまで管理されて喜んでしまう変態な私なので、どうしようもないですね(笑)


最初はおしっこも目の前でするのが恥ずかしくて、ずっと我慢していた私。
1時間くらい我慢して、お腹が痛くなって、とうとうおしっこしたいですって言ったものの、
我慢しすぎて、出てこなくなってしまいました。

膀胱炎になるからもっと早く言えと怒られ、今回だけという許可をもらってトイレで
おしっこさせてもらいました。

私の身体のことを気遣って、絶対こうじゃなきゃいけないという型にはまってなく、
常に表情や体温を気にかけてくれます。



浣腸を3本も入れられて、いよいよ我慢ができなくなって、
「出したい。出したい」と騒ぐ私。

でも、普通にトイレじゃ出せません。


指定された場所を聞いて愕然と・・・・・。

「え・・・・ここで?」あまりにもテンパってて、思わずタメ口に(笑)


嘘も言わないし、躊躇もない御主人様。
御主人様がここって言ったら、ここしかない。頭では分かっていますが・・・。


でも、強制的に排出されようとしているものをとめるすべはなく、
便意は強まる一方で、指定の場所で排泄。


うんこですから、当然匂いがします。
御主人様は「くっせーな」とは言います。でも汚くはないそうです。
好きな女じゃなきゃ、見たくもないけれど、お前のは汚いとは思わない。

私はこの「特別な存在」であることがダイスキです。
御主人様に「お前だけ」「特別」って言われると、もうキュンキュンしてしまいます。

奴隷としてはワースト1って言われました。

それでも、そんな出来が悪い私ですが、「お前だけ」「特別」ってことが増えていくにつれ、
私の御主人様へのぞっこんぶりもますます増えていくのです。


全部出し終わり、後片付けをする御主人様。
人のうんこなんて触りたくもないですよね。
でも、私のうんこをトイレットペーパーを使ってではありますが、
手で片付ける御主人様。

愛を感じざるを得ません。愛がなきゃ絶対にできません。

このうんこ事件で、私は御主人様のことがもっともっと好きになったのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ