FC2ブログ

1日目@御主人様の家

朝、7時30分発の高速バスに乗りました。
いつもは自分の運転する車で行くのですが、経費削減でバスにしました。
御主人様の住んでいるところまで、約4時間の道のりです。

前日の夜は、一睡もできませんでした。
緊張と興奮と。

私はバスが苦手です。
自分で運転するときは全く酔いませんが、
バスは独特の匂いなどもあり、景色も正面にはほとんど見えないので
すぐに具合が悪くなってしまいます。
小さいころは、車の後部座席でよく酔って吐いてました。
車の助手席でも、ちょっと苦手です。

↑御主人様が聞いたらびっくりするでしょうね(笑)
「お前、俺の車の助手席でよく寝てるけど(笑)?」って言われそうです。

「酔いやすいなら、バスに乗る前に、飲み物とか飴とか買っておけよ」

どこまでも優しい御主人様なのです^^

バスが出発する前と、途中のトイレ休憩のSAでも、電話で話しました。
御主人様は午前中仕事をし、午後から私のために外回りということにしてくれて、
そのまま直帰プランです。

11時過ぎにバスが着きましたが、あいにくの大雨でした。
ほんと、バケツをひっくり返したような大雨。
高速バスが到着するすぐ近くまで車で迎えに来てくれていて、
バスから降りたら私の旅行カバンを車に積んでくれました。

前回逢ったのが3月20日だったので、まだ2週間くらいしか経ってないのに、
逢えたことが本当に嬉しくて。車の中ですぐにチューしてもらいました。

まずは一緒にランチです。
御主人様おすすめの魚がおいしいお店に連れていってもらいました。
平日の12時前にも関わらず、もうお店は満員でした。
わたしは、人生初めての相席を体験したのです!
なんだか相席って気まずい(笑)

日替わり定食がさんまだったので、2人とも日替わりにして、
だしまき卵焼きを追加して。
御主人様は味噌汁を豚汁に替えて。
このだしまき卵焼きが美味しいのなんのって!

皿からはみ出るくらい大きな大きなさんまでした。
とても綺麗なさんまで美味しかったです。
御主人様なんて、頭と骨しか残ってなくて、綺麗に食べてました。
私は、苦いところはごめんなさいして残しました。

私が14時から就職活動を入れていたので、14時までウィンドウショッピング。
スーツ姿のいい歳した男女がまっ昼間から手を繋いでウィンドウショッピング(笑)

14時少し前に、私の目的地の玄関前まで車で送ってもらい、御主人様は一旦帰社。
15時半くらいに終了予定だったので、そのころにまた迎えに来てくれました。

バス停まで迎えに来てくれるし、就職活動先まで送ってくれるし、
また迎えに来てくれるし。どっちが御主人様なのか分からないですね(笑)

雑貨屋や古着屋に寄って、百均で洗面器(私のトイレ)を買って、スーパーへ。
スーパーは、雨で濡れないように屋根付き駐車場のあるちょっと高級なスーパーへ。

一緒に手を繋いで夜ご飯のお買い物です^^
今日は御主人様の手料理をご馳走になれるのです!
私が普段食べないような食材もあり、初体験いろいろでした。
コーヒー・アボカド・ズッキーニ・オリーブの実・パセリ・オイルサーディンなど。

植物が好きな御主人様と私。
御主人様の部屋にはたくさんの植物が飾ってあります。
マーガレットも買って帰りました。白く小さな可愛い花です^^

いよいよ御主人様の家に向かう時間です・・・・・・・。
うわあああああああああああ。どーしよーーーーーーー。
腹はくくったつもりです。
でも、平気なわけはないですよね。

御主人様の住んでいるマンションに到着しました。

2つ並んでいるスリッパ。
「お前はこっちを使え。それ俺のだから」

スリッパを履いて、部屋の中へそろそろと。
たくさん抱き合って、たくさんチューして。
一緒に風呂に入るぞって。

御主人様お気に入りの入浴剤が入ったお風呂。
私は、この家のお風呂に入るべきではない。
行くまではそう思っていたけれど、一緒に入りました。

私が持参した身体をこするタオルを、御主人様も一緒に使ってくれました。
「お前のタオルを使ってやる」って。
身体を洗いっこして、髪も洗いっこして。
御主人様のシャンプー・リンス・ボディーソープを使って。
御主人様が買っているシャンプーなどは、ドイツのオーガニック製品らしく、
髪の毛がさらさらになりました^^
元々私の髪はストレートですが、シャンプーによってはキシキシなるので、
とても良いシャンプーなのが分かります^^
御主人様も、さらさらだと褒めてくれました^^

御主人様はとっても綺麗好きです。
水周りは、どこを見てもまるで入居1日目の部屋のようです。
お風呂場の排水溝1つとってみても、汚れが全くありません。
御主人様らしさが分かります。
そういうところを見せるために私を呼んだということも分かっていますので、
私も部屋から御主人様のひととなりを十分に感じ取りました。

夜ご飯を作る前に、床でえっちしました。
(テンパリすぎて、お風呂とエッチ、どっちが先だったか記憶が曖昧^^;)

ブランケットのようなものを1枚敷いてはいたけれど、
名誉の、膝負傷の御主人様(笑)
左膝が、摩擦熱でやけどになり、数日後に水泡ができたらしいです^^;
正常位、頑張りすぎです(笑)

このエッチのおかげで、私の腹のくくり方も確実なものに。
そういうこともちゃんと分かって、御主人様はえっちをしてくれたのです。

そのあと、御主人様が夜ご飯を作るのを私はお手伝い。
といっても、人の家の台所なので、本当に軽いお手伝い。
にんにくやズッキーニを薄くスライスしたり、トマトを洗ったり、
パセリをみじん切りにしたり、配膳したり。

私の味覚がお子様なので、あまり辛くしないようにしてくれました。
ペンネもサラダも美味しかったです^^
ペンネに乗せたパセリも、多少よけながらも、ちゃんと食べました^^

ろうそくなどの間接照明が作り出す、光と影の幻想的な空間の中、
目の前には愛する御主人様と、御主人様お手製の料理。

昔、御主人様が載ったという釣り雑誌を見せてもらい、
釣竿一式も見せてもらいました。
「いつか釣りも一緒に行こうな」
「俺が釣ってるところ、見せてやるからな」
今よりとっても若い御主人様の写真^^
私は、今の御主人様が大好きなので、今の御主人様に出逢えて
良かったと思っています。

御主人様は、ときどき私に
「ごめんな。もっと早くお前を見つけてやれば良かったな」って
言ってくれます。

そんなことないですよ。私はこの世に生きている間に、
御主人様にこうやって出逢えただけで、すでにすごーく幸せです。
これから先も、死ぬまで一緒にいれたら、もっと幸せだと思って
しまう、わたしの欲望は消えてくれないようですが。


奥さんの座っている椅子は嫌!!!って思っていたけれど、
すんなり座れました。

2人がけのソファーも、こっちこいって言われたら、すんなり座れました。
(このソファーでえっちしたことはないって言ってくれて嬉しかったです)

お布団も、一緒に抱き合って寝るぞって言われて、すんなり入れました。

前から話をしていた、「1人でする挨拶」も、少し時間はかかりましたが、
自分1人で、御主人様に挨拶ができました。

「御主人様、唾ください」も、自分から言えました。
3泊4日で、何回「御主人様、唾ください」って自分から言ったかな・・・。

1日目は、前夜一睡もしてなかったことと、移動疲れや気疲れもあり、
御主人様に抱かれながらぐっすりと寝ました。

2日目は1日中デートだあああああああ!


クリックしていただけると嬉しいです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ