FC2ブログ

「私が1番気持ちいいですか?」

御主人様のえっちは、本当に気持ちがいい。
今まで逝ったこともなかったのに、御主人様の手では秒殺。
女性の脳と体はリンクしていると本当にそう思います。
反対に、気持ちがモヤモヤしてるときは濡れにくい。
体って不思議。


えっちの最中のこの会話が好き。

「気持ちいいのか?」

「御主人様、気持ちいいです」


当たり前のことだけど、分かってることだけど、言葉で伝えるって大切。
だって本当に気持ちいいから。
道具なしで、御主人様の体だけで何回も何回も逝かせてもらえる。


入れられている状態で御主人様が「気持ちいい」っていう時が、
私は一番幸せ。

よかった・・・・。
ちゃんと気持ちいいと思ってもらえている。

私は貧乳だし、ナイスボディでもないし、セクシーでもない。
アナルもできないし、フェラで逝かせることもできない。

そんな私でもきちんと気持ちいいって思ってもらえて、
毎回逝ってくれる。
それは「気持ちがあるから」。

今までにたくさん中折れしてきたという御主人様。
途中で気持ちが萎えて、しぼんじゃうんだそうです。
私とは1回もありません。
1回も。

私の下手くそなフェラでたってくれるし、最後まで逝ってくれる。

誰でもは逝かない御主人様が私で毎回逝ってくれる。
今まで中出しをしてきていない御主人様が、初めて逢ったその日から
「ピル飲めよ」って言って中出しをしたいって思ってくれ、毎回中で出してくれる。

私にとって、こんなに付加価値が大きいことはないのです。


私は言います。
「御主人様のえっちは、本当に気持ちがいいです」
「今までの誰よりも」
「1番気持ちがいいです」

「当たり前だろ」っていう御主人様。

「御主人様にとっても、私が1番気持ちいいですか?」

「だからピュッピュ逝くんだろうが!」

「はい^^」


※「1番」という言葉、明日の記事のキーワードになります。


クリックしていただけると嬉しいです^^

初めてのバリウム

年に1回の健康診断に行ってきました。
私はまだ30代なので、胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん検診の対象ではありません。
子宮頸がん検診はピル処方の際に年2回婦人科で受けているので大丈夫。

今回、胃がん・肺がん・大腸がん検診も一緒に申し込んでみました。
御主人様と一緒になってから、前よりもずっと健康でいなければという気持ちが
高まっているような気がします。

といっても、私は毎年健康診断オールAの超健康体ですし、
普段不調を感じるようなこともそうそうないのですが、念のためです。


一年前と比べると、体重が1.6キロ減ってました。
高校生くらいから体重の増減がほぼないので、もう少し食べないといけないですね。

「ちゃんと食え!」
「貧乳がますます貧乳になるだろうが!」ってよく言われます(笑)


大腸がん検診のための、検便。
7日前から取っても良いそうで。
もちろん便秘な私は7日前からスタンバイ。
どうにか2日に分けて取れました;;;
冷暗所に保管って、どこ(笑)
冷暗所って聞くと冷蔵庫しか思いつかない(笑)
まさか冷蔵庫に入れるわけにはいかないので、保管場所に悩む・・・・・・・。


そして問題の胃がん検診。
あまり深く考えずに申し込んだけど、バリウムデビューだあああああ!
色んな人から超まずい、大変って聞いたことはあったけれど、
ついにそれを自分も体験するのか・・・・。


前の夜は消化によさそうなうどんを食べました。
いよいよ当日。
緊張する・・・・・。

バリウム


いよいよバリウムを飲む瞬間・・・・・。
検診車の中では、バリウム製造器なるもので
バリウムがシャカシャカ横にふられて作られています・・・・・・・。

チャックがついているズボンはいけないと初めて知って、
ズボンを履き替えます。

粉みたいなのを渡されて、全部口に含むように言われます。
そのあと、少量の液体(水もしくは薄めたバリウム)で飲み干すのですが、
この粉が超問題児!!!

この粉の正体は発泡剤。
胃を膨らませて胃の中のヒダを伸ばして撮影しやすいようにするようです。

この粉、口の中で一気にブクブクと気体に変わり、全然飲み込めない!!!
炭酸が苦手な人はなおさらキツイかも。
私も普段炭酸飲料は飲まないし、苦手なので、なんだこりゃーーって感じでした。

おえーーーーって吐き出しそうになります。
ティッシュで慌てて押さえ、頑張って頑張って飲み込ました。
全部飲み込み終わるまで5分くらいかかったかも・・・・・。
でも、まだまだ試練は続き、ゲップとの戦い。

そして、すぐに渡されるバリウム。
こちらは、聞いていたよりも全然問題なく。
たしかに美味しくはないけれど、飲める。
ドロドロしてるからゴクゴクという感じでは飲めないけど、
ゆっくりなら飲める。


バリウムバリウムって思ってたのに、結果気にもしてなかった発泡剤にやられました。

バリウムを全て飲み干したら、いよいよ撮影。
手すりにつかまり、右へ回転だのうつ伏せだの指示がきます。
真っ逆さまになったとき、手すりをかなり強く握ってないと落ちそう!
撮影中は一切ゲップに悩まされることもなく、無事に終了。

もらった下剤をその場で飲み、あとは5~6時間後にもう2錠飲めばいいみたいです。

このバリウム、ちゃんと出さないと腸の中で固まって出てこなくなる可能性があるとか。
もともとバリウムは「石の粉を水に溶かしたもの」だそうで、水分がなければ固まりますよね・・・。
たくさん水を飲もう・・・・。
あと、食物繊維の多い食べ物も良いそうなので、アボカド食べよう(笑)


「白い便が出る」と聞きました。
なんかそれはちょっと楽しみかも(笑)

「出てこなかったら俺が突っついてバリウム出してやる(笑)」


クリックしていただけると嬉しいです^^

暑っつい中の釣りデート

御主人様と、またもや釣りデートに出かけてきました。
この日は、午後から雨の予報。
朝からじゃなくて良かった。
朝から雨だったら、またデート中止になるところでした。


朝の5時前後に私の家に来るという話だったので、
4:20に起きてサンドイッチを作ったり準備をしていました。
(トイレ用のペットシートとか、クーラーボックスとか)

すると4:30過ぎに着信。

「準備できたかー?」
「もう家でたからな」

「まだですよ(笑)」

今日は目が覚めちゃったみたいで、言ってた時間よりも早い到着。
ちょっと待ってもらうことになりましたが、バタバタ準備します。

釣り場では、御主人様が準備してくれたマットに座って見ているのですが、
足場が草場なので、いつも長ズボンを履いていきます。

この日は
「あのワンピースにしたら?」と、夏用に選んでくれたワンピースを指差します。

「だってスカートですよ?」

「パンチラになるか?」

「です」
「でも対岸は人いないから大丈夫かな」

御主人様が選んでくれたワンピースに着替えて出発!



5時過ぎに出て、途中コンビニに寄ってもらって最後のトイレ。
6:30くらいに着いて準備です。
いつものように2人で道具を運んで、御主人様がセッティング。
私は釣れた魚の数をカウントする担当と、写真・動画撮影担当。
あとは、サンドイッチをあ~んってする担当^^

私は魚釣りにはほとんど興味がありません。
昔、父親と行ったことはありますが、自ら行きたいという感じではなくて。
今も御主人様とだから。
私は御主人様と一緒なら、どんなことだって楽しく思えるのです。
興味のない魚釣りも、御主人様が隣にいるだけで、楽しくなってしまうのです。
不思議です。

きっとこうやって昔の彼女たちも連れて行ったんだろうなって思うと、
それだけでムゥムゥしてくるのですが、過去はどうにもならないので、
今を楽しみます。


この日は、すごい湿気で、日差しも強く、朝7時には暑くて暑くて。
御主人様に日焼け止めを塗ってあげます。
腕、足、顔、耳、首などなど。
なんて楽しいの^^

自分にも塗ります。
汗がすごく出るので、途中でもう1回塗りました。

それくらい暑っつい日でした。

持ってきたビールが進む御主人様。
クーラーボックスの中では解けた氷が良い感じに氷水になっていたので、
綺麗なタオルを浸して、冷たいタオルで御主人様の首元を冷やします。


ビールはすぐになくなってしまうし、暑すぎて集中力はなくなるして、
いつもより3時間ほど早く撤収。

普段あまり水分を取らない私ですが、500mlのペットボトルを飲み干しました。
その分、御主人様の車の中でペットシート広げてするトイレの回数も多くて・・・。


「お前の家に早く帰ってのんびりしよう」
「途中、川に寄ってぽちゃんってしていくぞ!」
「だからズボンじゃなくてワンピースにしろって言ったんだ」


帰りは運転手交代。
御主人様の車の運転も、もう何回目かな。

御主人様はすぐにバタンキュー。
それはもう爆睡してました。
途中本当に降って来た雨にも気づいていません。


帰り道にある川に到着。
こどもたちが楽しそうに遊んでいます。
私たちは、足元が浸かる場所だけで降参(笑)
なんて冷たいの!
でも、足を浸けてるだけで体温がさがって気持ちよかったです。
この中で全身つかって泳いでるとか信じられない!
心臓麻痺で死んでしまう・・・・・・・。
こどもって元気・・・。
私たち、もう歳ですねって言いながら涼を楽しみました。


お昼ご飯兼夜ご飯を食べて帰ると言って出てきたそうで、
一緒に何か食べることに。

私と一緒にいるときは、なぜかうどんを食べたくなるんだそうで、
うどんと唐揚げが無性に食べたいという御主人様。

うどんは乾麺を買っていたので、今日は私の家で食べることに。
唐揚げ屋さんに寄って、唐揚げだけ買って帰りました。

お風呂も途中で入ってくると言ってきたみたいで、着替えの洋服も準備万端!

唐揚げが温かいうちに美味しくいただきました^^
お風呂をためて、茶碗を洗っているうちに、床で寝てる御主人様。
ちょっと!床で(笑)


起こしてお風呂に呼びます。
日焼け止めがベタベタするので、いつも以上に念入りに御主人様の体を洗います。
お風呂場で足のマッサージもします。


「あとで耳かきしろよ」
「足の爪も」


お風呂からあがると、もうベッドで意識なく寝てました(笑)

寝ている御主人様の耳かきをして爪を切って。
裸になって御主人様の隣でぴったりとくっついて寝ました。

何回か目が覚めましたが、3時間くらいは一緒にお昼寝。
最後にエッチして、16:30御主人様帰宅。

「帰るとき、ムゥムゥするなよ!」

「しますよ」
「さみしいですもん・・・」

「また明日な」って帰っていきました。

それから私は夜のバイトへ出かけました。
さすがに私も疲労感が残っていました。
御主人様はその日、19時には爆睡したんだそうです(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様の携帯電話を一晩預かるということ。

御主人様の携帯電話が不調。
カメラはずっと前から不調で、今回は不調箇所が増えました。
電話はできるけど、LINEやアラームまで使えなくなりました。
LINEはログインすらできず、アプリを1度アンインストール。

他の方法でメッセージは飛ばせるので、なんとか連絡は取れていました。
最悪LINEはできなくても連絡が取れるからいいけど、アラームは困ります。
私がお昼寝の電話ができないときもありますし。
とりあえず、無料のアラームアプリで対応。


携帯のメモリがいっぱいみたいだったので、不要なアプリや写真動画、
メールなどの削除を提案。

少しデータ量が軽くなったけれど、不調は戻らず。


私の家ではwifi環境があるので、仕事帰りに寄ってもらったときに、
最新にアップデートできてるか確認。

最新になってなかったので、もしかしたらこれかも?と思い、
アップデートしてみることに。

たまたまですが、出逢ったときから全く同じ機種の色違いの携帯を
使っているので、やり方は私がよく分かっています。

でも、御主人様の携帯待ち受け画面の写真を見たくないので、
見えないところから次はこうしてくださいとか言います。
ほんとはわたしがやれたら早いんだけど。。。


この不調になってから、実は何回も何回も待受が目に入るシーンがあって、
ちょっと苦しい想いをしていました。
一緒に不具合を見てるうちに、ホームに戻る場面も何回かあり、
仕方ないとは言え、その度に心臓が痛かったです。

御主人様の家族の写真・・・・・・もう2度と見たくない・・・・・。


アップデートを待つあいだ、2人でのんびり。
ところが、開始から1時間経っても終わる気配なし。
どれだけアップデートしてないの(笑)

さすがに翌日も仕事があるので、あまり遅くまではいれません。
仕方ないので、私の家にそのまま携帯を一晩置いて帰ることに。
翌朝、仕事前に取りに来るということになりました。
奥さんには職場に忘れてきたことにして。


アップデートが終わると、確かロックを解除するパスワードが必要。
御主人様が私にそのパスワードを託して帰りました。


御主人様が帰ってからしばらくして、アップデート完了。
ロックを解除して、最初の画面に入るまで少し設定。

私が見たくないホーム画面。
心臓がチクチクしながら、もう一度再起動。
あとは充電して明日の朝までこのまま放置です。

本当は直ってるか見てあげたい。
でも、もうホーム画面は見たくない。


不思議なもので、御主人様の携帯がここにあるのに、
いつもの癖でLINEがきてないか自分の携帯を見てしまいます(笑)



よく朝6:10、御主人様が私の家に到着。
携帯を見てもらうと、カメラは直ってると。
でも、アラームはまだダメだと。

直ってるのと直ってないのとある。
とりあえず御主人様は仕事に向かうことに。


あとどうすればいいのか考えます。
うん。これしかない!
最終手段「リセット」


写真や電話帳などデータは消さずに、設定だけリセット。
御主人様にリセットのやり方が載ってるURLを送信。


何分か後に着信音。

「直ったぞ!!!」

「ほんとですか?!」

「アラームも着信音も直った!」

「良かったです。。。。」
「ほんとに良かった」

「心配だったんだろ」

「携帯壊れたら私と連絡取れないじゃないですかあああああ」

「今度お前の番号を書いたメモを渡しとけ」
「財布にいれとこ」

「あとはLINEですね」
「もし待てるならwifi環境あるときにアプリ取った方がいいですよ」

「お前といるときにする予定」

「はい^^」

「LINEはなくてもいいけどな」
「お前とくらいしかしてない」
「お前が9割だな」

「私が9割9分ですね?」

「そうだな(笑)」
「独占欲が強いからな(笑)」

「はい^^」
「あのですね?お願いがあります」

「なんだ?」

「カメラは壊れたままという話にしてもらえないですか?」

「それでいいよ」

「良かった」
「そっちがいいです」

「普段カメラ使わないから、そこまで困ってないからな」
「お前といるときはお前が撮るしな」

「たまに私とのツーショットは撮ってくださいね?」

「撮ってやるよ(笑)」



それから数日。
実は完全に直ったわけではなかったようで、ネットが重いと。
すぐに固まって、ほとんどネットが使えないと。

さらには、着信があったときに名前が表示されないときがある。
通話中に携帯がフリーズして切れる。
携帯がすぐに熱くなって充電の減りがとんでもなく早い。

などなど。
どうしたもんか。

この不調期間に落札したオークションの連絡係りは私。
出品者に送付先や振込み方法などのメールをします。
御主人様の代わりに私が御主人様の名前でやり取り。
すごく嬉しい。


ここ最近、残業が続いている御主人様。
私の家に着くのが21時くらいとかもありました。
それでも連日寄れる限りは寄ってくれて、私が携帯を調整する時間をくれます。


「お前だけが頼りだからな」
「お前のことは本当に信頼してる」


新しいパスワードも教えてくれました。
待ち受け画面も全てリセットされて初期設定にもどっているため、
今なら私も安心して携帯画面を見ることができます。
ロックを外すパスだけでなく、関係あるパスすべてを教えてくれました。

「パスワードはこれだからな」
「覚えとけよ」

私に携帯を完全に手渡してくれます。
私は調べて分かったことや元々知ってる知識をつかって、
御主人様の携帯を自由に触って調整します。

毎日5分くらいしか調整できず、不調が出てから1週間ほど。
毎日2・3ずつ思い当たることをしてみますが、まったく直らず。


そして土曜日の夜。
翌日が休みだから少しはゆっくりできるということで、
最後の最後の調整。

思い当たることは全てし尽くしてしまったので、
「直す」ではなく「使えるように」見る視点を変えて調整。


これでどうにもならなかったら、手がない・・・・。


携帯をいじってる最中に奥さんから着信。
なんか帰りに買い物をしてきてほしいというような内容だったようです。


画面に表示されている奥さんの下の名前。
ドッキリしました・・・・・・・。
それを見ると、私の旧姓は直してくれたのかなって気になりました。


最後の調整をして、気持ちいい気持ちいいエッチをして、
御主人様が帰る時間。

「お前もスーパーまで一緒に来い(笑)」

「行きます!!!」

それぞれの車でスーパーまで行きました。
wifi環境ではないところで、ネットに繋いでもらいました。
さくさく動いていました。
もう大丈夫かな?

翌日の日曜日1日、様子を見てもらうことに。
あとは月曜日以降に会社の人たちからの着信がきちんと
表示されるのが確認できたら、ようやく安心できるかな。



家にもどった御主人様より

21:31
「今のところは携帯大丈夫だな」ってメッセージが届いていました。

21:32
「おおお」
「このまま調子が良かったら月曜日にLINE入れましょうね^^」って返信。

21:36
「風呂か?」

21:48
「お風呂からあがりましたぁ」

23:20
「おやすみ」

23:20
「おやすみなさーーーい」

翌朝8:00
「おはよう」

8:00
「おはようございます」


昨日の「風呂か?」ってメッセージが気になっていました。
御主人様がそう言うときは、私からの返信がないとき。
でも、ちゃんと会話できてる。

ん?????

このときは分かっていなかったのですが、実は帰宅後から
御主人様には私のメッセージが届いていなかったそうなんです。

最初の数回はお風呂中かと思ったと思いますが、
「おやすみ」も「おはよう」も私からの返事がないから、
御主人様は私にメッセージが届いていないと思っていたはずです。



8:16 御主人様が新しくLINEをインストールして、私の携帯に登録。
普通に会話できていると思っていた私は、
「おお?LINE入れたんだ!」って思って、さっそくスタンプを送ります。

携帯1
携帯2


このあと、SMSの不調を直すためのURLを送って、
無事にそちらも直り、1日携帯は無事だったようです。
電話が鳴ったときの名前もきちんと表示されていたそうです!



携帯ケースや画面保護フィルムなどを一切していない御主人様。
するのが好きじゃないんだそうです。

でも、以前落としたときに画面に少し亀裂が入ったと言っていました。

今回たった数時間でもメッセージが送れなかったりしただけでも不便なのに、
もしも電話ができなくなったら。

そう思うと、居ても経ってもいられません。
私がしている画面保護フィルムと同じものを買ってきました。
ケースはたぶんイヤだと思うから、せめて画面だけでも守って欲しい。

月曜日、御主人様に保護フィルムを渡すと、貼ってくれました。
たぶん本当はしたくないはず。
でも、私の気持ちを受け取って貼ってくれました。


クリックしていただけると嬉しいです^^

「単に逢いたいだけだ」

思ったことを言葉で伝える。
なんて素敵なことなんだろう。
なんてワクワクするんだろう。

単に逢いたいだけだ1
単に逢いたいだけだ2



そして次の日。
なかなか仕事が忙しくて、日中の電話もあまりできず。
たまたまちょっと手の空いた時間にかかってきた電話で、

「ムゥ助、逢いたいなぁ」
「お前と居たら楽しいからな・・・・」
「たまには俺だってムゥムゥするよ」


クリックしていただけると嬉しいです^^

右耳がおかしい・・・・・

ある日突然、仕事中に右耳が詰まりました。
平地にいるのに・・・・・。
そしてなぜか右耳だけ。
会話をすると、自分の声で耳の中で聞こえてきます。

なんだろう・・・・・?

唾液を飲み込んでみたり、飲み物を飲んでみたり、
鼻をつまんでフンってしてみたり。

全く効果なし。

それは数時間続き、夜には治っていました。
そして翌日の昼、また突然右耳だけが詰まったのです。

御主人様にLINE
「今日もまた右耳だけが詰まってます・・・」

原因が分からないので、詰まって2日目、耳鼻科へ行くことに。

耳鼻科の先生いわく
「鼓膜は綺麗だね」
「耳管って言って、鼻と耳を繋いでいる管が開いたり閉じたりして
気圧を調整してるんだけど、なんかの理由で閉じてるんだろうね」
「あくびをしたり、何か食べたりすると開くから」

終了ーーーーーーーーーーーー!!!

なんかの理由って何(笑)
それを聞きに行ったんですけど(笑)

850円も取られた・・・・・・・・


その日の夜、御主人様が家に寄ってくれて
「耳はどうよ?」

「今は詰まってないです」

「俺がチューしてやるよ」

御主人様が右耳にチューしてくれました^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

「運命の相手」ってどんな人だろう?

私たちは、よく「運命」という言葉を使います。

私は御主人様を「運命の相手」だと思っているし、
御主人様も私を「運命の相手」だと思っています。

そもそも、「運命の相手」ってどんな人なんだろう?


『人の意思をこえて幸・不幸を与える力や元から定められている巡り合わせ』
これが運命の意味です。

つまり、「運命の相手」とは
『意思に関係なく元から決まっている相手』

そして、「運命の相手」とは
『揺るぎのない絆が生まれ、どんな困難があっても2人ならば乗り越えられる』


私の中での「運命の相手」の最も重要な点は
「会話が途切れない」こと。

もし、無人島に2人きりになったとしても、
私たちなら会話が途切れることはないと思います。

一緒にいて話すことがない。
あるいは、沈黙の時間がきまずい。
そんな相手もいますもんね。
3分でも2人きりがきまずいみたいな・・・。

隣にいるだけで安心感があって、心地よい人。
生涯のパートナーとしての条件なんてなくなってしまう人。
他の異性を異性として感じなくなるほど、夢中になれる人。

こんな相手が運命の相手なんだろうなぁと思うのです。

私の運命の相手は御主人様。
断言できます^^

そして御主人様の運命の相手も私。
それも断言できます^^
えへへ(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

アボカドとゴマ豆腐

私が初めてアボカドを食べたのは、14歳の時でした。
「カリフォルニアロール」という寿司の中に入っていたアボカド。
ぐにゃっとした食感。
一度で嫌いになりました(笑)

それから30歳を過ぎた今になるまで、一度も食べていませんでしたが、
御主人様の影響で、少しずつ食べるようになってきました。

食べ方の問題かもしれません。
サラダで食べると、美味しく感じます。
栄養満点のイメージですが、カロリーも多そう。

ということで、アボカドについて調べてみました。

・世界一栄養価の高い果物
・森のバターの異名をもつ
・食べる美容液とも呼ばれ美容効果に優れている
・肌荒れや老化防止に役立つコエンザイムQ10が入っている
・熟した皮がワニの背中の皮に似ていることから日本名を「鰐梨(わになし)」と呼んでいたそう
・アボカドの脂肪分は植物性のため血液中のコレステロール上昇の心配不要
(コレステロールは肥満の原因)
・20種類以上のビタミンやミネラルが含まれるスーパーフルーツ
・食物繊維を多く含む(ゴボウに迫るほどの含有量で果物では一位、キャベツの3倍)ため便秘に効き目あり
・食物繊維が水分を吸収してお腹で膨らむため、食べすぎ防止に役立つ
・オレイン酸が血液中の善玉コレステロールはそのままに、
 悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれる
・オレイン酸が便の表面をコーディングして潤滑油の役割を果たし、排泄しやすい状態にする
・オレイン酸が代謝を高め脂肪を燃焼させエネルギーを作る
・オレイン酸はオリーブオイルにも含まれる太らない油と呼ばれている
・リパーゼという消化酵素が体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する
・肝機能を向上させ、毒素、有害物質の排出を促進するデトックス効果も期待できる
・血流改善効果により、むくみの解消、血行不良や冷え性の改善
・利尿作用、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防に効果あり
・カロリーが高いため、1日半分程度が望ましい


なんとまぁ・・・・・調べれば調べるほどに、素敵な果物!
アボカドについて調べて以来、毎日夜に半分ずつ食べています。
そのおかげか、ひどい便秘になっていません!
力をいれずとも、ちゃんとした固まりのうん(こ)が出ます。
人生でこんなの初めてかもしれません。
今まではうさぎさんうん(こ)だったのに。



そしてそして、最近アボカドと共に食べているのが「ゴマ豆腐」

昔からみそダレをかけて食べるのが大好きでした^^
実は最近まで、「ゴマ豆腐」は「豆腐」だと思っていたのに、
実は大豆から出来ていないと知ってビックリ@@!

小皿1皿でたったの83kcal。
白ご飯を食べるより、こちらの方が良さそうですね^^

ゴマ豆腐にも、オレイン酸が入っています!
そして、胃の滞在時間が短いため、余分な胃酸を分泌しないらしいです!
たまに胃腸炎のような痛みに襲われる御主人様ですので、
今度嫌いじゃなかったら、ゴマ豆腐出してみようかな^^

お店には白ゴマ豆腐と黒ゴマ豆腐の2種類が売っていますが、
黒ゴマの方がポリフェノールが入っていて良いそうです。
ガンの予防になるんだそうです^^



ダイエットの本来の意味は
「健康のため、美容のため、肥満の防止のため、食事を制限すること」

御主人様のためにも、健康でいなくちゃ^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

2人で食べたら何でも美味しい^^

元々あまり食べない私。
1日に基本一食。
朝と昼はほとんど食べません。

最初についた仕事がそれはもうハードで、
お昼を食べる時間なんてありませんでした。
糖分を取るのに飴がお昼ご飯(笑)
そしてそのまま深夜0時を回ってもまだ仕事。
夜中に家へ戻り、洗濯をしてる間にお風呂に入り、
なんかとりあえず食べて、洗濯物干して寝る!!!
気が付いたら翌日の朝で、7時30分には業務開始。
6時半くらいにほぼ毎朝仕事の電話が鳴り、目覚ましはそれでした。
月曜日〜土曜日まで勤務で、日曜日もサービス出社。
仕事の電話は夜遅くや日曜日もありました。

仕事内容は好きだったけど、あまりにも過酷すぎました。
精神的及び肉体的健康には、何にも代えられない。
これが私の働く上でのスタンス。

この時の食生活がなんとなくそのまま続いてしまって、
今でも朝と昼は食べなくてもお腹がそんなに空きません。
基本お菓子も食べないです。

慣れって恐ろしい!
元々少食なのもあり、低燃費な私なのです(笑)
こんな生活を10年以上続けていますが、
健康診断はオールAの健康体なのです(笑)
暴飲暴食はしないし、栄養はちゃんと取っているので^^



この日は19:30過ぎからバイト。
夕方御主人様より電話があって

「お前のバイトが始まるまでには仕事終わらないなぁ」
「今日は逢えないな」
「何か軽く食べて行けよ」

「うーーん」
「あんまり食欲ないです」
「夏になるとなおさら食欲が・・・」

「なんか食え!」


心配かけるといけないので、食欲はないけれど、
冷蔵庫をゴソゴソ。

あ、ハンペンがある^^
前に御主人様と一緒に食べたものを作ろう!
それなら食べる気になる(笑)

はんぺん


クリックしていただけると嬉しいです^^

レーザー脱毛って凄い!!!

私が脱毛を始めたのは、今からもう10年ほど前になります。
最初は脇だけ。
そのあと、バイトをしてお金をため、他の気になる場所もしていきました。

脱毛を経験したことがある人はご存知でしょうが、
「毛周期」という生えかわるサイクルが存在し、一定の周期で生えかわります。
毛が成長する「成長期」、成長が止まり抜け落ちる「退行期」、発毛を停止している「休止期」
と3つの段階があります。
脱毛は、当然、毛が生えている成長期の毛にしか効果がありません。
ビキニラインだと毛は4ヶ月に1度生えかわるそうです。

そして、目に見えて生えている毛は、全体の3分の1程度。
3分の2は、皮膚の下でスタンバってるわけです。
つまり、1回の脱毛では全部は終わらないのです。


脇などは合計で3年近く通って、今ではほとんど生えてきません。
生えてきても産毛が1本とか。
ほとんど放置状態です。

剃るのと違って、毛がないので、ツルツルだし、色も綺麗^^


デリケートゾーンに手を出したのは、今から4年ほど前。
針脱毛も挑戦してみたけど、これは痛い!!!
毛穴に針を刺して電流を流すわけですから・・・・・そりゃ痛いですよね><
しかも毛穴1本1本って考えると、どれだけ時間と費用かかるの!

そこで光脱毛ですることに。
ビキニラインくらいの形で綺麗に整える程度で考えていたけれど、
寝たきりの祖母の介護がキッカケとなり、ぜーーーんぶ脱毛しています。
オムツを交換する際、毛に汚物がくっついて、とても痛そうでした。
全部綺麗に取ってあげたいけど、絡みついて毛を引っ張ることに。
自分が介護される立場になったとき、ツルツルがいい!と思ったのがキッカケでした。
パイパンのキッカケは、実はSMはまったく関係ないのでした(笑)

このデリケートゾーンは、他の皮膚と違って色素沈着があるため、
黒い毛に反応する脱毛のタイプ(光とレーザー)はあまり向いてはいません。

4年ほど光脱毛をしてみたものの、なんか結果がイマイチ。
2ヶ月に1回、計4年だから24回はしているはず・・・・・。
年数と回数からしてみても、そろそろ全部なくなっていいはず。
始めの頃から比べると、だいぶ生えてくる量は少なくなっていますが、
私は1本も生えてこなくなってほしいのです!


そこで、エステで行う光脱毛ではなくて、
医療機関でしか出来ないレーザー脱毛に挑戦することに。
レーザー脱毛の方が高いけど、結果が欲しいから挑戦。

光よりも痛いとネットには書いてありましたが、許容範囲でした。
多少痛いですが、我慢できない痛みではありません。

人生初めてのレーザー脱毛から数日。
なんか毛がものすごく少なくなった気がする。
あんまり生えてこない?

毎日カミソリで剃らないと気になっていたのに、あれ?
これ、1回で相当結果が出たのでは?
これなら、光よりも高い料金でも超納得。

あと数回残っているので、これは楽しみ^^
全く何もしなくても、ツルッツルの日が早く来ないかなぁ?


クリックしていただけると嬉しいです^^

喧嘩の後の超満喫1日デート

土曜日の夜に喧嘩して、日曜日に仲直り。
でも、日曜日は逢えないし電話もできない。
仲直りを声を通じてきちんとできない。

約束していた月曜日のデートを待ちます。
月曜日、ちゃんと直接顔を見て仲直りがしたい。



朝早くに釣りに行くから1人だけ先に帰ると言って、
奥さんの実家から帰ってきてくれました。

私は土曜日の夜は喧嘩のことで悩み悶々として眠れず、
日曜日の夜はデートが楽しみなのと、御主人様に逢える嬉しさと、
そして喧嘩後に初めて逢う緊張で眠れず。

朝の4時から御主人様からの連絡を待っていました。
6時過ぎ、御主人様より電話。

「おはよ」
「お前のために4:30に起きてぶっ飛ばして帰ってきたからな!」
「着替えたりするから7:00頃に2人の車で迎えに来い」
「洋服は赤色のお揃いの方にしたら?」

喧嘩して初めて逢う御主人様。
怒ってるかな?
それとも包み込んでくれるかな?

逢った瞬間にキス。

「ムゥムゥするなよ!」
「こんなに仲良しなのにムゥムゥする意味が分からん!」

「ムゥ助でごめんなさい(笑)」


御主人様は、同じ柄だけど色違いのシャツを着てきてくれていました。
きっとそういうことだろうと思っていたけれど、すっごく嬉しかったです^^
今日もお揃いのサンダルでおでかけ。


行きは御主人様の運転。
この日のために用意していた音楽をかけます。
今まで行ったことのない他県にお出かけ。
そこは前から御主人様の話に出てきていたところ。
いつか行ってみたかったところ。


最初の目的地は市場。
7時過ぎに出発して8時半過ぎに到着しました。
そこでは新鮮なお寿司が食べられるのです!
2人で美味しそうなお寿司を選んで仲良く食べました^^
これでたったの1400円!
安いし美味しいし言うことなし!
↓これで2人分です(笑)

1日デート1

朝ご飯からお寿司という贅沢なスタート。
この先にまだ食べたいものがあるので、軽くでとめておきます。



次の目的地は、とても景色が綺麗なところ。
この日の天気は気持ちのいい晴れで、少し風も吹いていて、
なんとも言えないドライブ日和。
最高の天気でした。


11時過ぎ、2つ目の目的地に到着。
とっても綺麗な景色でした。
そして、御主人様おすすめのお店へ。

1日デート2
1日デート3


サザエ・サザエの刺身・生ウニ
なんという贅沢!
サザエの刺身は美味しすぎておかわり^^
これもたったの1400円!

私はウニの匂いが嫌いで苦手意識があったのですが、
この何も加工していない朝取れたての塩水だけの味付けのウニは、
最高に美味しかったです。


御主人様もやっとビールを飲むことができたので、ここで運転手交代。
基本、いつも行きは御主人様で帰りは私です。

喜んで運転してくれるのですが、ビールの誘惑には勝てないようで(笑)
私が全く呑めない人で良かった^^

隣の席のカップルは彼女が彼氏に
「は?ノンアルでしょ。わたし運転しないよ!」って怒ってました(笑)


この近くには高台から眺望を見渡せる場所があり、そこまで行ってみることに。
ひたすら階段をのぼって、足の筋肉ピンチ!
海も空も全て見渡すことができて、それはもう絶景でした!



次の目的地は、ここも御主人様オススメの場所。
そこで飲むビールが最高なんだそうです。
地名を聞いても聞き覚えのない場所。
どんな場所なのか楽しみー^^

お昼のビールですっかりやっつけられちゃった御主人様。
そこまでの車の中ではバタンキューでした。
それはもう気持ち良さそうに寝てました。

次の目的地には14時くらいに到着。
車で山の頂上まで登ったところです。
きれーーーーーーーい!
海と空の境目がない!

ここでもたくさんたくさん写真を撮りました^^
もともと風景の写真を撮るのが好きな私。
御主人様と出逢ってから、2人の写真を撮るようになりました。
今まで私の写っている写真なんてほとんどなかったのに、
本当に増えました。

パソコンに保存している2人の思い出の写真。
合計839枚。
初めて出逢った2015年1月30日から約1年半。
たっくさんの思い出を作ってきました。

この場所に来るのは久しぶりだという御主人様。
昔の彼女と一緒にデートした場所に行くのは嫌。
なんでも私だけがいい。
過去も現在も未来も。

だから
「久しぶりだったら初めてのようなものですね^^」って言います(笑)

「独占欲が強いからな(笑)」

1日デート4


贅沢なカフェタイムを楽しみました。
900円のビールと700円のチョコバナナパフェ。
私がこんな贅沢をするなんてきっと1年に1回!
バナナは好きじゃないから、御主人様にある程度押し付け(笑)

「ビールとバナナは合わないんだよ!」って言われながら
あ~~~んって持っていって半分以上は食べてもらいました(笑)



そして最後の目的地へ17時ちょっと前に到着。
あるお寺に行きました。
そこのお寺には、御主人様が昔お世話になった方の墓石があるそうです。
実際のお墓は遠くにあるみたいですが、一緒にお参りしました。

そしてお寺の周りを散策。
雰囲気のある通りが続いています。
小川が流れていて、和風旧家が立ち並んでいます。
情緒あふれる町並みでした。

こういう通りをただ歩くだけでも楽しい、そう思える2人でよかった。
何の興味もない人にとっては、つまらないことだと思うのです。
私たちはただ手を繋いで綺麗ですねって言いながら歩くだけで、
とっても贅沢な気持ちになれます。
それを2人ともが感じることができることが本当に幸せ。



朝から楽しんだ1日デートももう終わりです。
帰り道、御主人様はドライブ用の音楽に合わせて歌いながら、
とっても上機嫌。
御主人様が楽しそうだと、私もすっごく楽しい^^

帰りに今日の夜に軽く食べる食材と明日の朝ご飯と、
御主人様のお昼ご飯用のサンドイッチのパンを買って、
19:30帰宅。

朝7時に家を出て約12時間。
日帰りの超満喫デートでした。

「どこが1番良かったか?」

「どこって難しいですね;;;」
「全部良かったです」
「でも、1番って言われると、サザエの店かなぁ?」
「でも、朝のお寿司も美味しかったし、お寺も雰囲気あったし
山の頂上からの景色を見ながらのパフェとビールも贅沢だったし」
「御主人様は?」

「俺もサザエの店かなぁ?」
「でも全部良かったよな(笑)」
「久しぶりに本当に楽しかった」
「また連れて行ってやるからな」

家に帰ってきて、一緒にお風呂に入って、髪と体を洗って、
録画していた御主人様の好きなテレビを見ながら軽く夜ご飯を食べて。
そして土曜日の夜に食べられなかった約束のメロンも一緒に食べました。
もう熟れて熟れて甘すぎて美味しいを通り越してました(笑)

1日デート5


耳の産毛を剃って、耳掃除して、爪を切って、エッチしておやすみ。
首輪をつけてもらって、首を絞められながらのベロチュー。
それはもう逝きまくりました^^

寝不足が続いていた私。
久しぶりにぐっすり寝れました。
夜中1回トイレに起きたという御主人様にまったく気づかず。
朝まで熟睡でした。

4:45起床。
美味しいサンドイッチを作りますね^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

「寂しがるだろうが」

ある日曜日。

日曜日は逢えないし、電話もできずに声も聞けない日。
できるだけ私からはメールもしません。

でも、御主人様がLINE自体の音を切っているということを
最近知りました。

それなら、今までみたいに、気を使うことなくLINEできます。
というか、御主人様、早くそのこと教えてよおおおお!!!
今までかなり心配しながらLINE送っていたのに・・・・・。


以前から日曜日メールの返信は遅いことが多いです。
携帯を触っていないときには返事が来ないみたいで、
送ってから数時間後の返信とかよくありました。

あとは既読になるけど、そのまま返信がないことも珍しくはありません。

それでも、日曜日に緊急な用事でメールを送ることはないので、
数時間後であろうが、返信があればないよりマシです。



この日は、携帯を自宅に置いて出かけていたらしく、
11:30に送った返信が14:10にきました。

むしろ、いつもの日曜日より返信が早いくらい。

寂しいだろうが


何時間後でもいいから、返事が来たら嬉しい^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

心の奥底から一心に信じるということ。

私は御主人様が大好き。
御主人様がいれば、何も要らない。
一生御主人様の傍で御主人様を支えたい。
2人で生きていきたい。
そうすれば、どんなことだって耐えられる。
2人でいれば、苦労だって苦労じゃなくなる。



仕事帰りに寄れる限りは寄ってくれます。
少しでも早く自分の家に帰ってゆっくりしたいだろうけど、
私の家に「ただいま」って言ってあがってくれます。
私は「おかえりなさい^^」って迎えます。

逢えても数分とかいう時もあります。
本当に顔見て、チューしてギューって抱きついたら終わり。
それは仕方のないことなので、来てもらえるだけ感謝です。


この日御主人様が私の家に着いたのが20時くらい。
用意していた果物を一緒に食べて、
テレビを見ながら約束の足の爪切りをしていました。

爪を切り終わると

「仕方ない」
「帰るぞ」って。

「もうですか;;;?」

「もう21時だからな」

「@@?」
「さっき来たと思ったのにそんなに経ってるんですか?」
「まだ10分くらいしか経ってないつもりでした・・・・」

「お前といると楽しいからあっという間だな(笑)」
「今日もお前、嬉しそうにしてたもんな(笑)」

慌てて御主人様を見送ります。
来てから1時間も経ってたなんて・・・・・
帰りが遅くなっちゃった;;;
御主人様の晩酌の時間が減っちゃう!

そしてその夜。

信じる1
信じる2

泣き顔シャメ添付

信じる3


クリックしていただけると嬉しいです^^

シフォンケーキ

御主人様のことを考えながらお菓子を作りました。
今回作ったのは、「シフォンケーキ」

久しぶりに作りました。
10年ぶりかも。

シフォンケーキはカロリーも低いし、朝早くてもドッキリせずに食べられる。
そう思って今回はこれに決めました。

月曜日の朝、これを御主人様にプレゼントしたいと思っています。
好きかどうかは分からないけれど、私なりのごめんなさいの気持ち。

ドライブしながら、小腹がすいた時に一緒に食べられたらいいな。

いつもの2人

私は奴隷になりたいのか?それとも恋人になりたいのか?
ちゃんと御主人様と話し合ってないけど、私の答えは「両方!!!」

今までみたいにラブラブしたい。
自分の素直な気持ちをちゃんと伝えたい。
でも、御主人様の傍にいて生涯仕えたい。

だから『両方』が私の答え。

イスに座ってる御主人様の上に乗っかって、全体重預けて、
ほっぺにスリスリする奴隷がいてもいいですよね^^


お菓子


クリックしていただけると嬉しいです^^

自分の心に向き合ったときに分かったこと。

たくさんの方から温かい励ましのコメントをいただきまして、
本当にありがとうございました。

結局昨夜は全く寝れませんでした。
ずっと考えていました。
どうしてこうなるんだろう?
何がいけなかったんだろう?
これからどうすればいいんだろう?

一晩中泣いて泣いて、目が腫れて、お岩さん状態(笑)
さすがに泣き疲れて、朝方少しだけ寝れました。

御主人様からの「おはよう」というLINEで目が覚め、
「おはようございます」って返信。

「寝てないのだろう。昼間に寝とけよ」

それからまた少しだけ眠りに落ちて、1時間後に御主人様からの電話で起きて。

「明日は朝早くに戻ってくるからな」
「ドライブに行くぞ」
「クーラーボックスに俺のビールとお前のジュースと用意しておけよ」

寝ぼけながら返事をします。
それからまた眠りに落ちて、昼前に起きだしました。
いつも通り、シャワーを浴びて、部屋の掃除をして。

そして一心不乱にお菓子作り。
月曜日に逢えることは少ないので、日曜日にお菓子作りたいと思っても、
なかなかタイミングが合わなくて。
この日曜日は作ろうって思っていました。
明日の朝、御主人様にプレゼントしようと思っています。
喜んでもらえるといいな。

お昼過ぎにまたLINEが来ました。

「明日は俺とお揃い柄のワンピースどっちかにしたら?」と。

1つは去年の旅行に着て行ったもの。
もう1つは今年の旅行に着て行ったもの。

どっちにしようかな?
足元は、もちろんお揃いのサンダル。

あとでビールを買いにいかなきゃ。
氷はさっき2回目を作ったから足りるはず。



私なりに、どうしてこんなに落ち込んだのかを考えました。

御主人様が私に言いたかったことは

「言った時点ではそうしようと思っていたけれど、
事情が変わったんだから仕方ないことだろ」
「破ろうと思って破ってるわけじゃないし、その代わりに
自分ができる範囲で精一杯お前の相手はしてるつもりだ」
「仕方ないことでいつまでも落ち込んでもしょうがないんだから、
さっさと気持ちを入れ替えろ」

こういうことだと思うのです。
要するに、私があまりにも落ち込んでずっと引きずっていることに
イライラすると。
落ち込んだってどうにもならないんだから、次に向かって気持ちを入れ替えろと。



私自身、土曜日の夜に逢えなくなったと言われて、どうしてあそこまで
落ち込んだのか考えてみました。
もちろん、逢えなくて寂しいとか残念とかあります。
メロン食べるって前の日に約束したのに!という気持ちもあります。

でも、それが本質ではなかったということに気づきました。
そんなことなら、あんなに朝から夕方まですっと落ち込む必要はないのです。

今までだって、逢えなくなることや、話してたけどできなくなったことはありました。
でも、ここまで引きずったことはないのです。
私がここまで落ち込む理由は何だろう?

たくさんの方からのコメントを読みながら、この原因が分かったのです。
本当に、皆様に感謝です。

「御主人様との約束が心の支え」
これが全てのキーワードだということに気づいたのです。

「俺が50歳になるまでにはお前と結婚してやる」

私の今の心の支えです。
今がどんなに苦しくて、寂しくて、つらくて、ミジメでも、
この約束があるから頑張れるのです。


今回の喧嘩でのキーワードは
「仕方のないことだから我慢」
「家庭の事情」
「気持ちをさっさと切り替える」

私は「切り替えろ」という言葉にも敏感に反応しました。
要するに、最初の約束はいまさらどうにもならないんだから、
さっさと次に移れよって聞こえたのです。

ここでリンクしたのが前の髪切り事件。
1ヶ月に1回髪を切りに行く御主人様に引っ付き虫するのが
大好きな私。

あのときも
「1ヶ月も前に約束したことなんだから、事情が変わるだろうが」
って言われて落ち込みました。

私が悲しかったのは、約束が守られないことではありませんでした。
それは仕方ないことだと分かるから。

私が御主人様から

「事情が変われば約束したことだってどうにもできないことがあるんだよ」

こういう内容のことを言われた時に、
今回みたいにひどく落ち込んでいるということに気がついたのです。


つまり、御主人様が50歳になっても離婚できずにいて、
「言ったときはそのつもりだったけど、あれから事情が変わったんだから仕方ないだろ」
「仕方ないことなんだから我慢しとけ」
「いつまでもイジけてないで、さっさと気持ちを入れ替えろよ」

こう言われる自分を想像してしまっていたのです。
そうか。
そうだったのか。
だから私、こんなに落ち込んでるんだ。

それに気がついたのです。


私は御主人様の言葉1つ1つ、全てを信じています。
それはもう病気のように、全てを鵜呑みにして信じきっています。
だけど、御主人様の意志とは関係のないところで、
御主人様が言ったことでも出来ないこともある。
それが今の現実。


そして離婚ということになれば、
髪切りやメロンを一緒に食べるなんてそんなちっぽけな次元とは、
到底異なる『家庭の事情』が絡んでくるわけです。


私はそういう未来を勝手に想像して、勝手に落ち込んでいたのです。
御主人様からしてみると、いい迷惑ですよね。

私がいまできること。

御主人様の「俺が50歳になるまでにお前と結婚してやる」
この言葉を絶対信じて待つ。

こういう答えにたどり着きました。

御主人様、私は御主人様の言葉を、約束を信じていていいんですよね?


クリックしていただけると嬉しいです^^

私は奴隷失格。

ある金曜日、御主人様の帰りがとっても遅くなりました。
20:45くらいに「今から帰るぞ」って電話がありました。

「今日は遅くなったからもうお前の家には寄らないからな」
「どこか出てこれるか?」

今までだったら

「遅くなったから今日は寄らないで帰る」
「我慢しとけ」

こう言われていたのに、そうではなくて
帰り道に逢える場所まで来るように言われたのは初めて。

「でもほんとにちょっとだけだぞ」


一瞬迷いました。
ここで我慢して「今日はいいですよ」って言ったほうがいいのかな。
きっと早く帰りたいのに私のために無理してる。
でも・・・・たとえ1分でも逢えるなら逢いたい。

迷ったけど、逢いにいくことに。
場所は御主人様の家に1番近いコンビニ。

21:30くらいに着信。
「だいぶ近づいたから、そろそろ出ろよ」

携帯と財布だけ持ってすぐに家を出ます。
あと信号2つというところで着信。

「今どこにいるんだよ!」
「もう着いたぞ」

「いま〇〇です」

「まだそんなところにいるのか」
「もうとっくに着いてるぞ」

「・・・・・・電話があってすぐに出たんですけど・・・」

「早く来いよ」

私はここで
「もう逢えなくていいから先に帰ってください」って言いそうになりました。
あと少しだけど、でもそのあと少し待つというのが迷惑みたい。
私が先に着いているはずと思っていたのに、そうじゃなかったから。

イライラしている御主人様の声を聞くと心臓が痛くなります。
やっぱり最初から断れば良かった。
逢いたいけど、疲れてイライラしている御主人様に逢っても笑顔になれない。
それにますますイライラさせたみたい。


約束のコンビニに着いて、待っていた御主人様に逢いました。
本当に1分くらい。
軽く触れるだけのキスをしてお別れ。



私は帰宅後にLINEを送りました。

我慢

私は人の迷惑になったり、負担になるくらいなら、
自分の存在を抹消したくなります。
自分の存在価値がなくなるのです。

とてもモヤモヤする夜でした。
でも、明日はちゃんと逢える。
コンビニで1分とかじゃなくて、ちゃんと家で。
お疲れ様でしたって首をマッサージしたり、
外ではできないギューってハグしたり、
約束のメロンを一緒に食べたり。

メロンは御主人様が大好きな果物。
私1人ならわざわざ食べない。
御主人様が喜んで食べてくれるから私にとっても美味しい。
今夜は1人で食べて寂しかったけど、明日は一緒に食べられる。
そろそろ食べごろを逸してしまうから、一緒に食べるならギリギリかな?

それに、月曜日は一緒に釣りに行く約束もしてる。
日曜日は逢えないけど、土曜日の夜に逢えたら頑張れる。



翌朝、御主人様より通勤中の電話。

「今日は仕事帰りお前の家に寄らずに嫁の実家にそのまま行くから」
「その代わり、月曜日の朝早く釣りに行くって帰ってくるから」
「月曜日は釣りじゃなくて普通にお出かけしようや」
「そのまま泊まれるぞ」

私と逢う時間を作るために月曜日に朝早く1人で帰ってきてくれる。
それはとても嬉しい。
私は釣りだろうが内容はなんだっていい。
一緒に居れるなら。
逢えるなら。
なんだっていい。

嬉しかったけど、数時間前に土曜日の夜は一緒にメロン食べるって約束したのに。
今の不自由な環境では、仕方ないかもしれない。

夜に言ったことでも朝になれば、御主人様の家庭事情次第で変わるということ。
御主人様が破るつもりで言ってるわけではないことは分かっている。
私のためにどうにか時間を作ろうと思った結果だと言うことも。

でも、約束を期待して楽しみにしていた心が砕けた。
日曜日逢えないけど土曜日の夜に逢えたら頑張れるって思ったのに。


「我慢しなくていい」と言われた翌朝には「我慢しとけ」
結局は『仕方のないことなんだから我慢しないといけない』
家庭の事情と天秤にかけられたら、私は我慢するしかない。

仕方ないのは分かってる。
私みたいな存在はそういうものなんだから。
普通の恋愛なら絶対に経験しないこの苦しさ。
好きな人が、両思いの人が自分とは別の人と暮らしてる。

本当につらい。
喜んだり落ち込んだり。
やっぱり私には不倫とか愛人は向いてない。
私は独占欲がとても強い。
私だけを見て欲しい。

土曜日はバイトを入れてるから、日中の電話はほぼできない。
バイトから帰ってきて逢えない夜に1人でメロンを食べる。
そして日曜日、1人で1日中死んだように過ごすのだろう。



土曜日の夜、仕事終わりの御主人様から電話。
私はまだ立ち直れずにいました。

「いつまで凹んでるんだよ!」
「切り替えが大事だろうが!」
「そんなにムゥムゥするなら月曜日出かけないからな」
「仕方がないだろ」
「なんで理解しないんだ」
「なにが理解できないかが理解できないね」
「お前が言ってることは理不尽だと思わない?」
「ワガママだよ」
「俺がお前の家に寄ってから嫁の実家に行けば満足なわけ?」
「相手の立場に立って思いやることできないわけ?」
「だいたいさ、俺は結婚してるんだから休みの日に簡単に逢えるわけないだろ」
「約束守らなかったらさ破ったって言うけど、別に破ったわけじゃないんだから」
「朝さ説明したんだからドタキャンでもあるまいし」
「時間の長短ではなくて逢いたいのは分かるけどさ」
「俺だって疲れて真っ直ぐ帰りたいときがあるんだよ」
「早く帰って酒も飲まないといけないんだよ」
「嫌々逢ってるとは言ってないだろ」
「この間の旅行の帰りといいさ、自分勝手だと思わない?」
「こっちが腹が立ってくるよ」
「ふざけてるとしか思えない」
「ガッカリだよ」
「俺が疲れてるって分かんない?」
「お前の機嫌取りみたいでイヤになるね」
「なんでお前の機嫌を取らないといけないんだよ」
「謝りもしないしさ」
「自分は悪くないって思ってるんだろ」
「1回謝ればそれでいいと思ってんの?」
「月曜日は気分が乗らなかったら行かないからな」
「お前が月曜日行くか行かないか決める立場にないんだよ」
「月曜日時間を作るために予定を変えたんだろうが」
「お前のためを思って土曜日の夜から行きたくもない嫁の実家に行くんだろ」
「俺の気持ち分かってる?」
「俺が連絡しない日が1日でもあったか?」
「お前のことを気にかけてるのが分からない?」
「言い方があるって言うけど、俺がお前になんで気を使わないといけないわけ?」
「普段からお前のことちゃんと考えているだろうが」
「こんなワガママばっかり言ってさ、こういうのは愛情じゃないよ」
「俺をキレさせるなよ」



今までの人生、ずっとずっと「我慢」してきました。
自分の望みや気持ちは封印。
ずっとそうだったから慣れているはずなのに、なぜか苦しい。
御主人様に甘えすぎた反動かな?
初めての甘えられる環境にいて、我慢が苦手になってたみたい。

もう無理して来て欲しくない。
疲れていて早く帰ってゆっくりしたい日はそうして欲しい。
逢いたいから来るのではなくて、逢いに行かないと私がうるさいから。
そういう義務感が1%でもある状態で逢いに来られるのはつらい。
精神的にも肉体的にも100%の気持ちで逢いたい時だけ逢えたらそれでいい。

私は勘違いしてた。
御主人様がまるで自分の恋人のように思っていた。
愛してるって言ってくれるから。

錯覚してた。
本当は恋人ではないのに。

優しさに甘えてた。
たくさん逢ってくれるから。
でも、御主人様は結婚してる人。


ちゃんと考えよう。
御主人様と私の関係について。
結婚している人と一緒にいるということがどういうことかを。
ちゃんと考えよう。
本当にこれからワガママを言わずに自分の立場を理解して我慢できるのか。

私の御主人様に対する独占欲は半端ない。
結婚してる人と付き合うこと自体、きっと向いてない。

どうしたらいいんだろう?
好きが減ったらいい?
逢えなくても寂しさなんて感じなければいい?
切り替えがぱっと出来るほどの落ち込みで済む程度の感情でいればいい?

こんなにも深く強く愛することがつらい。
でも、きっと御主人様にはこの愛が愛情ではなく映ってる。
私は思いやりに欠けてるワガママな人。
そんな人は愛される資格なんてない。

どうしたらいいのか分からない。
感情を殺したらいい?
切り替え・・・・・・ができるようになればいいだけなんだろうけど。
そのやり方がわからない。

今の関係性を壊さないと無理かもしれない。
今みたいに自分の気持ちを100%素直に伝えるのではなくて、
主と奴隷という立場を明確にして主の言う通りに。
そこに疑問や不満を抱かない。
そうしたら、切り替えがぱっとできる?


私、どうしたらいいんだろう?
御主人様、ごめんなさい。
本当に分からないです。

分かっていること。
私は決して恋人ではない。
そしてもう1つ。
私は奴隷失格。


御主人様からの返事は
「失格なら生涯奴隷をやめるか?」
「失格かどうかは俺が決める」


御主人様が欲しいのは恋人でも妻でもなくて奴隷。
私のこの性格では、奴隷にはなれない。
御主人様であっても、携帯事件のときのように、違うって思ったら言ってしまう。
自分では違うと思っていることに、黙って言う通りになんてできない。

それをしてしまったら、「奴隷ごっこ」になってしまうから。
自分の本当の気持ちを隠して分かったフリをしたうわべだけになってしまうから。
それくらいなら、たとえ奴隷失格だと言われて捨てられようが、
私は自分の心に正直でいたい。
私という人間を愛してもらえないのなら意味がないから。

結論を出すのは私の役目ではないかもしれないが、
私自身、これからの私たちについて真剣に考える時期なのかもしれない。

私は奴隷になりたいのか?
それとも恋人になりたいのか?

御主人様が帰ってくるのが自分の家ではないことがつらい?
隣で寝るのが私ではないことがつらい?
御主人様の家に遊びに行けないことがつらい?
日曜日や祝日に逢えないのがつらい?
いつでも電話できないのがつらい?
親に存在すら紹介できないのがつらい?

全部、意志の必要がない奴隷だったら悩まなくていいこと。
でも、今の私は奴隷ではなくて恋人気分。
私は今の恋人気分から、奴隷になれるだろうか?
「対等ではない奴隷」として一切口答えをしない奴隷に。


クリックしていただけると嬉しいです^^

焼き鳥デートとカー用品

旅行からちょうど1週間後の土曜日。

「一緒にやきとり食べに行きたいな」
「旅行貯金少し残ってたよな?」

「あと3000円ちょっと残ってます(笑)」

行けるか分からないけどという前提の話でしたが、
無事に一緒に行けることになりました。

最近ものすごく遅くまで残業が続いていた御主人様でしたが、
この土曜日は定時で終わり。
私のバイトも18時に終わりました。

バイト先からは、平日他の曜日も来れない?
土曜日もっと残れない?と、しつこく言われますが、全てお断り。
これ以上御主人様との邪魔をしないで(笑)
お金のためにバイトをやってるわけではないのだから!

バイト中に、LINEが来ていました。
「19:30に焼き鳥屋、予約したからな!」

バイト終わりましたメールをすると、電話がすぐあり、
今日のお互いの報告と今夜の打ち合わせ。

「一旦家に帰るんですよね?」

「今からだから19時くらいに迎えに来れるか?」

「はーい」
「御主人様の家の近くまで来てますね」

私もバイト先から自宅へ一旦戻って着替えます。
御主人様が選んでくれた洋服とお揃いのサンダルに。
旅行貯金用のサイフも持ってお迎え。

「服もサンダルも似合ってるな(笑)」

楽しい楽しい時間でした^^
旅行の話にもなりました。

「旅行から1週間か」
「楽しかったか?」
「お前の出身地にも、また旅行に行きたいな(笑)」

↑御主人様と初めて逢ったのが、私の出身地でした。

「楽しかったです^^」
「最後以外は(笑)」

↑帰りの車の中の携帯電話事件(笑)

「お前がブログに書くから、俺が悪者じゃないか!」

「だって、御主人様が悪いですもん(笑)」
「怖かったですよ・・・・・」

「俺だって人間なんだから怒るさ」
「怒ってるんだから怖いに決まってるだろ」

「あんな風に怒るところじゃなかったですよー!」
「もう、ああいう風に怒るのはやめてくださいね?」
「発疹できるとか、相当ですよーー」
「ショックだったんですからぁ!」
「私は深く深く傷つきました(笑)」



正確に言うと、怒ってる御主人様が怖いという意味ではありません。
もちろん怒ってるところは見たくはないですが。


そうではなくて、

なぜああいう風に怒るのか理解できない自分に不安になること。
このことによって、御主人様の愛情が減ったかもと不安になること。
そして、ああいう御主人様を見て、自分の気持ちに少しでも、
ほんの少しでも変化が生まれないか不安になること。


こういうことが怖かったのです。
つまりは、今の関係が崩れてしまって、愛情が減ってしまうかも。
このことが頭の中で永遠と繰り返しグルグルしてるのです。


今まで生きてきた中で、たくさんのツライ経験もしてきました。
命を絶ちたいと思うような出来事もありました。
でも、どんなことがあっても、体に症状が出ることは1度もありませんでした。

今回が初めてです。
よっぽどショックだったんだと思います。
こんな話が笑ってできるようになるとは、あの時には想像すらできませんでした。

ずっとこう考えていました。
「こんなことであんなにキレるなんて」
「よっぽど腹が立ったのだろう」
「嫌われた」
「もうお別れしかないんだろう」



「俺がお前のことを嫌いになるわけないだろう」
「俺にはお前を一生面倒見る責任があるんだから」
「俺以外はダメなんだから」
「◯◯△△になるんだろう?」←御主人様の苗字+私の下の名前
「語呂がいいじゃないか(笑)」

焼き鳥屋さんで、それはもう号泣(笑)
他のお客さんとか店員さんとか、呆れてたはず(笑)
さっきまでニコニコニコニコしてたのに、今度は大泣き(笑)
あり得ないほどに情緒不安定な人にしか見えない(笑)

「おれとお前は運命なんだから」

「運命って、こんなに苦しいものなんですね」
「仕打ちがあまりにも酷いですよ」

「運命なんだから当たり前だろ」
「そんな簡単に運命は手に入らないんだよ」
「あのタイミングで出逢ったのも運命」
「俺もお前も、これを乗り越えなきゃいけない」
「ここを乗り越えられたら、本当の運命だよ」

「それにしても酷いですよ・・・」
「どうしてあのタイミングなんですか?」

御主人様にも私にもどうにもできない今の状況。
もっと早くに出逢えていたならば。
考えても仕方がないことだけど、
過去をなかったことにできたら、どんなに良かったか。

それでも、これが現実。
向き合わなければなりません。

「俺はな、お前を一生愛す」
「何があっても守ってやる」
「何よりも誰よりも大切だから」
「お前が居れば、他は何も要らない」

「私も他には何も要りません」


今回、焼き鳥屋さんでも、御主人様はオークションを見ていました。
でも、私にも画面を見せてくれて、これが欲しいんだと。

「俺が寝てしまったら、頼むぞ!」

「はい^^」

うん!これでもう大丈夫。
私たちはこれからも、全力で愛していける。
自分を偽ることなく、100%の想いで変わらず愛せる。



お騒がせした焼き鳥屋をあとにして、少しドライブへ。
焼き鳥は3160円でした(笑)
旅行貯金の残りでギリギリ足りました(笑)
旅行貯金用の財布には、あと残金202円!!!
また貯めましょうね(笑)


私が仕事で使うためのカー用品を買いたいと話していて、
それに付き合ってくれました。

それを「一緒に」買いに行きたかったのです。
でも、平日、お店が開いてる時間は逢えない。
日曜日も逢えない。

だから、一緒に行くことは諦めていました。
ネットで良さそうなものを見てもらって、
それと似たものを一人で買いに行く予定にしていました。

すると
「あそこなら22時くらいまで開いてるはず」と。

そこまで行ってみることに。
22時まで開いていて、カー用品コーナーもありました。
焼き鳥屋にいるときにネットで見ていた物に似た物が!

御主人様に選んでもらって、御主人様に付けてもらいました。
嬉しい^^

私は何でも一緒がいい。
それがカー用品だろうが、何であろうが。
全てのことを共有したい。

選んでもらったこと。
付けてもらったこと。
そして、私と一緒に買いに行ってくれたこと。

とてもとても、嬉しく思いました。

「一緒に買いに行ってやるって約束しただろうが!」

「はい><」



この時点で21:30。
もうお別れかと思いきや

「本屋に行くぞ!」

帰り道の本屋に寄って、良いものがないか物色。
CDで気に入るものがあったみたいです。
良い買い物ができましたね^^

何でも一緒がいい私としては、幸せな幸せな土曜日の夜でした。

「明日は逢えないけどムゥムゥするなよ」

「ムゥムゥしますよ(笑)」
「でも、明日一人ぼっちで寂しくカー用品を買いに行くところだったから」
「今日幸せと愛情を、たくさんもらったから、明日は頑張れます」


クリックしていただけると嬉しいです^^

2016旅行 ~思い出の品~

旅行中、私は自分のために2つの物を買いました。
自分に何かを買うことが滅多にない私。

御主人様も「お前が買うなんて珍しいな(笑)」と驚いていました。


1つは、お菓子の缶。
もう1つは、紙風船。


お菓子の缶は、御主人様と一緒に行った場所のお土産品でした。
その地域ならでは絵が描いてある缶に、お菓子が入ってます。
絵柄が2種類あって、私はずっとずっとどっちにするか迷っていました。
それはもう、御主人様に呆れられるほどに(笑)

中身のお菓子は要りません(笑)
私が欲しかったのは、この入れ物。
この入れ物を見るたびに、旅行を思い出せる^^
それに入れ物としても使える!

「何を入れたらいいですかね^^」

「旅行のチケットとか入れたら?」

「いいですね^^」


入れ物の中に入っていたお菓子をどけて、中を空にします。
飛行機チケット、電車の切符、訪れた場所のチケットなどなど。
もうこれを入れるためのケースとして作ったのではないか?というくらい
ジャストサイズ!!!
嬉しい^^


そしてもう1つの紙風船。
これはあるお店で吊るして飾ってあったのを見て、一目ぼれ。

「このフブお前みたい」
「すぐムゥムゥして、プゥってなるからな(笑)」

「タコチューのタコもありますよ!」
「フグとタコ、買いたいです^^」

「俺も買って帰るかな」

御主人様は、3連になっている普通の紙風船を買っていました。
同じものじゃないけど、同じお店で紙風船を買えたことも、
私には立派な思い出。


いざ飾ろうと思ってよく見てみると、紐がついていませんでした。
御主人様の3連のものも紐はなかったと。
結構高かったのに、紐もついてないなんて(笑)

「タコ糸買ってきますね」
「御主人様も、必要な長さだけ持って帰ってくださいね」
「明日、飾ってくれますか?」

「明日やってやるよ」


テーブルの上に紙風船とタコ糸を乗せて、御主人様が来るのを待ちます。
紙風船をフーフーして膨らませてくれました^^
かわいいいいいいいい^^

旅行思い出1


そのあと、タコ糸を上手につけてくれて、家の中に飾ってくれました。

タコちゃんは蛍光灯の紐にくくり付けて、ベッドルームの真ん中でゆらゆら。
フグちゃんは元々飾っていた風鈴の紐にくくり付けて、窓の傍でゆらゆら。

旅行思い出2


御主人様にフーってして膨らませてもらったこと。
タコ糸をつけて飾ってもらえたこと。
すごくすごく幸せでした^^

旅行思い出3


クリックしていただけると嬉しいです^^

2016旅行 ~喧嘩のその後~

旅行から帰ってきた夜、空港から帰る車の中で喧嘩・・・・・
そして次の日の月曜日に仲直りはしたものの、その日は
私のバイトと御主人様の仕事が終わる時間が合わずに逢えず。

火曜日に、たくさんチューしてもらう約束でした。

喧嘩の翌日には鳴らなかった朝の通勤電話。
火曜日の朝にはちゃんと電話がありました。

かぶれ10


私が旅行の帰り道、車の中で手を繋いでしたかった「思い出話」をしました。
行った場所、食べた物について、懐かしくおしゃべりをしました。

「あの立ち食いうどんは美味しかったですね^^」
「餃子も凄く大きくてビックリしました!」
「美術展ではお腹すいてたし、足も痛くて、絵どころじゃなかったです」
「お揃いのサンダルも良かったですねぇ^^」
「選んでもらった洋服も似合ってて良かったです!」

思い出を話す時間すら色々思い出して、旅同様に幸せな時間でした^^


前日できた発疹を見てみると、なんとなく良くなっているような。
悪くはなっていませんでした。
今日チューしてもらったら、きっと治る!
(今ではもうすっかり治っています^^)

そして待ちに待った仕事終わり。
御主人様から電話があったのが19時過ぎ。
宅配便を営業所で受け取ってから来るということでした。

2人のオークションIDで御主人様が初めて落とした品が届いたようです。
(喧嘩した夜に落とした分)

20時過ぎた頃、御主人様到着。
喧嘩別れして以来、初めて触れる御主人様。
たくさんチューしてもらいました。
とても優しいキスを。
何回も何回も。

もうこんな時間は2度と来ないかもと思っていました・・・・・。


「お前は俺の生涯奴隷なんだろうが」

約束していた御主人様の爪切りをします。

「足もする時間ありますか?」

「時間あるよ」
「一発やって帰るぞ」

足の爪切りまで終わったら、えっちタイム。
ベッドに四つん這いになるように言われ、
ベルトの鞭。

「たまには調教してやる」
「奴隷ってことを忘れるなよ」

痛かったぁ~~~;;;;;;;
でも、自分で濡れてくるのが分かります。
打たれて濡れるんだから、やっぱり変態(笑)

バックで突かれながら、ベルトで首を絞められて、
もう片方のベルトの先で背中などを叩かれます。

凄く凄く気持ちいい・・・・・・・。
(全然罰になってない笑)

ベルトの鞭の痕がすぐに消えてしまうのが悲しい。。。
首輪をつけてもらって、いつもの正常位で。
たくさんチューしてくれました。
たくさん唾をもらいました。

「俺がいいって言うまで逝くなよ」

こんなに気持ちがいいのに我慢無理;;;;;

「5回逝け」

逝くたびに何回目か数えます。
5回すぐに逝ってしまって。

「俺が逝くまでもう逝くなよ」


えっちが終わって、安堵感からか泣き出す私。
たくさん話したいこと・伝えたいことはあったはずなのに、
私の口から出た言葉はたった1言。


「あの夜、もう嫌われたのかと思いました」


色々言いたいことはあったはずなのに。
出てきたのはこの言葉でした。

「俺がお前のことを嫌いになるわけないだろ!」
「唾いっぱい与えてやったから足の発疹も治るだろ」



御主人様を車のところまで見送ったときに、
さっき取ってきたオークションの品物を見せてもらいました。

IDとパスワードはわかっているので、パソコンの画面で
見ようと思えば見れるのはわかっています。

でも、ちゃんと実物が見たかった。
だって、一旦御主人様の家に入ってしまったものは、
私には見ることができないのだから。

画像と実物では、同じ「見た」でも違う意味になると思うのです。
前に一緒に見ていた有名な作家さんのインテリア雑貨でした。

参考記事
2人のヤフーオークションID


前の時は7万円を越えてしまってとても買えなかったけれども、
今回は御主人様の予算内の3万円で買えたそうです。

1950年代の作品・・・・・・
もう2度と出逢えないかもしれない品物。

買えてよかったですね^^



あの帰り道に見ていたオークションというものが、
この作品だったのか、それとも他のものだったのかは不明ですが、
どうしてあんなに怒ったのかは未だによく分かりません。

私にとっては、いきなり怒り出したとしか思えません。
いつもは、オークションで落としたいものがあれば、御主人様から話してくれます。

「これ欲しいんだよ」とか「無事に落とせるかなぁ」とか。

あの日は、どうして共有してくれなかったの?
何でも話してくれるって約束したのに。
何でも相談してくれるって言ったのに。
どんなことでも分かち合うって言ったのに・・・・。

そういうことまで無視された感じがして、それも悲しかったのです。



そしてその日の夜

喧嘩その後


クリックしていただけると嬉しいです^^

2016旅行 〜2日目〜

前の夜、御主人様は22:30くらいには爆睡。
私も裸になって、隣にくっついて寝ました。

約束の朝4時。
目覚ましの音で起きるものの、まだ眠い・・・・・・。
御主人様もまだ眠そう。

2人でもう少しだけ眠ることに。
5:30くらいに起きだして、準備をしました。

「風呂ためろよ」

ビジネスホテルの狭いユニットバスにお湯をためます。
例のカミソリで、御主人様はヒゲ剃りタイム。

「ヒゲ剃れよ」

「私がですか@@?」

ひいーーーーー;;;
怖い!!

ボディーソープをたくさんつけて、ジョリジョリ。
痛くないか血が出ないか心配;;;;;;

どうにかヒゲを剃り終わりました。

「先にあがって、化粧しとけ」

「私が御主人様の髪と体洗いたいです・・・・」

「いいよ」
「洗えよ(笑)」

「^^」

御主人様の髪と体を洗って、私も洗顔をしてあがります。
それから私は化粧をして、荷物をまとめます。
2日目は電車移動が多くなるため、荷物を郵送することに。
前の夜にブラブラして買っておいたお土産などと今日不要なものは全て。

御主人様が上手に詰めてくれて、無事に郵送完了!
身軽になったあああ!



6時過ぎに出発。
まずは第1目的地へ。
天気は晴れ。

どこに私を連れて行こうか、たくさんたくさん考えてくれて、
私が喜びそうな場所に連れて行ってくれました。


目的の駅へ到着。
その駅では、「立ち食いそば・うどん」の店が入っていました。
御主人様から話を聞いていて、1度行ってみたかったのです。

御主人様も地元の味が懐かしいということで、朝ご飯にうどんを食べることに。
おすすめのうどんを注文してもらいました^^
初めての立ち食いうどん(座って食べたけど笑)、めっちゃ美味しかったです!
私が普段食べている味とは違う味だったけど、でも美味しかった^^
御主人様も、懐かしそうに食べていました^^

そこの駅で、お得な1日フリーパスを購入。
電車を乗り換えて、出発!
話に聞いていた線路沿いの景色。
幸せだなぁ・・・・・・。
お揃いのサンダルも、嬉しそうに見えます。

2016旅行2


最初の目的地は駅からちょっと歩いたところ。
8時オープンだったので、少しだけ待ちましたが、
日曜日の朝というのに、早い時間だったためほとんど人がおらず。
観光地でこれだけすいていたら最高!!

2人の写真もたっくさん撮りました。
名所をバックに、御主人様が私のエラを触ってるツーショットがいい感じ^^



駅に戻って、次の目的地へ。
着いた駅から目的地までは、まぁまぁ歩きます。
坂道や階段をえっちらほっちら歩き、見晴らしの良いところから最高の景色。

2人とも、段々と足が棒になってきました(笑)
私より16歳も年上の御主人様。
かなり頑張っていたと思います!


この日、2箇所の神社に行きました。
私は2回とも、御主人様のことをお願いしました。
いつもは御主人様と私の幸せを願うのですが、
今回は御主人様の仕事での無事を祈りました。
とにかく、毎日無事に帰ってきて欲しい。


おみくじは、なかなか良いことが書いてありました^^

2016旅行3


神社へと続く道には、たくさんのお店が。
その1つのお店で飾ってあった「フグ」

「すぐムゥムゥしてプゥってなるお前そっくり(笑)」

「似てませんよ!!!」


2016旅行4


お昼過ぎ、今度はかなり離れた目的地へ移動します。
フリーパスで、朝1番最初に着いた始発駅へと戻ります。

すっかり歩きつかれた2人。
電車の中で爆睡。

「お客さん、終点ですよーーー」って車掌さんに起こされました(笑)

人生で初めて車掌さんに起こされた(笑)
だいたい目的地に着くと目が覚めるものなのに、
全くもって起きる気配のない2人。
恥ずかしかった(笑)

ある通りをブラブラして、思い出の品を買って、
もう1つの神社に行って、最初の駅に戻ってきました。


そこから電車を乗り換え、大移動です。
快速でも軽く1時間ほどあったので、ちょっと体力充電です。
御主人様はまたもや爆睡。
私はそんな御主人様の隣で寝顔を見ながら癒されてました。
無事に目的地まで到着。


まずここで行く場所は美術館。
2人とも興味がある美術展をしていました。
私は大好きな作家さんの絵が見られて大満足!
御主人様も大好きな作家さんの作品を見れました。
2人がそれぞれ好きな作家さんの作品があって良かった^^

御主人様ったら、あんまり乗り出して見るもんだから、
作品に近すぎ過ぎて、注意されてました(笑)

かなり多くの展示品があり、私はもう途中でダウン。
お腹はすいたわ、疲労マックスだわ、足は痛いわで、
とても優雅に芸術鑑賞なんて雰囲気じゃない(笑)
好きな作家さんの作品は最初にあり、最後らへんは通り過ぎる感じ(笑)



美術館をあとにして、とりあえずご飯を食べることに。
朝7時にうどんを食べて以来のご飯(笑)
もう15時だもん!お腹すいたぁ!!!

御主人様が、私に食べさせたいって連れて行ってくれたお店。
めちゃめちゃ大きな餃子が食べられるお店。
美味しかったなぁ^^

2016旅行5


お腹いーーっぱいになって、あとは飛行機の時間までブラブラ。
洋服や靴を見たりして、楽しい時間を過ごしました。

楽しい時間はあっという間。
空港に戻る時間です。

お腹が満たされた2人は、またもや電車の中で爆睡。
乗り換えの駅で、ぱっと目が覚めた私。

「御主人様、降りますよ!!!」

それはもうギリギリセーーーーフ!
慌てて降りました(笑)

このまま眠り続けて最終まで乗っていたら、
県すら違うとんでもないところまで行くところでした(笑)


無事に乗り換えて、飛行場に到着。
チェックインを済ませ、お土産を買う御主人様。
私はもう前の晩に買って送ってしまったので、何もありません。
御主人様は、職場や奥さん、奥さんの実家などに買っていたようでした。

買うところ見たくない・・・・。
旅が終わるというだけでも悲しいのに、落ち込む・・・・・。

「私、向こうで待ってます」

御主人様から離れて、イスに座って待っていました。


買い物が終わった御主人様が、私の後ろにやってきて

「ムゥ助、ムゥムゥするなよ」
「悲しかったのか?」
「買い物終わったぞ」

「悲しかったです」
「寂しかったです」


帰りの飛行機の中でも、2人で手を繋いで、頭をくっつけて爆睡でした。

2016旅行6


そして・・・・このあと、飛行場から帰りの車の中での
あの御主人様携帯電話夢中事件へと続くのです(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

2016旅行 〜1日目〜

いよいよ、待ちに待った旅行です!

もともとこの旅行は、私の友人の結婚式が目的でした。
たまたま御主人様の地元近くでの結婚式だったために、
御主人様にも一緒に行けないですか?とお願いしました。
一緒に行けたら、御主人様は友だちに逢えるし、
そのまま一泊して旅行ができると思ったのです。


飛行機の予約の時などに色々ありましたが、
無事に一緒に行ってもらえることに。
前もってこの日は休む宣言を会社でしてくれて、
ちゃんとお休みを取ってくれました。
奥さんへの言い訳も上手に考えてくれたみたいです。


数日前からどこに行こうかずっと話をしていました。

「どこに行きたいんだよ!」
「どうせ俺と一緒だったらどこでもいいんだろ(笑)」

「はい(笑)」
「どこでもいいです(笑)」

週間天気予報も晴れの予報!
梅雨の晴れ間です^^
楽しみだなぁ!!!!!


旅行用の洋服も、お店で選んでもらった中から決めてもらいました^^
お揃いの柄を着たいという希望はアッサリ却下されましたが(笑)



朝一番の飛行機を予約しており、御主人様が私の家に着いたのは5時くらい。
御主人様の車を私の駐車場にとめて、私の車で出発。

御主人様は私が2日目に着るお揃いの柄を1日目に着てました^^
さすがです!
実は1日目に着てくれるだろうって思ってました^^

お揃いのサンダルを履いて、御主人様のビールを取って出発!!



空港までの途中、御主人様が道を間違えそうに。

「あ、こっちだ」
「お前と居ると安心しきってるから俺がバカになる」

「褒められてるのか、けなされてるのか分かりませんけど?(笑)」


空港近くの駐車場に到着。
6時オープンですが、5:45くらいには、もう何台も並んでいました。
みんな朝早い!
なんだか、「旅行」って感じが物凄くして楽しい!!!

空港でチェックインを済ませ、飛行機の時間までブラブラ。
軽く食べるものを買ったり、今日の予定を話したり。


いざ、出発!
飛行機から見える青空。
最高^^


2016旅行1


無事に目的地に到着。
途中まで、御主人様も一緒の電車に乗ってくれました。
私は結婚式会場へ。
御主人様は久しぶりの地元を楽しむそうです。

途中の駅で一旦お別れ。
御主人様が降ります。
ドアが閉まるまで、手をぶんぶん振りました。


私も1回乗換えをして、無事に目的地最寄の駅まで到着。
この時点で10時。
結婚式は14時。

4時間も何しよう(笑)

少し歩けば時間を潰せる観光地はあるのだけれども、
暑いくらいの天候の良さで、あまり歩き回りたくありません。
着替えのドレスやら靴やらカバンやらと荷物も多いし・・・・。

御主人様からは定期的に〇〇に着いたとか、
いま〇〇を食べたとか、報告のメールや電話があります。

「私は4時間暇ですよおおおおお」

ホテルにチェックインできないか確認するも、14時のチェックイン。
式前に着替えや髪のセットもしなきゃ。
結婚式場に確認すると、着替える部屋も、荷物も預けられるというので、
もう結婚式場に行くことに。

ドレスに着替え、髪をあげて、靴を履き替え、ドレス用のバッグを出します。
準備オッケー!

あと3時間・・・・・・(笑)
そこに会社の上司より電話。
至急やって欲しい仕事があると・・・・・・・。

普通に休みの土曜日に仕事ふってこないでよ!
しかも今、結婚式場にいるのですけど(笑)

近くのカフェへ移動し、2時間ほどかけて終了。
いい時間潰しになった(笑)



18時前には私の友人の披露宴も終了。
ホテルへ向かいます。

御主人様はたしか19時から地元の友達と呑むって言ってました。
私がフリーになる時間から呑み出すなんて><
せっかくの旅行の夜なのに一人ぼっち・・・・;;;

でも、御主人様が仲間を大切にしていること、
一緒に集まれることを楽しみにしていたことを知っているので、
ぜひ思いっきり楽しい時間を過ごして欲しいと思っていました。


私はホテルでまずお風呂に入って、御主人様に選んでもらった
洋服に着替えて楽になりました。

それから駅周辺の店をぷらぷらして、お土産を買ったり。

御主人様より電話があって

「変わるから」

デターーーーーーーーーーー!
恒例の「変わるから」

以前にも話したことがある御主人様の友人と電話でしゃべらされます。
いつまで経っても、慣れない・・・・。


22時過ぎ、ホテルのベッドでウトウトしていると、御主人様より電話。

「今からそっちの駅に行くから迎えに来い!」

電車で来ると思って改札口のところに立っているのに、待てども来ない。
すると、御主人様より歩いて来てると電話。

友人さん2人が、御主人様を送り届けてくれていました。
さっき電話でしゃべらされた人もいて、はじめましてのご挨拶。

御主人様、めっちゃ呑みまくったようで、すっかりご機嫌^^

「これがムゥ助でーーーーす」
「エラ張ってるでしょう」
「ほら」

って、人のエラつかんでくるし!
しかも人がたくさんいる駅で、乳首普通につまんでくるし!

「されるがままですね・・・・」って言われるし(笑)

友人さんたちにお礼とおやすみなさいを言って、私たちはホテルへ。
御主人様、バタンキュー。

「明日何時起きですか?」

「4時」

その会話だけなんとかできました(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

大大大満足の日曜日の夜

朝早くに御主人様が帰ってしまった日曜日。
御主人様を送っていく際、御主人様とお揃い柄のワンピースを初披露しました。
買ったのが冬だったので、やっと着れました!
サイズもぴったりで、御主人様も似合ってるって言ってくれました^^

久しぶりに良い天気。
このワンピースを着たまま、どこか出かけようかな?
でも、1人じゃ天気が良くっても出かける気になりません。

ワンピースを脱いで、家の中で1日ダラダラと過ごしました。

16:30過ぎ、御主人様より電話。

「何してんだよ、ムー助」

「ごろんごろんしてました(笑)」

「そんなことだろうと思ったよ」
「迎えに来い!」
「焼き鳥食いに行くぞ!」

「@@?」
「朝早くに奥さんの実家に行ったんじゃなかったんですか?」

「もう帰ってきた」
「ワンピースもう脱いだのか?」

「朝すぐに脱いじゃいました」
「でも、まだ洗濯してないので、着てきます!」

「着て来い」

前の晩から実家に帰っている奥さんと合流するため朝早く出かけ、
用事が終わったために御主人様1人だけで戻ってきたみたいです。


やったああああああああああ!
何にも予定がない日曜日が急展開!
今からデートだあああああああああ^^


ルンルンで迎えに行きました^^
焼き鳥屋さんでも、御主人様にベタベタひっつき虫して、
「お前は馬鹿か」ってずっと言われてました(笑)

だって、嬉しいんだもん!
1人寂しい日曜日の夜だったはずなのに、御主人様とデートしてる^^

食事中御主人様が

「仕方ない」
「今日も泊まってやろう」
「良かったなぁ?」

2日連続のお泊り?!
幸せ過ぎる^^


18:30くらいにはお店を出ました。
もう帰るかと思いきや、洋服を見に行こうと。
私の洋服を選んでくれました。
いつも通り、一緒に試着室に入ってきて、まずは1回逝かされて(笑)

そのあと、試着室に次から次へと洋服を持ってきてくれます(笑)
何回着替えたかな(笑)
確実に10以上の組み合わせは着ました(笑)

御主人様好みになれること、本当に嬉しい^^
御主人様が似合うって思うものを持ってきてくれて、
それが似合うとき、さすが御主人様^^って嬉しくなります。


何着か夏用の服を買いました^^
全部、お揃いのサンダルと合うように選んでくれた洋服です。
旅行もこの中から着て行こうかな?
また新しい洋服で色んな場所にお出かけしましょうね^^


そのあと、スーパーへ。
日用品などを買い、何かを探す御主人様。
それは・・・・・「花火」でした。

去年も駐車場で花火しました。
今年も一緒に花火をしてくれました^^
すっごくすっごく楽しい^^


2016花火
2016花火1


そのあと、一緒にお風呂に入って、御主人様のマッサージをして、
22:30には隣でくっついておやすみ^^
ぴったりくっついて寝ました^^


5:00に起きて、御主人様のお昼ご飯用のおにぎりを作ります^^
御主人様を送り届けて、私も今週1週間頑張ろう!


クリックしていただけると嬉しいです^^

舌をギリギリ、首を絞められ、足を踏まれて、逝く。

最近、土曜日に電話が鳴ることがなくなりました。
御主人様いわく

「土曜日の朝くらい、寝かせてやろうと思って」

でも、御主人様は知ってるはず。
私が土曜日の朝もいつも通り6:40に目覚ましをかけていることを。
そして、どれだけ朝の電話を楽しみにしているかを。

土曜日の朝に電話をしないことが御主人様なりの思いやりというならば、
土曜日の朝の電話がなくなってもいいのかもしれません。



そして、その土曜日の9時くらい、ちょっと手があいた御主人様より初電話。

「今日は泊まれるかもしれないぞ」

私はそのとき、自分の心境の変化に正直とまどったのです。
今までなら

「本当ですか?!」
「何が食べたいですか?!」
「一緒にお風呂に入れますね?」
「隣で寝れますね?」

と、テンション高くなっていました。

でも、この日の私は、心の中で、
「100%確定したら教えて欲しい・・・・」
そう思ってしまったのです。


だって、「かもしれない」発言を鵜呑みにして、
ワクワクして楽しみにして、でもそれがなくなったら、どうすればいいの?

もう、テンションの上がり下がりに疲れてしまったのです。
心は傷つくことから回避しようと、バリアを張ります。

私の心も、数回の経験から、「確定」以外はセリフと思うべし。
そう学んでしまったようです。

そんな自分に気づいて、私はとてもショックでした。
お昼の目覚まし電話のあと、

「元気出せよ」
「せっかく泊まってやるんだから」
「元気出さないと、泊まってやらないぞ」

私に元気がないことにすぐに気づく御主人様。
もちろん、御主人様が泊まってくれること、とても楽しみです。
でも、それを最初からワクワクできなかった自分に落ち込んだのでした。



結局、「泊まれるかも」は「泊まれる」に。
良かった。
やっと喜ぶことができました。

土曜の夕方だったので、私は18時までバイト。
バイトに行く前には泊まれるかはっきりしてなかったので、
帰りに買い物することにしました。

18時過ぎに御主人様にメール
「バイト終わりました」

すぐに御主人より電話がありました。
「俺も終わったぞ」

「もうですか@@」
「今日は早かったですね!?」
「良かった^^」

「夜飯どうするかなぁ」
「食べに行くか家で食べるか」

「どっちが良いですか?」

「家で食べるか」

「はーい^^」
「何が食べたいですか?」

「刺身が食べたいねぇ」
「あとは久しぶりにあれ作れや」

以前作ったことのある御主人様の大好物です。

「明日、朝ごはんは食べますか?」

「朝早いんだよな」
「食べて行きたいけどな」
「おにぎり作れよ」
「あと味噌汁と漬物でいいや」



スーパーに着いて、御主人様に刺身の種類を報告。
御主人様が食べたいものを選びます^^

あと他に何を作ろうかな?
御主人様の体を考えて、健康に良くて美味しいもの。
スーパーの野菜コーナーをうろうろ。

「しいたけ」にしよう。
「しいたけ」は、実は栄養満点!
・血中のコレステロール量の低下させ、動脈硬化の予防になる
・食物繊維豊富で、脂肪を包み込み体外へ排出させる
・がん細胞を抑える効果がある
・免疫力を高める
・ローカロリーでダイエット効果が期待できる
・油を吸収しやすいため、スープや煮物が良い

どうやって食べようかなぁ?
翌日の朝の味噌汁で豆腐としいたけでもいいかなぁ?
でも、味噌汁には「なめこ」を入れたい!

実は「なめこ」も栄養満点なのです(笑)
・食物繊維がバランスよく含まれており、便秘解消効果がある
・胃腸の粘膜にある成分と同じムチンにより、胃壁の保護や粘膜の修復をする
・胃炎や胃潰瘍の予防や改善に効果がある
・たんぱく質の消化を促進する(そのため、たんぱく質と一緒に摂るのがよい)
・アルコールを分解するナイアシンが含まれ、二日酔いに効果的
・粘膜保護効果は目の表面にも作用する
・コンドロイチンやトレハロースを含み、ヒアルロン酸の元になる物質も作り出す
・血流改善効果があり、血液をサラサラにする
などなど。

こういう理由で、二日酔い対策を兼ねて、味噌汁の具は「なめこ」がいいなぁ。
たんぱく質の豆腐を一緒に食べれるし、味噌汁なら水溶性の栄養が全部摂れます!


「しいたけ」どうしよう。
ショウガとスープにしよう!
ショウガは体を温めることで有名ですが、他にも良いこといっぱい。
・脂肪や糖の代謝を促進するためダイエット効果がある
・血液サラサラ効果
・白血球を増やし、免疫力を高める
・腰などの関節の痛みを和らげる
・胃腸の内壁の血行を良くし、食べ物の消化吸収を高める
・胃の潰瘍を抑え、ピロリ菌を殺菌する効果もある
・吐き気や頭痛を抑える効果もある

しいたけとショウガのスープにしよう。
オイスターソースで味付けをして、とろみをつけて中華風スープにしよう!



19時くらいに帰り着き、夜ご飯の準備。
20時前に御主人様より「迎えに来い」電話。

ご飯を食べ終わるとすぐに眠くなっちゃうから、
てっきりお風呂が先と思いきや、ご飯が先でした。
録画していた御主人様の好きな番組を見ながら食事。

アボカドをワサビ醤油で食べるということに挑戦。
ワサビ苦手な私ですが、これは意外といけました!


この日、迎えに行った車の中でも、そして食事中も、
ずっと携帯を弄っている御主人様。
ちょっと調べ物で5分とかなら分かりますが、
ずーーーーっとです。
計ってたわけではないけれど、1時間以上は弄ってました。

(旅行1週間前の話ですが、このときも携帯でムゥムゥしたのです)


何をしているのかは私には分かりません。
メールをしてるのかネットをしてるのか。

私は御主人様と一緒にいる時、自分のことは一切しません。
携帯も電話やメールが来ない限り放置です。
急ぎの仕事があっても、絶対にしません。
24時間と1日は限られているので、当然どこかでしわ寄せはきます。
仕事を夜中にしたり、土日にすることもよくあります。

それでも、御主人様と一緒に過ごせる時間は有限なのです。
毎日ずっと一緒に居られるわけではないのだから、
一緒に過ごせる時間は、精一杯「一緒に過ごさなければなりません」

今回の携帯弄りは余りにも長すぎて、さすがに悲しくなりました。

「調べ物があるんだよ!」って言うけれど、
貴重な2人の時間をないがしろにしてまで「今」調べないといけないことって?

誰が相手だろうが、目の前に誰かいるのに携帯を弄っていると悲しくなります。
話の流れで「ちょっとそれ調べるね」はよくあります。
でも、これは共通の話題を共有できます。
そうではなく、その場にいる人と全く関係ない自分のことをするなら、
いま一緒にいる意味がなくなります。


御主人様が貴重な1人の時間を私のために使ってくれていることは理解しています。
この日だって、私の家に来なければ自分の家に1人です。
のんびり出来たはず。
私には奥さんが家にいるかどうかなんて分からないんだから、
私にいないって言わなければ、たまには1人でのんびりも出来るのです。

でも、私の家に泊まれる日は必ず教えてくれて泊まってくれます。
次の日の朝がどんなに早くても。

すごく感謝してます。
でも、一緒に居てくれるなら、もっと全力でかまって!!!!!!!

私がブーブー言うもんだから、パソコンの前に移動して、
パソコンでネットをしていました。
これなら文句ありません(笑)
だって、私にも画面が見えるから。

同じようにネットしてるのに何が違うの?と思うかもしれませんが、大違い!
パソコン画面なら、それを見ながら私も共通の会話ができるし、
携帯と違って相手に隠すものが何もありません。
私の寂しさや何見てるの!というモヤモヤの度合いが違うのです。


御主人様の足元に座り込んでもっと構ってアピールの私の乳首を弄ってくる御主人様。
手を繋いだり体に触れていたら、それだけで良いのです。
チューもしたいけど(笑)

そのまま後ろから首を絞められます。
気持ちいい・・・。
指一本が口の中に入ってきて、指をしゃぶります。

「舌出せ」と言われ

首を絞められたまま、出した舌を指でギリギリと挟まれます。
足を踏まれ、逝きまくりでした。
大満足^^

御主人様はベッドへ移動して、またもやお風呂にも入らず寝ちゃいました(笑)
私は茶碗を洗い、洗濯機を回し、お風呂に入って、洗濯を干して、
髪を乾かして、明日の朝ご飯の準備をして寝ました。

寝ている間、御主人様の方をみて、指を1本1本全部絡めて繋いで寝ました^^
御主人様は意識はなかったけれど、ちゃんと繋いでくれました。
そして無意識のまま

「もっとぴたっとくっつけ」
「足も絡めろ」

そう言ってました。
翌朝聞くと、どうやらその記憶はないようです(笑)



次の日の朝、おにぎりと味噌汁を作って、一緒に朝ご飯を食べて、
御主人様は帰宅。

寂しくなって「さよなら」っていう私。
そんな私を見て、呆れて笑ってました(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

お揃いのサンダル

以前の平日デートで買えなかったお揃いのサンダル。
御主人様が「ネットで買ったら?」と。

お店で買うよりもなぜか送料入れてもネットが安い。
御主人様が1番良さそうな店を探してくれました。

そのページを参考にして、もっと安い店がないかを探すのが私の役目。


種類が幾つかあるので、商品番号をコピーして検察。
安い順に並べて、全部ページを見ていきます。

自分のサイズが希望のカラーであるか?
御主人様が見せてくれたのと種類は同じか?
旅行までに到着するか?
教えてもらったサイトより安いか?


電卓で送料を足しながらページを変えていきます。
結局、御主人様が最初に見てくれたページが最安値でした。

お揃いのサンダル


早く届かないかなぁ?
旅行先で御主人様とお揃い履くの、すっごく楽しみ^^

私は10年以上前に買ったサンダルがあるので、
必ずしもサンダルを買う必要はありません。
まだまだ履けるし、私にとっては、
同じサンダルという種類の物が1つあれば十分。

どれほどに「お揃い」が嬉しいか^^ということです!



注文から2日後、サンダルが無事に届きました!
御主人様にシャメを送ります。

すぐに電話があって「履いてみろよ」「シャメ送れ」と。

サイズぴったり^^

シャメを見た御主人様より

「バッチリだな(笑)」
「意外と?似合ってる」

「意外とってヒドイ(笑)」


クリックしていただけると嬉しいです^^

織姫と彦星は逢えたかな^^

7月7日(木) 七夕

この日は元々私のバイトの予定だったので、
御主人様には逢えない。

それに天気予報も曇り。
天の川は見えないかなぁ・・・・?


改めてよくよく考えてみたら、天の川をちゃんと見たことないかも?

7月6日は、珍しく梅雨の間の晴れ。
夜に御主人様に逢えて、帰りを見送るときに、こんな話をしました。


「明日はせっかくの七夕なのに逢えないですね;;;」

「明日七夕だな」
「じゃあ、今日見とくか!」

「天の川ありますか?」
「って、どこらへんにあるんですか(笑)」

2人して空を見上げて星空を眺めます。
なんとなくそれっぽいのを見つけて、2人で綺麗ですね^^って。

御主人様が私を後ろから包み込んでくれて、
2人重なって星空を見ました^^

「明日は曇りだから、織姫と彦星、逢えないかもですね?」

「お前だったら、1年に1回しかないチャンスに逢えなかったら、
ムゥムゥどころじゃないな(笑)」
「だいたい1年に1回じゃないしな!」

「1年に1回のチャンスに逢えなかったら、
私の顔、エラどころじゃなくなりますよ(笑)」




天の川って、七夕の日じゃないと見れないイメージがありますが、
実は1年中見れます(笑)
単純に、七夕が見やすい時期という・・・・(笑)

しかも、旧暦の7月7日が七夕なので、本当の七夕は8月です。
今年の旧暦の7月7日は8月9日だそうです^^

織姫のベガ(こと座)。
彦星のアルタイル(わし座)。
そしてはくちょう座のデネブの3点で作られる「夏の大三角」
8月になると、頭の真上で夏の大三角は見られるそうです。
その近くに天の川が流れているんだそうです^^


夏の大三角


クリックしていただけると嬉しいです^^

貴重な平日デート ~ランチ・レインブーツ~

普通の平日に御主人様と朝から夜までデートをしてきました^^
御主人様の平日休みに合わせて、私も有給を取ってデート^^


朝、仕事に行くフリをして家を出てきた御主人様が、
私の家に着いたのが7:00ちょっと前。
事前に持ってきていた洋服に着替えます。

前日まで凄い大雨で、どこに行くか決まっていなかったので、
ネットで何か良さそうなものがないか検索。

川や山など、増量している水がちょっと心配だったので、
今回は自然は避けることにしました。
天気が良くて前日までの大雨がなかったら、
紫陽花を見に行ったりもしてみたかったのですが・・・・。

場所が決まらないと、私の洋服や靴も決まりません。

さらには、せっかく有給を取ったのに、
朝から緊急事態で仕事の電話に追われる私。
こんな日に限って・・・・・・もう!


結局、ちゃんとした目的地が決まらないまま、とりあえず出発。
(ぴょんぴょん2号を外に出してから笑)
御主人様に選んでもらった洋服に着替えて、2人の車でドライブです!
楽しいドライブのはずが、雨は降ってるし、
助手席で私は電話に追われているし・・・・・。

なんとか仕事も落ち着き、雨も少しずつやんできました。
雨もやんできたので、今日は街デートに決定!
コインパーキングにとめて、街をブラブラしました。

まずはランチ^^
御主人様が以前連れて行ってくれた定食屋さんに行きました。
そこは、私がまだ引っ越してくる前に連れて行ってもらった場所。
今から1年以上も前になります。
その日以来、行ってないという御主人様。
思い出のお店です^^
そこは、魚がとっても美味しいのです。
目の前で新鮮な魚が「あ~~ん」ってしてました(笑)


美味しいお魚定食


御主人様は日替わり定食で私は塩サバ定食にしました^^
あと美味しいダシ巻き卵焼きと御主人様はビール^^
とってもとっても美味しかったです!


ランチが終わったら、あとはひたすらお店をブラブラしました。
デパートいくつまわったかな(笑)

2人ともお腹いっぱいで、お腹ポンポンです。

「またプスゥってするぞ!」

「しませんから!!!」

からかわれながら、ブーラブラ。
2人ともサンダルを履いていたので、歩くデートにぴったりでした!
御主人様が履いているサンダルは、今年の夏とても流行っています。
御主人様が持っているものは、ずっと前に買ったもの。
流行とはまた巡ってくるものですよね。

私のサンダルも今から10年以上前に買ったもの。
なんとなく御主人様のサンダルと似ています。

「旅行もあるし、お前も俺と同じサンダル買ったら?」
「ちょっと厚底タイプもあるだろ」
「背が高くなったら、チューしやすくなるぞ(笑)」

「今よりチューしやすくなったら、御主人様大変ですよ(笑)」

そんな話をしながら、「お揃い」が欲しくなったので、試着してみることに。
残念なことに、サイズが大きいものしかありませんでした。
とりあえず雰囲気だけということで、それを履いてみることに。

自分のサイズより3cmも大きい上に厚底タイプ。

「靴が歩いているみたいだな(笑)」

まったくもって論外でした(笑)
お揃い欲しかったけど、残念・・・・・・。



この日、御主人様の靴も見ました。
外で仕事をすることが多い御主人様。
最近ゲリラ豪雨のような雨がとっても多いので、仕事用のレインブーツを探していました。
作業用の雨靴みたいなものではなくて、もっとスタイリッシュなやつです(笑)

前の日にたまたまどこどこのレインブーツが良いみたいだよって
話を電話でしていました。

そしてそれがまた売っていたのです。
あれほどにたくさんの店に行ったのに、売っていたのはたった1軒。
貴重な出会いでした。

さっそく試着。
とても良さそうでした。
これならどんな大雨が降っても、もう靴が浸水することもない(笑)
足元が濡れると、1日中気持ち悪いですもんね・・・・・。

値段も質も、大満足な買い物でした^^

「これでもう、くるぶしから風邪引かないでいいですね^^」


大雨の日、ずっと心配だったので、私の方がほっとしました。
仕事に行っているはずの日なので、買ったレインブーツは
車の中に置いたまま、職場に持っていくそうです。

翌日の天気予報は雨。
さっそく翌日にはデビューかな^^
御主人様の足元を守ってね^^



あるお店で服を見たときのこと。

「ここの店はナチュラル系の服ですね」
「私はこういう服は似合わないですねぇ」

「お前のタイプじゃないな」

「私は何系ですかね?」

「ムゥムゥ系」

「それなんですか(笑)」



もう歩きつかれてぐったりな2人。
15:30過ぎに私の家に戻ってきました。

とりあえずお昼寝!

「裸になってくっついて寝ろ」

それはもう深い眠りにつきました。
17:00過ぎに1回目が覚めてまた寝て。
18:30くらいに2人して起きました。

「よく寝てたな」
「クゥクゥ寝てたぞ」
「いつもあれくらい寝ろよ」

「ぐっすりと寝ましたー^^」

120回目のえっちをして、ぽちゃんって浸かるだけのお風呂に入って、
御主人様の好きなテレビ番組をリアルタイムで一緒に見て、
御主人様の爪を切って、耳のうぶ毛を剃って。

それはもう楽しい楽しい時間でした^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

くるぶしから風邪?!

ゲリア豪雨のような大雨の日は、足元からびっしょりなります。
そんなある日のLINEです^^


くるぶし
くるぶし2


焼き鳥屋に同僚さんと飲みに行く話しで、鶏の絵文字初登場(笑)
最近のLINEは、とても賑やかになって、元気が出ます^^
1月のLINEを見直しても、絵文字なんて全くありません。

絵文字なし


御主人様が絵文字使ってるのを想像すると、ニヤニヤしちゃいます^^
だって御主人様が絵文字を使うのは、「私にだけ」だから^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

ぴょんぴょん2号!?

旅行の記事は、それに関する前段階の記事を全て出してから^^
今回はお口直しに^^



ある日、御主人様と朝からデートでした^^
この日は普通の平日。
御主人様の平日休みに合わせて、私も有給を取って休みました。
朝から夜までデートができるんです!!!
このデートについては、また改めて書くとして・・・・・・

今回の記事はその日に出逢った「ぴょんぴょん2号」について^^

朝、私の家に着いた御主人様と、ネットを見ながら
どこに行こうか話していました。

ふと何か違和感を感じる私。
その方向を見てみると・・・・・・・
またもや部屋の中にカエルがいる~~~~~!!!

前回といい、一体全体どこから入ってくるの(笑)
防犯上、玄関や窓を開けっ放しにしておくことはないし、
窓を開けたとしても必ず網戸の方しか開けないし・・・。
なぞ!!!

「カエルがいますよ~~~><」

「どこ?」

「そこの床!」

2号1


御主人様が手の平に乗せて、玄関の外に出してくれました。

「こいつ相当弱ってるよ」
「動かない」
「霧吹きないか?」

慌てて前回のぴょんぴょんにも使った霧吹きに水を入れて持っていきます。
御主人様がシュッシュしてあげると

「元気になったぞ!」
「見てみろよ」
「ぴょんぴょん飛んで、壁にしがみ付いてる(笑)」


2号2


2号3


よくよく見てみると、右手でしっかりと角を掴んでいます(笑)

「元気なりましたねぇ^^」



夕方デートから戻ってきて玄関を見ても、もうさすがにいませんでした。

「ぴょんぴょん2号、もういないですね・・・・・」

そして20時過ぎ。
自宅に帰ってしまう御主人様を見送ります。

外に出たついでに、私はそのまま買い物に行きました。
帰ってくると、なんと!!!!!
薄暗い玄関の外に、ぴょんぴょん2号がいたのです!


2号4
2号5


クリックしていただけると嬉しいです^^

ムゥ助ムーちゃん、ムゥムゥストレスで発疹?!

最悪な旅行の別れの晩。

私は携帯をサイレントにしたままにしていました。
もう御主人様から今夜連絡が来ることはないと思ったから。

お風呂からあがって、いつもの癖で携帯を見ると
LINEと着信が。

かぶれ1


どうやら、何かオークションで落とすみたいです。
さっきの喧嘩には一言も触れず、ただオークションのことだけ。
しかも文面を見る限り、別にいつもと変わらない雰囲気。

あれ程までに傷つく言葉を言われ、こちらを見ることもなく
怒って帰って行ったのは、何だったの?

それとも、オークションに必要な情報だから、
喧嘩してる場合じゃないと思ったから?


さっきの喧嘩から2時間も経ってないというのに。
御主人様のことが分かんない。
所詮、私は御主人様のことを分かったつもりだったのかな?

届いていた認識コードだけ送って寝ました。
今はもう何も考えたくない。
明るい未来が何にも想像できない。



翌朝、6時には起きて仕事をしていました。
いつもは土日で済ませる分ですが、
今回は旅行だったので、月曜日の朝にすることに。

6:40くらいに、いつもの出勤電話は鳴るかな?
たぶん今日は鳴らないな。

そう思っていると、やっぱりそうでした。
その代わりLINEが。

かぶれ2


とっくに職場に着いてるみたいです。
どうして電話がなかったのかは分かりません。

でも、良かった。
私には電話に出るだけの心の準備がまだできてなかったから。

私はとにかく御主人様のことが大好きで大好きで仕方ないのです。
だからこそ、気持ちを素直に伝えるようにしています。
作りものでない私を見て欲しいし、私という人間をわかって欲しいから。

そして、そういう気持ちで・全身全霊でぶつかっていって拒絶された私は、
心の拠り所をなくしてしまったのです。
安心して信じきっていた心にグサグサと刺さった言葉。

予想外の御主人様の反応に私はどうしていいのか、
これからどうするべきなのか、本当に分からなくなってしまいました。

今後もこういうことがあるならば、私は耐えていけるかな?
あまりにもショックが大きすぎて、半分パニック。


どうLINEに答えていいのかすら分かりません。
いまは会話をする準備ができてない。

LINEを既読にすらせず、そして数回鳴った御主人様からの電話も取らず。

かぶれ3


いま声を聞いたら、私は自分自身の答えがもっと分からなくなる。
そしてもし御主人様から昨夜以上に傷つく言葉を浴びせられるならば、
もう耐えられそうにない。

そうなったら、お別れしかなくなる。
私たちには中途半端な選択は存在しないと思っています。



8:40には私も外に出る仕事が待っています。
とりあえず心配だけかけないようにLINEで返事をしました。

かぶれ4
かぶれ5



LINEを読まず、電話にも出なかった私に、
温かいメッセージを送ってくれた御主人様。

かぶれ6


昨日みたいには怒ってない?
今の御主人様になら、きちんと気持ちを伝えたら、
受け入れてもらえるだろうか?


お昼寝あとの目覚ましについてLINEしました。
つまり、その時間に電話しますという意味です。

断られると思ったけど、「12:50に起こしてくれ」と返事が。



喧嘩してから初めて聞く声。
とても穏やかでした。

「ムゥ助ムーちゃん、ムゥムゥするなよ!」
「午後からも頑張れ」
「暑いから水分取れよ」
「俺も頑張ってくる」

(ムーちゃんってなんだ@@?って笑っちゃいました)


14:30過ぎ、私は外回りの仕事から自宅へと戻ってきました。
スーツを脱いで、部屋着に着替えます。
ズボンを脱いで、ビックリ@@!

なんだこりゃ?!

なんとなく足が熱を持ってるような感じはあったけど、
暑いせいだと思っていたし、痛いのは前の日に旅行中に
歩き回ったときの筋肉痛か日焼けのせいだと思っていました。

ところが、とんでもないことに。
朝は確かになかった。。。
あれば、シャワーを浴びて着替える時に絶対気づく。

いつ出来た@@?
なんで出来た@@?

かぶれ


御主人様になんか発疹ができたことを報告し、病院へ行ってきました。

皮膚科の先生いわく
「どうしたのこれ?」
「これはヒドイね」
「これほどカブれてたら痛いでしょ?」
「虫刺されではない」
「帯状疱疹でもない」
「1番の可能性は草木によるカブレ」

草木があるところには一切行ってません。。。。。
結局原因不明。

「かなり強い塗り薬を出すから、首とか顔とか皮膚が弱いところには、
絶対につけないように」
「もしこれでも治らなかったら、また来て」


診察代と薬代で1500円の出費。
しかも原因が分からない。


帰りに薬局でガーゼを買って、自宅に帰ってから
薬を塗ってガーゼを上から当てました。

ちゃんと治るといいなぁ。。。



夕方、少し手の空いた御主人様より電話。

「原因不明か?」
「あんまりムゥムゥし過ぎたからか?」

「私、ムゥムゥし過ぎたら、カブレるんですか(笑)」

「当たり前だろ!」
「体と精神は繋がってるからな」
「ムゥムゥのし過ぎだよ」
「ちゃんと治るといいけどな」
「ストレスだな・・・・・」

「帯状疱疹ではないって言われましたけどね」

「2箇所できてるなら違うよな」

「きっと、ストレスが多すぎて帯状疱疹の上ですね(笑)」

「前も言ったけど、何もよりも誰よりもお前のことが大切なんだから」
「お前は俺のために生まれてきたようなもんなんだから」
「チューしたら治るよ」
「今日はバイトだろ?」
「明日チューしてやるから」


私も御主人様のことが何よりも誰よりも大切です。
ワンワン泣きました。

「2人のオークションIDで、初めての買い物をしたぞ!」
「今度見せてやるからな」

「はい^^」



そして夜、バイトに行く前にLINEをしたら、すぐに電話があって。

「気をつけて行ってこいよ」
「帰り着いたらLINEしろ」
「あと、早く『かえる』をLINEに復活させろ!!」

かぶれ7


そしてバイトから帰ってきてから。

かぶれ8
かぶれ9
かぶれ10



ご心配をおかけしました。
なんとか「お別れ」という選択肢を取ることなく、きちんと仲直りができました。
起こったことへの対処はできていないけれど、
またちゃんと話をしていって、より良い関係が築けると。
私たちならきっと大丈夫。
そう信じています。


クリックしていただけると嬉しいです^^

2016旅行 〜最悪な別れ方〜

珍しく予約している記事ではなく、リアルタイムのことを。

御主人様と1泊2日で、楽しい楽しい旅行に行ってきました。
それはもう、本当に楽しかった。
今までの人生で味わったことのない楽しさ。
こんなに幸せになれるのかな?って言うくらい楽しかった。


今回も時系列で旅行の記事を書く予定でしたが、
ちょっと現在進行形で揉め事?発生。
今年に入ってから1番大きな事件です。

色々と考えさせられる出来事でした。
もうどうしていいのか分かりません。



無事に21時くらいに空港まで帰ってきて、
あとは駐車所にとめていた私の車で帰るだけ。
2人ともすっかり疲れてしまって、飛行機の中では爆睡。
ずっと手を組んで、頭を引っ付けて寝てました^^
ほんとに幸せだったなぁ。

御主人様の車を私の家の駐車場に置いてきたため、
一旦私の家へと一緒に帰ります。

「今日は一緒に泊まれないんだぞ」と、
わざと言ってくるもんだから、
旅の終わりが近づくにつれ私は悲しくなって。。。

楽しければ楽しいだけ、終わりが悲しいです。

私は、帰り道の車の中で、最後に楽しく旅行の
思い出話をしたいと思っていました。
30分程度のドライブだけど、ずっと手を繋いで、
あの場所はどうだったとか、あの食べ物はどうだったとか。
そういう思い出話をして、旅を締めくくりたかったけど・・・。

この帰りの車の中で最悪な空気に。



車に入るとすぐに携帯を弄りだす御主人様。
奥さんへの、「帰るぞ」メールかな?
仕方ないです。
ところが、なんだか終わる気配がなく。

「もう終わりましたか?」
「大事な用じゃなかったら、いま携帯触らないで欲しいです」
「前も話した通り、2人でいる時携帯触られるの好きじゃないです」
「あと30分くらいしか一緒にいれないんですよ」

「大事な用だよ!」
「オークションしてるんだから」

「・・・」

「だいたいさ、丸2日一緒に居てやったんだから、
携帯くらい触るだろうが」
「プライベートな時間がないだろうが」
「お前馬鹿じゃないの?」
「そういうのをワガママって言うんだよ」
「お前に言われるようなことでもないし」
「終わり良ければすべてよしって言うだろうが」

「そんなに大事な用ならしてください」

私は手を離して、運転に集中することに。
携帯に夢中になってる御主人様に手を握ってもらっても、
それは私にとってはあまり意味がないから。
意識は携帯に行ってるのだから。


「お前がむくれることじゃないだろ」

「前、御主人様は私に『2人でいる時は2人に集中しろ』って
言ったんですよ」

「だから何?」
「俺がお前に言ったから、俺にもそうしろって?」

「・・・」
「私たちは対等じゃないんでしたね」

そこから無言。
ひたすら無言。


もし、同じオークションを見るにしても、
1人だけでネットに集中せず、私に内容を話してくれていたら。

「このオークションさ、どうしても落としたいんだよ」
「あと10分なんだけど、落とせるかな?」

もしも。
こんな会話があったのなら、私はいじけることはなかったと思います。

でも、これを言えば
「なんでいちいち俺のプライベートを全部
お前に話さないといけないんだよ」って言われそう。


結局、帰り道のほとんどの時間、ネットを見ていた御主人様。

「この間作ったオークションIDなんだよ?」
「パスワードは?」

・・・。
御主人様が考えて作ってくれたのに。
パスワードも御主人様が教えてくれたのに。
IDは、私たちの実名と私の誕生日が入ってるのです。
それなのに、忘れてしまってる。



私が楽しみにしていた帰りとは180度違うものになりました。
御主人様は自分の車に乗り込むと、一言も話さず、
私の方も見ずに帰って行きました。

私が悪いのかな?
御主人様のこと理解してたつもりだったけど、つもりだったみたい。
なんかもう分からない。
私は主従は向いてないのかな。


クリックしていただけると嬉しいです^^

改めて聴くとなんて素敵な曲!

ふと聞こえてきたこの曲。
知っている曲だけど、改めて聴くと、なんて素敵な歌詞なんでしょう。


Dreams Come Trueさん 『やさしいキスをして』

あなたの一日が終わる時に そばにいるね
何も言わないで やさしいキスをして

そっと髪を撫でて 肩を抱いて そばにいるね
あなたが眠るまで やさしいキスをして

電話してくれたら 走って行くから すぐに行くから
なにもかも放り出して 息を切らし 指を冷やし すぐ会いにいくから

報われなくても 結ばれなくても
あなたは
ただ一人の 運命の人

今日という一日が終わる時に そばにいられたら
明日なんていらない
髪を撫でて 肩を抱いて あなたが眠るまで

この出会いに やさしいキスを これが運命なら



ひとつだけ違うのは、
「報われなくても 結ばれなくても」

御主人様、私はそんなことは絶対に言わないですね(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

男性には分からないのかな・・・・・・・。

ある日のこと。
ある話から、御主人様の携帯の通話履歴を見せられることに。


この日の昼間に
「お前以外とは電話しないからな」って言ってたのに。
今日の履歴に奥さんの名前。

ふーーーーーん。
仕事中、私以外と電話してるんじゃん。
別に私だけじゃないじゃん。


でも、それは何か用事があってのことだと分かります。
私にかけるみたいに、何の用事もなくておしゃべり目的ではないことは
分かっています。


私が傷ついたのは、そのことではなくて。
奥さんの名前は下の名前で登録されています。

私は・・・・・・「旧姓の苗字」で登録されていました。


それを見た瞬間、心が凍りつきました。
万が一を考えて、私の下の名前で登録できないのは
仕方ないとしても、どうして旧姓?

離婚してすぐのときも、私は変えて欲しいってお願いしたのに。
離婚してもう1年以上経つのに、御主人様の携帯の中の私は、
ずっとずっとずーーーーっと旧姓のまま。

休みの日でない限り、ほぼ毎日電話をかけてくれる御主人様。
この1年以上、御主人様は「旧姓の私」にかけていたことになります。
私は、そんな人知らない。
旧姓の私には、もうとっくの昔にさよならしたのに。

LINEの名前も、もしかしたら旧姓なのかもしれません。

御主人様にとって、私の苗字が変わったことなんて、たいしたことではないの?
苗字が何だろうがどうでもいいの?
どうでもいいから、離婚後すぐに頼んだのに、1年以上放置されていたのでしょう。
今回のことがなかったら、2年でも3年でも5年でも、そのままなのでしょう。

「俺の苗字になるのか?」って聞いてくれたのは、何だったんだろう?
女性が男性の苗字になるということがどういう意味なのか分かってるのに・・・・・。
あんなに嬉しかった言葉まで汚された気持ちでした。


御主人様は私がどうして悲しくなったのか、どうして泣いているのか分からない様子。
確かに奥さんへの着信履歴があったことはイヤだった。
奥さんの名前を目にしたくなんてなかった。
でも、私が深く傷ついたのはそれじゃない。

男性には分からないのかな。


本当に悲しかった。
奥さんは下の名前で、私は旧姓。
この差ってなに?


「私はもう〇〇じゃないんです」って泣き出す私。
「前も変えて欲しいって頼んだのに・・・・・・」

「泣くことはないだろう」
「分かったから」
「あとで変えておくから」


御主人様の携帯は、私を悲しませる存在。
携帯の待ち受けは御主人様の家族の画像だし、
私の名前はそんな扱いだし。

待ち受けが目に入ったとき、本当につらかった。
あのとき、つらい気持ちを訴えたけど、
「何を待ち受けにしようが俺の勝手だろ」って言われた。
それはそれで正しい。
私がどう思おうが、私には何かを言う道理はない。
だから、今でもそのまま家族の画像なんだと思います。

2人でいるとき、普通に見えるように携帯を弄っているので、
画面を見ることがないように、わざと反対方向を向きます。
そんな私にもきっと気づいてない。


私の携帯の待ち受けは2人の思い出の画像。
携帯の中にはたくさんの2人の思い出の写真。


私と一緒になったら、そのときは待ち受けの画面、変えてくれますか?


クリックしていただけると嬉しいです^^

ピル6ヶ月服用後の血液検査・子宮頸がん検診

前回ピルを購入してから、最後の6シート目に入りました。
6ヶ月に1回、血液検査と子宮頸がん検診をする約束でした。

ピル6シート 1万6200円
血液検査  5700円
子宮頸がん検診 2500円
合計  2万4400円

1年間にすると4万8800円
10年間で48万8000円

私の生理がなくなるまであと20年くらいかな?
ざっと人生のピル代100万円(笑)
積み重なるとすごい金額!


御主人様には、毎日エッチしてもらわないと(笑)


血液検査と子宮頸がん検診結果は、どちらも異常なし!
御主人様も結果を聞いて、安堵してくれました。

お金には替えられない健康です。
そして、私の体は御主人様のものなので、大事にしないといけません。


クリックしていただけると嬉しいです^^
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ