FC2ブログ

とうとう、御主人様菌にやられました。

ある朝起きたときに、「あ、今日いつもと違う」って思いました。
なんとなくダルイし、吸えない鼻水がダラダラ出るし、くしゃみも出るし。
たぶん測ったら微熱。

でも、仕事でけっこう遠くまで運転しないと行けない日だったので、
熱も測らずそのまま仕事へ。

御主人様にも心配かけたくなかったので言わないでおきました。
が・・・・風邪の症状+腸炎の症状の合体版みたいな感じだったのです。

ほんと、最近御主人様が苦しんだ2つを足して割って軽くした感じ。

汚い話で申し訳ないのですが、1日に5回も下痢・・・・・。
1日中運転だったので、ちょっとそれがきつかったです。
山道もあったりで、急にトイレ!ってならないことを祈っていました。
それに同行者もおり、1人じゃなかったですし・・・・。

夕方仕事が終わり、1人になってやっとほっとしたのか、
今までよりも急にきつくなりました。
家に帰り着いたくらいが1番きつかったです。

日中1人じゃなかったので、ずっと御主人様とは電話ができず、
帰り道でやっと電話ができました。

そのときに、実は今日風邪できつかった話をしました。

「吸えない鼻水が出るのと、くしゃみが出るのと、たぶん微熱と」

「俺がひいてた風邪と全く同じじゃないか!」
「やっとお前に俺の菌がうつったか(笑)」
「あれだけベロベロチューチューすればうつるよな(笑)」

「ほんとですね(笑)」
「うつらないと思ってましたけど、うつりました(笑)」

「家に帰ったら熱を測れよ」
「温かくしろよ」

家に戻って熱を測ると36.8度。
高くはないけど、平熱が低いからいつもよりは高め。

21:00過ぎ、仕事帰りの御主人様が家に寄ってくれました。
「今日は遅くなったからちょっと寄るだけな」

うつらないように軽く唇が触れるだけのチュー。
ギューって抱きしめてもらったら

「やっぱりお前、いつもより熱いよ!」
「今日は早く寝ろよ」
「明日も治ってなかったら、俺がお粥作ってやるからな^^」
「アイスも買ってきてやる」

普段風邪など滅多にひかないし、それにこんな風に優しくされたこともないので、
嬉しくて、そして御主人様の顔を見たらほっとして、涙が出てきました。

結局、次の日には、ほぼ治って、初お粥とアイスはお預け(笑)


3月に入ってからというもの、ほぼ毎晩夜中の2時や4時くらいに仕事のメールで起こされ、
ずっと忙しかったですし、土日も仕事が入ったりで、
ちょっとずつ無理が積み重なっていたのかもしれません。
私としては元気なつもりだったのですが、免疫力が落ちていたのでしょうね。


今ではすっかり元気になりましたが、あの時は参りました・・・・・。


この絶不調の翌日には、御主人様と焼き鳥食べに行きましたので、
実際の回復は、とても早かったです(笑)

心身ともに健康じゃないと、SMも主従も恋愛もできませんね(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

離れていても心は1つ

休みの日は逢えないし、電話もできないしで、不満いっぱいの日。

この日もそんな休みの日。
いつも通り、「おはよう」メールが届きました。
まだまだ風邪が全快ではないと思うので、心配です。

↓ 鼻水はいくら御主人様のものでも、すすりません(笑)


オークション1
オークション2
オークション3
オークション4


お休みの日でも、こうやってメールでかまってくれます。
でも、この日はいつも以上にたくさんメールができました^^

そして何よりも・・・・・。
逢えなくても、心は1つだって感じることができました。
そのことが、とても嬉しかったんです。

御主人様が私に何でも話してくれる。
何でも共有しようとしてくれる。
それがどんなに嬉しかったか・・・。


私の家のパソコンは、御主人様のヤフーIDでログインしっぱなしなので、
私も同じページを開いて、ずっと見ていました。
夕方ちょっとだけ金額が動いたものの、夜まで変化なし。


「休日だけど、〇〇まで仕事に行ってきまーす」

「そこに行くなら、コーヒー買ってきてくれ」

今までも一緒にコーヒーを買いに行ったことがあるので、
どういうものを望んでいるか分かります。
念のため、商品名とグラム数を確認。

私はこうやって御主人様に頼みごとをされるのが大好き^^
仕事から戻ってきて、夜はバイトへ。


オークション5
オークション6
オークション7
オークション8
オークション9



御主人様は携帯のネットで、私はパソコン画面で同じ画面を見ている。
それだけでも嬉しくなっちゃいます^^

居る場所は違えど、一緒にカウントダウン。
予定の1万円を722円超えちゃいましたが、無事に御主人様落札^^

仕事の休憩時間にパルムを買って食べるのを楽しみにしている御主人様。
722円分はアイスお預けです(笑)


前からこれを欲しがっていたことを知っていました。
極論を言ってしまえば、何の役にも立たないただの飾りです。
でも、私は御主人様がこういう雑貨が大好きなことも知っています。

そして私はそういう御主人様を理解しています。
今では、こうやって同じものを共有できることを、とても嬉しく思っています。
御主人様が好きなもの、興味があるものを私も知りたい!!!

そしてなぜ私の家に届くようにしてくれるのかも分かっています。
専業主婦の奥さんが家にずーーーっといるのに、私の家が届け先。
私は仕事で留守にすることもあり、最短で受け取れないかもしれないのに。

それは、「私が実物を見れるように」

御主人様の家に届いてしまったら、その後、私がそれを見ることができないから。
私も同じものを、写真ではなく目の前で見れるように。
だから、私の家に届くようにしてくれるのです。

これは勝手な想像ですが、私の家に送る理由がもう1つあると思います。
それは奥さんが本当の理解者ではないから。
朝早くから夜遅くまで一生懸命働いてやっと仕事から戻っても、
開口一番で無駄遣いだと文句言われるから。
隠して買ったところで、家に持って帰って飾れば当然ばれるのですが、
それでも疲れて帰ってきて文句を言われたらたまりません。

家計を共にしていれば、また違った感じ方があって当然ですが、
でも、私は御主人様が生活費に手をつけてないことを知っています。
自分のお小遣いの中で買えるものしか買っていないことを知っています。
奥さんなら、御主人様のこと、私以上に知ってるはずなのに。

奥さんは御主人様の心からの本当の理解者ではないと私は思っています。
出逢ってからの年月は奥さんの方が当然長いですが、
私の方が絶対理解してるし、私以上に御主人様のことを愛せる人はこの世にいない。
断言できます。

御主人様と私は以心伝心なのです。
今では、わざわざ言葉にしてなくても、通じ合うことがたくさんあります。


クリックしていただけると嬉しいです^^

6:30 AM on Sun 「今から行くからTバック履いとけ」

ある日曜日の朝6:30、御主人様から電話。

日曜日は仕事がお休みなので、この時間に電話が来るはずがありません。

@@???

「・・・・もしもし・・・・・・zzz」 ←相当寝ぼけてる私(笑)

「朝だぞ(笑)」
「今から行くからTバック履いとけ」

えええええええええ?
なんで?
今日休みなのに?
どうやってこの時間に家から出てきたの@@?

とりあえず、起きだしてTバック履いて待機。

ピンポーーーン

「おはよ」

「おはようございます」
「何て言って出てきたんですか?」

「洗車してくるって言ってきた」
「昨日お前には仕事帰りに洗車して帰るって言ったけど、
嫁には洗車したこと言ってないからな」


↓ 前日のLINE

洗車して帰る



「こんな朝早くから洗車(笑)?」

「普通だよ(笑)」
「天気いいしな」

そう言って、私のベッドにごろんってなる御主人様。

「背中痛いから揉め」

しばし、背中や首のマッサージ。
逢いに来てくれたのが嬉しくって、泣きながらマッサージ(笑)
御主人様の洋服、私の涙でビチョビチョなってました(笑)

私も横になってくっつきながらマッサージ。
背中にぴたってくっついてたら

「俺の匂い嗅いでるんだろ(笑)」

@@?!
なんでバレた(笑)


それからチューして、くっついて、まったりして。
少ししてからエッチ^^

「咥えろ」
「感謝しろよ」
「玉も綺麗にしろ」

御主人様がエッチするのは私だけ。
御主人様がたつのは私だけ。

たっている御主人様のものを一生懸命に咥えます。
フェラの最中、御主人様は私の乳首を引っ張ります。
フェラで体が揺れるたびに引っ張られる乳首。

痛いけど気持ちいい・・・・・・。


「口あけろ」

「御主人様、唾ください」

ベロチューもたくさんしてもらって、Tバック履いたまま中に出してもらいました。


ティッシュをTバックに挟んで(笑)、タラちゃんが垂れないようにしたら、
そのまま一緒にお寝ん寝。

御主人様が腕枕してくれます。
私は、腕じゃなくて、肩に頭を乗せて、体ごと御主人様の方を向いて、
片足は御主人様の足に絡めて、ほっぺにチューチューします。

少しすると寝息を立てだす御主人様。
起こさないように、そっと首のマッサージをします。

6:30に家を出たということは、7:30くらいが限界のはず。
10分くらい経ったところで、御主人様を起こしてお別れ。

「お前と寝るのが1番いいよ(笑)」
「気持ちいい(笑)」

「はいーーー^^」


月曜日が祝日で、日曜日・月曜日と逢えないから、
きっとこうやって出てきてくれたんだと思います。
いつもいつも私が寂しくないように、出来る限りのことをしてくれます。
本当に感謝です。


車のところまで一緒に手を繋いで歩いていきます。
最後の最後まで車のところで抱きついてチューして、
車が見えなくなるまでブンブン手を振りました^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

幸せな幸せな私の誕生日^^

「お前の誕生日の日は仕事休んでやるからな」

私の誕生日は平日でした。
御主人様は日曜・祝日、そして平日のどこかがお休みです。
毎月、会社カレンダーによって何日間休みと決まっています。

会社には私の誕生日の日は休みを申請して、
奥さんには仕事ということにしてくれたそうです。
奥さんはネットで御主人様の会社カレンダーを見て、
毎月何日休みが取れるか見ているそう。
大丈夫か心配ですが、御主人様が大丈夫というので、任せます。

私は平日は仕事なので有給を取りました。
上司に正直に理由を話して、誕生日だから遊んできますと(笑)
普段かなり真面目に仕事をしているし、当然迷惑がかからないように
休みを取るので、なーーんにも言われず、いいよーって(笑)


「誕生日、どこか行きたい店はないのかよ?」

「また、鴨が食べたいです!」

「あの店か」
「いいよ(笑)」
「予約しといてやる(笑)」

そのお店は、思い出のお店。
御主人様のオススメで「失楽園」を見て、
それから鴨は私にとって、とても思い入れのある食材に。
鴨が食べられるそのお店に前に1度連れて行ってもらったし、
私の就職のお祝いに御主人様お手製の鴨鍋も作ってもらいました。


参考記事
失楽園をみて
御主人様の「うるさい(笑)」が好き
鴨のランチ
就職祝い 鴨とクレソンのお鍋


で・・・・・物凄く楽しみにしていたその誕生日、
天気予報は90%の確率で雨、時に雷を伴なうというもの(笑)
どんだけ呪われてるの(笑)
365日(今年は366日)もある中で、よりによって誕生日に大雨&雷の予報(笑)

誕生日前日、何回天気予報を見ても変わらず。。。
もおおおおお。
はぁ・・・・・。
わたし、晴れ女なんだけどなぁ・・・・。



そして迎えた誕生日の朝。
外を見る限りは、降ってるけど大雨じゃない!
御主人様は普段通り仕事にいくフリをして
6:20くらいに自宅を出て、私の家へ。
私も5:30くらいに起きて、部屋の掃除したり顔を洗ったり。

6:20に電話が鳴って、家を出たと連絡がありました。
いつもの場所まで迎えに行きます。

「風邪ひいた」という御主人様。
微熱があって、鼻水が出て、鼻声。
最近のお腹の痛みはだいぶ良くなってきたのに、今度は風邪(笑)
今年の御主人様は体調に難ありです。

私の家に入り、改めて面と向かって
「誕生日おめでとう」って言ってくれました。
でも、風邪がうつるからって、軽いチュー。
超不満(笑)


お店の予約は11:45。
まずは、私の家でのんびり。
御主人様が大好きなイチゴを買っていたので、一緒に食べてまったり過ごしました。

「ちょうどビタミンCでしたね^^」
「早く風邪が治りますように」

8:30に御主人様が仕事で必要な書類を取りに行くことに。
そこは平日しか空いていないので、この日に行きましょう!って。
御主人様は、お前の誕生日の日に行かなくてもいいよって言いましたが、
もう他に平日のお休みが当分ないのを知っていましたし、
それにそこの駐車場はとにかく並ぶのです。
一緒に行って私が車に乗って並んでる間に、御主人様が中に行けば、
たぶんまだ駐車場の列に並んでいる間に終わります。

御主人様は数日前に持ってきていたデート用の服と靴に着替えて、
私も御主人様の釣りの全国大会の旅行前に
選んでもらったワンピース、そしてTバック、ガーターに着替えます。

意外や意外にも、8時くらいになると雨はほぼやんでいて、
自宅を出る頃には一滴も降っていませんでした。
傘を持って行こうか悩んだくらいでした。

結局、降ったり止んだりの1日でしたが、
基本外を歩くときは、ほとんど濡れることなく^^
そして、この日は天気雨だったのです。
晴れてるのに雨(笑)
実は、私は天気雨、嫌いではありません。



無事に書類もゲットできて、お昼までショッピング。
そこでは、誕生日プレゼントを買ってもらいました^^

「誕生日に何が欲しいんだ?」

「欲しいもの・・・・・・」
「ないです(笑)」
「一緒に過ごしてくれたら、それだけでいいです^^」
「うーーーん・・・・・強いて言うなら、何か着るものとかを選んでください^^」

こうして御主人様がショッピングモールに連れて行ってくれて、
洋服とか靴とかで、私に似合いそうなものを探してくれました。
私は、御主人様に選んでもらったものを買ってもらいたかったのです。

しかし、やはりサイズが合うものが少なく、なかなか決まらず。
そして10店舗ほどまわったところで、ある靴屋さんへ。
そこでは私のサイズも売っていました。
そして、今持っていないオープントゥの素敵な靴が!
履いてみると、サイズも高さもちょうどいい@@
軽いし、この角度なら歩いても疲れなさそう。
ほんとにビックリするくらいぴったりでした。

御主人様も似合ってると言ってくれて、それを誕生日プレゼントに買ってくれました。
フェリマージュの綺麗なパンプス。
「ヨーロッパテイスト×ジャパンクオリティ」がコンセプトの国産ブランドです。
定価21,600円@@
セールになっていたけど、それでも私にとって高いから自分じゃ買えない(笑)

「俺が買わないと、お前自分じゃ自分に買わないからな(笑)」
「高いものじゃないけど、約束通り選んでやったな」
「似合ってた(笑)」
「今度履いてこいよ(笑)」

「はい^^」
「ありがとうございます^^」
「すっごく嬉しいです!」

自宅に戻って、さっそくこの靴に、防水スプレーしてもらいました^^

誕生日2
誕生日3


素敵な靴を買ってもらい、11:45に予約してもらっていたお店へ到着。
御主人様はカールスバーグというデンマークのビール、
私はお酒が飲めないのでジンジャーエールで乾杯ーーー^^

誕生日1


「ジンジャーエールもそうやって飲むと高級に見えるな(笑)」

前と同様、とても美味しかったです。
私は鴨肉を、御主人様は今回は子羊を頼んでいました。
平日でも予約で満席。
1番窓側の席で、ゆったりと過ごせました。

肉料理に合わせて赤ワインを頼む御主人様。

「赤を飲むなんて珍しいですね(笑)」

「今日はお祝いだからな(笑)」
「鴨、ちょっと分けろ(笑)」

「はい(笑)」

私の付け合せにだけ菜の花が入っていて、
「ニガーーー」って言いながら食べました(笑)

「鴨と一緒に食えよ(笑)」

「イヤですよぉ!」
「鴨がまずくなる(笑)」

そんな私を見て、御主人様は笑ってました^^
お店の人に2人の写真を撮ってもらって、幸せな時間でした。
メインを食べ終わり、最後のデザート。

目の前に運ばれてきたデザートには、
チョコで描かれたHappy Birthdayと私の名前。
ケーキには火のついたロウソク。

え?
え?
えーーーーー?!

何事か把握できず、かたまる私。
本当に驚くと、思考能力がなくなるのですね(笑)
ぽかーんってしてる私に、お店の人が
「お誕生日おめでとうございます^^ ○○さん」って。

ようやく、御主人様が予約時に頼んでくれていたと気づき。
フリーズしたあとは号泣(笑)
ケーキを食べながら、満席のお店でポロポロ泣きまくりました(笑)

「ほんと、泣き虫毛虫だな(笑)」
「誕生日おめでとう」
「お前は俺のために生まれてきたんだからな(笑)」



お店を出て、少しブラブラして。
お店で撮ってもらった写真を携帯で何回も見てニヤニヤする私。

「また俺に送ったのか?」

「まだ送ってませんよ(笑)」
「送っていいって言うなら送りますけどーーーー?(笑)」

「始まりました(笑)」

「だってーーー(笑)」

「送れよ(笑)」

「はいーーーー^^」
「厳選して、9枚だけにしてあげました(笑)」


帰りの運転は私。
御主人様はビールと赤ワインにやっつけられて爆睡してました。
でも、ずっと手を繋いでくれていました。
ちゃんと起きてるときと同じように、しっかり握ってくれていました。



15時くらいに家に戻ってから20時くらいまでは、私の家でのんびりと過ごしました。
最近御主人様の体調が優れないこと、睡眠時間が足りないことが
気になっていたので、お昼寝を一緒にすることに。

私は隣でくっついて寝れて、それで御主人様の疲れが少しでも取れれば、
それで幸せなのです。
誕生日だからって、すごく特別なことをしなくても、充分に満たされます。

風邪がうつる!とか言われてましたが、構わずチューチューして、
唾だって与えてもらいました(笑)

裸になって、くっついて。
首輪をしてもらって、エッチしてもらって。

「今日はキツく首輪をつけてやる」
「俺のベルトを持ってこい」

この時点で、私のマンコはグチョグチョなってました。
騎乗位で、片手でベルトの鞭、もう片手で乳首をつねられ、
同時進行でベロチューして。
久しぶりにベルトで打ってもらって、しあわせ。

「まだ逝くなよ」
「勝手に逝くなよ」
「久しぶりに打ってもらって嬉しいか?」
「マンコ気持ちいいですって言ってみろよ」

あたまがクラクラして、気持ちいい。。。
正常位になって、ベロチューして逝きながら、御主人様に中に出してもらって。

そのまま、2人で夕方まで寝ました。
御主人様は爆睡。
本当に深く寝ていました。
よかった。
ちょっとでも疲れが取れるかな?
私もここ最近睡眠不足だったので、グッスリと寝れました。

19時くらいに起き出して、一緒にお風呂に入りました。
ぽちゃんって浸かるだけだけど、それでも幸せ。
丁寧に御主人様の身体をこすりました。

その後、御主人様の爪を切って、
御主人様が4月の社員旅行で泊まる宿の私の分を予約しました。
一緒にいる時に予約したかったから、この日を待ってました^^

20:00になって、御主人様はお家へ。
もっと一緒に居たいけど、早く帰れる日は少しでもゆっくりして欲しいので。
本当は泊まってやりたいって言ってくれましたが、
無理して怪しまれても困るので、またいつか。

御主人様は朝、家を出たときと同じ服装に着替えて、
私に今日の洋服の洗濯物を託して帰りました。

私は泊まってくれなくても、今日1日一緒に過ごしてもらっただけで、
充分に充分に幸せでした。


誕生日4
誕生日5


去年の誕生日のときは、まだ私が遠くに住んでいたので、
初めてこうやってお祝いしてもらいました。
ありがとうございました^^
また来年も、その先も、ずっとずっと一緒に過ごしてくださいね^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

「おやすみメールが最近ないです!!!」

最近、御主人様からの「おやすみメール」がありませんでした。

逢える限りは仕事帰りに寄ってくれるので、日曜や祝日以外は、
基本的には目の前で「おやすみなさい」を言ってます。
どうしても逢えない平日や土曜もたまにはありますが。

帰るその時までしつこくおやすみなさいを言うので、
何回おやすみを言ってることやら(笑)


御主人様と知り合ってからというもの、
「おはよう」メールと「おやすみ」メールはずっと日課です。
「おやすみ」メールは、御主人様が飲んでそのまま寝ちゃうとおあずけ。
3日に1回しか来ないとかもよくありました。

しかし!
最近は3日に1回どころか、最後に「おやすみ」メールがきたのは
15日も前のこと。

寝る前に別の用事でメールをしていて、そのついでの「おやすみ」は
何回かありましたが、「おやすみ」を言う目的のメールではなかったのです。


私はこのことがずっと気になっていました。
最近「おやすみ」メールがない。。。

御主人様が勤務先が変わったことにより、出勤時間や退社時間も変わり、
すごく忙しくなったことは分かっています。
そのために、睡眠時間が減っていることも分かっています。

でも、それとこれは別なのです!
仕事帰りに目の前で言ったとしても、私にとっての「おやすみ」メールは、
ただの挨拶、ただのメールではないのです。

知り合ってからずっとしてきたことだから。
寝る寸前に、私のことを考えて、私と繋がってくれることに意味があるのです。

だから、御主人様からの「おやすみ」メールが来るまでは、お風呂に入りません。
23時過ぎて、23時半になって、それでもメールが来ないときは、
お風呂場に携帯電話を持って入ります。

この携帯は水に濡れたら一巻の終わり。
絶対落とさないように。
髪を洗ったり、体をこする時は仕方ないのでお風呂場の外に。
お風呂から上がってすぐ確認はするもメールはなし。

それからベッドに入るまでもずっとずっとメールを待ってます。
そして夜中にも何回か目が覚めるのです。
夜中に目が覚めた御主人様からメールが来たこともあるから。
もしかしたら来るかもしれない。来てるかもしれない。

そんな時間にたとえメールが来たとしても、
奥さんがすぐ隣で眠っている以上、返信はできません。
それでも、来てるなら見たいのです。

職場の非常識な人から夜中とか朝方にメールが入り、
起こされることもありますが、サイレントにはしたくないのです。


御主人様が泊まって隣で寝てくれるときは、私はほぼ起きません。
御主人様がトイレに起きても気づかないことも何回もありました。
隣で「おやすみ」を言い、隣で寝てることが、どれほど安心できることなのか。



そんなことを続けて15日。
とうとう御主人様に言ってしまいました。

「おやすみメールが最近ありません!!!」って。

そしてその日の夜のLINE。

おやすみメール
おやすみメール2


↑おやすみメールを無理やりさせてしまいました(笑)
でも、それからも御主人様が寝ちゃってメールが来ない日ありますが(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

「俺の家なのに帰りたくない」

ある夜、仕事帰りの御主人様が私の家に寄ってくれたときのこと。
御主人様が私の家に着いたのが21:00ちょっと前だったので、
私は玄関で抱きついてチューしたら、すぐに帰ってもらおうと思っていました。

少しでも早く家に帰って、少しでも早く寝て欲しいから。
たとえ30秒であっても、顔を見れたら充分だから。

でも、「少しあがっていくよ」って。

御主人様は凄く疲れていました。
イスにぐったりと座り込んでしまって。

私はそんな御主人様の膝の上に乗っかって、
向かい合って抱きつながらチューして、首のマッサージをします。

「このままお前の家に泊まりたいよ」
「自分の家なのに帰りたくない」

突然そう言う御主人様。

「・・・・・何があったんですか?」

「昨日の夜な、嫁に〇〇って言われたよ」

「・・・・・・・・・・」


その言葉は、正直言って暴言そのものでした。
とても奥さんが旦那さんに言う言葉じゃないし、
そもそも家族でなくても、人に対して言う言葉ではありませんでした。


奥さんが御主人様に放ったその暴言を聞いて、
私は涙がとまりませんでした。

そんなことを言う人が奥さんだなんて。
悔しくて悔しくて。

御主人様のことを大切にしないなら、
私に早くゆずってよ!
私はずっと待ってるんだから。

私だったら御主人様のことを大切にするのに。
どうして日のあたる場所にいる人が大切にしてあげないの?
私は御主人様がどんなに疲れていても、どんなに体調が悪くても、
近くに居て面倒を見てあげることすらできないのに。

御主人様からしか話を聞いていないので、
一方的に判断はできませんし、悪口は言いたくありませんが、
家事がほとんどできないらしい奥さん。

朝5時に起きて23時過ぎにやっと寝る旦那に、
専業主婦が茶碗洗いや家の掃除をさせますか?

勝ち負けじゃないけど、私はそんな人に負けてる。
御主人様の奥さんに対する気持ちがどうだろうが、家事ができなかろうが、
その人が奥さんなのです。

それに比べて、私は決して表には立てない存在なのです。


そんな奥さんであっても、御主人様は結婚した責任があるから。
たとえ今は愛情がなくても、その人を選んだのは御主人様だから。


御主人様、早く私の傍に来てください。
毎日おいしいご飯を作って待ってます。
私がこの命をかけて、心の奥底から御主人様だけを愛しますから。


クリックしていただけると嬉しいです^^

SM診断テスト

ちょっと暇だったので、「SM診断テスト」なるものをしてみました。

なんとなく当たっているような?!

サド度:21%
マゾ度:79%
変態度:51%

重度の変態性とM性を示しています。
スケベでフェチズムやSMへの傾倒が顕著です。
きっとあなたの生き方や個性に色濃く反映されているはずです。
変態は悪い事ではなくSMの世界では誇れることであります。
まずは変態である事を認めましょう。


<性格>
色々と考慮を重ねて、目標を達成していきます。
あまり他人に依存していないので、1人でいる時間が多いでしょう。
先に考えありきで行動を起こす人です。
けっこう正直者がところがあり、子どもっぽくもあります。
友達をたいせつにし、相談事にも親身になります。
用意周到、準備万端、忘れ物はめったにありません。
やや他人のことを信じていません。

<仕事>
自分と他人の間に壁を作ります。
相手が何を求めているかを察してしまうため、ついつい気を利かせてしまいます。
頼まれると断りにくい性格をしており、苦労しがちです。
常に物事には相当慎重で石橋を叩きまくって渡らないタイプです。

<恋愛>
比較的常識に捕らわれない恋愛観を持ち、多少の不道徳も問題ないことがあります。
特定の相手がいる時期は相手との2人だけの世界に依存しすぎる傾向があります、
根はけっこう素直な性分で、押しに弱いところがあります。
相手のことによく気がつくため、好感を持たれることも多いほうです。
彼からでも友達からでも、24時間電話にでます。
スケジュールはどんどん埋めたい派。休日でも何もせずにゴロゴロするのが苦手です。
他人の携帯の着信音にも反応してしまい、彼の携帯の着信音も、当然覚えています。
下心はなく見返りを期待することもなく、ただ尽くします。
いかに必要とされているかを感じられるかが重要です。



クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様のお薬のお使い

一緒に休日当番の病院に行ってから数日後。
まだまだ御主人様の腹痛は治らず。
もらった薬は合ってるそうで、薬を飲むと痛みは無くなると。

でも、日曜日にもらった薬は4日分だったらしく、
水曜日にはなくなってしまったそう。
水曜日のお昼の電話の際、薬がもう無いと言ってました。

「本人以外が行って、同じ薬をもらえないだろうか?」

「どうなんでしょう?」
「電話で予約したら、もしかしたら出してくれるかもですね?」

そんな話をしていました。
そのあと、その病院に電話して聞いたみたいです。
すぐに御主人様から電話があって、

「数日分なら出してくれるってさ」

「良かったですね^^」

「俺の代わりに取りに行ってくれ」
「場所覚えてるか?」

「覚えてます」

「頼む」
「金は夜に払うから」
「お前の名前をもう言ってあるから」


私はちょっとビックリしました。
何にビックリしたかと言うと、それを私に頼んだことに。
だって、奥さんが専業主婦で家にいるのに。

『私に頼んでくれた』

どれほど嬉しかったか・・・・・。

病院にも、同じ性の家族が取りに行くと話したほうが、
説明する方もしやすいと思うのです。

それなのに、わざわざ他人の私の名前を言ってくれたこと。
日曜日も一緒に行ったから、受付の人も私を実際に見れば
見覚えがあると思いますが、電話で名前を聞いただけでは誰?と思ったはず。

奥さんではなく私に頼んでくれたことが、
こんなにも嬉しく感じるとは思いませんでした。
本当に本当に嬉しかったんです。

病院の受付に行って、自分の名前と、御主人様の名字を言います。
受付のところに、すでに処方箋は準備してありました。

一瞬たりとも診察してないのに診察代がかかるのも変(笑)
と思いながら、診察代と薬代の両方を払ってきました。


少しずつ痛みもおさまってきたようですが、油断はなりません。
早く全快してくださいね^^

私のために健康でいてください。


クリックしていただけると嬉しいです^^

初めての「梅」なのに、携帯忘れ

御主人様と「梅」を見に行ってきました。

行きの車の中で、携帯電話を忘れてきたことに気づいた私。
テーブルの上に置きっぱなしにしてました。

基本、私は御主人様との連絡手段として携帯を持ち歩いているので、
隣に御主人様がいるならば、実際はなくても困りません。

この日は、御主人様と一緒に私の家から出たので、
「御主人様の家の駐車場まで着きました」とか連絡する必要もなく、
「まぁ、いいか」ってそのまま梅を見におでかけ。


「取りに戻ろうか?」って言ってくれましたが、この日近くでイベントがあり、
けっこう渋滞してたので、「いいです」って断りました。


そのあと、

「御主人様と初めて梅を見に行きますね~^^」なんて言ってる最中に、
ある重大なことを思い出したのです。

「御主人様の携帯のカメラ、壊れてるんでしたよね?!」
「初めての梅なのに、写真が撮れないーーーーーー」
「電話機能はどうでもいいけど、カメラがない!」


がーん;;;;;
いつもお出かけするときは、たくさん写真を撮って、思い出として
パソコンのスクリーンセーバーで流しているのに・・・・・・。

ショックだ・・・・・・・。


梅の花は4分咲きくらいでした。
今年は雪が降ったりと寒い冬だったから遅いのかな?

しめた!と思って、
「まだ満開じゃないですね~^^」
「これはもう一度来ないと行けませんね~^^」


同じ場所にもう一度は行かないと思いますが、
次、また「梅」を見にいく時には、絶対に写真を撮る!!!


結局は、見に行った梅よりも、
途中で入った茶屋の庭で見た梅が1番咲いてました(笑)

「ここの茶屋は庭があっていいんだよ」

(一体、ここの茶屋には誰と来たのよ!って思いながら梅を楽しみました)


「抹茶セット」なるものを頼みました。
抹茶はあまり好きじゃないけど、日本庭園と梅を見ていたら、そんな気分に。
最後、下に残った粉っぽいところが「うーーー;;;」ってなって、
水で流し込みました(笑)

1人600円もする抹茶セット。
おごってもらったのに「抹茶にがい;;;」とか言ったから

「高級な飲み物にケチつけんな(笑)って言われました(笑)


また「梅」デート、しましょうね^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

「私が咀嚼してあげましょうか(笑)」

御主人様はが2月にかかった「腸炎」は、完全に治ったわけじゃないみたいです。

ある日曜日、すごくお腹が痛そうにしていました。
たまたまこの日曜日は一緒に居れて、私の家で一緒に朝ご飯を食べました。

私も全く同じものを食べているのに、御主人様だけ腹痛。
しかも、我慢できない「腸炎」と同じような痛み。


一緒にデートしていたけれど、急にきた痛みでそれどころじゃなくなってきて、
日曜日の当番医へ行くことに。

日曜日は平日より高くなるし、そもそも病院に行かない御主人様ですが、
仕事をこれ以上休むわけにはいかないので、仕方なく。


結局、原因は「食べ物」という診断。
薬をもらって飲むと、少ししたらだいぶ落ち着いたみたいで、
青白くなっていた顔色も戻ってきました。


夕方から先に実家に行っていた奥さんのもとへ行く予定だったらしいですが、
具合が良くないからもう行かないと連絡したみたいです。


私としても、具合が良くない以上は、自分の家でゆっくりしてもらいたいので、
寂しいけれど、病院が終わったら、御主人様を自宅へ送り届けました。

だいぶ薬が効いたみたいで、送り届けたあと少し経ったころに電話がなって
「もう大丈夫だから迎えに来いよ」
「お前の家に泊まる」
「明日の出勤用の服も準備した」


御主人様の体調不良によって私の家に泊まれるようになったということは、
なかなか素直に喜べません。

「お前が元気ないから、そっちの方がめんどくさい」って言われました。

「夜ご飯は、うどんでも作りましょうか?」

「焼き鳥が食べたい」

「ダメですよ(笑)」

「もう治った」
「食べたいものを食べた方がいい」

「そうですけど(笑)」
「じゃあ、ちゃんと噛んで食べてくださいよ!」
「胃に負担をかけないように」


いつもの焼き鳥屋に着いて、どんどん注文する御主人様。
ビールも普通に飲んでました。

とにかく食欲があるなら元気です。


「砂ズリとか堅いものはダメですからね!」
「ちゃんと噛んでくださいよ!」
「なんなら、私が咀嚼してあげましょうか(笑)」

「いらない(笑)」


↑お店にいる間に、ちゃんと噛んでくださいよ!って何度言ったことか(笑)
実際、男の人は、よく噛まずに食べる人が多いと思います。
噛まないと唾液も出ないから、消化に時間も負担もかかるはず。


焼き鳥屋さんでは、終始大丈夫そう。
私の家に帰り着いて、一緒にお風呂に入って、パソコンで動画を見て。
動画を見てる間、ずっと首や肩、背中のマッサージをしていました。

↑また仕置き人動画で私はあばらを折られて(笑)


マッサージもあまり長時間するともみ返しがくるので、
30分ほどしたところでやめて、御主人様の膝の上へ。

「なんでここに乗るんだよ(笑)」

「だってここが1番御主人様に近いから(笑)」

少ししたら「重い(笑)」って言われてどかされて。
イスをもう1個もってきて、御主人様の足の裏のマッサージ。


私が髪の毛を乾かしにいった一瞬をついて、お菓子を食べてました。

「おなかすいた(笑)」

「大丈夫ですか(笑)」
「お昼過ぎに薬を飲んでから6時間経ちましたね」
「夜の薬も飲んでくださいね」

「さっき飲んだよ」


22時には一緒にベッドへ。
夜中、何回か気になって目が醒めましたが、御主人様はぐっすり寝ていました。
というのも、前回「腸炎」になって吐いたのは、夜中だったから。


朝方1回だけ目が醒めた御主人様が「今何時?」って聞いてきましたが、
それ以外はスヤスヤと寝ていました。

いつも夜中に何回か目が醒める御主人様だから、ちゃんと寝れて良かった。


5時には起きてお昼ご飯用のおにぎりを作り、御主人様の家まで送っていきました。

「どうですか?」

「なんかチクチクはするけど、我慢できないような痛みはない」




お昼におにぎりを食べた御主人様より電話。

「食べたあと、すぐにチクチクし出したよ」

「ちゃんと噛んで食べましたか?」

「そういやあんまり噛まないで食べたな(笑)」

「ダメじゃないですか(笑)」
「噛まないと、唾液も出ないんですよ!」

「胃酸がたくさん出るはずなんだけどな」

「胃が弱ってるんですよ」

「お前が俺の胃酸、吸い取ってるだろ!」

「吸い取ってません(笑)」


当分は、胃腸が弱っていると思うので、たくさん噛んで食べてくださいね^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

「私と毛玉、どっちが大事なんですか!」

洋服や靴など自分の身に着けるものや、自分の部屋を彩るもの。
そういうものに、強いこだわりがある御主人様。

この日は、JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)の
カーディガンを着ていました。一着3万円ほどするとか?


御主人様が運転中に、カーディガンの上から腕を組もうとしたら

「触るな!」って言われました。
「毛玉が出来る!」

そんな悲しい言い方しなくてもと思って、しょんぼり・・。


ご飯を一緒に食べながら、このときの話をしました。
ああいう風に言われて、悲しかったことを伝えました。


そうしたら御主人様から

「『私と毛玉、どっちが大事なんですか!』って言いたいんだろ」
って言ってきたので、

「それですよ!!!」って。

「毛玉(笑)」って答えるから

「私より3万円の方が大事なんですね・・・・」

「比べ物にならないだろうが!」


言いたいことは分かりますが、私が言いたかったのは、
他にも言い方があるのにいいい・・・・ということ。

いきなり「触るな!」なんて言われたら、そりゃ落ち込みます。

どれが触っていい服か触ってはいけない服か分からないから、
どんな服のときだって、次から洋服に触るのが怖くなります。


今度からは、どんなに邪魔って言われても
1度手を握ったらスッポンのように離さないんですから(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

騎乗位で御主人様逝く

御主人様とのエッチは、正常位がほとんどです。
いつも顔を見て、ベロチューしながら^^
今までに、御主人様が正常位以外で逝ったのは1回だけ。

御主人様の家の近くに私の家を探しに行ったあの日だけです。
あの日は、立ちバックでしたね^^


今回、騎乗位で御主人様が初めて逝きました。
もうビックリ@@!

私は騎乗位が苦手で、なんかどう動いていいのか分からない^^;
ので、御主人様が動いてくれます(笑)

でも・・・・・まさか騎乗位のまま逝っちゃうとは・・・・・。
しかも、逝ったあと、私にくっつくように言いました。

入れたまんま、お布団をかぶせて、そのままお休み(笑)
私は御主人様の首の下に手をまわして、
正座の姿勢のまま上半身を倒して、くっついてました。

10分くらい経ったら、「ほら抜け」って言われて。


なんだか、「初めて」は嬉しいものです^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

「今まで好きになった人で1番好きですか?」

なんとなく聞きたくなって、御主人様に質問。

「今まで好きになった人の中で私のこと1番好きですか?」

御主人様の答えは

「100番目(笑)」でした。


↑当然、バシバシ叩きました。



「お前がアホなこと聞くからだろうが!」

「だって聞きたくなったんだもん!!」


クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様の社員旅行についていく?!

4月に、御主人様の会社では、社員旅行があるそうです。
宿は、2つ隣の県。

「お前も来いよ」

御主人様から聞いた宿を調べると、まだ空いてそう。
値段も1泊12000円くらいで、泊まれない値段じゃありません。


「せめて帰りは一緒に帰れますかね?」

「行きもお前と一緒に行くよ」
「2人の車で行くんだろ?」

「社員旅行なのに、会社の人と一緒に行かなくていいんですか?」

「いいよ」
「宴会が終わったら、お前と一緒に過ごそう」
「帰りは、観光して帰ろうや」
「俺、そこは行ったことがないんだよ」
「お前が大好きな『初めて』だぞ(笑)」

それを聞いた私の顔を見た御主人様が「キラーン」って言いました(笑)


きっと私がそんな表情だったのでしょう(笑)
だって、御主人様が他のどの女の人とも行ってない場所!!
そりゃあ、「キラーン」ってなります^^


行きも帰りも別行動すると、会社の人には言ってあるそう。
それを聞いた1番仲がいい同僚さんは、

「彼女がどうせ一緒に来るんだろ(笑)」って。

するどい(笑)

「来ないよ(笑)」って誤魔化してるそうですが、絶対バレてる(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

「俺が使うのはお前だけだからな」

ある週の夜。

月曜日:私の帰宅が深夜近くで逢えず
火曜日:一瞬だけ逢えた
水曜日:御主人様同僚ミスで落ち込んでそのまま帰宅
木曜日:私が出張で不在
金曜日:20:30-20:55まで逢えた

こんな平日の1週間がありました。
月曜~金曜までで、たった2回しか逢えないのは珍しく、
この週はほぼ逢えない週でした。

火曜日は、御主人様の帰宅が遅くて、私の家に着いたのは21:30くらい。
もう自分の家に帰ったら22時近いです。
それからお風呂に入って、ご飯を食べて(茶碗を洗って・・・・・)。
朝の5時とかには起きてるはずなので(お風呂やトイレ掃除とかもしてるはず)
23時に寝れてもやっと6時間睡眠です。
でも、そうなるとご飯を食べて10分後とかに寝ることに。
健康に良くないです。。。

なので、この日は、もう私の家には寄らずにまっすぐ帰ってくださいと言いました。
でも、月曜日に逢えなかったから、無理して来てくれました。
本当に一瞬だったけど、来てくれてギューってしてくれました。
逢えて嬉しかったし、逢いに来てもらって嬉しくて、やっぱりワンワン泣いてしまって。


「明日はもっと一緒に居てやるからな」
「お前が喜ぶ顔を見るだけで、俺は満足(笑)」



でも、その明日は、結局御主人様の同僚のミスにより、結局帰りが遅くなってしまい・・・・。
職場を出たのが21:00少し前。
「今日はもうそのまま帰るぞ」って言われて、しょんぼり・・・・・。
でも、帰り道、ずっとずっと電話してくれました。
自分の家の駐車場に着くその時まで、ずっと話をしてくれました。

そして木曜日は、私が出張で不在。

で、ようやく金曜日。
20:30-20:55まで逢えました。
火曜日に一瞬逢ってから3日ぶり。
凄く久しぶりに逢ったように感じます。

この1週間ほど前から、「そろそろ一発やるか」と言われていましたが、
あいにく生理になり、そして逢えない日が続き。


「金曜日は一発やって帰るからな!」
「もう溜まって腫れてきた!!」
「Tバックでも履いて待っとけ」

確かにえっちもしたいけど、久しぶりに逢えたから、
ただ抱きついてギューってして、チューできたら満足。
そして、首が凝って痛いって言ってたから、首のマッサージをしたかったのです。

首のマッサージをしてたら

「いいからこっち来て咥えろ」って。


「えっちは今日じゃなくてもいいですよ」
「今日は首のマッサージをしてあげたいです」

「いいから」
「溜まって腫れてるんだよ(笑)」
「早く裸になれ」
「感謝して咥えろよ」
「唾いっぱい付けろよ」
「使ってもらって嬉しいか?」
「俺が使うのはお前だけだからな」
「俺の性処理専用だからな」
「お前以外とはしないんだからな」


フェラの最中に首輪をつけてもらって、正常位で入れてもらって。
御主人様の「お前だけ」が嬉しくて、えっちしながらまた泣いて。


「まだ逝くなよ」

たくさんベロチューしてもらって、凄く気持ちよくて。

「御主人様、逝かせてください」

「逝けよ」

何回も逝かせてもらって、御主人様にも中で出してもらって。

中出し用のバスタオルに、ドロっと出てくる白い液体。

「なんかたくさん出てきましたよ;;;」

「出たんじゃなくて、出してるの!」


私は、いつまでも、いつまでも「お前だけ」であり続けたいです。


クリックしていただけると嬉しいです^^

「俺がなんかある時はお前もそうだからな」

ある日、御主人様の会社の同僚がミスをしてしまったそうです。
その人は、御主人様が1番仲良くしている人で、
私も会ったことがある人です(飲み会の帰りに車で送って帰った人)。

そのミスというのは、元々会社より注意されていたことだったのに、
普段から仕事をする上で守っていなかったために起こったそうです。



私の御主人様は、そういうところはしっかりしていて、
仕事上でのルールは必ず守ります。

しょっちゅう「コンプライアンス」という言葉を使っていました。
「コンプライアンス」とは「法令遵守」という意味です。
つまり、法律や倫理(道徳)にのっとった企業活動を指す語です。

だからこそ、私は御主人様との常識の違いにビックリし、ショックを受けました。
そういう決まったこと、守らないといけないことは、
ごくごく当たり前に守る人だと思っていました。

「決まってることはその通りにしないといけない」
そういう話を仕事中の御主人様から何回も聞いていました。
そして、私はそういう御主人様のことを心から尊敬していました。

「さすが私の御主人様」
そんな誇らしい気持ちでした。

以前、何回か御主人様の仕事に同行させてもらったことがあるので、
御主人様の働く姿や仕事への姿勢も見てきました。
単にお金をもらったら終わりではなく、本当にその人のことを考え、
その人のための仕事をしていました。
私はそんな一生懸命で真面目で誠実な御主人様を誇りに思っていました。

だから「捕まらなければ何をやってもいい」と言った御主人様のことは、
今でも理解できていません。
以前、御主人様が自分で言っていたことと矛盾しているから。
私の中で最初に感じた御主人様のイメージと重ならないのです。

それでも、「それが俺なんだ」と言うならば、
そういう御主人様も受け入れていかなければなりません。

大きく異なる価値観は、日常生活の小さな言動に影響を与えます。
日々の生活で、常々違和感を感じていたら、それは居心地の悪さにしかなりません。

この「常識」に関する違いは、今後の課題だと思っています。
でも、御主人様と私ならば、どんなことでも、ちゃんと着地点を見つけられる。
そう信じています。
私は、御主人様のことを「運命の人」だと思っていますし、そうだと断言できます。
だからこそ、私は御主人様には「心から尊敬できる人」であってほしいと思います。

だって、『私の御主人様だから』
理由はこれだけ。

わたしは、ちょっとやそっとじゃ、その人を「御主人様」とは認めません。
私が、心から尊敬し、自分の命までをもかけられる人でないと。
こんなに素敵な人が私の御主人様なんです!!!って。
私が「主」と認めた人だから。
私の愛する人だから。



この1番仲の良い人がしてしまったミスは、多くの人に迷惑をかけることに。

「してはダメ」と言われたことを、そもそも守っていたら。
そんな人的ミスでした。
ただ、今までがどうにかなってたから。
今までがラッキーだったのです。

タイミングだけの問題で、起こるべくして起こった災難でした。


御主人様が私に帰り道、その話を電話で教えてくれました。
「らしくないよなぁ」

仲が良い人だし、仕事ができると認めていた人だったから、
御主人様も凄くショックを受けていました。

そのミスのために帰りも遅くなってしまい、
「今日はお前の家には寄らずにこのまま帰るよ」

御主人様まで落ち込んでいました。



翌朝、いつも通り、6:30過ぎにおはようメールが来ました。
いつもはLINEの音で目が醒めるのに、全く気づきませんでした。

目が醒めたのは7時過ぎ。
げ!御主人様、もう仕事始めてる。。。
朝の電話できなかったああああああ。

「おはようございます」って返事をします。
すぐに電話が鳴りました。
たまたま1人だったみたいです。

「お前のことだから、俺の心配して寝れなかったんだろ?」
「そんなことだと思ったから、そのまま寝かせてやった」
俺に何かある時はお前もそうだからな

よくお分かりで。

「同僚さん、どうでしたか?」

「とりあえずは元気だったよ」

そう話す御主人様の声も元気そうでした。
良かった。


クリックしていただけると嬉しいです^^

55555

久しぶりにゾロ目に遭遇^^
それだけ(笑)


約1年前に初めたブログ。
1日に約150人が見てくださっています。
すっごく嬉しいです^^


55555.png


クリックしていただけると嬉しいです^^

「お前に任せたら百人力だからな(笑)」

私もそうですが、御主人様も仕事で運転をすることが多いです。
私の場合は自分の車ですが、御主人様は会社の車。

高速道路に乗るときは、会社のETCカードを預かるそうです。

この日のお昼寝の目覚まし電話のあとに、実は一騒動あったそう。
ETCカードを失くしてしまったと!

結局、ETCカードは無事に見つかったらしいのですが、
御主人様にしては、ありえない不注意です。
そういう失くしものをするようなタイプの人ではないのです。

無事にETCカードが見つかってから、私に実はこんなことがあったと、
教えてくれました。

「肝冷やしたね」
「無事にあったから良かったけど」
「お前に言えば、心配するのが分かってたから言わなかったんだよ」
「探しにくるって言い出しそうだからな(笑)」

「ほんとですよ!」
「私がETCカード探します!って言いますよ(笑)」



その夜、御主人様は仕事が忙しくって、終わったのは20:50。

「今日は遅くなったから、そのまま家に帰るよ」
「疲れた」
「せっかく逢えるのを楽しみにしてるのに、悪かったな」

「昨日も遅かったから、ゆっくりしてください」
「大丈夫ですから」
「毎日無事に帰ってこれたら、それでいいですから」

「明日は帰りにブチュってしてやるからな」
「明日からさ、昼寝のあとの目覚まし電話のとき、ETCカードについて俺に聞いてくれよ」
「お前に任せるのが1番だ」
「お前が1番信用できる」
「お前に任せたら百人力だからな(笑)」

「はい><」

「どうして泣くんだよ(笑)」

「だって、嬉しいんですもん><」

御主人様が私のことを心から信用してくれる。
どんな言葉よりも、その信用が私を幸せにしてくれます。


クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様、仕事の呪い吹き飛ばす!

以前、御主人様が仕事のことで、落ち込むことがありました。


参考記事
お前だけだからな


別に何にもミスしたわけじゃなかったので、
結果オーライでした。
が、御主人様的には不満足だったのです。

それ以降、そのことに関する仕事のときは、
やっぱり平常心とは別の感情が動くようでした。

かといって、その仕事だけを避けて通るわけにもいきません。
次、他の仕事と同じように何事もなく、
100%で出来るようになるしかないのです。

前回だって、結果だけ見れば100%で出来ています。
ただ、そこまでの工程の中で、御主人様的には不満足な部分があったと。
あとはどうすればもっと満足度の高い仕事に仕上げられるかを、
自分なりに研究するしかありません。


そして今回。
その呪縛からようやく解放されたようです^^

私がずっと「呪い」だと呼んでいたその仕事を、何事もなくやり遂げたと^^


呪い吹き飛ばし


クリックしていただけると嬉しいです^^

置いてきぼりにされたような感覚

自分でも不思議なのですが、前々から何でだろう?って
思っていることがありました。

最近、その訳が分かったような気がしています。

他の人が聞いたら、「は?なんで?」って思うようなことでしょうが(笑)


御主人様が私のことを置いて、先に歩いて行ってしまったとき、
私は泣きそうになるんです。
迷子の小さい子どものように、不安になるのです。
別に見えなくなったとか、本当に見失ったとかではなく、
数メートル先に見えているのにです。

それなのに、先に歩いて行ってしまわれると、不安で仕方がないのです。
凄く心細くなって、怖くなるというか。

特に階段でそう思うことが多くありました。
それまでは手を繋いで歩いてくれていたのに、
階段となると、手を離して1人でどんどんと行ってしまいます。


あるとき、本当に泣いてしまって、置いて行かないで欲しいと
お願いしたことがありました。


それ以降、階段でも手を繋いで歩いてくれるようになったし、
車を出て少し先に歩いて行っていたとしても、
途中で私の方を振り返って立ち止まり、手を差し出してくれます。

私はそれを見て、駆け足で近づいて、その手をギュッて握るのです。
これで、私は安心感を得られるのです。


どうしてそんなに不安になるんだろう?
置いて行かれたように感じるんだろう?
そこにいるのに。見えてるのに。

ずっと考えていました。
そしてある日、なんとなく理由が分かったのです。

私の感情は、必ず過去のどれかとリンクしてるはず。
つまり、過去自分に起こった何かと関係しているはず。

考えられることは1つだけ。
昔のイジメの記憶。


私は昔、イジメにあったことがあります。
だからこそ、言葉の使い方や表現の仕方には人一倍気を遣っています。
それほどに、言葉の暴力に苦しめられたから。
そう、死にたくなるほどに。

言った方は忘れても、言われた方は忘れない。


あのとき、私は移動教室のたびに、クラスの全員が移動してから、
一人ぼっちで移動していました。
誰も一緒に行ってくれる人はいませんでした。
クラスの人が見えなくならないくらいの距離を保ちつつ、
近付き過ぎもしないように。
(あまり近付き過ぎて聞きたくない言葉を言われたくないから)



たぶん、私はそのときの感情とリンクさせてしまっているのかもしれません。


クリックしていただけると嬉しいです^^

「お前がバイトしている本当の理由は分かってるから」

ある日の夜、御主人様が私の家に泊まってくれました。
それは急遽決まって、私はその日20:30までバイトが入っていました。

バイトを始めたときは19:30までという契約だったので、
それなら御主人様の仕事帰りに逢うのに、あまり差し支えないだろうと思って、
平日の夜にバイトを入れました。

御主人様が定時にあがれることは滅多になく、早くても18:30とかが多いので、
そこから1時間ほどかけて帰ってくるなら、私の帰宅と同じくらいの時間になります。

しかし、バイト先にも事情があり、開始時間が遅くなってきたために終了が20:30に。
仕方ありません・・・・。
最初から20:30までとなっていたらそもそも受けてないですが、
途中から変わってしまった分は、どうにもできないです。

御主人様が20:30くらいまで残業があることも多いので、まったく逢えないわけではありません。
が・・・・・世の中とは無情なもので、私がバイトが無い日は御主人様が遅くまで残業で逢えないとか、
私がバイトがある日に御主人様が定時にあがれてそのまま自宅に帰ってしまったり・・・・・。

もおおおおおお!!!って感じです。



そして、このお泊りが出来る日も、御主人様はほぼ定時に仕事が終わってしまって・・・・・。

「わたし20:30までバイトなんですよ;;;;」

「仕方ないな」

「夜ご飯どうします・・・?」
「先に食べておきますか?・・・・」

↑前に、仕事で疲れてお腹も減ってるんだから、先に食べててくださいって言うのが、
思いやりだろ!!!って言われたから、待ってて欲しいとは言えず。


「一緒に食うよ(笑)」

「分かりました!」
「バイトに行く前に下準備はしておくので、帰ってきたらすぐにご飯にしましょうね!」

「先にお前の家に行っておくよ(笑)」
「早く帰って来いよ(笑)」

「はいーーー^^」



バイトが終わって、猛ダッシュで帰ります。
その日は小雨が降っていました。
車をどうしたかな?って思っていると、いつもの場所にとめて歩いてきたそう。

「雨が降ってたのに、うちまで歩いたんですね><」

「大丈夫だよ」

「お待たせしました;;;」

「お前がバイトしている本当の理由は分かってるから」


すごく嬉しかったです。
私がバイトをしている理由。
それは単なる暇つぶしではありません。
もちろん、暇というのもありますが、それが本当の理由ではありません。

ちゃんと御主人様にはそのことについて話してはいませんが、
言わなくても分かってくれています。

私がバイトしている理由は、「2人の将来のため」
それを分かってくれているから、逢えない日がたまにあっても、
逢える日に待たせてしまっても、一言も文句を言わないでくれます。

私だって、毎日毎日逢いたいです。
私がバイトしていなければ、御主人様の帰りの時間に関係なく、ほぼ毎日逢えます。
逢えても、たった3分だけとかもあります。
それでも、逢いたいのです。

バイトをすることで、御主人様との時間は確実に減ってしまいます。
そんな逢えるか逢えないか分からない賭けのようなことまでして私が働く理由。
それをきちんと分かってくれています。
そう、今しかできないことだから。

一緒になったら、私はバイトをすることはないです。
だって、その時間は私が美味しいご飯を作って帰りを待っていたいから。
疲れて帰ってきた御主人様を、あたたかい笑顔とご飯でお出迎えしたいから。

だから、今は、『待ってる時間』を私なりに有効活用させたいのです。

いまは、平日に3回(月・水・金)、土日のどちらかの午前中、そして土曜日の午後。
土曜日の午後の分は、20:00まででしたが、お願いして4月から18:00までに変えてもらいました。
これで御主人様が定時にあがっても、すごく遅くなって直帰しない限り、土曜日は逢えます。

これで月に50,000円ちょっとになります。
たまに逢えなくもなるけど、でも出来る限り御主人様と逢える時間を削らないようにしながら、
月に給料とは別に50,000円ほど稼げるなら、まぁまぁ上出来ではないでしょうか?

新しく車も買ったりして、バイト代全部を貯金にはまわせていませんが、
でも少しずつであっても、塵も積もればなんとやらです。

そして日曜日も午後はフリーにしているので、万が一御主人様がちょっと逢えるって言ったら、
すぐに飛んでいけるようにしています。


クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様、初めての絵文字 C: ミ

腸炎から復帰して仕事に行き始めた御主人様。
やっとやっとやああああーーーっと逢える!!!

でも・・・・・・その日の御主人様の仕事は早く終わって、
私のバイトが20:30まで。結局、逢えないことになりました。

夕方、今日の仕事が早く終わるから逢えないって電話があって、
しょんぼり・・・・・。
でも、まだまだ全快ではないと言っていたので、
早く帰れるなら、少しでもゆっくりして欲しいので、我慢です。

電話を切ったらすぐにLINEが来ました。
仕事用の電話がなり、すぐに返事が出来ずにいると、無視されたと思ったらしく(笑)


絵文字1


「仕事終わったぞ」

「お疲れ様でした!」
「帰りも気をつけて!」

「お前もバイト頑張れよ」
「気をつけて帰ってこいよ」
「バイトから帰ったら教えろ(笑)」



「ただいま^^」

「おかえり」

「体調はどうですか?」

「少し楽になったよ」

「少しでも楽になって良かったです^^」
「ゆっくりと休んでください」


絵文字2
絵文字3



↑泣き虫顔のシャメ添付


絵文字4



そしてようやく逢えました。
御主人様と私は一心同体。
御主人様の元気がないときは、私も元気がありません。
健康でも元気じゃないのです。
そんな私の声を聞いて、仕事中に何度も電話をくれました。

「お前が元気ないから声を聞かせてやる」
「元気出せよ」
「俺不足だな(笑)」

「御主人様不足ですね(笑)」

「もう何日逢ってないんだよ?」

「3日です」

「3日も経つのか」
「俺の顔、忘れたんじゃないか?」

「覚えてますよ〜(笑)」
「御主人様こそ、私の顔忘れたんじゃないですかぁ?」

「ほぼ忘れたね(笑)」
みょ〜んって顔してるんだろ(笑)

「みょ〜んなんて顔してませんよ(笑)」

「あとで確かめてやろう(笑)」
「あとで行くから待っとけよ(笑)」
「でも、健康には気をつけないといけないな」
「お前と2人で青汁でも飲むかね(笑)」


夜、御主人様が仕事帰りに寄ってくれて、抱き付いて、チューして。
顔を目の前で見れて、やっと本当に安心しました。
元気そう。
安堵の涙が止まりませんでした。

泣きまくる私の顔を舐めたり、拭いたりしてくれました。
たくさんたくさん抱きついて、ちゅーして。

私のために、健康で長生きしてください。


クリックしていただけると嬉しいです^^

「みょ~んは?」

2月の御主人様は「体調不良月間」でした。
インフル疑惑で高熱にうなされ、そして2月下旬は「腸炎」に。

ある日の朝、出勤中の御主人様からの電話。
いつもより30分も早く6時に電話が鳴りました。

何があったんだろう?って思って電話に出ると
「夜中に吐いた」って。

以前も、胃が痛くなったときがあって、痛むときは病院に行くって言ったけど、
結局痛みがとまったために、御主人様はそのまま放置していました。

参考記事
タナゴダッシュ!!!


でも、私はずっとずっと心配していました。
そして今回の「吐いた」発言。
夕方早めに夕食を取って早く寝たらしいですが、
夜中に吐いたとき、まだ未消化だったと。


相当きつかったと思います。
いつもより早く着いた御主人様が、

「ちょっと寝る」
「あとで起こしてくれ」

言われた時間に電話をかけます。
昨夜、ほとんど寝れなかったらしく、ぐっすりと寝れたみたいです。

「今日さ、仕事帰りに病院行こうと思う」
「俺の職場の近くで胃腸科探してくれんか?」

いつも通りに仕事を開始した御主人様。

でも8:00過ぎに

「キツイ」ってメールがきました。
御主人様が弱音を吐くなんて相当のキツさ。


「まだ吐き気がありますか?」

「お前は体調大丈夫か?」
「吐き気は少しある」
「でも、もう吐くものがない」

「私は元気です」
「調べたら、この胃腸科が良さそうでした」
「予約したほうがいいと書いてありました」
「午後は手術が入ることもあるらしいので、もし行けるなら午前中が良いと思います」
「病院、仕事帰りではなく、もっと早く行かせてもらえないですかね?」

「昼休みに予約したよ」

「気をつけていってらっしゃい!」


病院に行った御主人様よりメール
「これからレントゲンと採血する」
「あと点滴してくれるって」
「熱も38度台あった」

「熱も高かったんですね」
「きついわけです」

それからメールがこなくなり、私も仕事で会議でした。
16:30に心配になってメールします。

「もう自宅に戻りましたか?」
「どうですか?」
「ゆっくり休んでください」

そのあとすぐに電話が鳴って、

「今終わったよ」
「こんなに長く病院にいたの初めてだ」
「点滴してもらってた」
「ずっと寝てたよ」
「こんな風になって情けないよな・・・・・」

「仕方ないですよ」
「御主人様が苦しんでいる時に、そばに居れないのがつらいです」
「私が看病できたら・・・・」

その夜はもう逢うことなく、家に帰ってゆっくりと休んでもらいました。
夜中に目が醒めたらしい御主人様から「愛してる」ってLINEがきていました。
そして、朝になって、少し元気になっていて、ほっとしました。

「回復してきた」って見て、喜びのスタンプを送ったら
みょ~んは?」ってエラスタンプの催促がきました(笑)


みょーんは?
みょ~んは?2



この日までお仕事を休んだ御主人様。
会社から休んで治療に専念するように言われたらしいです。

お昼すぎ、LINEがきました。
みょ~んと?何してる?」って(笑)
もはや使い方が変(笑)



みょ~んは?3
みょ~んは?4


そして夕方。
御主人様から電話。
1人になれた時間を見計らって電話をくれたみたいです。

御主人様の声を聞けて、今まで我慢していたものが全部溢れ出てしまいました。
号泣でした。

まだまだ全快ではなさそうだったけど、声が聞けた。
良かった。
無事だった。


電話が終わってから

「声が聞けて良かったか?」
「明日はエラを引っ張ってやるからな(笑)」

「ホッとしました」
「まだ元気がないけど、気が抜けました」
「良かったです」

「元気なかったか?」
「まぁ・・・・初めての痛みだったからな」
「明日には回復するよ」

「まだ声に元気なかったです」

なら明日、お前の顔を見たら元気になるよ(笑)

「はい^^」

↑ 「お前の顔を見たら元気になる」って、魔法の言葉です^^




そして御主人様がやっと仕事に復帰した日。
同僚たちから

「遊びすぎ」
「彼女[←私のこと]のマンコやお尻の穴、舐めてるから腸炎なんかになるんだよ(笑)」って言われたって(笑)

「誰も俺の心配なんてしてない(笑)」って笑ってました。

↑私が病の根源になってる(笑)
腸炎の数日前には、舐められた記憶はないので、私の菌ではないはず(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

発言を撤回する?!

ニュースで国会議員の問題発言について報道しているのを聞いて、
違和感を覚えました。

「発言を撤回します」という発言。


発言を撤回するということは、自分が言った言葉をなかったことにする。
つまり、言ったけど、言ってないことにする。


そんな虫のいい話がありますか・・・・・・?


厳密な意味を調べると、
『言ったことが間違っていたと認めて、なかったことにすること』とありました。


うーーーーーーん・・・・・・・

これは、私個人の考えですが、
1度自分の口から発した言葉は、言わなかったことにはできないと思っています。
それが出来るなら、
『何を言っても、あとから撤回すれば構わない』ということになると思うんです。


たとえば、「死ね」という言葉。
あとから「撤回」すれば、それを言ったこと自体が帳消しにされるのだろうか?

言われた本人が傷ついたりショックを受けたりした、『心の痛み』は?
1度受けた心の傷は、あとから謝られたとしても、決して消えることはありません。

言った本人は忘れるかもしれないけど、言われた方は一生覚えているのです。
(私なんて特にそういう記憶力が半端ないので・・・・・言われたときの表情から全部覚えてます)

だからこそ、 『言葉は大切にしなければならない』と思っています。

『言葉は刃物』
簡単に人の心を傷つけ、殺すことができるのです。


言葉で人を攻撃することは簡単です。
でも、1度発した言葉は取り戻せない。
そして、失った信用は2度と戻ってこない。
そう思います。


クリックしていただけると嬉しいです^^

住民票とベンチとバッグ

ある平日、この日は御主人様のお仕事がお休みでした。
平日にお休みだと、仕事帰りに逢えないし、通勤中の電話も、
お昼寝後の目覚まし電話もないしで、私にとって最悪~~~~な日なのです。

それでも、「おはようメール」はしてくれるし、日に何回かはメールをくれます。

この日のお昼、家で仕事をしていたところに御主人様から電話がなりました。

「今から住民票取りに行くから、お前も来い!」
「逢えない日に逢えるぞ(笑)」

「行きまーーーーーす^^」

御主人様が住んでいるところに引っ越した甲斐があります^^
すぐに逢いにいけます^^

役所の駐車場で合流し、手を繋いで役所内に入ります^^
嬉しい~^^
幸せ~^^

御主人様が手続きをしている間、2人がけのベンチの右側に座って待っていました。
書類ができるまで2人で座って待機。
私の左側に座る御主人様。
2人の間にバッグをおいた御主人様がすぐにバッグを自分の左側にどけながら、

「お前がうるさいから左側にバッグ置こう(笑)」

「何にも言ってませんよ(笑)」

「1分後には言うね(笑)」
「2人の間にバッグ置かないで!って」
「うるさいから先にどかす(笑)」

駐車場で合流し、住民票を受け取り、駐車場でバイバイするまで10分くらい。
駐車場でチューしてもらって、お別れしました。
逢えて嬉しかったです。

離れるときとても寂しくて、目がなんか訴えていたらしいです。

「目がうるさい(笑)」って言われました。


クリックしていただけると嬉しいです^^

必殺仕置人ごっこ(笑)

御主人様は「必殺仕置人」が大好きなのです。

「必殺仕掛人」とは別シリーズです。

こちらの中心人物は、『念仏の鉄』という元僧侶の骨接ぎ師。
最後死ぬ瞬間も女遊びをしながらという女好き。
刀や鉄砲といった道具は使わずに、素手による「骨外し」が必殺技。
二本の指で相手の腰骨や喉を破壊し、死に至らしめます。

私の家にお泊りするとき、よくパソコンで「必殺仕置人」を見ています。
仕置タイムに流れるBGMを口ずさみながら、大好きな念仏の鉄と同じジャスチャーをしています(笑)
そしてその標的にされるのは、もちろん私(笑)

鉄と同じように2本の指で私のあばら骨を攻撃してきます(笑)
全然痛くはないのですが、くすぐったい!

そして、今回は中村主水さんの役も同時進行で演じていて、
BGMのみならず動画の台詞まで口ずさむ御主人様。
私は刀で切られたり指で骨を折られたり(笑)

逃げても追いかけて切られました(笑)



やっと動画が終わり、お風呂にようやく入れました。
御主人様が先に入っている間に、洗濯物を回します。

「歯ブラシ取ってくれ」
「ちゃんと歯磨きしてえらいだろ?」

「えらいです^^」

湯船につかりながら歯磨きしていて、私がお風呂場に入ったくらいに
ちょうど終わったので、シャワーを口の中に注いであげました。

立て膝でシャワーを持っていた私の上半身めがけて、
ペって吐き出す御主人様。

「すると思いました(笑)」

「仕置き完了」

「まだ続いてたんですか(笑)」

「楽しかろうが(笑)」

「楽しいです(笑)」

そのあと、湯船に入ったまま立ち上がり、湯船の外にいる私に向かって(お)しっこ。

「寒かろうと思ってかけてやった(笑)」
「優しいだろ?」

「確かに温かいですけど(笑)」


クリックしていただけると嬉しいです^^

新車、初めてのオイル交換

御主人様と私の2人の車の走行距離が1000キロになりました。
初めてのエンジンオイル交換です。
1000キロになるまでは3000回転以上にならないようにとか、
色々と教えてもらっていました。


御主人様より
「店に着いたら電話しろ」
「どれにしたらいいか分からんだろ?」と。


お店に着いてから、仕事中の御主人様に電話します。

置いてあるオイルの種類と金額を読み上げていく私。
初めてのエンジンオイル交換だから、良いものを。


たまたま会社にいるときに電話を取ったらしい御主人様。
「違いますよ(笑)」って言ってる声が聞こえてきました。
会社の仲のいい上司が、小指を立てて「彼女?」って聞いてきたらしいです(笑)


オイルが決まり、レジへ。

「上抜きでいいですか?」って聞かれて「@@?」ってなりました。

今まで何回もエンジンオイル交換をしたことがありましたが、
初めて聞かれたし、初めて聞いた言葉だし・・・・・。

意味が分からない!!!

「上抜きってなんですか?」

「下抜きと上抜きという2種類の方法があります」
「下抜きは下についているネジを外してオイルを抜く方法で、
上抜きは上からホースを入れてオイルを吸い出す方法です」


聞いた感じでは、「下抜き」が良さそう?

迷惑かと思いましたが、もう一度仕事中の御主人様に電話。

「上抜きでいいですか?って聞かれたんですけど><」

「下抜き」

「はい!」

はぁ・・・・聞けて良かった;;;

前にエンジンオイルで喧嘩したときは、
御主人様が家にいるかも(奥さんと一緒にいるだろう)と思って、
聞きたいことがあっても電話できず、あとからなんか凄い怒られて・・・・。

今回はちゃんと電話で確認できました^^
そして、エンジンオイル交換も無事に完了^^

またドライブ行きましょうね~~~^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様のスーパー洗車!

前々から、「新車を洗車してやる」って言われていました。

ガソリンスタンドのドライブスルー洗車だと、傷がつくかもしれないから、
「手洗い洗車」ができる場所を探してくれました。

私はその「手洗い洗車」なるものの経験がありませんでした。
単に水道が使えて、自由に洗える場所くらいのイメージでした。

その場所に着いて衝撃的でした。
なにこれ@@
面白い!!!


そこでは、無料洗車セットというものがあり、
登録したらバケツとかスポンジとか貸してくれます。
なんて便利!

必要な道具を借りて、さっそく洗い場へ。
今回私たちがしたのは、800円の15分コース。
①高圧水洗浄
②泡洗剤吹き付け
③手洗い洗浄
④高圧水洗浄
⑤撥水コート剤塗布
⑥高圧水仕上げ

どうやってするんだろう?って興味津々で見ていると、
なんかホースみたいなのから凄い勢いで水が出てきてる@@
しかも水が出る時間が決まってる@@
自由にゆっくりできないの?!

この最初の水は90秒。
その時間で車全部を濡らさないと!
モタモタしてたら水が出なくなっちゃう!

私はカウンターのそばにいて残り時間をカウント。
同時に洗車中の御主人様の写真を撮っていました。

「予想通り何にも役に立たないやつだな(笑)」

「もともと期待してないですよね(笑)」
「私はカメラマンです!」

初めての手洗い洗車が楽しくて、御主人様の写真いっぱい撮りました(笑)

90秒経ったら水が出なくなって、そのあとSTARTってボタンを押すと、
なんか泡がたくさん出てきました!!!
すごーーーーーーーーい@@
たのしいいいいいいいいいいいいいいいい^^

↑私は何もしないで見てるだけだから(笑)
この日は寒かったし、夕方だったし、御主人様は大変だったはずです・・・・・(笑)


手洗い洗車


70秒間の泡のあとは、7分間手洗いの時間です。
スポンジを場所に応じて数種類使い分けていました。
脚立に乗って、屋根の上も全部洗ってくれました。

そのあとまた凄い勢いの水で泡を落として、撥水コート剤を吹き付けて、
最後に高圧水で余分な撥水コート剤を洗い流して終了。


あとはタオルで全部綺麗に拭き上げます。
この拭き方もやり方があるようで、私は指示されたところだけ拭いていきます。


奴隷の車を真冬に冷たい水の被害に合いながら洗ってくれる御主人様も、
なかなかいないと思います^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

お祝いでお寿司リベンジ

最近、御主人様が仕事関係で良いことがありました^^
なので、そのお祝いに行ってきました。

場所は、御主人様の誕生日祝いのはずが喧嘩しながら行った、まわらないお寿司屋さん。

参考記事
御主人様の誕生日(2日前に別れ話)


いつかリベンジしたいとずっとずっと思っていました。
今度は、楽しく美味しい食事にしたい。
このお店でのイヤな思い出を、良い思い出として上書きしたい!

お店の開店時間は11:30
すごく混むのは分かっているので、10:50くらいに到着。
それでももう並んでいました。
私たちは風が当たらない建物内のイスに、ギリギリ座って待つことができました。

オープンまで、御主人様のマッサージをしながら待機。
首がやたらと凝っていたので、ひたすら首のマッサージをしていました。

11:00になった頃には、もう長蛇の列。
後ろが見えないほどの列・・・・・・・・。
この寒い中、そとで待ってる人たちはかわいそう;;;

11:30になってオープン。
前回もカウンターに座り、今回もカウンター。

「今日はムゥムゥするなよ!」って何回も言われました。。。
今回は、とってもとっても楽しい食事でした。
11:30~13:00くらいまでいたと思います。

わたしたちは、ランチセットみたいなものは頼まずに、
1品1品好きなものを頼んでいきました。
予算は2人で1万円。
年末調整で返ってきた金額のうち、1万円はこのお祝い用に取っておきました^^
1品1品頼んだ方が確実にお高いのですが、今日は御主人様のお祝い^^


・カワハギの刺身(肝をつける食べ方で最高!)
・まぐろの中落ち
・あん肝(あんこうの肝臓)

・鉄火巻き
・イワシ
・赤身
・焼きあなご
・のどぐろ
・タラの焼き白子軍艦
・トロサーモン

・茶碗蒸し
・あら汁(前回からの因縁の1品!!!)

・瓶ビール
・熱燗(あつかん)
・八海山(はっかいさん) ←新潟の地酒(日本酒)


私はわさびが食べられないので、さび抜きにしてもらいました。
鉄火などは頑張ってわさび付を食べました><

今回も「あら汁」は1つだけ。
でも、2人で仲良く一緒に食べました。
前回の1つだけと、今回の1つだけは雲泥の差です!

茶碗蒸しも2人で1つを仲良く一緒に食べました。

目の前のカウンターにいる職人さんが見ていようがおかまいなしに、
あら汁の魚や茶碗蒸しを「あ~~~ん」って御主人様にしてあげました(笑)
あら汁に「柚子こしょう」を入れる御主人様。

「待って!私が飲むまで混ぜないでください;;;」

御主人様が食べたあとに飲んだら、全く違う味になってました;;;

私は青魚の刺身を食べてきていないので、ちょっと苦手意識があります。
でも、今回普段食べないものを食べてみたら?という話になって、
苦手な青魚のイワシと、食べたことのない「のどぐろ」に挑戦。
どっちも美味しかったです!
きっとこのお店だからこその美味しさなんだと思います。

御主人様は「八海山」を飲んでご機嫌。
1ナメさせてもらいましたが、あの独特な喉が焼けるような刺激がなく、
スッと入っていく感じがして、とても飲みやすそうでした。

翌日になっても、「八海山うまかった・・・・」って言ってました(笑)

今回あのお店にリベンジできて、そして今までに2人で行った中でも一位二位を争う
満足度の非常に高い思い出となりました。

予算内にも収まり、お腹も心も満たされてお店を出ると、まだまだ長蛇の列が出来ていました。
30人くらいは並んでいたんじゃないかな・・・・・。
凄い人気だ@@

この日は少しだけ風が冷たかったですが、この上ない快晴。
雲1つない青空。
まさにお祝い日和でした^^

快晴



街をブラブラしてデパートやお店巡りデート。

御主人様が「お前のこと無視して手袋しよう」って自分だけ手袋つけたから
ブーブー不満たれました。
「手袋の上から手を繋いだって無機質です!!!」ってしつこく言いました(笑)

途中で私の父親への誕生日プレゼントを一緒に見てもらったりと、
ちょっとなんだか特別な気持ちにもなりました。

そのあと、御主人様がホーロー鍋を買っていました。
4000円くらい。
悩みに悩んで買っていました(笑)
あまり売っていないらしく見つけてしまった以上、欲しくなっちゃったみたいです。
私はもう御主人様が自分の家庭の鍋や器を買っても何も言わないようにしています。


「鍋買っちゃったよ」

「珍しいものなら良かったじゃないですか(笑)」

「俺の物欲は治らないな」
「無駄遣いしてるって思ってるだろ」

「治らないでしょうね(笑)」
「もう諦めてるので(笑)」

私は正直、無駄遣いとは思っていませんし、今まで思ったこともありません。
ただ、五万も十万もする靴などの金額を聞くと高@@!っとは思いますが(笑)
自分の中で「どうしても必要なもの」であれば買うべきだと思います。
そしてそれを大事に使うのであれば。

御主人様が誰よりも物を大切に扱うことを私は知っています。
物持ちがいいことも知っています。
だからきっと大切に長く使うと思います^^
(でも、奥さんも触ると思うので、一緒になっても私は触りませんけど)


帰る少し前に、トイレに行きたくなった私。
コインパーキング近くにはないので、デパートに入ることに。
そのデパートで、ちょっとトラウマというか負の感情に押しつぶされてしまった私。
あることに関係するものを見たりすると、気分が悪くなるのです。
それは日々の生活でもそうなので、スーパーや町中どこでもなります。
基本毎日なっています。
一瞬だけならなんとか我慢できるのですが、ちょっとあまりにも長時間だったために、
心臓の鼓動が速くなり息苦しくなってきました。
酸素が足りない。
息が苦しい。
吐き気がする。
(あんなに美味しいもの食べたんだから、絶対吐けない!)
なんとかトイレにたどりついて、気分を落ち着かせて。
ずっと我慢してたけど御主人様の顔を見たらほっとしたのか泣き出してしまいました。

去年までの御主人様だったら違う反応だったと思いますが、
私の気持ちを理解してくれて、イライラせずに私のことを受け止めてくれました。

ありがとうございます。

そのあとコインパーキング近くのコンビニに入り、カップに入った「しろくま」を買う御主人様。

「ここのコンビニに来るなら、無理してさっきトイレ行かなきゃ良かったですよ;;;」

「アイスが食べたくなった(笑)」
助手席でシャリシャリ削りながら食べてました(笑)
途中私にも「あ~~~ん」してくれて、2人で仲良く食べました^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様の家の冷蔵庫掃除

御主人様と奥さんがインフルエンザ疑惑になって、奥さんは10日ほど実家へ。
その間、御主人様から「出禁」を言い渡された以外は、私の家にお泊りしてくれました。

「俺の家の冷蔵庫の中身持ってくるから」
「冷蔵庫の中が減ってないと変に思われるからな」

御主人様が持ってきたもの
・キャベツ1玉
・とまと3玉
・ミニトマト20個くらい
・(ちょっとクタッとなった)しめじ大量
・里芋4個
・マッシュルーム5個


数日に分けて、これらを使った夜ご飯を作りました^^
・鶏団子の野菜たっぷり鍋
・トマトとアボカドのサラダ
・鶏肉としめじのグラタン
・里芋、大根、イカの煮物
・海老、マッシュルーム、しめじのトマトクリームシチュー


1つも無駄にすることなく、とても美味しいご飯になりました^^

前に人から「グリッシーニ」と呼ばれる細長いクラッカーのようなものをもらいました。
まずもって、この「グリッシーニ」なるものを知らなかった私。
私の家でこれを見た御主人様が

「お、グリッシーニじゃん」
「どうしたんだ?」

「もらいました」

「お前、食べ方知ってるの?」

「知りません(笑)」
「初めて見たんですから(笑)」

「生ハムを巻いたりして食べるんだよ」

「そうなんですか!」
「そのまま普通にボリボリ食べるのかと思ってました」

イタリアのものみたいなので、洋食を一緒に食べる日を待っていました。
今回その出番がやっときたので、生ハムを買ってきて、食卓に出しました。

「俺が生ハム巻いてやる(笑)」って巻き巻きしてもらいました^^

グリッシーニ





以前、グラタンを作った時に「ハバネロ」をかけて食べていた御主人様。

参考記事
グラタンとハバネロ

今回も、ハバネロ、かけてました。
食事の途中でくっつきにいってチューをせがんだら、

「風邪がうつるぞ(笑)」って言いながらマンコを触ってくる御主人様。

「ハバネロ触った手で攻撃してやる」って。

「いや~~~~~~~~~><」

ダッシュで自分の席に戻りました(笑)

↑もちろん、手にはハバネロついていません(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様インフル疑惑で、私が出禁(笑)

いつも元気な御主人様が風邪でダウン。
この月曜日は仕事が休みだったので、1日家で寝ていたみたいです。

2日前の土曜日に、会社にインフルエンザにかかった人がいたとかなんとかで、
もしかしたらインフルかも?って言っていて・・・・。

その土曜日の夜から私の家に泊まっていて、日曜日も夕方までデートしたので、
土曜日にもらってきたとしたら、私ももらっているはず。
土日であれだけちゅーちゅーしたんだもん・・・(笑)

でも、私は元気ピンピン(笑)
予防接種すら受けていない私はどうもなく、
予防接種を受けた御主人様がインフル疑惑。
(予防接種は受けても、かからないとは限らずかかっても症状が軽くなります)


翌日、やっぱり体調がよくないらしい御主人様。
熱が39度以上あり、ほとんど寝れなかったそうです。
どんなに体調が悪くても仕事を休まない御主人様です。
それは私も同じ。
(感染症は迷惑になるので休みますが)

そして、奥さんまでインフル疑惑みたいで、奥さんは実家に戻ったそう。
1週間くらいは戻ってこないとか?
なので、その日の夜から、私の家にお泊り。
熱が39度以上と聞いていたので、脱水症状にならないようにポカリを買っておきました。
栄養ドリンクも買って、スウィーティーもたくさん剥いて、ビタミンCの準備!

食欲もあるし、鼻がつまって寝苦しそうではありましたが、
おでこに冷えピタを張って、とりあえずは寝ていたので大丈夫そうかなーと思っていましたが、
水曜日の朝4時30分くらいに、「寒い」って急に震えがとまらなくなる御主人様。
ベッドの中で、もうこのまま死ぬんじゃないか?っていうほどにガタガタ震えていました。
暖房をつけて部屋を温め、後ろから抱き着いて御主人様の体を温めます。
解熱剤を飲ませてあげて、そのまま30分くらい待つと、やっと震えがおさまっていました。

この日も38度以上熱がありました。
それでも休まない御主人様。
お昼ご飯のおにぎりとポカリを渡して、5時30分には御主人様の家まで送ります。

仕事を定時にあがらせてもらい、帰りに病院に行った御主人様。
インフルは大丈夫だったのですが、まだ潜伏期間だったため、その日から逢わないことに。


インフル疑惑1


せっかく?奥さんいないのに、逢えないなんて・・・・・・。
うーーーーーー;;;
逢いたい!!!

インフル疑惑の御主人様から「出禁」を言い渡された私。
ふつう、私が「来ないで」って言うところなのに、逆に「来るな」って言われる始末(笑)
でも、逢いたい!!!

けど、御主人様が私まで病気になったらいけないと思って我慢?してるので、私も我慢します。
仕事に持っていくお昼ご飯を、出勤前に渡しに行くというのは許可がおりました^^
あと、ビタミンCを取って早く元気になってもらいたいので、
夜のデザートに食べるスウィーティーを御主人様が帰宅後に持っていくことに成功。
スウィーティーとポカリを手渡すだけ。
ほんの一瞬だけど逢えて良かった。
バイトに行く前に寄ると、御主人様はすでにお風呂に入っていて、これじゃ湯冷めしちゃう!
夜逢いたいけど、明日は我慢かな。。。

インフル疑惑2
インフル疑惑3


翌朝6時20分に、御主人様の家の駐車場まで、お昼ご飯のおにぎりとポカリ、
朝に食べる用のスウィーティーを持って行きます。
張らないホッカイロを御主人様の家に付くまでに振りまくって渡します。
朝はバタバタしてるので、手渡したら会話もほとんどなく御主人様出発。
御主人様はマスクしてるし、くっ付けないし、ちゅーできないし。
不満だああああああ!!!!!

高熱は落ち着き、37度台まで下がった模様。
あとは、少し咳が出るのと、鼻水。
そして声が少し変なのと。

この日の夜は私が18時から22時までバイトがありました。
バイト前は御主人様はまだ帰ってきてないし、バイト帰りに寄るには遅い。
御主人様は仕事から帰ってお風呂にも入り、もしかしたら早めに寝たいかも。
だから、夜に逢うのは、断腸の思いで諦めました ←おおげさ(笑)

その代わり、私がバイトに行ってる間に、私の家に寄って帰ってもらうことに。

「スウィーティー食べてもらいたいからあああ」
「今日のお昼ご飯を入れてたバッグも置いててください」
「明日の朝、それにまたお昼ご飯入れて持ってきます」

インフル疑惑4
インフル疑惑5


「スウィティーどれだけ俺に食わせたいんだよ!」

「ビタミンCですからね~^^」
「風邪にいいはずです!」

「箱で買って、たくさん残ってるから俺に食わせようとしてるだろ(笑)」

「別に余ってるから食べさせてるわけじゃないですよ(笑)」
「御主人様に食べてもらうためにお取り寄せしたんですから」
「それに、もう上段はなくなりましたよ(笑)」

「そんなに俺、食べたのか(笑)」

「そうですよ~(笑)」
「夜に1つ分、朝とお昼ご飯のデザートで1つ分」
「御主人様は知らないうちに、1日2つずつ食べてます(笑)」

インフル疑惑6

バイトから帰ってきたら、置き手紙に返事が書いてありました。
逢えなかったけど、うん、よかった^^

金曜日の朝も、6時20分に御主人様の家の駐車場まで行って、
お昼ご飯を渡します。
まだ完全回復とはいかないけれど、だいぶ元気になっていました。
あと咳がたまーに出るのと、やっぱり声が変なのと。

「今日の夜はお前の家に泊まってやるかな」
「そろそろお前が限界だろうが!」
「ムゥムゥして、うるさい(笑)」

「出禁解禁ですか(笑)」

「ちゅーはしてやらんからな!」

「えーーーーーー;;」

「もうちょっと我慢だな(笑)」
「おいしいご飯作って待っとけ(笑)」

何を食べたいのか聞いて、仕事帰りに買い物に行ってご飯の準備。
シーツとかも全部洗って、新しいものに変えてあります^^
夜、御主人様が来てくれて、ちゅーはまだ禁止されてるけど、
抱きつくことはできました。

「そんなにくっついて、ばかなの?」
「風邪がうつるぞ(笑)」

「だってこの1週間、全然くっついてないですよ!!!」
「ちゅーもできないし・・・・・」

一緒にお風呂に入って、台所に2人で並んでご飯を仕上げます。
御主人様と一緒に並んでご飯を作るのが大好き^^
楽しく食事をして、ぴたーーっとくっついて寝ました。
やっぱり御主人様が隣にいると、『心が気持ちいい』
安心して、ぐっすりと寝れます。

土曜日の朝は、9時出社でいいということで、お昼ご飯はもっていかずに、
朝ご飯を私の家で食べていくことに。

朝えっちしてくれたけど、ちゅーはまだ禁止だった;;;
5時30分には起き出して、御主人様が大好きなメニューで朝食を作りました^^
6時から朝ご飯を食べ、7時前に御主人様を送り届けて。
この時間帯は混むので、8時前には家を出るって言ってました。

インフル疑惑7


↑ わたし、あんなにエラ張ってませんけど(笑)

エラスタンプで元気になってもらえたし、今日も1日、頑張ってください^^
夜、また一緒にご飯を食べて、一緒にお風呂に入って、一緒に寝て。
そして日曜日はデート!!!
たのしみだなー^^


クリックしていただけると嬉しいです^^
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ