FC2ブログ

画像 ~オープンストッキング~

以前御主人様より言われて購入していた「オープンストッキング」を、
ようやく履くチャンスがきました!


デートの前日の夜

「今夜は早く寝ろ」
「明日は新しいストッキングに前選んでやったワンピースで来いよ」


買っておいてケースに入ったままのオープンストッキングをあけます。
おお・・・・・・こんななっているのか・・・・。
いざ、履いてみよう・・・・・。


オープン1


オープン2


オープン3




なんか・・・・・・・スゥスゥする!!!!!!!!!!!

ガーターベルトとストッキングみたいにTバックをストッキングの上から履かずに、
普通のストッキングみたいに下着→ストッキングで履いてみました。


トイレのことを考えると、やっぱりストッキング→下着が良かったかなぁ?
次はそっちも試してみよう。


私の足が短いせいで、歩いていると段々と落ちてくるストッッキング。
ウエスト部分は全くずれないけど、太ももの切れ目から下がってきます。
う~~~~ん・・・・・
歩くデートには向かないかも。


でも、それなりに御主人様が喜んでくれたから良かった^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

画像 ~オープンストッキングと新たなTバック~

ある日、唐突に御主人様が

「お前、こんなストッキング買えよ」と。


オープンストッキング


「穴~~~@@」

「前と横の両方とも開いてるやつな」

「買っときます(笑)」


さっそく、その日の夜、ネットで注文。
数日後、届きました。
届いたその夜、御主人様に商品を見せました。

「絶対似合わないと思うんですけど(笑)」

「今度デートで履いて来い(笑)」


まだそれからデートに行けてないので、
履ける日を楽しみにしとこう^^

絶対似合わない(笑)(笑)(笑)


同じサイトで、Tバックも売っていたので、一緒に買いました。
ガーターストッキングは別のサイトより購入したのですが、
このガーターストッキングはかなり良かった!
全く落ちてこないし、すごくきつくもなく痛くもならないし^^


少しずつ、色んなアイテムを、また増やしていきたいな^^


おまけのTバック
おまけのTバック2




クリックしていただけると嬉しいです^^

画像 ~新しいTバックのお披露目~

釣りの全国大会のあとの旅行のために買っておいたTバック。
いよいよデビューでした^^

花柄の方はホテルに着いた夜、お風呂に入る前に撮ってもらって、
黒い方は翌朝撮ってもらいました^^

これからも、御主人様好みのTバックを揃えていきたいものです^^


Tバック花柄表

Tバック花柄裏


Tバック黒表


Tバック黒裏



クリックしていただけると嬉しいです^^

画像 ~浣腸されたまま足の指舐める~

久しぶりに、御主人様が撮ってくれた動画を見ました。
逢えない週末、すごく寂しくなって御主人様の声が聴きたくなったのです。

この動画、まだ知り合って間もない頃で、ホテルで撮影されたものです。
お風呂でグリセリン浣腸をされたあと、洗面器に跨り、うんこをする場面・・・・・。
画像は、うんこが出るまでに、御主人様の足を舐めているところです。

↑洗面器はホテルのものではなく、ちゃんと準備したものです。

今までの記事を読むと、なんだかとても懐かしく感じます。
たまに読み返すと、初心に戻っていいものです^^

御主人様に画像を送って「載せていいですか?」って聞いたら
「載せておけ(笑)」って言われたので^^

参考記事
もっと苦しめ ←動画の台詞一覧

足舐め1


足舐め2




クリックしていただけると嬉しいです^^

画像 〜これは首輪ではなく、チョーカーです〜

最近、御主人様に首輪をつけてもらっていませんでした。
夏場は暑いのでスカーフ巻くと気持ち悪いし、首輪も皮だから蒸れるしで。

でも、少し涼しくなってきたので、今回のデートでは首輪をつけてもらいました。
洋服とのバランスを考えると、スカーフは合わない。
でも、今日どうしてもつけてもらいたい!!!
そう思って、金具の方を後ろに回してつけてもらう作戦に。
髪が長いから隠せるはず!

こんなチョーカー付けてる人いますよね・・・?
いますよね・・・・・・・?


土曜日デートの車の中で

「今日首輪もってきました」
「あとで付けてください」

「珍しいな」

「どうしても今日は付けてもらいたいんです」
「火曜日まで逢えないから」


信号待ちのときに

「いま付けてください」

「今かよ(笑)」

なんだか、早く付けてもらいたい症候群でした^^

これは首輪じゃなくってチョーカーだと自分に言い聞かせ、
このまま人がいても、普通に歩き回りました。
連れて行ってもらった美味しいラーメン屋さんでも、普通にこのまま食べました。

意外と大丈夫だったかな?(そうだといいな・・・・)


首輪じゃなくてチョーカーです



クリックしていただけると嬉しいです^^

画像 ~新幹線の中で~

御主人様と新幹線に乗ることがありました。

前々から話をしていて、でもお金に関する大喧嘩をしたので、
新幹線代がかかるこの話は、もうなくなるだろうと思っていました。

でも、一緒に行くことができました^^
わたしは、「御主人様と一緒に過ごせる」 このことだけで幸せ。

行きの新幹線では、御主人様が飲み物とサンドイッチを買ってくれました。
新幹線の中でもずーーーっと手を繋いでいます。

用事が終わり、お昼ご飯を一緒に食べました。
例の美味しくないというラーメン屋に挑戦・・・・・。

御主人様は1度食べたことがあるんだそうです。
運ばれてきたラーメンを見て、目を見開く私。
その様子を見て大笑いする御主人様。
なかなか今までに見ないタイプのラーメンでした。

ある意味、とても思い出深いものに(笑)
お店を出て、2人で笑いあって^^

帰りの新幹線は偶然にも1区間だけほぼ貸切状態でした。

「足ひろげろ」って言い出す御主人様。
「もう濡れてるじゃないか」
「ぐちょぐちょだぞ」
「音が聞こえるか」
「もっと腰をつきだせ」
「自分でスカート持ってろ」

もう・・・・・逝きまくりでした(汗)
御主人様がこういうことをするときは、必ず周りを確認してから。
だから、誰かに見られちゃうとか、人を不愉快にさせる心配はありません。

終わりかと思いきや、上もたくし上げちゃう御主人様。
ヒーーーーー;;;

新幹線の中で(2)  

新幹線の中で(1)


さらに!!
ズボンのチャックおろして出しちゃう御主人様。

「咥えろ」

もう;;;;;
こっちが恥ずかしいです;;
いくら人がいないとは言え・・・・・。

そんなことしてたら次の駅へ。
そこの駅からはたくさんの人が乗ってきて、変態プレイ終了(笑)

「しょんべんしたくなった」
「お前に飲ませるかな」

「床にしゃがんでならいけます」
「さっき咥えてた姿勢だったら、こぼれます(笑)」

隣には誰もいなかったので、できるかもと思っていましたが、
そんな話をしてる最中に、前から歩いてくる女性が。
御主人様と顔を見合わせて爆笑しました^^

ふたりして、「しなくてよかったーーーー(笑)」っていう笑い


「ヘベレケ横丁に寄って帰るか」
「お前どうせ行きたいんだろ(笑)」

「はい^^」

そのまま直帰せずに、駅ビルの中の立ち飲み屋へ。
お昼のラーメンでお腹は全然すいてなくて、ほんのちょっとだけ。
御主人様はホッピーを飲んでいました。
私に一口飲んでみろって。

「マズ><!」

そんな私を見て笑ってました。

そのあと、
「駅ビルちょっとウロウロするか」
「まだ帰らなくても大丈夫だから」

ブラブラしながら幸せな時間を満喫。
御主人様が脱いだジャケットと、傘を持っていた私。

「お前、俺のジャケットと傘担当大臣な(笑)」

「はい^^」

下着屋さんで
「このブラいいな」
「俺好き」
「お前のサイズあるよ(笑)」

そこに店員さん登場

「Eまでありますから」

「見てくださいよ」
「この貧乳」
「ブラいらないくらいだと」

私のことを差しながら女性店員に話す御主人様。
御主人様をバシバシ叩きました!

「どうせブラつけるなって言うからブラ買っても意味ないですよ(笑)」


そして次の洋服屋で

「お前に似合う服ねぇ」
「まずサイズがないよな」
「俺がコーディネートしてやるよ」

そんな言って何着か選び出す御主人様。
試着室で試してみます。

男の人と試着室のところでなんかかんか言うのも生まれて初めて。
楽しかったです^^

ズボンの裾やシャツの袖をめくってくれる御主人様。

「こんなことしてやる御主人様いないと思うよ(笑)」
「けっこう似合ってる」
「でも、ズボンはウエストがブカブカだな(笑)」

そんな言って、キッズサイズを持ってくる御主人様。
まさかのキッズサイズがぴったり(笑)


駅ビルからの帰りの電車の中でも、ずっと指を舐めたり噛んだりしてくれました。

「まだ帰らないからな」
「お前の家に21時くらいまでいるから」
「遅くなるって言ったから」
「風呂にぽちゃんって入って、マッサージさせて、寝る(笑)」

お風呂場では、お湯につかってふやけた私の背中を爪でこすりだす御主人様。

「ほら」って取れた垢を見せてきます。
「垢まで取ってやる御主人様がいるかね」
「お前のこと相当愛してるんだろうな」
「お前のは汚いって全く思わないからな」
「今朝もお前のまんこ、ベロベロ舐めてやったしな」
「あんなに舐めてやることないよ」

朝のえっちは凄かったです!
私がベッドに仰向けになり、自分の足を広げたまま持っていて、
御主人様が床に座ってずっとクリを舐めてくれました。
ときに指で糸みたいに愛液を伸ばして、
「こんなに濡れてるよ」って言ってきて。
そのあと、片手でクリとアナルを弄り、クリを舐めて、もう片手で両乳首を弄って。
5点攻め?
あり得ないほど気持ちよかったです。

そして私の太ももの青あざをみて、

「これどうした」って。

「御主人様に噛まれた痕ですよ(笑)」

「良かったじゃないか」

「けっこう青くなってますけど(笑)」

太ももの噛み痕png


「お前のことを噛んでるとき、特別な気持ちがするよ」

「私も、愛情表現って分かってるので、噛まれてるとき嬉しいです」
「噛まれてるところから愛が入ってくるのが分かります」


お風呂からあがって、御主人様の耳掃除をして。
チン毛の白髪を抜いて(笑)

マッサージをして21時までちょっとだけオヤスミ。
20時40分くらいに目が覚めた御主人様。

「咥えろ」って。

横向きに寝た状態で入れてもらって。
そのあと正常位でガンガン突かれて、さらに足を垂直に持ち上げられて突かれて。

そのあとビックリすることが!!!

なんとアナルに入れようとする御主人様。
今まで指1本でもきついのに、ほぐすことなくいきなりでした。

でも、わたしはこのまま入れて欲しいと思いました。
御主人様が望むことは何でもしたいです。

もちろん、入らないのを無理やり入れる御主人様ではありません。
先っぽがすこーしだけ入りました。
ほんとにすこしだけ。
それだけでも、私は嬉しかったです。
いつかは全部はいるようになって欲しいと思いました。

「今日も楽しかったな」
「俺たち、どんだけ仲良しなんだよな(笑)」


クリックしていただけると嬉しいです^^

画像 ~ベルトの鞭痕~

2泊3日の出張から帰ってきました。

月曜日の朝6時前に御主人様が最寄り駅まで車で送ってくれました。
本当は1泊2日のはずでしたが、出張が長引き今日の帰宅になりました。

逢える限りは毎日御主人様に逢いたい。
逢えないのは日曜日と祝日だけにしたい。
それ以外の日は、絶対逢いたい。

今回の出張が長引いたのは予定外のことで、かなり落ち込んでしまいました。

出張から帰れなく、逢えなくなって落ち込んだ私に

「明日は抱きしめてやる」
「チューしてやるから、早く帰って来い(笑)」
「顔忘れる前に(笑)」
「今日は疲れたろうから風呂に入って寝ろよ」
「ゆっくり休めよ」
「明日仕事が終わったらお前の家に寄るから」
「夕方までには帰って来いよ」

御主人様にビジネスホテルの部屋の画像を送りました。

「ベッド広いな」
「俺が一緒ならな」
「風邪ひくなよ」
「おやすみ」
「愛してるから、気をつけて帰って来いよ」


翌朝
「おはよう」
「寝れたか?」
「あとで電話する」

何時にかかってくるか分からなくて、たまたまシャワーを浴びてるときに
着信があったようでした。かけなおすと

「心配しただろうが!」

何時くらいに帰るか電話で少し話して、御主人様はお仕事へ。

「新幹線の時間が分かったら、また連絡しろよ」

駅に着いて、御主人様に新幹線の時間をメールしました。

「美味い駅弁でも買っておけよ(笑)」

「駅弁初めて買いました」

「最近、初めて尽くしだな(笑)」

「ですね(笑)」
「でも、せっかくの駅弁も1人じゃ寂しいです(笑)」

「俺がいたらな(笑)」
「お前なら箸1本しかもらわなそうだな(笑)」

「さすがにお弁当に箸1本じゃ食べにくいですよ(笑)」
「でも、ゆっくりの電車の旅なら、それもいいですね(笑)」

そして家に無事に帰り着き

「ただいまーーー」

「おかえり(笑)」
「待ってろよ(笑)」
「使うからな」 ←えっちするという意味

「はい^^」

「今○○まで来たよ」
「Tバックを履いとけ(笑)」

いつもの場所まで迎えに行って2日ぶりに逢う御主人様。
やっぱりメールや電話の声とは全然違います。

「今日は久しぶりにベルトで打ってやる」
「裸になって、そこに四つん這いになれ」
「嬉しいか?」

「はい」

緊張しながら四つん這いになります。
私が我慢できるくらいの強さで打ってくれました。
クリを弄りながらも鞭で打たれ、アナルも舐めてもらって。

「どこの穴舐めてもらってるんだ?」

「おしりの穴です」

私はベルトで首を絞められるのも好き。
足で踏まれるのも好き。

ベッドに手をついた姿勢でバックでガンガン突かれて、何回も逝って。

その後のお風呂場で
「何回逝ってるんだ(笑)」
「バックの時とか、ずっと逝ってただろ」
「近所から声がうるさいって苦情がくるぞ(笑)」

「見られたらDVって思われるかもですね(笑)」

「アナルを舐められても逝ったな」
「ブログに画像アップしとけよ」
「楽しみにしとく」
「久しぶりに打ったからな」

ベルトの鞭(1)

ベルトの鞭(2)

ベルトの鞭(3)


クリックしていただけると嬉しいです^^

夏の初旅行 ~宿~

海水浴場をあとにして、16時前に宿にチェックインしました。

部屋には、海が見えるお風呂があります!!
私は大浴場とかよりも、御主人様と一緒に入れるお風呂の方がいいです^^
さっそくお湯をためて一緒にお風呂タイムです!

洋服を脱ぐと、なんと!!!
あり得ないほどの日焼け(笑)
もう、真っ赤っ赤というより、1番焼けた足とか軽く焦げてました(笑)
触るとめちゃめちゃ痛いです。

日焼け止めを塗らないと、こうも焼けるのか!というほどに。
その点、ラッシュガードを着て、ウォータープルーフの日焼け止めを塗った
御主人様は、ほとんど焼けていませんでした。
日焼け止めって、意外と効果がきちんとあることが判明されました(笑)

お風呂に入って海を眺めながら、たくさん抱きついて。
後ろから包み込んでもらって。

旅行に連れてきてもらえたこと。
ペアルックを一緒に着れたこと。
20年ぶりに海に泳ぎに来て楽しかったこと。
御主人様が買ってきてくれたテントが倒壊して笑いあったこと。
来る途中は雨が降っていたのに、海では快晴だったこと。
御主人様に日焼け止めを塗ったこと。
浮き輪で楽しく遊んだこと。
さざえのつぼ焼きをまた美味しく食べれたこと。
旅先で親切な人々に出逢ったこと。
宿で美味しい夜ご飯を一緒に食べれること。
今日はお泊まりができるから、隣で寝れること。

全てのことを想い、凄く凄く幸せで大泣きしました。
お風呂場で抱き締めてもらいながらワンワン泣きました。
すると、外は凄い夕立ち。

御主人様が、お前が泣くから雨が降った(笑)って言ってました。

17時30分になって、2人で宿の浴衣を着て夕食の時間です。
その夕食会場からは夕陽が見れるそうで、夕陽も楽しみにしていました。
雲の間から少しずつ見えて、空を茜色に染め、海へと沈んでいき。
海には船が行き交い、空には鳥が優雅に舞い。

美味しいご飯。
目の前に愛する人。
素敵な景色。

宿にあったマッサージチェアでマッサージタイム。
初めてのマッサージチェア体験の私。
楽しかったです^^

19時過ぎに部屋に戻り、20時くらいには御主人様爆睡。
私は身体は凄く疲れていたし、前の日もあまり寝れなかったので、
今日こそ寝れると思っていたのですが、隣に御主人様がいると思うと、
寝るのがもったいなくて、ずっと寝顔を見ていました。

結局、翌朝4時まで寝れませんでした。
4時に目が覚めた御主人様が、私が寝れるようにってエッチしてくれました。

「エッチしたら疲れて、満足で寝れるだろう」って。
御主人様の言葉通り、エッチのあとは熟睡できました。

5時47分、御主人様が歩いている気配で目覚めました。
そろそろ空が明るくなってきたから、一緒に見ようって。
お風呂をためてくれて、海が見えるお風呂場から一緒に朝日を見ました。

7時30分に朝ご飯を食べに行って。
御主人様は、セルフの飲み物など、いつも2人分取ってきてくれます。
お漬物と飲み物がセルフで、やっぱり2人分取ってきてくれました。

お漬物の梅干しが、私には凄く酸っぱくて、ちょっとかじったものを
御主人様に押し付けました(笑)
「食べかけを押し付けやがって(笑)」とか言いつつ、食べてくれます(笑)

8時30分くらいにはチェックアウトして、私の家に向かって帰路につきました。
でも、まだまだ旅は終わりません!!

この日は、夜に私の家から見える花火を一緒に見る約束の日。
でも花火は夜です!
夜まではまだまだ旅デートが続きます^^

日焼け

宿にて



クリックしていただけると嬉しいです^^

画像 〜夏の初旅行 〜

御主人様との念願の旅行の途中です。

最高の旅行です。
たくさん笑って、たくさん嬉し泣を流して。

また旅行の思い出話は帰宅してから^^

とりあえず、海での1枚。

海での1枚


クリックしていただけると嬉しいです^^

噛み痕と20000アクセス御礼

御主人様に、「釣りデートの記事アップしました」ってメールをしたら

「20000アクセスしたな(笑)」って。

まさか、御主人様がアクセスカウンターを見ていたとは思っておらずビックリ。

「そうなんです(笑)」
「よく気がつきましたね(笑)」

「数字は読める(笑)」

「そういう意味じゃないです(笑)」

「分かってる(笑)」
「数日前からカウンターを気にしてたからな」
「今日は、寒かったのに、釣りしてる間そばにいてくれたな」
「ありがとうな」
「ちゃんと30匹達成の有言実行したしな(笑)」

「カウンターなんて、見てないと思ってました(笑)」
「私も、もうすぐ20000だなーとは思ってました」
「私こそ、私が仕事だったために、デート内容を釣りにしてもらって、
ありがとうございました」
「雨の中の釣りになってしまって、ごめんなさい」
「わたしは、どこでも御主人様と一緒なら嬉しいし、楽しいし、幸せです」
「ほんとに」

「一緒に居るときは、絶対に幸せ感を沢山やる」
「俺の生涯奴隷になる以上、誰より愛をやる」


ここで号泣してしまった私。
出逢ったときから、一緒にいないとき泣いたらシャメを送っています。
泣き顔のシャメを添付して。

「ほんとに心から愛しています」

「また泣き虫かよ(笑)」

「はい(笑) また泣き虫毛虫になっちゃいました(笑)」

「ちゃんと涙を拭けよ(笑)」

「はい(笑)」
「もうすぐしたら、お風呂温めなおして、今日こそ早めに寝ます」
「今日は、御主人様と一緒にお昼寝したベッドだから」

「そうだな」
「今日はかなり冷えたから、ゆっくり風呂で温まり、ゆっくり寝れよ」



いつも読んでくださっている皆様、ありがとうございます。
おかげさまで、アクセスカウンターが20000になりました。
わたしのブログは、ほとんど画像もなく、かといってSMプレイ満載の内容でもなく、
普段のできごとをつらつらと書いているただの日記です(笑)

ほんと、こんなブログを読んでくださっているなーと感謝の気持ちでいっぱいです。

2月15日から書き始めたブログも、あと10日ほどで5ヶ月になります。
まさか、毎日必ず記事をアップすることになるなんて思っておらず。
なんとなくここまで来たら毎日を続けなければならないような気がして(笑)
いつまで毎日アップをキープできるか分かりませんが(笑)

御主人様に対してももちろんですが、ブログに対しても誠実でありたいと
考えています。わたしたちにとって大切なブログだから。
だから、嘘は1つもなく、事実しか書いていません。

御主人様にも、わたしは何1つ嘘はありません。
偽った自分を見せても、なにも生まれないから。
本気で愛してほしいなら、本当の自分を見せるべきだから。

時には真実に傷つき、涙をすることもあるでしょう。
知らないほうが幸せってこともあるでしょう。

けど、やっぱり私にとって御主人様が運命の人だと思うし、
御主人様以外に私のことをこれほどに理解し、愛してくれる人はいないし。
私がこれほどまでに甘えて、涙し、愛せる人もいないし。

これからさきのことは誰にも分かりません。
御主人様を信じて生涯コバンザメのようにくっついていくのみです。
いつまでも、御主人様の足元でゴロゴロスリスリしていたいと思います。

今日噛んでもらった噛み痕。
お風呂の鏡で見て、一人でニヤニヤ。
御主人様の愛情表現の証だって分かっているから。
痕を上から触って、愛おしく撫でて。
もっともっと痕をつけてほしい。
わたしは御主人様のものだから。

御主人様、愛しています。

噛み痕



クリックしていただけると嬉しいです^^
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ