FC2ブログ

あれから初めての待ち合わせ

GWに私の出身地に一緒に行く時、待ち合わせ時間について、
ちょっとした喧嘩?をしました。

御主人様が自分で決めた待ち合わせ時間に来ないことに対して、
そしてそのことについて悪かったと表してくれないことに対して、
2年間ずっとしていた我慢が爆発した日でした。


私が伝えたかったことは、でも本質は少し違って。
家庭がある中で無理やり時間を作ってもらっていることを知っています。
だから予定していた時間よりも遅くなることは仕方ないと分かっています。
なので今まで2年間で遅れてきたからといって、1回たりとも不満を言ったことはありませんでした。

なぜこの日は不満が爆発したか?
1つは、その日が私の出身地に行くという大切な日だったから。
1つは、御主人様の言った時間に合わせて、元々予定していなかった朝4時という相当な早起きをすることになったから。
(前の日も仕事で夜遅かったので、本来は午前中にのんびり1人で実家に帰る予定にしていました)
そして1番大きい理由は、この日は前の晩から御主人様が家で1人だったということを知っていたから。

つまり、いつもの奥さんがいるから、出かける準備が遅くなったという理由は一切関係ない日でした。
いつもは奥さんがいる中で怪しまれないように準備をして出てきてくれます。
そんなに慌てて出る理由を示せない中でなので、仕方ないと割り切れます。
それを理解しているので、私は今までどれほど待たされようとも、
一切文句を言っていませんし、態度に出したこともありません。

でも。
今回はそうじゃない。
1人暮らしと変わらない条件。
つまり、単に自分で言った約束の時間を守らなかっただけ。

今日くらいは自分の言った約束の時間に出てきますように。
私はそう願っていました。
でも、結局はいつもと変わらなかったから。
そしていつも通り「遅れてごめん」がなかったから。

結局、環境なんて関係ないじゃない。
きついのに、朝4時に起きる必要なかったじゃない。
私は今までに「今日も30分ほど待たされるんだろうな」って思いながらも、
すごい渋滞に巻き込まれない限り、遅れて行ったことはありません。
万が一早く出てこれた時に待たせたらいけないと思って、
むしろ約束の時間より少し早めに着くようにしています。
なんだか、今までの全部待たされた時間はなんだったんだろうって思えてきました。

一回一回はたったの30分かもしれません。
でも100回分なら?
3000分です。
50時間です。
1つ1つはたいしたことなくても積み重ねたら。



御主人様は、人の心なんて単純ってことを分かってない。
どんなに不満があったとしても、遅れてきたとき、
どんなに自分が忙しいか言い訳を正当化して開き直って逆ギレなんてせずに、

「遅れてごめんな」って頭をなでなでしながら言ってくれたら全部それで済む話なのに。

私は遅れた理由を聞きたいわけじゃないから。
もちろん遅れないでほしいけど、本当に伝えたいことはそこじゃない。
さみしく待ってた私の心を救って欲しいだけ。
毎回30分待つってね、結構大変なんですよ。

御主人様は人が嫌がることをするなって言う。
御主人様なら毎回30分遅れてくる人を毎回笑顔で待たないでしょ?
遅れてきて謝りもしない人は嫌でしょ?
遅れた理由を正当化して開き直る人も嫌でしょ?

私が奴隷だから待つのは当たり前って思ってるならそれは違う。
自分がされたら許せないけど、それを自分が人にするのは構わないも違う。

御主人様だから「ごめん」って言えない?
そんな小さなプライドなんて不要。
そんなのプライドでも何でもない。
人として当たり前のことができない人を尊敬するほうが無理。
私の御主人様なら、なおさら当たり前のことは当たり前にしてほしい。
私はきちんとしている人を尊敬する。



そして御主人様はね、もう1つの問題に気づいてない。

私が「待たされる」ということに対してどれだけ敏感かを。
「約束を守る」ということに対してどれだけ敏感かを。

自分で言った約束を守らない御主人様を毎回見ていて、
私が「約束の日は必ず守られると信じて待つ」と、
声を大にして言えると思っていますか?

私からしてみると「自分で言ったことを守らない人」としか
うつりません。

しかも謝らず、逆ギレして不機嫌になり、挙げ句の果てには
待たせた方が「反省しろ」と言ってくる。

私の中で「約束の日がきちんと守られる」を信じる度は、
御主人様が遅れてくるたびに下がり続けていることに気づいてますか?

私は御主人様のことが大好きで、心から愛しています。
だからこそ、単なる口約束を信じて2年以上待っているのです。
約束が守られる保証なんて1つもないのに。
あるのは私が御主人様を信じる気持ちだけ。

でも、約束を普段から守らない御主人様を見ていると、不安になります。
本当に約束を守ってくれるの?
本当に守るつもりで言ってるの?

何が何でも守るつもりがない約束なら、初めからしない方がいい。

私の信じるパワーをこれ以上減らさないで。



そしてあのGW以来、初めて待ち合わせをする日が!
御主人様の家の近くで待ち合わせ。

最初は8時に私の家を出るようにって言われたけど、
そのあと「お前がムゥムゥするから俺が電話してから来い」ってなって。

私は御主人様が遅れてくるという理由だけでムゥムゥしてるわけじゃないけど、
まぁいいか(笑)

私の家から御主人様の家までは車で約50分。

8時に出るか、8時半に出るか、9時に出るのかを
翌朝8時くらいに電話するということになりました。

つまり、一応8時に出れるように準備はしておかないといけません。

8時15分に御主人様より電話。

「10時半に来い」

「ということは、9時半に出たらいいですね?」

「そうしろ」

ということになりました。

もし、前のことがなかったら、今日の待ち合わせは9時か9時半だったと思うのです。
そして私はきっとまた30分単位で待たされてます。
でもちゃんと8時の時点であと準備にどれくらいかかるか計算して、
予定よりだいぶ遅いけど10時半って言ってくれました。
これって2人の関係が良くなった証拠だと思うのです^^

そして御主人様は10:29に家から出てきたのでした^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

噛み痕撮って撮って~!

御主人様は愛情表現で私のことを噛んでくれます。
運転中は手を。
セックス中はあらゆる場所を。

私は御主人様に噛まれるのが好き。
出逢った当初は、それが愛情表現だと分かりませんでした。

でも「本当にお前は特別。こんなことしてやらないぞ」って言ってくれて、
「あぁ、これって凄く特別なことなんだ」って分かったのでした。


その日以来、私にとって「噛み痕」は宝物。
だって御主人様の愛情表現の痕。


今回えっちしたときも、たくさん噛んでくれて、たくさん逝った。
えっちのあと一緒にお風呂に入ると、私の背中を見て、

「噛み痕ができたぞ」って。

「え!本当ですか^^」

鏡を見てニヤニヤ^^


お風呂からあがって着替える前に

「噛み痕撮って撮って~」ってお願いして、背中の写真撮ってもらいました^^

噛み痕撮って!


クリックしていただけると嬉しいです^^

夏物の洋服を選んでもらいました^^

私は自分にお金を使うのが苦手。
それが自分以外の人のためなら惜しげも無く使うのに。
不思議です(笑)

そのためか、洋服をあまり多く持っていません。
御主人様の奴隷になってからというもの、洋服が増えました。
御主人様が私に似合うものを選んでくれるから。
私が自分で支払うのに困らない金額のものを選んでくれます。
でも、問題は金額よりサイズ。
体の小さい私にぴったりの洋服はなかなかなくて。

気に入ったものでサイズが合えば、もう迷わず買ったほうがいいです。
それほど貴重な巡り合わせ。


今回、街をブラブラデートしてる最中に、あるお店へ。
そこにはなんと!私のサイズがあるのです!!
試着してみてビックリ@@!
ぴったりサイズ。

御主人様は私の洋服のサイズをきちんと把握していて、
かつ私に似合いそうなものを選んでくれます。
もちろん値段も見つつ。
私なら絶対に手にも取らないような物を選んできます。

私はえ?これー?と思いながら試着。
似合わないでしょう、、、と思いながら着る。

でも、それがしっくりきてしまう。
御主人様はイメージ通り、もしくはそれ以上に満足そう。

「すごく似合ってる」って何回も言ってくれる。
鏡を見て、私も自分でも似合ってるって思う(笑)

今回選んでもらったのは合計4着。
17,000円くらい。
私が自分に使う金額としては高い買い物になりましたが、
選んでもらったこと、そして似合っていたことに大満足。
自分にたくさんお金を使ったことへの後悔や罪悪感は1ミリもありません。

「俺の奴隷なんだから、もっと俺好みになれ」
「次のデートで着てこいよ」

次のデートが今からとっても楽しみです^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

高速道路で一緒になる奇跡

ある日わたしは泊まりがけで他県まで出張に。
朝7時過ぎに家を出ました。
私の家から高速道路までは約40分。
この日はちょうど通勤時間と重なり、1時間ほどかかりました。

インター入口まであと少しというところで、御主人様より電話。
お互い運転中で、スピーカーで話をします。
私が本日遠出をすることは、もちろん話ししてありました。

「どこまで来たんだ?」

「あと少しでインター入口です」

「まだ高速乗ってなかったのか?」

「思っていたよりも混んでましたー」

「俺の方が早いかもな」

「@@?」

「俺もたまたまそっち方面に向かって高速を走ってる」
「お前が乗るインターの1つ手前インターを今過ぎた」

「ええええええええ!!!!」

「もしかしたら高速道路で隣を走れるかもな」

「!!!!!!!!」


スピーカーでお互いの位置を細かく報告。
インター入口の信号機まで来ました!

御主人様は今どこです???
もうインター過ぎました???

無事に高速道路に乗り、少し前に私が乗ったインターを過ぎた御主人様を追いかけます。
たぶん1分程度の差。
これは絶対追いつける!

御主人様が1番左の車線をゆっくり走ってくれたので、
飛ばさずとも無事に追いつけました^^

隣を通る時、一瞬だけバイバイ^^
御主人様は次の分岐地点で別方向へ。
私は目的地までまだあと200キロ以上あるので、
その一瞬だけで先に走り抜けていきました。

御主人様が仕事でどこに行くかは会社が決めます。
行き先も会社を出る時間も。
全くの偶然による出逢い。
なんかすごく嬉しかったなぁ^^




mi_kiさんへ^^

mi_kiさんへ   mi_kiさんへ2



クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様の傍へ引っ越してから丸2年

2年前の今日、御主人様の傍で過ごすため、
御主人様の近くに引越しをしてきました。

あの日からちょうど2年。
あっという間だった気がします。

2年前の今日、御主人様が家具も何にもない「2人の家」に
泊まってくれて、床に敷いたお布団で一緒に寝ました^^
照明も一緒に買いにいきました!

引っ越してきてから2年


この2年間で一緒にお出かけして撮影した思い出の写真は、
1300枚を超えました。

御主人様が引っ越してしまってから、
前のように簡単には逢えなくなりましたが、
それでもできる限りの時間を作ってもらっていると思います。

私はとても欲深なので、御主人様が私以外の女性と
一緒に暮らしているという現実が耐えられません。

でもそれが現実。
仕方ありません。
我慢するしかありません。

御主人様と知り合って2年4ヶ月。
どれほどの悲し涙を流したことか。
でもそれと同じくらい、嬉し涙も流してる。

2人の幸せな記念日をもっともっと重ねていけますように。

クリックしていただけると嬉しいです^^

釣りデート ~サンドイッチ・ペットシート・ネコ・毒蜘蛛~

「サンドイッチ食べたかったよ」って言ってもらえた数日後の週末のこと。
逢えない週末なにをしようかとムゥムゥ。

土曜日、珍しく2人とも休みでした。
私もたまたまバイトが休み。
御主人様もたまたま仕事が休み。

でも、御主人様は家庭のある人。
自由に逢ったり、電話したりはできません。

この土曜日もいつものようにLINEをくれます。
おはようから始まり、日中もなんにも用はなくとも、
なんかしらのLINEを送ってくれます。

1人になる時間を作っては1分とか短いけど電話もくれます。

この日は「暇すぎる」ってLINEがきてました。
奥さんとはお出かけしないみたい。
すっごく良い天気なのに。
もしも私と2人なら絶対外に出てる。
少しだけ嬉しい。
私との過ごし方とは違うってことが。



でも明日もまだ日曜日で逢えない。
声も聞けない。
2日連続で休みが続くと、御主人様充電が切れてしまう。。。

そんな土曜日の夜、突然のお誘いLINE。
釣りサンドイッチ
釣りサンドイッチ2

おーーーーー!
突然逢えることになった!
やったぁ!

バタバタと買い物に行って、パン、ハム、卵を買ってきました。
釣り場にはお手洗いがないので、ペットシートも準備します。
サンドイッチ作ったり色々してるとあっという間に12時に。

やばい!
明日の朝、5時にここを出るとなると4時半には起きなきゃ。
でも急に逢えることになってワクワクして寝れない(笑)



4時10分に御主人様より電話。
いま家を出たって。
予定通り5時に私の家に着くかな。

私は寝不足で頭がぼーーっとする。
4時30分にようやく起き出して、でかける準備。
頼まれていたカップ入りのコーンスープ用のお湯も用意しなきゃ。
前の日に御主人様と打ち合わせした洋服に着替える。

5時過ぎに私の家を出発。
御主人様の車、久しぶりに乗りました。
懐かしいと呼ばるほど久しぶりでした。
最後に釣りデートに行った時が最後に乗った時じゃないかなぁ?
去年の秋とか?

6時過ぎに釣り場最寄りのコンビニでお手洗い。
釣り場に到着!
数台分しかない駐車場はまだあいてる!
良かった!
その代わり、一度とめたらもう車を動かせないので、
私のトイレは車の中のペットシート。

釣りペットシート

最初は周りを気にして怖かったけど、今やもう手馴れたもので(笑)
上手にできます(笑)
普通のカップルなら女性は嫌がるはず。
私は御主人様が気にしないのを分かってるから平気。

今回も4時間の滞在中、4回はペットシートにしました。
いつも釣りデートの時は、行きにあったお弁当がなくなり、
帰りは液体を吸って重くなったペットシートが増えます(笑)
月曜日がゴミの日で良かった(笑)



この日の目標は20匹。
いつものようにカウンターでカチカチするのが私のお仕事。
御主人様にサンドイッチを手渡したり、指定された釣りの餌を取ったり。
リクエストのカップ入りのコーンスープにお湯を入れて混ぜ混ぜ。
スプーンも、黒胡椒も持ってきてる^^
助手、楽しい!


この釣り場には野良ネコが数匹います。
釣れた魚をおじさんたちからもらってるみたい。
この野良ネコたち、女の人が嫌いみたい。
私のことを避けるのです!!
こんなに動物大好きな私を!
ほんと失礼しちゃうわ!

私の後ろを通る時はすごく距離を保つし、
むしろ小走りだし。
露骨な態度にほんとに傷つく(笑)


そしてネコだけではなく、自然豊かなので他の生き物もたくさん。
鳥もいるし、虫もいます。
この日は、いかにも毒蜘蛛です!!!と言わんばかりの蜘蛛が登場。
なにせ配色が赤と黄緑。
派手!!!

私のすぐ足元に来て、なにやら威嚇してる模様。
御主人様がやっつけてくれました。
あとでネットで調べると、特徴的にそれらしき蜘蛛を見つけ出しました。
やはり毒蜘蛛みたいで、かつ猛毒みたい。
あんなに小さいのに、、、恐ろしや。



4時間で釣れた魚は目標20匹に対し28匹。
良い結果でした^^

途中、御主人様が針で怪我をする事件が!
どうやら爪が短くて針を上手に外せなかったみたい。

「昨日暇すぎて爪切ったばかりだからな」

「なんで爪切っちゃうんですかあああああ」
「私の仕事なのにいいいいい」

「仕方ないだろ(笑)」
「昨日の昼間は今日釣りに行くこと決まってなかったんだから(笑)」

「ブーブー」
「自分で先に切っちゃうから、その怪我は爪切りの呪いです!」

「恐ろしいやつだ(笑)」


2人でお片づけをして、帰りは私の運転。
久しぶりに御主人様の車を運転しました。
御主人様は私に任せて隣で爆睡。
窓を開けてると自然の風が気持ちいい。



2人の家にお昼くらいに戻ってきて、お昼寝タイム。
お)しっこがしたくて、寝転んでる御主人様の所に洗面器を持ってくる。
御主人様がクリを弄るもんだから、出なくなっちゃった(笑)
諦めてそのままフェラして、次に上に乗るように言われる。
ベッドにあがり、御主人様の上にまたがり、騎乗位。
そのあとバックで5回逝くように言われる。
ガンガン後ろから突かれ、5回数えながら逝く。
最後に正常位。
これも5回逝くように言われる。
3回目数えたところで、御主人様からベロチューされる。
そのままずっーーーとベロチュー。
それ以上はカウントできないまま、2人とも果てました(笑)


13時過ぎまでお昼寝して、もうさようならの時間。
朝から逢ってるのに早いなぁ。

「そんな顔をするな」とムゥムゥする私をなだめて、
御主人様は自分の家へと帰って行きました。

帰ってしまう御主人様を見るのは寂しいけれど、
でも。逢えて嬉しかったです^^


クリックしていただけると嬉しいです^^

「サンドイッチ食べたかったよ」

私の県外出張中に、御主人様が泊まれるというタイミングの悪さ。
もし私が家にいたら、、、、一緒にご飯食べてお風呂に入って、
えっちして、抱き合いながら寝て、翌日の朝と昼ご飯の準備もできたのに。。。。

もうーーーーー!
なんで御主人様が泊まれるって時に私は出張なんだ!
しかも1人で出張じゃなかったので、電話もろくにできない。。。
悲しいよぉ。
寂しいよぉ。

サンドイッチ食べたかったよ


でもね、御主人様が「サンドイッチ食べたかったよ」って
言ってくれたとき、すごく嬉しかったなぁ。


クリックしていただけると嬉しいです^^

「その店は私にとって大切な場所なんです」

ある日、御主人様とデートに行って来ました。
この日は大雨。
バケツをひっくり返すほどとはよく言ったもので、
まさにそんな感じ。


大雨の中、車を走らせる御主人様。
私は助手席でまったり。
御主人様の隣はいつだって幸せ。
お揃いで買ったばかりのサンダルデビューもしたし、
雨だけど一緒にいれればいいもん!


でも、この日すごく悲しい時間があったのです。
それは車での出来事。

御主人様が「この前の日曜日に○○で仕事用のズボンを買ったよ」と。

仕事用のズボンを買いたいことは前から聞いていました。
私にとって何が悲しかったって。

御主人様がその日に買ったそのお店。
そのお店は御主人様がよく私に洋服を選んでくれるお店なのです。
店舗は違います。
でも同じ店。
そして御主人様の家の近くならきっとあそこ。

私がイメージしたものは、そのお店を歩く奥さんとの姿。
日曜日に出かけるということはそういうこと。

御主人様は言わなかったです。
奥さんと一緒に行ったとは。
でも、言われなくても一緒に行ったんだろうなって分かる。

ねぇ、御主人様。
私にするように奥さんの手を繋いだの?
私にするように洋服を選んであげたの?

ねぇ、、、、、?



聞けなかった。
答えが怖すぎて。

御主人様の浮気を怪しんでいるらしい奥さん。
もし奥さんが「浮気をしてないなら、
手を繋いで、キスをして、エッチして」
もしそう言ったらそうするの?
それとも普段からそうしてるの?
やっぱり1つのお布団でくっついて寝てるの?
一緒にお風呂はいってるの?


私はどうしたらいい?
ねぇ?
発狂しそう。
おかしくなっちゃうよ。


どうして私にとって大切な大切な場所に奥さんと一緒に行ったって、
私に分かるように話をするの?

ねぇ?
私は日曜日の御主人様については知りたくないって言ったじゃない。

現実逃避?
分かってる。
そんなことは分かってる。

真実を聞こうが聞かないでおこうが、現実は現実。

分かってるからこそ、弱い私をこれ以上追い詰めないで。
もうね、逃げ場はないんだから。
もうここから飛び降りたら死ぬしかない。
そんなところに立ってるんだから。

そんなことを思い、1人で泣き出した私。
御主人様は私がなんで泣いてるのか分からない。
私は運転席の御主人様の左腕にしがみついて泣いて泣いて泣きまくった。
訳は分からないけど、なんか悲しいことを言ったんだろうって察する御主人様。


もうすぐで今日のデート場所に着く。
顔をあげよう。

御主人様のシャツ左袖は私の涙でビショビショ。

あとからね、落ち着いてちゃんと気持ちを話した。
御主人様はなんだ、そんなことかよって感じ。
でも、私にとってそのお店が大切な場所であることは分かってくれている。

気持ちを100%理解はできないかもしれない。
でも、分かろうとしてくれた。
私を受け入れてくれるのが分かる。

だから怖がらずに聞いた。

「こんなことで泣く私は嫌いですか?」
「おかしいですか?」
「私はもっと御主人様離れをしないとダメですか?」

御主人様はバカか?って顔をして、

「ムゥムゥすんな(笑)」
「そんなに俺のことが好きか?」
「依存しとけ」

そう言ってくれた。

だから「私以外に洋服選んだらダメですからね!!!」
「浮気はダメですよ!!!」って言っときました(笑)


気持ちを伝えることができて良かった。


クリックしていただけると嬉しいです^^

約束していた藤観賞

御主人様も私も自然が大好きで、
2人で季節季節の花を見に行くことはよくあります。

そんな2人ですが、私の1番のお気に入りは「藤」
御主人様と初めて見に行ったのも藤でした。
ちょうど2年前のこの時期でした。
御主人様にとっては、藤をわざわざ見に行ったのは初とのこと。

4月末から5月にかけてのこの時期が私は大好き。
ようやく寒さがなくなり、お昼の日向ぼっこの気持ち良さ。
そんな気持ちの良い中で見る藤棚は最高です!


今年も藤を見に行きたいとリクエストしていました。
そして御主人様はきちんと素敵な場所を調べて、
連れて行ってくれました。

今回は私の誕生日旅行中に御主人様が選んでくれた春の洋服を
やっと着れる陽気になりました。

それはもう最高の天気で、藤棚から差し込む暖かい日差しの下、
ベンチに腰掛けて30分くらい日向ぼっこ。

たっくさん写真を撮ります。
2人のツーショットも撮ってもらって、また思い出ができました。
そして選んでくれた洋服を着てる私を御主人様が撮影。
あとから写真を見てみると、私は満面の笑みで少しはにかんで、でも幸せそう。
基本撮るばかりの私なので、自分1人だけの写真はあまりありません。
貴重な写真が増えました^^

ベンチには御主人様のハンカチが敷かれ、私はハンカチの上に座ります。
いつもこうやって外の椅子に座るときはハンカチを敷いてくれます。
御主人様は常に道路側を歩き、私を車道から遠ざけます。
お店でも私にソファー席を譲り、御主人様は1人用の椅子に座ります。
夕方冷えてくると、御主人様のジャケットを貸してくれます。
私はいかにも男性から借りてます!って分かるブカブカのジャケットを着て大満足。


「愛してる」って口で言うのは簡単だけど。
ちゃんと行動で大切にしてるって示してくれる。
今回も約束した藤デートに連れて行ってもらった。
凄く嬉しかったなぁ。

藤デート


クリックしていただけると嬉しいです^^

「もっと残念がってください!!!」

私が出張で何泊か家をあけたときの話。

出張中は普段と比べてあんまり電話ができません。
お昼の目覚まし電話ができればラッキー。

目覚まし電話の時に

「久しぶりだな」って言う御主人様。

「久しぶりです(笑)」って答える私。

(朝、電話してるんですけどね笑)


そしてその日の夜、私がホテルで夜ご飯を食べてる時に、
御主人様より「帰るよー」電話。
私がご飯中だとすぐに分かり

「もう切るぞ」って。

「切っていいんですか?」って尋ねる私。

「いいよ?」
「俺から切ろうか?」

なんでそんなこと聞くの?的な言い方をする御主人様。

そうじゃなくて!!!!
この電話を切ったら、もう今日は電話できないんですよ?
なんでそんなアッサリ?
もっと残念がって欲しかったのに!!!!!


私は「もっと悲しんで欲しかった」って伝えます(笑)
「あほか(笑)」って呆れる御主人様(笑)



そして次の日。

私の仕事が終わって夕方少しだけ電話ができました。
もしも私が今日家にいたら泊まれた日だったのです。
数日前にそのことを聞いていて、「ひーーーん」ってなって。

で、この日の夕方に

「お前が今日いたらなー」
「泊まれたのになー」

そんな風に御主人様が言うもんだから

「そんなこと言わないでくださいよ」
「悲しくなります」

そう答えたら

「だって残念がって欲しいんだろ笑」って。


一本取られた(笑)


クリックしていただけると嬉しいです^^
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(活動中もしくはパスなしで読めるブログに限定)
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ