FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて

2015年1月19日初めて御主人様とチャットしました。
2015年1月20日初めて御主人様と電話しました。
2015年1月30日初めて御主人様と逢いました。

お互いに「運命の人」「究極の関係」「唯一無二の存在」であると感じました。

2015年2月13日御主人様にカッティングしてもらいました。
2015年5月18日御主人様の傍に居るために離婚して同じ街に引っ越してきました。
1年3ヵ月後の2016年8月御主人様が引っ越してしまい今は遠距離です。

初めて知り逢った日から私たちは私たちなりの「主従関係」を築いてきました。私は常に本音で本気で向き合うことで、私の本当を見せてきました。このブログにも常に本当の心を綴っています。御主人様が怒ると分かっていても、自分の心が違うと思えば反抗します。自分の気持ちを押し込めて我慢して自分を作っても本当の信頼関係は得られないから。

お互いを想う気持ちが強すぎてたまに本気でぶつかります。心が立ち直れないくらいに言い合うこともあります。でもそれは私たちがお互いに本気だから。そうやって培ってきた年月のおかげで「世界一の仲良し」だと思っています。

私たちは現在不倫関係です。御主人様が言った『俺が50歳になるまでに離婚してお前と結婚する』。この言葉だけが私の心の支えです。1人がみじめで寂しくて苦しくて情けなくて泣くこともあります。

でも。御主人様は御主人様の精一杯で私のことを愛してくれています。だから。私は御主人様との約束を信じています。私のこの世で唯一愛する運命の人だから。

このブログでは、誹謗中傷など悪意が感じられるコメントに関しては、コメント削除およびブログ閲覧をブロックします。また不倫に対して不快な方も閲覧をご遠慮ください。色んな考えや感じ方があって当然ですが、このブログはそのようなルールで運営しております。

クリックしていただけると嬉しいです^^

今までありがとうございました。

いろんな考え方があって当然で、いろんな人がいて。
それはそれでいいと思います。
どう思うかは個人の自由です。

ただ私たちのブログは私たちにとっては大切なものであり、
記載の通り、誹謗中傷はお断りしております。

このブログを読む・読まないも自由。
どう思うかも自由。
不愉快になってまで読んで欲しいとも思っていません。

最近あまりにも心ないコメントが増え、
御主人様と相談した結果、ブログをお休みすることに決めました。

少なくとも私たち2人にとっては大切なこの場所(ブログ)を
このような形で荒らされることは不本意なことで、
御主人様にとっても、わたしにとっても、
これ以上この大切な場を荒らされたくないという気持ちです。

またいつか再開するかもしれませんが、
今のところ無期限でお休みをします。

大切な思い出が詰まっている場所なので、
閉鎖はせずに残しておきたいと今は思っています。


不倫をしておいて、他人の家庭を壊しておいて、
自分だけ何も悪くないように感じていると思われる方もいるでしょう。

してはいけないことをしていると分かっています。
それは誰に言われなくてもよくよく理解しています。

分かってはいても、私にとっては理屈では止められないことでした。
御主人様と出逢えたことや愛し合ったことは後悔していません。

そして私たちはこれからもずっと愛し続けると思います。
こちらで私たちの未来の報告をするかは分かりませんが、
私たちのことをいつも暖かく見守ってくださった方々には、
今までのお礼を心よりお伝えして、最後とさせていただきます。

本当に今までありがとうございました。
今日あげるつもりだった記事でお別れです。

ある日曜日1
ある日曜日2


クリックしていただけると嬉しいです^^

土曜日洗車とムゥムゥ

2月のある土曜日のこと。
御主人様が仕事帰りに「2人の車」を洗車してくれると。
御主人様の職場近くの洗車場で夕方に待ち合わせ。

土曜日の夕方だと私の家からは1時間くらいかかります。
洗車のためだけにそこまで行くのは遠いのですが、
逢えない予定だった日にほんの1時間でも逢えるなら。
1時間かけて1時間逢ってまた1時間かけて戻る。

「来る途中にさ、例の店であれ買ってきてくれよ」
「あとで逢った時に払うよ」

御主人様からお使いを頼まれました。
そのお店は私の家から御主人様までの家のちょうど真ん中くらいにあります。
最近御主人様がすごくはまっているもので、そこにしかないのです。

翌日は日曜日だから、お酒の量を気にせずに飲めます。
今日の夜ご飯で食べたいんだな。

私は口にこそ出して言いませんでしたが、内心ものすごく複雑でした。

「奥さんと2人で食べるんでしょ?」
「御主人様は、私が悲しくなるなんて全然思ってもいないんだろうな」
「御主人様だけが食べるものなら喜んで買っていってあげたいと思う」
「でも奥さんと2人で食べるものをなんで私が買っていかないといけないの?」
「奥さんと美味しいなって言って食べるわけ?」
「私は一緒に食べたくても隣にいることもできないのに、そんな私にそれを頼むの?」

すごくみじめだ。
わたしって一体なんなの?
こんなに悲しくてみじめで情けない気持ちになるくらいなら、いっそのこと消えてなくなってしまいたい。

本当は御主人様のためを思って、笑顔で渡したい。
でも私の狭い心がそれをイヤだと言っている。
素直な気持ちで買い物ができませんでした。

そんな気持ちで買った自分が許せませんでした。
せっかくなら、こんなイヤな気持ちで買いたくなかった。
私がどんな気持ちで買おうが味には変わりないのだけれど。



ギスギスしたままの心で洗車場に到着。
夕方になり、外は冷え切っていました。
私は寒いと感じると咳がとまらなくなるみたいで、洗車場でずっとコンコン。
でも御主人様の方が水仕事なのでもっともっと寒いです。
一緒にタオルで拭きあげていると手は氷のように冷たくなります。

1時間ほどで洗車がおわって、もうお別れの時間です。
私は頼まれたものを渡しました。

もうバイバイしないといけないし、モヤモヤした気持ちのまま渡して、
その場で涙がボロボロ。

「一緒に食べられないのに悲しかった」

それだけ伝えました。

「今度一緒に食べような」

お別れしてまた1時間の帰り道。
まだモヤモヤが全然取れない。
そうじゃないの。
一緒に食べられないのもイヤなんだけど、そうじゃなくて、
それを今から奥さんと2人で食べるのがイヤなの!

私が1時間かけて帰っているその時間に、一緒に食べだすんでしょ?
だって、前見せられたシャメには2人分の皿と箸が並んでいたから。
またそうやって今日も前の写真みたいに2人分並べるんでしょ?

帰り道、涙がとまりませんでした。
情けない。
みじめだ。

私は今から帰って1人でご飯なのに。
翌日だって1人ぼっちなのに。

こんなに悲しくてつらい気持ちをあと何回我慢すればいいの?
あと何日我慢したらいいの?
あと何回1人で泣いたらいいの?

家に帰り着いても、私のギスギスした心は全然癒えなくて。
言わないでおこうと一度は心の奥にしまい込んだけれど、
消化できないと思って、御主人様に本心を伝えることにしました。

言わないで済むものならば言いたくありませんでした。
だって私がそのことを言えば、御主人様が悲しむのが分かるから。
今度から遠慮してもう頼まなくなるかもしれないから。
私は御主人様の楽しみを奪いたいわけじゃないのです。
そう思ったけれど、どうしても1人では消化できないと判断しました。

洗車とムゥムゥ1
洗車とムゥムゥ2
洗車とムゥムゥ3
洗車とムゥムゥ4
洗車とムゥムゥ5

クリックしていただけると嬉しいです^^

「いいなぁカップル」

御主人様を車で送り届けたある夜のこと。
外はもう真っ暗で、しかもすっごく寒くて。

横断歩道をカップルが仲よさそうに歩いていました。
私たちは赤信号の先頭でその2人を眺めていました。

御主人様がふとこう言ったのです。

「いいなぁカップル」

私はえーー?と思って

「私たちだってカップルですよ?」

「今からあの2人は同じ家に帰るんだろ?」
「だからいいなぁって」

それを聞いた瞬間、涙がドバーーーッと。

「そんなの毎日思ってますよ!!!」
「いつもいつも私は1人で寂しい思いをして我慢してるんですよ、、、」

でも、御主人様も寂しいんだっていうのが凄く伝わってきて、
私の涙はイヤな涙ではありませんでした。

「早く私たちも同じ家に毎日帰りたいですね」

それがいつになるのか、はたまたほんとうに実現するのかは分かりませんが、
そうなることを夢見て。

クリックしていただけると嬉しいです^^

「イス座らせてないからな」

御主人様が「将来の私のため」と言って買ったイスを
自宅に持って帰ってから数日後のこと。

私は「絶対に奥さんに座って欲しくない」
「1秒だって嫌だ」

そう御主人様に訴えていました。
御主人様は絶対とは約束できないと言いました。

でも持って帰った数日後にこう言ってきたのです。
「イス座らせてないからな」と。

私はこう答えました。
「そんなの私には分からないじゃないですか?」
「座ったか座ってないかなんて目に見えないんですから」と。

もしも奥さんが座ったとして、御主人様がそれを私に隠そうとしたら
嘘をつくしかありません。
「座ってない」と。

でもそれが嘘なのか本当なのか私には判断材料がありません。
なんでも正直に言う御主人様なので、嘘は言わないと思っています。
でも私のために嘘を言うこともあるかもしれない。
私を想ってこその嘘を。

世の中には「ホワイトライ」は存在するし、時によっては必要だと思っています。

そうしたら、御主人様はこう付け加えました。

「嘘を言ったって、俺が気持ちよくないだろ?」

この言葉を聞いた時、ものすごく御主人様らしいなと思って、
私の心はスーーーッと晴れました。

御主人様が座ってないって言うならそう信じる。

クリックしていただけると嬉しいです^^

バレンタイン2018

今年のバレンタインは当日に逢うことができませんでした。
昨年までは御主人様が美味しいと言ってくれる手作りチーズケーキを
仕事帰りに持って行っていました。

今年はどうしようかな?
本当はクリスマスとバレンタインの合同プレゼントをあげているので、
何もしなくてもいいのでしょうが、そんなの私がイヤ。

バレンタインに愛する人にちゃんと何かを渡したい。
物をプレゼントすることだけが全てではありませんが、
私にとってはそのときにしか体験できない行事は大切なもの。

御主人様だってバレンタインのチョコが欲しいはず。
他の誰からじゃなくて、私から貰えるのを楽しみにしているはず。



御主人様好みっぽいチョコの目星があったのですが、
すごい人気商品みたいで1月末にはもう売り切れてしまっていました。
入荷予定も不明とのこと。

うーーーん。
どうしよう?

色々悩んで、気がついたら3種類もチョコを買っていました(笑)
それぞれ別々のところで見つけて「あ、これいいかも」「あ、これも」と。
全部雰囲気が違って、楽しんでもらえると思いました。

2月12日(月・祝)にたまたま逢うことができました。
厳密に言うと、私に逢うために家から出て来てくれました。
すごくすごく寒い日だったのに、駅ビルまで出て来てくれたのです。
その駅ビルには御主人様が好きな呑めるお店が入っています。
きっとそこに呑みに出ると言って出て来てくれたんだと思います。

「お前に逢うためじゃなかったら、こんな寒い中、休みの日にわざわざ出ないよ」
「家で酒飲んでた方がいいさ」

遅くなる前に送り届けないといけないからほんの数時間のデート。
それでもこうやって休みの日に、本来なら逢えない日に時間を作ってもらえたことが嬉しい。

駅ビルの中はバレンタインチョコで溢れ、多くの人が列を作っていました。

「お前のことだからチョコ買ってあるんだろ?」

「よく分かりましたね(笑)」
「当日は逢えないから、今日車に積んできました」

なんで分かったんだろう?
私が内緒で買ってることを。


御主人様の家の近くまでついて、お別れ。
チョコを渡します。
中身の説明はせず、開けてからのお楽しみ。
家に帰ってもその時間帯は1人ということだったので、
怪しまれることなく持って帰れて良かった。

「お前からしかもらわない」

そう言う御主人様。

「奥さんからもらうじゃないですか?」
「それはお前からしかとは言わないんですよ!!!」

プンプンしちゃいます!



翌日「1日早いけど」とチョコのシャメが送られてきました。
そのチョコは本格的なケーキ屋さんのチョコなので、美味しいはず!
美味しかったと喜んでもらえました^^
よかった~^^

そして別の日のこと。
職場に私からのチョコ3種類ともを持って行ったそうで、自分の棚に置いていると言っていました。
その棚はドアがないタイプのようで

御主人様は同僚たちに「絶対食べるなよ!」と言ったんだそう。

もう笑っちゃいました^^

クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様にとっての休みの日

いつからか、日曜日と祝日の休み以外、
御主人様は全ての休みを私と過ごすために使ってくれます。

どうしても家庭の用事があるときは仕方ありませんが、
それ以外の日はもうわざわざ言う必要もないくらい、
会うことが当たり前になりました。

数時間しか会えないということもありますが、
なんとかして少しでも会えるように考えてくれます。

私は御主人様の職場の休み日程も見せてもらってますし、
翌月の休みをどうしようか?という相談も毎月の恒例行事に。
休みがほぼ決まったら、予定表も写メしてくれます。

平日にお休みが取れることもあり、その時は私は有休を取ります。
普段全く使わないので、良いキッカケです!


私は前から申し訳ない気待ちでいっぱいでした。
1人でのんびり過ごしたいと思うことはないのかな?
休みのたびに私に使って、疲れないかな?



新年が始まり年度末に近づくにつれ、私は繁忙期。
平日の休みが取れない時期です。
取ってもいいけれど、デートが理由だと取りにくい。。。
病院とか重々しいなら理解も得られやすいのですけどね。。。
実際は土日も関係なく仕事の山に埋もれているので、
平日に休むなんてそもそもできません。

そして2月のある平日。
土曜日の休みが取れなくて、平日に何回か休みを取った御主人様。
私は今の時期は平日は休めないと事前に伝えていたので、
もどかしいのですが会えません。

御主人様が平日休みなのに会えなかった日なんて、ここ1年では初めてかも。
時間は作るものとは言うものの、いつもいつも私のことを真剣に考えて、
きちんと心を込めて対応してくれる御主人様には感謝感謝です。

クリックしていただけると嬉しいです^^

24時間以内に3回

ある土曜日の夜から月曜日の朝まで御主人様が泊まれることに。
こんなに長時間一緒にいれることは珍しくて、私は一緒にいれるだけで幸せ^^

でも私は知っています。
土曜日の夜も、日曜日の夜も、御主人様がダメになりそうになったのに、
頑張って無理して作ってくれたことを。
そしてそれを私には言わないでいてくれることを。

無理してるのに無理してることをあえて言わない優しさ。

「時間を作るのは当たり前」

そう言ってくれます。
それがどんなに大変か。

土曜日の夜は、御主人様の家まで迎えにいきました。

前から「2人で一緒に食べよう」と話をしていたものを
途中で買って行きました。
前から御主人様がすごく美味しいと言っていて、
今回ようやく、ようやく一緒に食べられることに。

それはすごく美味しくて、何より前から話だけ聞いていたものを
一緒に共有できたことが幸せ。

御主人様が自分の自宅で盛り付けたテーブルの写メを見せてくれた時、
私は悲しくて悲しくて泣きそうになりました。
そこには御主人様と奥さんの2人分の箸や皿。
急に私が遠い遠い存在に感じました。
実際その写真からしてみると私は赤の他人です。

御主人様はまだ私のムゥムゥレーダーを把握できてないみたい。
その写真で私が落ち込むことまでは予想できない。
御主人様が見せたかったのはその食べ物ということは分かっています。
でも全体が目に入るじゃないですか。



一緒にお風呂にはいって、爪きりなど私の大好きなお世話タイム。
翌日の日曜日は街へお出かけ予定。

朝5時過ぎに目が覚める御主人様。
私も一緒に目が覚めます。

1回目のエッチ^^
たくさん噛んでくれて、たくさん逝かせてもらって。

「気持ちいいのか?」

「気持ちいいです・・・・」

「気持ちいいって言ってみろ」

「御主人様、気持ちいいです」

「ほら、足ひらけ。閉じるな」
「使ってもらって嬉しいか?」

「嬉しいです」

「言ってみろ」

「御主人様、使ってもらって嬉しいです」

お尻をスパンキングされながら、首を絞めてもらいながら、
ベロチューされながら、何度も何度も逝かされて。
頭が白くなる。
・・・気持ちいい。

2人で果てたあと、私はそのまま眠りに。
朝7時過ぎに起こされるまでぐっすり寝ていたそうです。

「お腹すいた。飯つくれよ」

朝ご飯を作ります!
今回は今の炊飯器でも少しでも美味しく炊けるように、新米を買ってきました。
うん!今までよりは比べ物にならないほどに美味しい!
これならこのまま炊飯器はしばらく買わないでもいいかもしれない。

魚は美味しそうなブリカマを買ってきました。
とっても美味しかったです!

お腹いっぱいになって、街へお出かけ。

「一緒にいると楽しいな」

御主人様がそう言います。

「一緒にいると楽しいです」

私がそう答えます。

理由なんてない。
ただただ一緒にいると幸せ。
2人でいると楽しい。
特別な何かは必要ない。
ただただ一緒にいることで心がほんわか。

15時半くらいには御主人様の自宅に送り届ける予定だったので、
15時には私の家に戻ってきました。

「あと1発しないとな」

本日2回目のえっち。
結局、御主人様は夜に帰るから慌てて帰らないでいいと。
お風呂も入って帰ると。

2人でエッチのあとお昼寝。

最終的には泊まれるということになり、翌日のお昼ご飯の材料を買いに。
まさか2日続けてお泊りしてもらえるとは!
そして3回目のえっち(笑)
24時間以内に3回も出せる御主人様がすごすぎます!!!

翌朝4時には起きて、朝ご飯を用意し、お弁当を渡し、
御主人様の家まで送り届けました。

御主人様の若さを再認識しました(笑)

クリックしていただけると嬉しいです^^

イスと未来

ある日、御主人様がネットで、とあるイスを買おうかなと。
元々イスが好きな御主人様。
でもそのイスは将来の私のイスだと言ってくれました。

私はイスには特にこだわりはなく、長時間座っても痛くならないのが最優先。

そのイスは私のためのものとは言ってくれましたが、
私の家に一旦届いたあとは自分の家に持って帰ると言っていました。

私は少しワガママを言いました。
「奥さんには絶対に座って欲しくない」と。

御主人様が自分でお金を払って買うイスなので、
御主人様が家に持って帰るのはもちろんいいです。
それを私にとめる権利はありません。

でも、御主人様が自分の家に持って帰れば、
奥さんがそれに座る可能性があるわけです。
日常的に座らずとも、初めて持ち帰った日に試しに座ってみるかもしれません。

「お前のイスじゃないんだから座るな」とは絶対に言えないはずです。
となると、奥さんが数秒かもしれないけど、そのイスに座る可能性が予想できるのです。

私は・・・・・・・たった1秒でも奥さんが座ったイスなら将来私のイスとしては認められない。
絶対にイヤ。
ともかく奥さんが触れたものはどんなものだって絶対にイヤ。
食器・タオル・寝具・家具・家電。

全部が全部を買いなおすにはお金が必要ですし、
御主人様が自分の好みで2枚ずつ集めた食器があることも知っています。

でも、これは再婚する人の相手への思いやりだと思っているので、絶対に譲れません。
私も御主人様と住む家には離婚前の品は持って来ていません。
前の旦那が使っていたものを次の人に使わせるなんて失礼にもほどがあると思うから。

別に気にしないという人もいるとは思います。
前の人が使っていた食器で食事を取ったり、タオルで体をふいたり、
前の人と一緒に寝たベッドで寝るのが平気な人もいるでしょう。
私は、絶対に無理です。

勿体無いとかそういう問題ではないのです。
私にとっては、心から気持ちよく住むために最低限必要なことなのです。
もしも今の奥さんが使っているものをそのまま私にも使えといわれたら、
私は一緒には住めません。


「絶対に奥さんが座らないようにイスを守ってくれますか?」

「絶対とは約束はできない」
「俺がいないときだってあるし」

御主人様がそのイスは将来の私のためのものだけど、
自分の家に持って帰ると言って、しかもイスを守れるとは約束できないと言われたとき、
涙がとまりませんでした。

「なら買うのやめるか?」

私があまりにも泣くもんだから御主人様が購入を諦めようか?と。

実はそのイスは中々市場に出ないものらしく、今が購入チャンスだと。
いつでも売っているものならば一緒に暮らすことが決まってからでいいですが、
そもそも売りに出にくいものならば、タイミングが大切になります。

私は御主人様が買いたい気持ちを邪魔したいわけじゃないのです。
でも・・・・・私にもどうしても譲れない想いがあるのです。

イス1

数日後、まぁまぁの大きさの段ボールでイスが私に家に届きました。
ワクワクしながら梱包を開きます。

慎重に段ボールを開けて、中からイスを取り出します。
そこから写真撮影大会(笑)
様々な角度から写真を撮って、御主人様に送ります。

仕事帰り中の御主人様から電話があり、
イスの話で盛り上がりました!

「座ってみろよ」

「私が1番に座っていいんですか?」

「いいよ」
「お前に1番に座らせるためにお前の家に送ったんだから」


御主人様が未来の私のために買ってくれたイス。
私は何回も何回もそのイスを見て、なんとも言えない感動を覚えました。
イスそのものに興味があったわけじゃないのに、すごく特別に思えます。

すでに私にとっても宝物です。

御主人様が数日後に私の家に来れて、初対面。
眺めたり座ったり。
すごく良い買い物をしたと、満足そうです。

プチプチに大切にくるんで、御主人様の自宅まで車で運びました。
正直いって、御主人様がイスを持って帰った時点で、
奥さんが1回も座らないは無理だと思っています。

将来本当に一緒になれて、そのイスを差し出された時、
私は自分がどんな気持ちでそのイスに座るのか、
今は想像ができません。

「きっと奥さん座ったんだろうな」って思いながら、
でも御主人様に「座りましたよね?」とは聞けず、
きっと座ってないって自分に言い聞かせるかもしれません。

すごく大切なものだと感じている分、ちょっと複雑な心境です。
でも、やっぱりこうやって「2人の思い出」が増えることは幸せです。

クリックしていただけると嬉しいです^^

炊飯器と未来

今の私の家にある家電は、ほとんど実家からもらってきたものです。
父が単身赴任をしていたときのものがあったので、初期費用を抑えることができました。

しかし、炊飯器がご飯があまり美味しくないのです。
普通に炊けるのですが、お米大好きな私としては「うーん」という感想。

洗濯機も壊れそうな予感。

新しく買いなおすのは問題ではありません。
お金はかかるけど、家電はいつか壊れるものなので、仕方ありません。

問題はそこではなく、御主人様と相談して決めたいということ。
将来一緒に使う可能性があるのだから、なんでも相談して決めたいのです。

もしも・・・・・・あと1年くらいで一緒に住めるならば、
炊飯器は今のままで我慢します。

でも・・・・・・あと3年くらい待たないといけないならば、
新しく買いなおしたい。


御主人様と一緒に電気屋さんに行ってみました。
家電コーナーを手を繋いでブラブラしていると、
まるで新婚さんみたいでワクワクしてしまいます。

炊飯器は1万円くらいのものから5万円、10万円以上と幅があります。
御主人様と2人だから3合炊きでいいですよねー。

この日は下見だけで終え、また2人で相談して決めることにしました。

炊飯器1
炊飯器2

クリックしていただけると嬉しいです^^

2回目のウォーキング

前回1回目のウォーキングに行った翌週末は天気が悪かったので、
2週間ぶりに行って来ました。

今回の目標は1キロ10分ペースで計3キロ。

柔軟をしてスタート。
一切走ることなく、最初から最後まで早歩きで挑戦しました。

1km

最初の1キロは11分23秒。
目標の10分では届かず。
まぁまぁ自分の全速力の早歩きだったのですが・・・・・。
1キロを10分で歩くってかなりのスピードが必要だと分かりました。

2km.png

3km.png

最終的に3キロを32分13秒で歩きました。
どうしても1キロ10分ペースで歩かないといけないわけでなく、
効果的なウォーキングの目安なので、まぁ良しとします。
自分の中で目安となるスピードが分かったのでオッケーです。

出発してから帰宅するまで、結局は3キロと160メートル。
なんとなんとちょうど100キロカロリーの消費でした。

しばらくは今回の道を続けてみようかなと思います。
慣れたらあと2分13秒縮めて、3キロを30分で戻ってきたいです。

翌日は少しだけ足が筋肉痛になるのですが、
運動した満足感で体も心も気持ちいいです^^

100カロリー



クリックしていただけると嬉しいです^^

ラベンダーのアロマ加湿器

私の家にはアロマ加湿器(アロマミストディフューザー)があります。
水をセットし、好きなアロマオイルを数滴たらせば完成。
香りのついた加湿が楽しめます。

オイルを受け皿に垂らしてキャンドルの熱で香りを広げる
オイルウォーマーも気になっていますが、
寝るときに使いたいので、手を出していません。


私の持っているオイル加湿器にはライトもついており、
夜寝る前にアロマライトだけをつけ、
1時間加湿器をセットして寝ます。
1時間経てばライトも加湿器も自動で消えるので安心です。
(1時間・3時間・8時間から選べます)

私の気に入っているオイルは「ラベンダー」
ラベンダーの香りには、心と体の両面へ色々な効果があると言われています。

・リラックス効果でストレス軽減
・疲労回復
・血圧を下げる
・不眠症を改善
・頭痛や生理痛などの鎮痛作用
・殺菌や消毒作用

私の最近にお気に入りです^^

クリックしていただけると嬉しいです^^

欠かせない入浴剤

私はお風呂が大好きです。
御主人様もお風呂は好きです。

2人とも出逢う前から朝シャワーは必ず。
朝シャワーをするときにお風呂掃除をするのも同じです。

2人でお風呂に入ると、いつもついつい長くなってしまいます。
たくさん話して、体と髪を洗ってあげて。
コミュニケーションを取る大切な場所。

私は1人でお風呂に入るときも、いつも1時間くらい入ります。
お風呂にゆっくり浸かって、小説を読んだり携帯で時間つぶしたり。
汗が出てくるまで、湯船から出たり入ったりを繰り返します。

入浴剤はそんな楽しみなお風呂時間に欠かせません。
御主人様が来るときは、御主人様が好きなバスソルトを使います。

私1人のときは1袋ずつ入っている入浴剤を使っています。
柚子やヒノキといった香りがお気に入り。

よく薬局などで温泉シリーズの入浴剤が売っています。
12~18袋はいって400~600円くらい。
1日30円くらいなら月に1000円くらい。
それくらいなら贅沢しても困らない金額です。

できるだけたくさんの種類が入っているものを買って、
今日はどれにしようかなと楽しみにしています^^

クリックしていただけると嬉しいです^^

「豚汁」と「イチゴ狩りの約束」

ある日、御主人様が泊まれることに。
翌日の朝ご飯まで食べていけるということだったので、
朝ご飯の買い物に行きました。

「お味噌汁の具は何がいいですか?」

「何でもいいよ」

いつもは豆腐、なめこ、あげ、アサリ、しじみなど。

以前「豚汁が1番好き」という話を聞いたことがあったので、
今回は豚汁を作ることにしました。

3年前の知り合ってすぐのとき「深夜食堂」というドラマを
よく一緒に見ていました。

毎回オープニングで「豚汁」が流れ、これがまた美味しそうなのです!
実は1度だけ御主人様が作ってくれたこともある思い出の食事です。

あとはデザートにイチゴを買いました。
私1人のときは贅沢なので買うことはありませんが、
御主人様が泊まれる日は必ずフルーツは用意します。
季節季節の美味しいものを食べることは良いことですから^^

作った豚汁は「すっごく美味しい」と言ってくれました^^
御主人様は2杯おかわりしてくれました^^

豚汁


買ってきたイチゴも「甘くて美味しかった」と言ってくれました^^
残ったイチゴは冷蔵庫にいれて、御主人様が帰った夜、1人で食べました。
御主人様が言っていたみたいにとっても甘くて美味しかったです。

イチゴ狩りの約束

1月にした「イチゴ狩りデート」の約束。
2月に行けたら嬉しいです!

クリックしていただけると嬉しいです^^

初めて出逢った日の記憶

3年前の2015年1月30日。
御主人様と初めて逢いました。

「今日の21時頃に着くバスを予約した」

いきなり届いたライン。

本当はその2週間後に初めて逢う話をしていたのに、
いきなり「今日」って言われて、
当時主婦だった私は「え@@」ってなりました(笑)

その時はまだまだ遠いところに住んでおり、高速バスを使って4時間。
遠い道のりを時間をかけて来てくれた御主人様。

しかも私は「主従」への理解も浅く、「奴隷」になる覚悟もできてない状態。
プラス翌日にも生理になりそうなタイミング。

そんな全てを分かった上で「確かめるために逢いに行く」と言ってくれました。


そして不安いっぱいな私に
「SMのプレイとかではなく、激しく愛して抱いてやる」
「一晩中抱きしめて愛したい」

そう言ってくれました。
俺はプレイをしにいくんじゃないと。


そうやって逢うことが実現しました。
車の中での会話、ホテルの中での会話。
すべて鮮明に覚えています。

初めて逢った日の私の大切な大切な記憶。
一晩中抱きしめて包み込んでくれました。
私に「愛」を与えてくれました。
私の「人生」が変わった日。

「愛してる」なんて言葉じゃ足りません。

出逢いの日から3年


クリックしていただけると嬉しいです^^

3周年記念デート

御主人様と「3周年記念デート」をしてきました^^

3周年記念当日にはいけませんでしたが、
私にとっては当日かどうかは重要だけど重要ではありません。

誕生日や記念日など当日に逢えないことの方が多いですが、
今は仕方ありません。


3周年記念は私たちがいつも記念日に行く「回らないお寿司屋」さんへ。
今回は初めて夜に行きました。
御主人様もお昼ばかりで夜にそのお店に行くのは「初めて」だと。

3周年記念デート

御主人様が言います。

「3年か・・・・感慨深いな・・・・」
「お前とは年々仲良しになるな」
「最初だけラブラブでどんどん冷めていくのはよくあるが、
こんなに仲良しになるとはな」

これからも御主人様とは仲良しでいきます^^

クリックしていただけると嬉しいです^^

ウォーキング

1月1日に今年の目標を立てました。
1年間でマイナス2キロ。
正確にいうと、何キロ台にしたいという数字があります。
これが今年の目標です。

御主人様と逢わない土日は用事を入れていないことが多いので、
暇つぶしと運動をかねて、
天気が良い日限定でウォーキングをすることに。

無理をして「絶対」とかにすると続かないので、
自分が無理なくできる範囲ですることに。

当面の目標は3月までの土日で天気が良い日はウォーキングをする。
その後は、アレルギーのスギのことや、気温を考慮して、また考えようと思います。



ウォーキングを開始する前に、良いアプリがないかなと探してみました。
いくつかダウンロードしたのですが、登録しないといけないものが多く、
それはイヤだなと。

そこで発見したのが「walkmeter」という無料アプリ。
有料版にすると使える機能が増えるみたいですが、
私は無料の機能で十分です。

運動前のアップ・ウォーキング・運動後のダウンまで入れて、
全部で60分が目安。

チャック付きの上着を着て、
左ポケットに自宅の鍵、右ポケットにスマホを入れてきちんとチャック。
これで落とす心配もありません。

イヤホンでお気に入りの1時間BGMをかけます。

まずはアキレス腱を伸ばしたり軽く運動。
そして最初は軽いジョギング。
20分運動しないと脂肪は燃えないそうなので、
今日は全部で30分が目標。

グレープフルーツの香りを嗅いでから運動すると、
脂肪が燃えやすくなる話は有名ですよね!
毎日本物のグレープフルーツを用意するのは大変なので、
今度グレープフルーツの香りのする何かを買ってこようかな。
本物のグレープフルーツでなくても効果はあるそうなので。


自宅から車があまり通らない道を選びます。
車が多いと危険ですし空気も悪いし、横断歩道が赤だと歩くのが中断されてしまいます。
私のお気に入りの綺麗な川沿いの小道を選びました。
ここは車もほとんど通らず、ランニングしている人もたまに見かけます。

5分ほどランニングした後は、ウォーキングに変更。
まだまだ初回なので無理をしないことに。
歩幅や呼吸(有酸素運動)を意識し、手を大きくふります。
そしてウエストをキュッと引き締めたいので、腰に意識をもっていきます。
少しだけ早歩きくらいのペース。

初めて通る道もあり、住んでいる街再発見にもなりました。

ウォーキング1

今回は全部で33分。
距離は2.9キロ。
家から自分が走ったり歩いたマップも表示されます。
このくらいの距離を移動すると約3キロなんだなというのが分かりました。
アプリに体重などを設定しておくと、消費カロリーも表示されます。

一覧表示やカレンダー機能も無料で使えるみたいなので、
2回目がどうなるのか楽しみです。

ただ単に走ったり歩いたりするだけだとつまらないので、
このアプリはしばらく使ってみようと思います。

効果的に痩せるためには

「時速6キロの速度で30分程度のウォーキング」が良いそうです。

今回は最初にランニングをしたので、
次は最初から早歩きウォーキングをしてみたいと思います。

時速6キロの速度で30分程度ということは、
30分で3キロの距離を早歩きすればよいということ。
1キロ10分と覚えておけば分かりやすいです。

今回走り5分+早歩き28分で合計33分だった同じコースを
早歩きだけで30分で戻ってこればよいことになります。
イメージしやすいです!

これに慣れたら、距離を4キロにしたり、時間を伸ばしたりなど、
自分のそのときに合ったものに変えていこうと思います。

クリックしていただけると嬉しいです^^

私の地元の求人

御主人様が私の地元での求人情報を見てくれたそうです。

仕事探し1
仕事探し2
仕事探し3

私と一緒になったら、私の地元に引っ越して、
そこで小さな家を建てる。

平屋で、こんな家にしたい。
家具はこれを買いたい。

御主人様が「夢が広がる」と。

私も聞いているだけで、とっても幸せになります^^

御主人様が離婚できるかどうかは分かりません。
でもこうやって離婚後についてちゃんと考えてくれていると知れるだけでも、
私は十分に幸せを感じます。


仕事についても、引越しをするなら転職をしなければなりません。
私は今の仕事はあまり場所を選ばないのでそのまま続けられると思います。
御主人様は年齢的に転職をするのは簡単ではありません。
でも、複数の資格を持っているので、その資格を活かして
きっと転職できると私は信じています。

クリックしていただけると嬉しいです^^

2ヵ月後の休み予約

3月は私の誕生日です。
つい最近、そんな話を御主人様としました。

「お前の誕生日は何曜日だ?」と。

カレンダーで見て、曜日を伝えます。
すると・・・・・そのあとすぐあとに御主人様より電話が。

「もう仕事の休み予約したから!」
「何が何でも取るって言っといた」と。

まだ2ヶ月も先のことなのに!
こんなに大切に思ってくれたことが、とっても嬉しくなりました^^

クリックしていただけると嬉しいです^^

咳の正体

「咳ぜんそく」のアレルギーが何であるか、血液検査結果を聞いてきました。

結果は0~6の7段階で表され、数字が大きいほどアレルギー反応を起こしやすいそう。

私の結果は・・・・・
スギ:レベル4
ダニ:レベル3
ハウスダスト:レベル3
衣類害虫:レベル2
イヌのフケ:レベル2

年末という時期を考えるとスギは今回の咳とは違うように感じます。
ダニは1年中いる中で、秋がダニの死骸が1番増える時期なんだそうです。
そしてハウスダストの主要なアレルゲン(アレルギーの原因)もダニなんだそうです。

衣類害虫については、季節の変わり目に洋服を着る際、洗ってから着るようにと言われましたが、
実は毎回そのようにしています。

お布団も極力こまめにシーツなど洗っていますし、
元々掃除も毎日しています。

結局・・・・・・・・これ!っていう原因は分からないままでした。
ただ、自分の咳が風邪ではなく、アレルギー反応だと分かったのは良かったです。

今後ずっと薬と付き合っていかないといけないのかもしれませんが、
自分の体をより知れた良い機会となりました。

クリックしていただけると嬉しいです^^

御主人様との奇跡の出逢いから丸3年

今日で御主人様と知り合ってから丸3年です。
2015年1月19日に知り合った私たち。

3周年1

あの日のあの時間に出会っていなければ、
きっとお互い知らないまま。

奇跡の出会いだと今でも思っています。

あのタイミングだったのもきっと意味がある。
お互いに相手を求める時期が同じで、
お互いに相手に求めるものが同じで。
惹かれあった2人。

偶然なのか必然なのか。

あれから3年。
ほんとに言葉では表せられないほど色んなことがありました。
今となってはどれもこれもが大切な思い出。

分かり合えなくて傷つけあった夜。
寂しくて泣いて過ごした夜。
分かって欲しくてワガママを言った夜。

色んな感情とともに3年を過ごしてきました。

しかしまとめると幸せいっぱいの3年間でした。
私の人生で1番私が輝いていた3年間。
一緒に暮らせなくて寂しくて泣いた日も多かったけれど、
でもでもやっぱり幸せだったと断言できます。

私は御主人様に愛されてると幸せ。
ほんとにそれだけで幸せ。
他には何にも贅沢なことはいらない。
御主人様と一緒に居たい。
一緒に居ると心が安らいでホカホカするの。
あぁ、生きてて良かったって。
生まれてきて良かったって。
この人のために生まれてきたんだって。

御主人様、これからも死ぬまで一生傍にいて、
私の生涯をかけ心からお仕えすることをここに誓います。

3周年2
3周年3


クリックしていただけると嬉しいです^^

忘れた財布の副産物

御主人様に

「財布が入ったままでした;;;」とLINEを。
御主人様はもう寝ているようで既読になりません。

翌朝まで返事を待つことに。

翌朝御主人様より電話。
こっそり外に出る隙をつくってかけてくれたみたいでした。

「今日の昼くらいに洗車に出るから出て来い」と。

御主人様の自宅付近の洗車場に集合になりました。
私の自宅からは45分くらいかかるので11時に出発。

出発してすぐくらいに御主人様からも電話がありました。

「俺もいま出たから」

御主人様の方が断然早く着きますが、先に洗っているとのこと。
私も急いで向かいます。

洗車場に着いて、まずは財布を返して。
御主人様の車を一緒に拭き上げて、次に私の車を洗ってもらいました。
いつも綺麗に洗ってくれます^^

まさか、財布を返しそびれた副産物で、御主人様に逢える&洗車してもらえるとは!
何より逢えない予定だった日に逢えたのが嬉しかった^^

御主人様は2台分洗った時間がかかったので、早めに帰らないといけません。
洗車場でバイバイ。
さみしいけど、手を振ってお別れです。


私はまた45分ほどかけて自宅に戻りました。

「ただいま」ってLINEしておくと

「車ピカピカになったな」
「財布忘れて良かったな(笑)」と返事が。

ほんとに^^
逢えて嬉しかったなぁ^^

クリックしていただけると嬉しいです^^

2018年初デート

今年初デートに行ってきました^^
朝9時半くらいに駅で待ち合わせ。
この日は「牡蠣小屋デート」の予定です!

去年11月にも牡蠣小屋デートには連れて行ってもらいましたが、
この日もとっても寒い1日だったので牡蠣小屋で温まることに。

今回も全て御主人様が焼いてくれます!
私は出来上がったのを食べるだけ^^
すっごくおいしいです!
牡蠣自体も美味しいですが、御主人様が焼いてくれたと思うと、
なおさら美味しいです^^

2018113.png

201801032.png

ほとんどの牡蠣小屋がそうだと思いますが「持ち込み可」というのが嬉しいです!
ビールや焼酎、薬味(レモンやもみじおろし)を持参します。
あとは焼酎お湯割り用の熱湯。

炭代を払っても実質材料費だけなので、2人で3000円もあれば十分です。
今回頼んだのは、牡蠣、さざえ、はまぐり、イカ、コーン、おにぎり。
おにぎりは御主人様が焼きオニギリにしてくれました。

大大大満足で帰路に。
御主人様はすっかり酔っ払って爆睡。
途中ホームセンターに寄って、ベッドルームの電球を買います。
引っ越してきて初めて電球が切れそうになりました。
2年半ちょっと、よくもちました。

天井の電球は女性には交換が少し難しいです。
御主人様がやってくれました。
引っ越してきたときも電球をセットしてくれましたが、
今回もやってもらうことができました^^


夕方にはいつもの焼き鳥屋さんに行くことに。
お昼も夜も外食で贅沢でしたが、今年初のデート「新年会」なので!
夕方までは録画した番組を見ながらまったり。

2018年1月19日になると、知り合ってからちょうど3年が経ちます。
カレンダーを見ながらそんな話をしていると、非常に感慨深いものがあります。
3年。
振り返るとあっという間でした。

焼き鳥屋さんでも少しそんな話になりました。

「もうすぐ3年か・・・・」
「感慨深いな・・・」
「お前が浮気するなんて1000%ありえない」
「俺だってお前を待たせるのはイヤなんだ」
「お前のこと、愛してるじゃ足りない」
「俺たちは2人で1人前だからな」
「絶対に幸せにしてやる」

私も「愛してる」なんて言葉じゃ言い表せないほどに愛しています。
帰りの車の中、御主人様はずっと私の頭をなでなでしてくれていました。
50分間ほどずっと。
私はその間、ずっと涙がとまりませんでした。
なんて幸せな時間。

御主人様の自宅近くまで戻ってきて、お別れの時間。
次に逢えるのはもう月末かな。
さみしいけど我慢我慢。

最後のチューをして別れます。
それから50分かけ自宅に戻ります。
御主人様に「ただいま」のLINEをして荷物を全て片付けます。

バッグを開けて・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「・・・・・・・・・御主人様の財布が入ってる・・・・・・・」

いつも私に財布を預ける御主人様。
すっかり返したつもりでしたが、入ったまんまだったみたい。。。。。

現金はともかく、免許証なども入っています。
明日の日曜日は逢えるだろうか?
なんとか返さなきゃ・・・・。

クリックしていただけると嬉しいです^^

薬と愛液

11月末からの咳がとまらないまま約1ヶ月半が過ぎました。
年末に3回病院に行って、多少はよくなったものの、完治しません。
薬局で市販の薬もすでに何回購入したやら・・・・。

1月に入ってから、収まり気味だった咳がまたひどくなり、
特に夜中にゴホゴホいって眠れないほどに。

1年前の冬も長引く咳に悩まされました。

これは・・・・・風邪じゃなくて他の病気かもしれない。
こんなに長く治らないのは変だし、病院の薬も効かない。


そう思ったので、咳を専門とする先生がいる病院に変えてみました。
肺活量の検査から、レントゲン、血液検査など、
今までどの病院でもされなかった検査をしてもらいました。

また今まで飲んできた薬もお薬手帳で見てもらい、
今回の咳と去年の咳についても詳細に話をしました。

・長引く咳
・気道が狭くなっている
・レントゲンに異常が無い

先生の診断はこれらの症状より、ほぼ100%「咳ぜんそく」だと。

肺活量の検査結果より通常100%の数値が70%ほどで
ピークフロー(最大呼気流量)が低下している。
レントゲンは綺麗なもので何にも見つからない。

咳ぜんそく@@?
わたしぜんそくなの?

人生で初めてぜんそくだと言われました。

血液検査で、何に対してアレルギー反応を起こしているのか調べてもらい、
1週間後に分かります。

その間、大量の薬がでました。
合計10種くらい・・・・・。

薬は合っているようで、咳はだいぶよくなっています。
たまに大きく息をすったりすると刺激によって出ますが、
寝れるようになりました。



そしてこの大量の薬を飲んだ次の日の朝、
御主人様とえっちしたときのこと。

69になってクンニしてもらったときの話です。

「いつも苦くないのに、愛液が苦かった」
「薬の味がした」

飲んだ薬の成分は愛液にも混ざってしまうようです。
新発見でした・・・・・。

クリックしていただけると嬉しいです^^

2018年初めてのお泊り

2018年になってから、やっと御主人様に逢えました^^
最後に逢ったのが12/25だから約15日ぶりです。
長かった・・・・。

携帯で2人の写真を眺めては「早く逢いたい逢いたい」と
毎日思っていました。

今年初めて逢ったその日が今年初めてのお泊りも兼ねて、
すごく幸せな時間でした^^

一緒に夜ご飯を食べて、お風呂に入って、久しぶりに体と髪を洗ってあげて。

「やっぱりお前にこすってもらうと気持ちいい」

私も嬉しくなっちゃいます。

「今日足の爪切れよ」
「足の爪見てみろ」
「手だけは自分で切ったよ」

足の爪を見てみると、すっごく伸びていました。
お風呂あがってから久しぶりの爪切りをしました^^

「かかとも割れちゃって痛かったんだよ」

見てみると、固くなってヒビが入っていました・・・・。
以前買った「ののじ角質こそぎめちゃトレ」で綺麗に削ります。

御主人様は床に寝っころがって、されるがまま(笑)
「次こっち」って言うと、逆向きにごろ~んって。
可愛かったなぁ^^

「お前が居ないとダメだな」って。

削り終わると、かかとはツルツルになってました^^



お正月に買ってきたお土産を説明して、
御主人様専用の特別な年賀状を披露。
2017年の写真たちを見て、これはどこの、これはどこのって
思い出話も盛り上がりました^^


一緒に寝て、今年初めてのエッチをして。
今年は「喧嘩ゼロ」で仲良しこよしの1年間にしましょうね^^

クリックしていただけると嬉しいです^^

男性の鼻の大きさは性器の大きさに比例する?

「男性の鼻の大きさと性器の大きさは比例する」

そんな都市伝説?があるらしいですね。

私の御主人様は目鼻立ちがはっきりしています。
別の言い方をすれば濃い顔。
私はたまに「濃い顔」とからかいます(笑)

私は、はっきりした顔立ちが好きなので、
好意のあるからかいです(笑)

鼻も私と比べて高いし大きいのです!

御主人様をからかって遊んでいると、

「男性の鼻の大きさと性器の大きさは比例するんだぞ」

そんな風に言うので、
鼻と性器の大きさの関係についてネットで調べてみることに。

すると・・・これは意外や意外、本当かもしれません(笑)

クリックしていただけると嬉しいです^^

膀胱炎とムゥムゥ

おそらくですが、私は膀胱炎です。
ちゃんと病院に行って診断されたわけじゃないのですが、
1日の中でトイレに行く回数がとにかく多いです。
一回一回の量は非常に少ないのです。
あんなにしたかったのに、これだけしか出ないの?と。
そしてその瞬間はある程度スッキリするのですが、
5分ほど経つと、また我慢できないほどの尿意が込み上げて来るのです。
突然来た尿意の限界までの残り時間も残ほぼナシで開始なのです。
それでトイレに行っても出るのは数滴だけという時もあります。
永遠とこの繰り返しで、多いときは1日に20回ほどトイレに行きます。

実家近くの初詣に行った時も、家を出る直前にして、
神社の駐車待ちの車の列から先に降りてして、
お参りが終わってからまたして。
帰宅途中のコンビニでもして。
2時間程度で4回でした。。。

御主人様や家族と一緒の時はまだいいのですが、
職場の人といると、こんなに頻繁に行けないので、
何回かに1回はついつい我慢してしまいます。
これがまた悪循環の元とは分かっているものの。

本当は膀胱内の菌を尿と一緒に出さないといけないのですが、
トイレに行く回数を減らしたくて水分の量も自然と減ります。
ほんとはたくさん飲んでたくさん出さないといけないのですが。
これ以上トイレに行く回数が増えたら困るという、こちらも悪循環。

膀胱炎にもいくつか種類があるみたいですが、
わたしは症状からして「間質性膀胱炎」っぽいです。
その他の種類に見られるような白濁した尿や血尿は見られません。

〈間質性膀胱炎〉
何らかの原因で膀胱の粘膜の内側の層に炎症が起き、筋肉が萎縮する病気。
通常、膀胱には200~400mlの尿が溜まると尿意を覚えるが、
この間質性膀胱炎になると膀胱が膨らまないため、100ml以下で一杯になる。
そして、尿が溜まると下腹部が激しく痛み、トイレに行く回数がとても多くなる。
症状の強い時は、10分前後の間隔でトイレに行くことも少なくない。
1回で出る尿の量は少なくなり、 排尿後もまだ残ってる感じがあることが多い。

原因としては細菌が膀胱粘膜に感染して起こるものが最も多い。
女性は男性に比べると尿道がたった3~5cmと短く(男性の尿道は14~18cm)
細菌のいる膣や肛門と尿道との距離が近いことなどから膀胱炎を起こしやすい。

予防としては膀胱内に細菌を入れないこと。



御主人様と初めて逢った3年前にカンジダ疑惑事件がありました。
白いオリモノがあんなにたくさん出たのは初めてで、すごく痛痒いのです。
病院に行って顕微鏡で検査してもらうと、カンジダのカビのせいではなく、
雑菌がかなり多いせいということが分かり、膣の中に入れる錠剤が出されました。

あの時以来、二度と雑菌まみれで病院に行く羽目にならないように注意しています。
オリモノがたくさん出るのも嫌だし、あんなに痛い思いはしたくないし、
病院に行くのも時間とお金の無駄です。
膀胱炎のことを考えるとなおさらです。

御主人様はいつでもどこでもクリを直接触ってこようとするので、
雑菌が多そうなものに素手で触れた直後は特に要注意です。



御主人様は私のお/しっこを素手で触りながら

「お前のは汚いとは全然思わない」

そう言ってくれます。
そのこと自体はものすごく嬉しいのですが、
ある時こういう会話が。

「お前は女性の中でも一回あたりの尿の量と勢いが少ない」

つまり御主人様はほかの女性の排尿についても、よく知ってるということ。
どれくらいの量と勢いなのかまで。
その女性たちの尿に対して過去にどう表現したのかは分かりませんが、
今までもおんなじようにしてきたんだ。

私だけ特別と思っていたのが悲しくなります。
その時その時の奴隷たちにもおんなじように言ってきたんだろうな。

仕方ないとは分かってる。
それに「今は私が特別」ということに嘘がないのも分かる。
けどね、過去のその時はきっとそれぞれの人たちが世界で1番だった。
私への言葉と同じ言葉を過去にも言ってきたんだろうな。

これは過去の御主人様のある奴隷さんの言葉からも分かっています。
私より前に御主人様の奴隷だった女性から、御主人様に連絡があったそうです。

「このブログの相手はあなたですか?」と。

世の中どれだけのSがいるか分かりませんが、よく分かったものだと。
それが例えば今くらいの時期に連絡が来たのならまだ理解できます。
趣味の釣りや、身につけてるものなど、キーワードがたくさんだから。
でも私が御主人様の近くに引っ越してくる前のことなので、
そんなに個人を特定できそうなキーワードはまだありません。
あるのは、御主人様が私を奴隷に落とすためのメールの内容ばかり。

この話を聞いた時、私に言ったこととおんなじ(ような)言葉を過去の
奴隷さんたちにも言ってきてるんだろうなって思ったのを覚えています。

御主人様が過去の奴隷さんや彼女さんと未だに連絡を取り合ったり、
中には私との関係が始まった後でも2人きりで会ったりしてるのも
全て聞かされています。

ある時にはその人と2人きりでお店を経営したいと。
全力で応援することと、別れることの両方の覚悟を決めていました。
2人きりでお店をするのは絶対納得できないと思いました。

お店の話の相談で「今から会ってくる」「夜ご飯まで一緒に食べてくる」
そう出かけて行くのを聞くのはほんとに悲しかったです。

その人とは付き合い自体短かったし、Mでもないし、今はただの友だちだと言います。
むしろなんの感情もないから、わたしに全てを話しているのだと。
それがわたしへの信頼の証拠だと言うのです。

その人は御主人様が結婚していることも知っていて、
わたしの存在も、わたしが奴隷であることも話ししてるそうです。
わたしにその人を会わせるような話もありました。
結局その話は流れたのですが。

つい最近も、その人からある相談を受けたと。
その相談があったことは前にも聞いていたので知っていました。
今回はその後どうなったかの内容でした。
あれからまた連絡取ってたんだ・・・。

「わたしにその人と連絡取ったことを言わないでください」
「知らない方が幸せなこともあるんですよ」

「俺は俺に関することは全部お前に言うって決めてるの」

そう言われたら、ムゥムゥするけど、我慢するしかありません。
顔ではシュンってなってるけど、尻尾だけブンブンふってるワンコみたい。
結果嬉しくなってしまうわたしなのです。
御主人様から「信頼してる」と言われると、そりゃあ嬉しいに決まってます。

でもね、私の知らない過去話はツライってだけ知ってて欲しいです。
心の中でワンワン泣いてます。
書いてたらなんか悲しくなってきちゃった。
新年1回目逢えたときにナデナデとギューしてもらおう(笑)

そして2018年は泌尿科に行こうかな。

クリックしていただけると嬉しいです^^

マナーってむずかしい

「運転をすると性格が変わる」という話はよく聞きます。

わたしは誰かに対して大声で怒鳴り散らす人が苦手です。
小さい頃から親が怒鳴りあうのをずっと見ていてトラウマなのです。
相手に対して汚い言葉を大声でストレートにぶつけ、
言った本人はスッキリするでしょうが、
聞いてる方からしてみると決して気持ちの良いものではありません。
それがたとえ自分に向けてではなかったとしても耳から入れば同じこと。
親の不仲を見て育つ子どもの気持ちを考えて欲しいものです。

その状況は未だに変わっておらず、実家に帰れば毎晩のように
怒鳴りあう声が聞こえてきます。
それは大晦日だろうが元旦だろうがお盆だろうが。
そして旅行先だろうが。
だからわたしは実家に帰りたくないのです。
わたしの精神が落ち着く場所でないから。

自分の想いを伝えることは大切だと思いますが、
言い方や表現は考えなければならないと思っています。

そんな環境で育ったからこそ、わたしは愛情いっぱいの関係でいたいと思っています。
いつまでもラブラブでいたいと。
それは物理的にベタベタするということだけでなく、
何年経ってもお互いに思いやりの心で大切に接し、尊敬し合い、感謝し合う。

相手が不機嫌になるから自分の言いたいことを一方的に我慢するなんて、
そんな嘘の夫婦は絶対にイヤなのです。



この前、片側1車線ずつの非常に混み合う道を車で走っていました。
ある大型店舗の駐車場は入口と出口が分かれています。
そのルールはお店の決めたルールで一般的な道路の一方通行とはイコールではありません。
法的拘束力がないとはいえ、ルールを守ったほうが良いのは当然です。

その大型店舗はわたしの進行方向の左側にありました。
道路は非常に混んでいて全く進みません。
色んな店舗が道路の左右に集まっており、車が左右から入り乱れます。

わたしがそのお店の駐車場出口の少し手前に来た頃、
一台の車が出口から左に出ようとしていました。
どのみち混んでいるのでその車が私の車の前に入るまで待機。

私の進行方向の逆も大渋滞。
しかもそのお店に反対車線から入りたい車がとまっており、
片側1車線のため、その車が曲がらないと後ろの車はずっと動けず。

その曲がりたい車は駐車場出口より入ろうと曲がりました。
おそらくですが、自分の車のせいで後ろがずっと詰まっていたので焦っただろうし、
そこが出口専用だと知らなかったのだと思うのです。

お店の看板に「入口」と「出口」と書いてあるだけで、
注意深く看板を見ないと気づかないですし、
「入口」の看板はそこからかなり離れた場所にあるのです。
さらに言うならば左右どちらにでも出入りできるように、
入口・出口ともに2車線ずつあるのです。

その人が間違ってそこから入ろうとしたのも分からないでもありません。
運転手はおじぃさんで、助手席にはおばぁさんが乗っていました。

その人たちが2車線の片側、出ようとしている車の隣の車線から入ると、
その出ようとしていた車の運転手が何やら車の中から看板を指差して怒鳴っています。

「ここは出口専用だろ!」とでも叫んでいるようでした。

本来なら出口であるところから入ってしまったおじぃさんは、
片手をあげて「申し訳ない」というようなジェスチャーを。

それでも出ようとしていた運転手は怒りがおさまらないようで、
窓を開けて看板を再度指差し、何か叫んでいました。
40代くらいの男性でした。
おじいさんは何度も頭を下げてました。

その車が本来出口であるところから入ったところで、
その40代くらいの男性には特に迷惑はかかっていません。
仮に1車線ならバックしないといけないとかあるでしょうが、
2車線あるそれぞれ別の車線でしたし、
その車以外にその時に出たい車も並んでいませんでした。

ルールとしてはダメです。
でもあんなに怒ることかな?

なんかモヤモヤした気持ちで見ていました。
そしてその40代男性はわたしの車の前に。

まだまだ渋滞は続いており、わたしはその車の後ろにずっといました。
あのおじぃさんの頭を下げて謝っている姿が頭から離れずモヤモヤ。
すると前の車は、ほかのお店から出たい車を入れてあげるし、
信号のない横断歩道では人が渡るまで止まっているし。
(そもそも渋滞はしてましたが)

わたしの中で前の車の人のキャラが定まりません。
いい人なのかそうじゃないのか。

おそらく正しいことは正しく!なのでしょう。

けど、人間誰だって間違いあるじゃないですか。
知らない土地や初めて行く場所なら勝手がわからないことが
あるじゃないですか。

正しいことは大切だけれど、そうじゃないこともある気がするのです。

なんだか複雑な気持ちになりました。
マナーって一体なんなんだろう?と。



実は運転していて怒鳴られたことが私もあります。
ある銀行の駐車場入口でのこと。
駐車場が満車だったので、私は駐車場入り口で待機していました。
後ろにもすでに駐車待ちの列が。

一台の乗用車が出そうに。
50代くらいの女性が大きな車に苦労しながら、
何回も切り替えしながら出てきました。

そして私の車とすれ違う時に窓を開けて

「あんたの車が邪魔で出られないでしょうが!」
と怒鳴り散らしてきたのです。

わたしは全く邪魔にならないずっと手前で待機しており、
その人が出ることに関して一切関与していません。
「早く出てくれないかなぁ」と待っていただけです。

ぽかーーんとなりましたが、すごい剣幕で怒っているので
「すみません」とひとまず窓を開けて謝罪しときました。
その女性はなんとか怒りがおさまったのか、出て行きました。

この時わたしが思ったのは
「もし私がすごい強面の男性でも同じように怒ったんだろうか?」

私が自分より年下の女だからこんな風にキレたのでは?

相手を見て態度を変える人もわたしは嫌いなのです。
よくお店の店員に失礼な態度を取る人も見ます。
横柄な態度で偉そうにしてる人。

みんながみんなに優しく接する世の中になって欲しいなぁ。

クリックしていただけると嬉しいです^^

毎日モーニングコール

御主人様は朝7時前に自宅を出て出勤することが多いです。
そして毎朝通勤中の車中から電話をしてくれます。

以前はLINE→電話だったのですが、最近は最初から電話。

なので、私は目覚ましをしなくなりました。
御主人様からの電話が目覚まし(笑)

そのことを話すと「毎日モーニングコールがあるなんて贅沢だ!」って
言ってました(笑)

ほんとに(笑)
しかも御主人様が奴隷を起こしてあげてるんですから(笑)

今はまだ私は実家に帰省中。
御主人様の仕事始めの方が私よりも早いですが、
御主人様が仕事開始になっても、私が実家にいる間は朝の電話はできません。

早くいつもの生活に戻らないかなぁ?

クリックしていただけると嬉しいです^^

2018年もよろしくお願いします^^

皆様、新年あけましておめでとうございます^^
今年もよろしくお願いいたします。

12/31に少しだけ電話で話しできました。
年内最後の挨拶がきちんと声で出来ました。
きっと私がそうしたいと思っているだろうと思い、
隙を見て電話をくれたんだと思います。

そしてそのあとにLINEで「今年の総括」という内容の
言葉を送ってくれました。
私だけの宝物の言葉たち。
私は御主人様に逢えて良かった。
私の運命の人。

色々あったけど、たくさんの想いを伝え合いながら
2人で乗り越えてきました。
決して幸せな時間だけではありませんでした。
こんなに苦しまないといけないのだろうか?と思うような、
心をえぐられる時もありました。
何度泣き腫らす夜を明かしたでしょうか?

けど今までの悲しいの合計よりも幸せの合計の方が多いです。

御主人様、ほんとうに愛しています。
私の生まれて来た意味。
私の生きてる意味。
わたしの全て。
言葉じゃ表せられない。
死ぬほど愛してます。



御主人様のためだけの特製年賀状も無事に完成して、
あとは手渡しする日を待つのみです。
2017年の1年間だけで見ても、あんまりにもたくさんの写真がありすぎて、
厳選するのがそれはもう大変でした!
でも、それだけたくさん一緒にお出かけしたということ。
私の宝物です。
新年いつが最初に逢える日なのか検討もつきませんが、
今からあげる日がとても楽しみです!
(手渡した後の年賀状は私の家に飾ります)

年を増すごとに1年間に撮る写真がどんどん増えて、
毎年メッセージを書くスペースが減っていきます(笑)

早く年賀状見せたいな^^
御主人様、2018年は「喧嘩ゼロで仲良し」の1年間にしましょうね!

クリックしていただけると嬉しいです^^
プロフィール

生涯奴隷

Author:生涯奴隷
御主人様の専属生涯奴隷になることが私の生きる道。私が唯一輝ける場所。それは御主人様の足元。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
大切な大切な記念日
カッティングしてもらってから
御主人様の傍に引っ越してから
中出し100回目から
リンク(定期的に更新があり交流のある方々)
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
黒猫マーキーくん^^
ねこちかくん^^
検索フォーム
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。